世界薄毛ランキングベスト21!薄毛の多い国と少ない国の違いは?

世界薄毛ランキングベスト21

アデランス社が独自の調査を行い、世界の薄毛ランキングを発表しています。

こちらのページではそのランキングデータを元に、薄毛の多い国はどこか? 薄毛の少ない国の特徴とは? について考えていきます。

薄毛の少ない国の食事についても解説していますので、是非参考にしてください。

shunsuke

薄毛の人が多い国、また少ない国から学べることが多いので是非参考にしてみてください。

薄毛が多い国ランキング

薄毛が多い国ランキング
出典:
「トリップアドバイザー

以下の表は、薄毛のお悩み解決に長年携わるアデランス社が独自に行った調査の結果です。

調査の内容は、以下の世界の主要都市を対象に調査員4人が目視により通行人が薄毛かどうかを判断する方法です。

調査機関は1998年~2008年の10年間(⁉)と、かなり大規模な調査なので、信頼度に期待できる内容です。

薄毛が多い国ランキング1~10位

順位 国(調査都市) 薄毛の割合 人口
1 チェコ(プラハ) 42.79% 158万人
2 スペイン(マドリッド) 42.60% 650万人
3 ドイツ(フランクフルト) 41.24% 1263万人
4 フランス(パリ) 39.10% 787万人
5 アメリカ(NY/LA/シカゴ) 39.04% 4027万人
6 イタリア(ミラノ) 39.01% 874万人
7 ポーランド(ワルシャワ) 38.84% 505万人
8 オランダ(アムステルダム) 37.93% 216万人
9 カナダ(モントリオール) 37.42% 441万人
10 イギリス(ロンドン) 36.03% 760万人

11~21位

11 ロシア(モスクワ) 33.29% 1623万人
12 オーストラリア(シドニー) 30.39% 208万人
13 メキシコ(メキシコシティ) 28.28% 811万人
14 日本(東京) 26.05% 1293万人
15 中国(香港) 24.68% 61万人
16 シンガポール(シンガポール) 24.06% 41万人
17 タイ(バンコク) 23.53% 476万人
18 マレーシア(クアラルンプール) 22.76% 152万人
19 台湾(台北 22.59% 175万人
20 韓国(ソウル) 22.37% 337万人
21 中国(上海) 19.04% 8876万人
出典:
株式会社アデランス「世界の成人男性薄毛率」調査結果より 2009年発表(調査期間:1998~2008年)

世界薄毛の多い国痰キングの一位はチェコです。続く2~4位はスペイン、ドイツ、フランスと隣接している国が続きます。

間に5位のアメリカを挟みますが、6~8位はイタリア、ポーランド、オランダとこちらも上位国と隣接した国です。

日本のランキングは14位です。およそ中間に位置している事が分かります。

割合では、上位の国が2.5人に1人に対し、日本は4人に1人が薄毛ということになります。

日本を基準にすると、上位に欧米の国が多く下位にはアジア圏の国が多いことが分かります。

この差は何か特徴がありそうです。

違いを知ることで、薄毛になりやすい、なりにくい理由が分かるようになります。それぞれ、上位と下位で共通する特徴について述べていきます。

遺伝による影響

男性の薄毛の大きな原因が、遺伝によるものです。

上位の8位までの国は、アメリカを除き全てヨーロッパの国で、そのほとんどが隣接しています。

陸続きの近い国に住む人は似た人種なので、遺伝子が近いものと考えられます。ヨーロッパのほとんどの国は、白色人種が占める比率の高い所です。

つまり白色人種の多くは、薄毛になるリスクの高い遺伝子があると言えます。アジアの黄色人種は、それに比べて薄毛のリスクが少ない事がわかります。

もそもそもアメリカに住む白色人種もヨーロッパからの移民で構成されているため、大本の遺伝子は薄毛のリスクが高い事になります。

shunsuke

アジア人の方が髪質がしっかりしているのも、薄毛が少ない理由です。

ストレスが多い

人の体はストレスが溜まると、緊張を与え血管を収縮させる働きがあり、頭皮の毛細血管の血流を悪化させます。

そのため。ストレスは薄毛や抜け毛の原因の1つとされています。薄毛の多い欧米は先進国や大きな都市が多く見受けられます。

大きな都市は人の流入が多く、仕事や生活するにもさまざまなストレスがかかることが予想されます。

仕事には無駄を省き効率化が求められ、満員電車での通勤は他人との距離が近いなど、ストレスフルになりがちです。

アジア圏での上位に、大都市のある日本が入っているのも納得できます。

アジア圏で生活している人の中には、暑い場所で生活している人も多くいます。

暑さはただでさえ体に対して強いストレスになるため、暑さ以外のストレスはできるだけ省くようにしているアジア圏の国もあります。

例として、タイで生活している人の8割がストレスを抱えずに生活をしている統計があります。

食生活の違い

薄毛ランキングの上位の国(チェコ・スペイン・ドイツ)に共通するのが、塩分が強く脂っこい食事と、お酒などの食生活です。

以下では、上位の国の食生活の特徴について解説していきます。

shunsuke

食生活を比べると薄毛になりやすい原因が見えてきます。

チェコ

1位のチェコは、肉料理が中心の食事が多く、塩分が強いソースやラードがとにかく多く使われています。

さらにチェコは世界有数のビール消費国として知られています。

1人当たりのビール消費量はチェコが1位で、年間で191.8リットル、ビール大瓶に換算すると303本飲んでる計算です。

チェコではミネラルウォーターよりビールの方が安いこともあり、のどが乾いたらビールを飲む成人男性が多いことも理由の1つです。

日本人1人当たりは年間63.4本なので、私たちのおよそ5倍の量のビールを飲んでいる事を考えると、相当な量です。

スペイン

スペインは1日3食の食事の間に、2回間食があります。朝食と昼食の間には「オンセス」、昼食と夕食の間には「メリエンダ」というおやつ(または軽い食事)を食べる習慣があります。

昼がメインの食事で、朝と夜は簡単でボリュームの少ない食事ですが、回数が多く習慣化していることで肥満に繋がりやすい食生活と言えます。実際に、スペインの国民の2割が肥満症です。

スペイン人は陽気な国民性から、つまみ(タパス)を食べながらお酒を飲む機会が多いのも特徴です。

ドイツ

3位のドイツも肥満率の高い国で、成人男性の4人に3人が肥満だと言われています。

ドイツと言えばソーセージやハムなどの加工肉を始め、アイスバインやシュニッツェルなどの、脂分が多く塩分の多い味付けの濃い食べ物たくさんあります。

ドイツと言えばビールというほどのビール大量消費国です。ビールを美味しく飲むための、つまみや食事が充実しているのは流石です。

さらにドイツは甘いものが好きな国です。砂糖の消費量が世界で3位(1位ブラジル、2位オーストラリア)

ランキング上位の国は薄毛になりやすい食生活

ランキング上位の国は薄毛になりやすい食生活

薄毛は遺伝の他に、血行不良や栄養不足が原因ですが、ランキング上位の国の食生活がこれに当てはまります。

血液は栄養を運び老廃物を排出する働きがあるため、頭皮に十分な血流が不足するのは、髪の毛の成長の妨げとなります。

ランキング上位の国々の特徴として、以下の特徴があります。

  • アルコールの摂取量がとにかく多い
  • 塩分・脂分が過多な食事が多い
  • 野菜の摂取量が少ない

並べて見ると確実に薄毛にとっては好ましくないもののオンパレードです。食習慣からみても、薄毛になりやすいことが分かります。

では、薄毛ランキングの低い国についても比較してみましょう。

薄毛の少ないアジア圏の食事について

薄毛の少ないアジア圏の食事について

アジア圏の食事の特徴は以下の内容になります。

  • 香辛料が多く使われている
  • 肉の他に魚や豆を使った料理が豊富
  • 野菜や果物を食べる
  • 繊維質の食べ物が多い(穀物・海藻など)

ランキングには入っていませんが、薄毛の割合が非常に低い国としてインドがあげられます。

インドと言えばカレーが思い浮かびますが、カレーは多種多様なスパイスを使うことで知られています。

その他韓国でも唐辛子を使った料理が多く、タイなど東南アジアの暑い国では、辛い料理が好んで食べられています。

スパイスには血行促進や発汗作用、胃腸の働きを整える働きがあります。代謝機能が高まり、血行促進されれば、頭皮への血流が改善され髪の成長にはプラスになります。

カレーのスパイスに使用されている、ターメリックやクミン、コリアンダーは漢方薬として使用されていることを考えても、健康の為にもいいことが分かります。

韓国や東南アジアに薄毛の方が少ないのも、唐辛子やスパイスを多く摂取している事と関係しています。

欧米諸国が肉中心の食事なのに対し、アジアでは魚や豆類などからも積極的にタンパク質を摂取しています。特に日本は魚介類を多く取り、豆腐や納豆など豆製品も豊富な国です。

肉類からの脂分は血管にダメージとなるため、髪の成長には好ましくありません。

野菜を素材にした料理も多く、髪の成長を助けるビタミンやミネラルなどの栄養も多く含まれている食事が自然と取られています。

薄毛ランキングから学べること

薄毛の多い国ランキングを見ていて感じることは、食生活やストレスの多い生活も原因になっている事です。

あまりにも肉類を多く食べ過ぎて、血液の循環が悪くなるのであれば、魚や豆腐、納豆を食べるのも必要です。

普段からコンビニ弁当やカップラーメン、ファストフードをこよなく愛する男性は、サラダや野菜スティックなど追加して購入してみましょう。

今はサプリでビタミンやミネラル、アミノ酸を簡単に摂取することも可能です。不足しがちな栄養も普段から進んで摂取してください。

あと欧米人に薄毛が多い理由として、特にケアをしなくてもいいと考えている部分もあります。

薄毛に対する意識の違い

薄毛に対する意識の違い

欧米では薄毛に対して、当たり前と捉えている方が多いと考えられます。そのため、特に頭皮にケアをすることが無いので、薄毛の割合が高くなっていると言えます。

男性自信はもちろんですが、女性も薄毛に対してはかなり寛容で、どちらかといえば性格や中身の方が重要と考え、十分に恋愛対象であり人によってはセクシーさや男らしさを感じる方もいます。

実際に薄毛でもカッコイイ俳優さんも多く、ジュード・ロウやジェイソン・ステイサム、ジャン・レノ、ニコラス・ケイジは特に人気の高い俳優さんではないでしょうか(日本人では渡辺謙さん)。

欧米人は頭が小さく元々ブロンズやブラウンヘアなので、薄毛になってもあまり違和感が無く逆にセクシーに見えるのも、薄毛を特にケアしない理由ではないでしょうか。

日本人の方でも薄毛を気にして、坊主やスキンヘッドにしている方は以前より増えて来ています。

ですが日本人の方はスキンヘッドや坊主が似合う顔が少なく、黒髪は少しでも伸びて来ると目立つので、メンテナンスもこまめに行う必要性があり、なかなか踏み出しにくいものです。

薄毛の多いドイツ人は「頭が薄毛になって一人前の男」と見る国民性があり、ある意味認められるために早くハゲたい!ぐらいに考える方もいるようで、薄毛に対してあまり抵抗はないようです。

逆にアジア圏の女性は男性の薄毛に肯定的ではありません。

やはり黒髪と地肌とのコントラストが強い印象を与えるようで、セクシーさや男性らしさを感じにくいのでしょう。

日本人は特に周りからの見た目を気にします。薄毛は特に見た目の印象にインパクトがあるので、少しでもコンプレックスになるのであれば、不要な心労は取り除きたいものです。

薄毛が気になる方は専門クリニックで改善がおススメ

AGA専門クリニックを訪れる人で自分は薄毛だと思う方が全体の3割、現在と将来の薄毛について悩んでいる方がその6割だと言われています。

薄毛の症状は現在研究が進められており、そのメカニズムが分かってきています。そして、改善することが出来る症状となっています。

薄毛改善を行う専門のクリニックもあるので、お悩みの方は是非一度カウンセリングを受けることをおススメします。

薄毛に悩んでいる国では薄毛の治療や改善方法が進んでいる場合が多く、日本も薄毛の治療が進んでいる国の1つです。

薄毛の多い国と少ない国の違いについてのまとめ

このページにまとめると以下のようになります。

  • 薄毛の多い国の上位は欧米が占め、薄毛の少ない国はアジア圏の国が多い
  • 日本は14位ですが、アジア圏ではトップ
  • 欧米は薄毛になりやすい遺伝子が多く、アジア圏は少ない
  • 欧米はアルコールの摂取量が多く、肉中心で野菜の少ない食生活
  • アジア圏は肉の他、魚介類や豆類からタンパク質を摂取、野菜も多く摂取
  • 欧米は薄毛に寛容で、ケアがあまりされていない
  • アジア圏は薄毛が似合わないため、ケアをする人が多い
この記事を書いた人 しゅんすけ

まだ20代だけどおでこの方がかなりきている若ハゲ。無料カウンセリングを色々受けてどこで治療しようか悩んでいる最中。父親は40代でツルツル。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる