夏の薄毛対策はこれだ! 汗や皮脂など、抜け毛の原因を調査

夏は薄毛になりやすい季節

薄毛にお悩みの方や薄毛が心配な方にとって、夏は気になる季節ではないでしょうか?

気温が高く湿度も高くなり、汗をかきやすく皮脂の分泌も多くなります。

その他夏バテやクーラーと外気温の温度差、夜更かしや熱帯者による睡眠不足など、夏には抜け毛や薄毛の原因が多く存在します。

夏の抜け毛や薄毛の原因やその対処方法にはどんなものがあるのでしょうか。

sato

夏をどう乗り切るかで、その後の抜け毛や薄毛の具合が違ってきます。

抜け毛になりやすい理由と改善方法

そもそも季節の変わり目になると、抜け毛は起こりやすいものです。

毛のある動物は体温調節が難しいため毛の生え変わりがあります。人間も同じように暑い時期は毛が抜け、寒い時期には毛が生えてきます。

とはいえ、自然現象以外での抜け毛はなんとか防ぎたいものです。

以下では夏に抜け毛や薄毛になりやすい原因と対処方法について分かりやすく解説しています。

汗と皮脂が抜け毛の原因

汗と皮脂が抜け毛の原因

夏は高温多湿な季節なので、どうしても汗をかくことが多くなります。頭皮も体の他の部分と同様に、汗腺があるので当然汗が出ます。

汗は高くなった体温を下げる働きがあり、体温調整に必要な機能です。その他、体内の老廃物の排出も行います。

抜け毛や薄毛の原因に皮脂汚れがありますが、これも紫外線や乾燥など、外部の刺激から頭皮を守るバリアの役目があります。

このように汗も皮脂も体にとっては必要な機能ですが、そのまま放って置くと頭皮や髪にとってはダメージになるのです。

汗は頭皮の酸性度を弱める働きがあり、汗をかくと雑菌が繁殖しやすい状態になります。汗をかいた後の頭皮のニオイはこの雑菌の繁殖によるものです。

汗と共に皮脂も分泌され、汗と皮脂が混ざり合い汗の水分が渇くことで、べとついた皮脂汚れになります。

すぐ皮脂汚れを落とすことが出来ればいいのですが、そうでない場合は皮脂汚れに大気中のホコリが付着しやすくなり、時間が経つことで酸化して固くなります。

この皮脂は小鼻に現れる角栓と同じ状態です。この皮脂が、毛穴や汗腺の穴を塞ぐようになります。

毛穴や汗腺の詰まりや雑菌の繁殖は、毛穴の炎症の原因になります。毛穴が炎症することで、抜け毛になりやすい状態になります。

正しいシャンプーを行う

汗をかいた後は、頭皮の汚れをしっかりと落とさなければなりません。そこで必要なのは、正しいシャンプーの方法です。

間違ったシャンプーでは、皮脂の過剰分泌や汚れが残ってしまい、抜け毛の原因となります。

正しいシャンプーとして以下の方法をお試しください。

  • ゴシゴシ洗わない
  • 洗浄力の強くないシャンプーを選ぶ
  • お湯で予洗いし、皮脂を落とす
  • しっかり泡立てる

シャンプーの際は、指の腹で強くこすり過ぎないように、頭皮を揉むように優しく洗ってください。

洗浄力が強く洗い上がりがさっぱりしすぎるシャンプーは、頭皮の皮脂を補おうとするため、普段以上に皮脂の分泌される原因にもなります。

メンソールが含まれたシャンプーも清涼感があり夏場にはぴったりですが、さっぱり感を感じやすく早く洗い終えてしまいしっかり洗えていない場合があるので気を付けましょう。

シャンプーで洗う前に予めお湯で汚れをある程度落とし、シャンプーをしっかりと泡立て、髪の毛の汚れと頭皮の汚れを優しく落としてください。

シャンプー後はドライヤーでしっかり乾燥させ、清潔な状態にするのも大事です。夏場に髪や頭皮が濡れたままの状態では、雑菌が増える原因となります。

夏に熱風のドライヤーではまた汗をかいてしまうという方は、タオルドライで十分に水分を取った後に送風でのドライヤーを行ってみてください。

正しい洗髪方法

「朝シャン」だけはNG

「朝シャン」だけはNG

朝起きるとどうせ汗をかいているから朝入った方が効率が良い、と考えている方もいると思います。

しかし就寝前にシャンプーを行う方が頭皮や髪の毛にとっては良い事なのです。

人は寝ている間に疲労を回復したり細胞の入れ替えを行っています。頭皮の新陳代謝や髪の毛の成長も寝ている間に行われます。

頭皮が汚れたままでは、毛穴の呼吸や雑菌の繁殖による炎症などの頭皮環境の悪化の原因となり、新陳代謝や髪の成長の妨げとなります。

朝でもしっかりとシャンプーが出来ればいいですが、朝の出かける前などの時間が無い中でのシャンプーは短時間で終らせようとしてしまいます。

丁寧に洗髪をしないと、シャンプーの洗い残しになり、毛穴の詰まりの原因となります。

朝に寝汗が気になる場合は前日にしっかりとシャンプーし、朝はお湯のみで汗を落とすのがおススメです。

湯船に浸かる

夏の暑い夜にお風呂に入るのはなかなかハードルが高いものですが、逆に夏こそ湯船に浸かるべきです。

シャンプーをする前に湯船に入ることで頭皮が発汗し汚れが落ちやすくなります。

さらにクーラーと外を行き来することで自律神経のバランスが崩れ、体温調整が上手くできず出し切れていない汗が溜まっている場合もあります。

湯船に浸かることで体内の残った汗を出し体の熱を取ることができ、必要以上に汗をかかない体にして就寝できます。

湯船の温度は個人的な好みはありますが、40度以下のお湯に10~15分ほど浸かるのが夏場には向いています。

夏バテは薄毛になりやすい

夏バテは薄毛になりやすい

夏は暑さのせいで食欲が沸かない事があります。食べやすい理由から、冷たい麺類で済ませてしまう事も経験がある方も多いと思います。

さらに冷たいビールやお酒の量が増えるのも夏の特徴です。辛いものや脂っこいものなど、冷たいお酒には抜群の相性なので、ついつい食べるものが偏ってしまいがちです。

夏バテは胃に負担がかかる偏った食事になりやすく、不足する栄養が出やすいため起こる症状です。

夏バテで体の不調を補うため、栄養は内臓や生命維持に必要な部分から優先的に使われて行きます。

そのため必然的に髪の毛や爪は栄養が後回しになってしまいます。

いつも以上に栄養が回らなくなることで、髪が成長しにくく抜け毛が起こりやすい状態になります。

バランスの取れた食事

夏バテの原因の1つは栄養不足です。

夏バテを起こす前から不足しがちな栄養を十分にとっておく必要があります。

・タンパク質(肉類・魚介類・卵・大豆など)
タンパク質は髪の毛の材料となる物質です。

ビタミンB群(マグロ・ウナギ・豚肉・レバー・大豆・緑黄色野菜など)
ビタミンB群(B1・B2・B6)は疲労回復やエネルギーの代謝を行う物質です。

亜鉛・鉄・カルシウム(牡蠣・海藻類・小魚・チーズなど)
亜鉛や鉄、カルシウムなどのミネラルは髪の毛の合成に必要な物質です。

ムチン(オクラ・山芋・モロヘイヤなど)
ムチンは胃の粘膜を強化し、夏バテを防ぐ働きがあります。

クエン酸(梅干し・お酢・レモン)
クエン酸は疲労物質を体から排出する働きがあります。

アリシン(ニンイク・タマネギ・ネギ・ニラなど)
アリシンはビタミンB群の吸収を助ける働きがあります。

その他、夏野菜(ナス・ピーマン・キュウリ・トマト・ズッキーニなど)は体の熱を取る食べ物として知られています。体内に残る熱を排出し、余分な汗を抑えます。

食欲増進のために辛いものや香辛料を使った料理も発汗を促し、胃腸の調子を整える働きがあるのでおススメです。

紫外線は頭皮にダメージ

紫外線は頭皮にダメージ

紫外線は日焼けの元というイメージを持たれているかも知れませんが、それだけでではありません。

頭皮も紫外線の影響を大きく受けます。

頭部は体の中でも太陽光を浴びやすい場所にあります。長時間頭皮が日光を浴びると熱中症の危険性の他に、頭皮や髪の毛へのダメージとなります。

紫外線を浴びた頭皮は他の皮膚と同様シミやシワなど老化の状態が起こります。これは現在生えている髪の毛だけでなく、これから生えてくる髪の毛にも影響があります。

夏は他の季節に比べ、紫外線が強い特徴があります。

思っている以上に紫外線は頭皮へダメージを与えるものと理解しておきましょう。

UVケアを万全に

頭皮を紫外線から守る方法として以下のものがあります。

  • 帽子をかぶる
  • UVスプレーを使う
  • 日傘をさす

これらの方法は紫外線が直接頭皮に当たらないため、有効な方法です。

坊主頭や髪の毛が短い方は、特に日光をガードできる帽子や日傘はおススメです。

現在は美容に対して意識の高い男性も増えているため、紫外線カットはもはや男女共通のケアとなりつつあります。

現在は老化や皮膚がんの原因など紫外線によるダメージについて研究が進められ、紫外線対策の重要性が認識されるようになりました。

日傘をさして歩く男性の姿も珍しくない時代になるのではないでしょうか

クーラーによる頭皮の乾燥

クーラーによる頭皮の乾燥

夏の暑さが年々増していることで、熱中症対策からもクーラーでの気温調節は必須です。

ただし、クーラーを長時間浴びることで頭皮が乾燥する原因にもなっています。

クーラーを長時間使用していると湿度が下がり頭皮の皮脂から水分が奪われ、潤いが無くなり乾燥しやすくなります。

クーラーによる頭皮の乾燥は、皮脂の分泌が少ない女性の方が特に顕著です。

さらにクーラーの温度が低すぎると、自律神経のバランスが崩れ体調にも影響が出るようになります。

乾燥を防ぐ対策

クーラーの性能はかなり向上しているため保湿機能があるものもありますが、古くから使用しているものには備わっていない場合もあるので、簡単な方法としては換気があります。

少し室内の気温が高くなりますが、湿気を含んだ外気を入れるのは乾燥を防ぐためには効果的です。

その他加湿器の使用や髪や頭皮に保湿剤のクリームなどを使い、水分が失われるのを防いでください。

夏の夜更かし

夏の夜更かし

夏は夜更かしになりやすい季節です。

夜更かしは生活のリズムが乱れ睡眠不足の原因となるため、頭皮にも髪の成長にも良いものではありません。

なぜ夏になると夜更かししやすくなるのでしょう。

原因として以下の条件が考えられます。

  • クーラーで夜が快適なため
  • 夏季休暇で生活のリズムが崩れる
  • 昼を長く感じるため、夜の時間を多く取りたいから

夏の開放的な感じは、仕事が終った時間を充実したものにしたいと考えてしまうものです。

遅い時間まで外出したりテレビやゲームを続けてしまうなどで、寝るタイミングを逃し、生活のリズムを崩し、十分な睡眠が出来なくなるものです。

あとは単純に熱帯夜で寝苦しいため、寝付くまで時間がかかり睡眠時間が短くなるのも理由の一つです。

睡眠をしっかりと取る

十分な睡眠を取ることは、頭皮や髪の毛の成長にはとてもプラスになります。

睡眠中は頭皮のターンオーバー(角質の入れ替え)が行われます。頭皮が健康に保たれるためには大事な機能です。

その他、睡眠中に体内では成長ホルモンが分泌されるため、髪の毛の成長には必要不可欠なものです。

夏は暑さで寝苦しい場合やクーラーが効きすぎて寒さを感じ、なかなか寝付けない事もあります。

真夏に扇風機だけでは熱中症の危険性があるため、クーラーの設定温度を26~28度を基準に、冷房やドライ機能を使い分けながら快適な温度で寝るのがおススメです。

夏用の寝具やパジャマを使うなど、少しでもストレスのかからない工夫も睡眠の質を高めるには良いことです。

sato

暑さの感じ方は個人差があるので、自分に合った温度を調節してみましょう。

頭皮マッサージで血行促進

頭皮マッサージで血行促進

抜け毛や薄毛の原因の多くは遺伝による影響が大きいですが、血行の悪化も原因の1つです。

頭皮の血行を促進する方法として、頭皮マッサージが推奨されています。

マッサージによる刺激で活動が停滞していた毛細血管の血行が促進され、毛根に栄養が行き渡ります。

効果的な方法として、ヘアメディカルグループの総院長、川島 眞氏が監修したマッサージがあります。

頭にあるツボを圧迫し刺激するものです。頭頂部にある「百会(ひゃくえ)」や、その周りの十字型にある「四神聡(ししんそう)」のツボに行います。

マッサージの際には以下を注意しながら行ってください。

  • 指の腹で押す
  • 爪を立てない
  • ツボにゆっくり圧をかけたり抜いたりする
  • 適度な強さで、気持ちよさの残る程度に圧をかける
  • 頭皮を揉んだり動かすようなイメージ(髪の毛がぴっぱられないようにする)

育毛に効くツボについて

水分補給も忘れずに

夏は大量の汗をかくため水分補給はとても大事です。

頭皮も肌の一部ですので、水分が足りなくなれば乾燥して外部からの刺激をブロックするバリア機能が低下します。

汗は頭皮にある水分を出すので、気が付きにくいですが水分が不足し脱水している状態なのです。

水分が足りない脱水状態では血液の水分が足りない状態になり、濃度が高まったいわゆるドロドロ血になります。

ドロドロ血は血行不良を起こし、頭皮の毛細血管まで血液を届けることが困難になります。

そのため夏の時期は1リットル以上、2リットル以内を目安に、一度に大量に飲むのではなく適度な量の水分をこまめに補給してください。

諦める前に頭皮ケアの見直しを

諦める前に頭皮ケアの見直しを

夏は頭皮や髪の毛へのダメージが多い季節だと、分かって頂けたでしょうか。

そのダメージは蓄積され、頭皮環境や髪の毛の成長に悪い影響となって現れます。そのため、普段の生活の中で行えるケア対策が必要です。

もちろん夏だけでなく冬も乾燥しやすい季節なので、他の季節も頭皮のケアは必要です。

夏だからしょうがないと諦める前に、これらの対処法を試してみましょう。

これまで紹介してきた対処法は、あくまでも予防や進行を遅らせるためのものです。

薄毛の症状が進行している場合は、専門クリニックで診察を受け、治療を行う事をおススメします。

夏の薄毛対策のまとめ

夏の薄毛対策をまとめると以下になります。

  • 夏は薄毛や抜け毛の原因が多い季節
  • 汗や皮脂をしっかりシャンプーで取り除く
  • クーラーでの頭皮の乾燥は、換気や加湿器で対策
  • 紫外線のダメージから頭皮を守る
  • 夏バテによる栄養不足に注意
  • 睡眠の質を向上させる
  • 頭皮マッサージは抜け毛対策に効果的
sato

夏の頭皮ダメージは、後から影響が出てくる場合が多いものです。普段からのケアを心がけてください。

この記事を書いた人 佐藤昭仁

クリカクの管理人。30代になってから薄毛が気になりいろんなAGAクリニックを実際に体験した。メソセラピーは針が怖いからノーニードル派!今は生えそろってきたので薬のみの治療をしてる。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる