女性の更年期と薄毛の関係とは?

女性の更年期と薄毛の関係とは?

男性特有のお悩みのイメージの薄毛ですが、実際には女性の方も多いです。

女性の薄毛には様々な原因がありますが、その一つに「更年期」があります。更年期は女性の体に多くの症状が現れますが、薄毛も更年期に現れる症状です。

こちらのページでは、女性の更年期と薄毛の関係について解説しています。

sachie

更年期の症状について知っていれば、予防や改善などの対処することができます。

更年期と薄毛の関係

女性が薄毛になる原因は様々ですが、その一つに更年期があります。

その際、髪がボリュームダウンしたり抜け毛が増え薄毛になることが多いですが、その原因の一つに血行の悪化があります。

更年期に入ると体全体に血流の悪化が起こり、その影響は頭皮にも及びます。頭皮に十分な血流がなければ、栄養が行き届かず髪の成長の妨げになるのです。

そしてそれ以外にもう一つが、女性ホルモンのエストロゲンの分泌の減少です。

エストロゲンとは?

エストロゲンは一般的に女性ホルモンと言われ、丸みを帯びた体形や「女性らしさ」を作ります。そのほとんどは卵胞から分泌されています。

体が成長してくると、女性の肌質の向上やコレステロール値の調整、しっかりした骨の生成、髪や爪の成長に関わるようになります。

しかし加齢などの原因で卵胞からエストロゲンの分泌が減少すると、これまで保たれていた女性らしさが失われるようになります。

そのため髪の毛が成長する途中で抜け落ち細く短い髪の毛が多くなることで、地肌が見えやすくボリューム出ない薄毛の状態になるのです。

正常だった髪の毛の成長期が短くなり、脱毛の起こる休止期が長くなります。エストロゲンは髪の毛の成長期を伸ばし、艶やかでしっかりとした髪の毛には必要なホルモンです。

女性の更年期障害とは?

更年期に入ると現れる症状が更年期障害です。

女性は年齢を重ねることで、月経が起こらなくなります。

月経の前後には女性ホルモンの分泌が行われますが、月経が止まることで女性ホルモンの分泌が減少します。

女性の更年期障害は加齢と共に現れ、長い間その症状は続きます。症状についても人それぞれのため、単体で現れる場合もあれば、複数の症状が現れる場合もあります。

更年期になると誰にでも現れるものですが、普段の生活に支障が出るほどの症状の場合更年期障害と診断されます。

女性の更年期障害には主に以下の症状が現れます

身体的な症状

身体的な症状
  • 手足の冷え
  • 肩こり、筋肉痛、関節痛、頭痛、腰痛
  • ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)、発汗
  • だるさ、疲労感、めまい
  • 動悸、息切れ
  • 肌荒れ、薄毛

これらの体に現れる症状は、血行不良や自律神経の不調によるものです。

血行不良により老廃物の排出が出来きず痛みを感じる物質が活性化し、肩こりや様々な痛みが現れます。手足の毛細血管に血流が無くなることで、手足の冷えも起こります。

自律神経は緊張とリラックスの2種類(交感神経・副交感神経)の働きがありますが、バランスが崩れ緊張状態が強く出ることで、ホットフラッシュや発汗、動悸の症状が現れます。

精神的な症状

精神的な症状
  • 意欲の低下、気分の落ち込み
  • 情緒不安定
  • イライラ

不眠、目覚めが悪い

女性の更年期には体調の変化の他に精神的な変化も現れます。

悪化するとうつ症状のようになり、寝つきが悪くなる、目覚めが悪いなどの睡眠障害になる場合もあります。

更年期の始まる時期

女性の更年期が始まる時期は、閉経が始まる前後10年ほどです。割合では45~55歳が最も多い年齢です。

年齢
閉経の割合(%)
35~39歳
0.83%
40~44歳
2.48%
45~49歳
18.18%
50~54歳
70.25%
55~60歳
8.26%

更年期障害の原因

更年期の時期は、体やライフステージの変化が起こる時期に重なります。

  • 加齢
  • 閉経
  • 親との死別
  • 環境の変化(仕事・子育ての終了など)

閉経は女性にとって、大きな出来事の1つです。

月経は子宮機能を維持するために起こるものですが、月経の前後に女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が行われ、その結果髪の毛や肌質の健康も保たれるものです。

閉経により女性ホルモンの分泌は減少します。それにより自律神経のバランスが崩れ、血液の循環が悪化します。

その他、年齢的にライフステージの変化が現れる時期です。

子供が大きくなり、受験や就職、結婚など自立することで子育てがひと段落するタイミングになります。

自分が40代以降になると、少なからず両親の病気や死別などを経験する方も少なくありません。

閉経により、女性としての自信が揺らぐ方もいるでしょう。

仕事でも年齢的に管理職を任される立場になり、これまでとは違う働き方や責任が伴う立場になるなど、仕事環境の変化も現れる時期でもあります。

喪失感も環境の変化も、大きなストレスとなるものです。

人によっては子供が自立して家にいなくなり、夫との生活になることでもストレスになる方もいるでしょう。

体の変化や大きなストレスが重なることで、更年期の症状が強く現れる場合もあります。

更年期の薄毛にはセルフケアが必要

更年期は女性の誰にでも訪れるものなので、上手に付き合っていくしかありません。

だからといって放っておいたり、何もしなければ症状を緩和することはできません。

つまり更年期に起こる薄毛の症状も対処次第では改善や予防を行うことができます。以下では、更年期の薄毛に効果的なセルフケアをご紹介します。

sachie

まだ更年期を向かえていない方にとっても、薄毛の予防法として是非実践してください。

イソフラボンを摂取する

イソフラボンを摂取する

イソフラボンは、健康に気を使っている方であれば耳にしたことがあるのではないでしょうか。

大豆や納豆などの大豆製品に含まれる成分です。抗酸化物質の一種で、体の細胞にダメージとなる活性酸素の働きを抑える働きがあります。

そしてもう一つ注目を浴びる理由として、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあります。

つまりイソフラボンを摂取することで更年期のエストロゲンの減少を補い、髪の成長を助け、ハリやツヤを持った髪の毛にしてくれます。

1日の目標摂取量は40~50㎎です。

煮豆30g
12.5㎎
納豆1パック
35.5㎎
豆腐1/2丁
40㎎
豆乳1パック200g
41㎎
油揚げ1枚
12㎎
きな粉大さじ1
9.5㎎
みそ汁1杯
6㎎

血行促進

血行促進

更年期は体の血行が悪化しやすい状態になります。頭皮へ血流が届かなくなると髪の毛への栄養が届かなくなります。

血行の促進には以下の実践が良いとされます。

  • 適度な運動
  • 入浴
  • しっかりした睡眠
  • バランスの取れた食事

適度な運動や入浴は、体を温め全身の血液の循環を促進することが出来ます。

睡眠も血行促進と関係が深く、寝ている間は副交感神経が活発化し血管が拡がることで、血液の循環が活発になります。

体に溜まった老廃物を効率的に排出ために備わっている機能なので、十分な睡眠が取れないと体の不調の原因となります。

バランスの取れた食事は、野菜や肉類などに含まれる栄養素を体中に供給するために必要不可欠です。

食べ物の中には血管を拡張し、血行を促進する働きのある成分を含んだものがあります。

普段の食事に意識して加えることで、頭皮に栄養がいきわたるようになります。

育毛に良いおすすめ食事メニュー

シャンプーや頭皮マッサージ

シャンプーや頭皮マッサージ

シャンプーは頭皮環境を健全に保つためには必要とされます。単に汚れを落とし清潔にするだけでなく、乾燥を防ぎ栄養を与えることで髪の毛の成長をサポートする働きがあります。

頭皮に合ったシャンプーを選び、正しい方法でシャンプーを行ってください。

薄毛が起こる頭皮の状態は、血行が悪化している状態です。

頭皮に適度な刺激を与えるマッサージを行うことで、血行促進に繋がり薄毛改善効果がプラスされます。

女性用シャンプーについて

頭皮マッサージについて

ストレスの発散

ストレスの発散

ストレスは薄毛に限らず、体に様々な不調を与えるものです。

しかし、日々の生活の中でストレスを全く感じずに生活できるのは赤ちゃんぐらいのもので、ほとんどの方はストレスを少なからず感じながら生活をしています。

強いストレスを感じると人間の体は緊張状態になり、血管が収縮し血圧がアップします。血管の収縮が起こると毛細血管には血液が廻らなくなり、血流の悪化の原因となります。

ストレスは仕事や人間関係、満員電車、生活環境、温度など、人が生活していく中に当たり前のように存在します。

ある意味ストレスとどう付き合うかが、更年期を健康に暮らすテーマと言えます。

そのためストレスを体に溜めこまないように心がけることが大切です。

血流の悪化を防ぎ頭皮への血流を増やし髪の毛へ栄養を届ける事が出来るようになります。

ストレスを軽減する方法として以下の方法がおススメです。

  • 良質な睡眠を取る
  • 美味しいものを食べる
  • 自分なりの発散方法を見つける
  • 深呼吸や何もしない時間を作り、心に余裕を持つ

基本的にストレスの解消法はそれぞれ人により違うものですが、気分が晴れる効果のある事を行うのが肝心です。

治療薬や育毛剤を使う

治療薬や育毛剤を使う

更年期の薄毛を改善する方法に、治療薬や育毛剤を使う方法も効果的です。専門クリニックで処方されるものには以下のものがあります。

ミノキシジル

ミノキシジルは男性型脱毛症(AGA)の治療薬として、市販薬としても発売されている薄毛の治療薬です。

頭皮の血行を促進し発毛因子を活性化させることで、薄毛を改善する効果が期待出来ます。

現在は男性用だけでなく、成分量の少ない女性用があります。

パントガール・ルグゼバイブ

パントガールは、世界で初めて女性の薄毛に効果が認められた育毛剤です。

髪の毛に必要な栄養素(ケラチン・パントテン酸・L-シスチン・ビタミンB1など)が豊富に含まれ、医薬品の成分を使用していないため、強い副作用も無く安全に使用することができます。

ルグゼバイブはパントガールとほぼ同じ成分に加え、発毛因子を活性化させる生の馬プラセンタやコロストラム(初乳)が配合されている育毛剤です。

発毛に加え抗酸化作用もあるため、発毛だけでなく髪の質の向上にも効果が期待出来ます。

ビオチン

ビオチンはビタミンB7を含む育毛剤です。

ビタミンB7はアンチエイジング作用があり、髪の老化を防ぐ働きがあります。

これらの治療薬や育毛剤は専門クリニックで処方しています。

通販で購入した治療薬や育毛剤を使って独自の薄毛改善を行うこともできますが、しっかりと治療を行うためには薄毛の状態を確認し、どんな治療が向いているかを診察して貰うことが肝心です。  

ときめきや恋愛は女性ホルモンに関係する?

ときめきや恋愛をしている女性は、女性ホルモンが分泌されるという噂を聞いたことはありませんか?

結論から言いますと、ときめきや恋をしても直接女性ホルモンは分泌されません。

女性がときめきや恋をすると、脳内ではPEA(フェニル・エチル・アミン)と呼ばれる恋愛ホルモンが分泌されます。

このホルモンは快感を促すドーパミンや、幸せや安心を感じるセロトニン・エンドルフィンを活性化させる働きがあります。

さらにこれらのホルモンが活性化すると、女性ホルモンであるエストロゲンも活性化されるようになります。

更年期にはエストロゲンの分泌は減少しているので、恋をすれば減少のスピードが多少遅くなるぐらいとお考えください。

ただしエストロゲンが期待できなくても、幸せな気分や高揚感を得られることで、笑顔が増えたり意欲が向上するのは、免疫力のアップや幸福感を得られるので体には良いことと言えます。

更年期の薄毛は改善できる

更年期になれば薄毛になるものなので、仕方がないと諦める方もいるかも知れません。

しかし、現代は更年期の薄毛も治療や改善することができます。

ちょっとでも薄毛の改善を試してみたいと思う方は、なるべく早めの対応をおススメします。

髪の毛や爪は同じ成分で構成されていますが、改善や生え変わりには半年から1年と時間がかかります。

効率よく薄毛の改善を行うためには、クリニックなどで薄毛治療薬を処方してもらうのが最適です。

日々健康的で幸せを感じながら生きていくためには、これまで女性ホルモンに守ってもらっていたように、メンテナンスをする必要があります。

メンテナンス次第では十分に更年期障害を改善できるものです。つまり、更年期障害で起きてしまう薄毛に関しても改善できるのです。

更年期と薄毛の関係のまとめ

このページにまとめると以下のようになります。

  • 更年期には女性の薄毛の症状が現れやすくなる
  • 原因は女性ホルモンの減少と血行不良
  • 女性の薄毛は改善できる症状
  • 薄毛の改善には時間がかかるため、無理なく日常的に続けられる方法が良い

更年期だから薄毛になってもしょうがないと諦めるのでは無く、適切なメンテナンスや治療を行ってみましょう。

ボリュームがあり健康的な髪があれば幸せな生活に繋がります。気になっている方は是非、専門クリニックでご相談ください。

sachie

薄毛の改善はプロである、専門の医師に相談するのがベストです。

この記事を書いた人 沙知絵

更年期に突入し、薄毛や謎の体調不良と戦うアラフィフ。カツラは不自然なので絶対に自毛発毛がいいと日々研究中。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる