髪の毛を育てる栄養素を徹底調査!薄毛には効く?過剰摂取は危険?

髪の毛を育てる栄養素を徹底調査!薄毛には効く?過剰摂取は危険?

「最近髪の毛が細く柔らかくなってきた」
「昔は髪にハリとコシがあったけど、最近はペタンとしてボリュームがない」

髪の毛にはさまざまなトラブルがありますが、その原因の多くは髪に栄養が届いていないというところにあります。

髪の毛は人間の身体の一部なので、栄養を与えられて成長します。

つまりどの栄養を摂ればいいかわかれば、髪の毛の悩みが解決する可能性があるのです。

そこでここからは「髪の毛を育てる栄養素とは何か」について調査した結果を紹介していきます。

また育毛だけではなく、薄毛や脱毛症からの発毛にも効果があるのかということや、栄養の過剰摂取がどう影響するかについてもあわせて解説していきます。

髪の毛を育てる栄養素とは?

最初に髪の毛を育てる栄養素を紹介します。

まず髪の成長に欠かせないとされるのがたんぱく質、ビタミン、亜鉛の3つの栄養素です

たんぱく質 身体の血液や筋肉などを作るための主要成分で、体重の約1/5がたんぱく質。エネルギー源としても使われる。
ビタミン さまざまな栄養素を効率的に働かせるために必要な成分。身体の中では作れない。
亜鉛 新陳代謝に必要な多くの酵素を作るために必要なミネラル。身体の中では作れない。

1つめのたんぱく質は人間の身体にとって重要な3大栄養素の1つで、脂質、糖質とともに生命維持に欠かせない栄養素です

たんぱく質は以下のような食材に含まれます。

  • 肉類
  • 魚介類
  • 卵類
  • 大豆・大豆製品
  • 乳製品・牛乳

2つめのビタミンには全部で20種類以上発見されています。

まず、水に溶ける水溶性ビタミンと油に溶ける脂溶性ビタミンがあります。

どちらのビタミンが髪に良いというのではなく、以下のビタミンが特に髪の健康に関係があるとされています。

水溶性ビタミン ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンF
脂溶性ビタミン ビタミンA、ビタミンE

ビタミンCを多く含む食べ物
・赤ピーマン、黄ピーマン、ブロッコリー、キウイフルーツ、レモン、ゴーヤ

ビタミンFを多く含む食べ物
・クルミ、アーモンド、落花生、植物油

ビタミンAを多く含む食べ物
・鶏レバー、モロヘイヤ、うなぎ、ニンジン、パセリ

ビタミンEを多く含む食べ物
・植物油、ナッツ類、ブロッコリー、ほうれん草

3つめの亜鉛はミネラル(無機質)の1つです。

ビタミンと同様にわずかな量だけで身体の機能調節に重要な働きをします。

なかでも亜鉛は細胞が生まれ変わる際に必要とされるため、髪の毛を作り出すために無くてはならない物質です。

具体的には髪の主成分であるケラチンの合成を活発にする働きをします。

更に近年の研究では男性型脱毛症の原因となる5αリアクターゼという酵素の働きを阻害することもわかってきました。

亜鉛を多く含む食品は以下のようなものです。

  • 魚介類
  • 肉類
  • 藻類

中でも牡蠣やうなぎは亜鉛が多く含まれています。

亜鉛は味覚を正常に保つ働きを持っているので、身体に足りなくなると味覚障害を引き起こすことが知られています。

これらの栄養素は食事でとるのが一般的ですが、近年はサプリメントでとることも増えています。

トリートメントに配合される栄養素

髪に栄養を与えるものとしては、シャンプー後に使用するトリートメントがよく知られています。

ただし同じ栄養素といっても、髪を作るために必要な栄養素が中心に配合されているわけではありません。
トリートメントに含まれる栄養素は、今ある毛髪のダメージをケアしたり、ハリ・コシ・ツヤのある美しい髪にするための栄養素が多いです。

トリートメントには主に以下のような成分や原料でつくられています。

髪に水分をためうるおいを持たせる 大豆イソフラボン、ヒアルロン酸、グリセリン、ハチミツ、パンテノール
髪のダメージを補修する セラミド、植物オイル、ケラチン、加水分解シルク、シリコン
美しい髪を育てる アミノ酸、L-システイン、亜鉛、アスタキサンチン、β-カロチン、リコピン、フコイダン

また髪のダメージケアという言葉をよく耳にしますが、傷ついた髪は元通り復元できません。

実際は傷んだ髪の内側に栄養を届けたり、表面をコーティングすることで髪にツヤとハリを与えるという働きです。

栄養不足になる原因

髪に必要な栄養素はここまでで紹介した通りですが、では髪が栄養不足になるのはどんな原因があるのでしょうか。

そこには以下の原因が考えられます。

  • 髪の毛に必要な栄養素をとっていない
  • 栄養はとっているが髪まで届かない
  • 脱毛症などの病気

過度なダイエットや偏食の多い人は髪を作るために必要な栄養をとらない、またはとれてないことがあります。

栄養を摂っていても髪に届かないのは血流が悪化しているからです。

血流悪化はさまざまな要因がありますが、栄養面から見ると塩分多めの食生活などで高血圧になると血管が細く硬くなったり老化してしまいます。

栄養面以外にはストレス、睡眠不足などが血流悪化の要因です。

脱毛症などの病気の場合は病気自体が健康な髪の毛を作ることを阻害してしまうので、栄養補給以外の専門的な治療も必要になります。

栄養不足になった髪の毛の特徴

髪に栄養が届いているかどうかは髪の毛の状態の変化で知ることができます。

栄養不足で髪の毛に起こる変化には以下のようなものがあります。

  • 髪の毛が細くなる(細毛)
  • 髪の毛が極端に柔らかくなる(軟化・軟毛化)
  • ヘアスタイルにボリュームが出なくなる
  • 髪のハリがなくなる
  • 髪にコシがなくなる
  • 枝毛、切れ毛が増える
  • 白髪も栄養が関係していると考えられている

これらは髪の毛を作る栄養が足りない場合や、栄養が十分に頭皮に届いていないときに起こります。

ただし枝毛、切れ毛などは、ドライヤーのかけすぎや髪に負担のかかるヘアスタイル(ポニーテールなどで強く引っ張る髪型を続けるなど)で起こっている場合もあります。

髪の毛に良い栄養素を入れた食事

髪に必要な栄養を届けるためには、食事も髪に良い栄養素を取り入れた料理にすると良いです。

ここからは髪の毛に良い栄養素の入った食材と、その食材を使った料理の例をいくつか紹介していきます。

パセリ(パセリとマッシュルームサラダ)

パセリとマッシュルームサラダ

パセリは髪や肌の元になるβ-カロチンと、ビタミンE・C・Kなどのビタミン類の含有量が非常に高い野菜です。

また、同じく髪を作る亜鉛や鉄も含まれていますが、これらはビタミンCと一緒にとることで吸収率が高くなるため、レモンなどと一緒にとれる料理がベストです。

●材料(約2人分)
パセリお好みの量
マッシュルーム3個
ミニトマト3個
☆レモンのしぼり汁(レモン果汁)大さじ1
☆オリーブオイル大さじ1
☆塩適量

●作り方

  1. .パセリの葉だけを使い水洗いする
  2. .マッシュルームは洗わず土を拭き取って薄く切る
  3. .☆を混ぜ合わせパセリ、マッシュルームと一緒にボウルであえる
引用:
パセリとマッシュルームのサラダ https://cookpad.com/recipe/6250456

スパイス料理(ヘルシー豆カレー)

スパイス料理(ヘルシー豆カレー)

インドの女性は髪が美しい人が多く、その要因は食事(スパイス)にあるとされます。

例えばシナモンは毛細血管の老化を防ぐため、髪や肌に栄養を届けやすくなるとされます。

ウコン(ターメリック)は肝臓に良いとされお酒を飲む人に重宝され、抗酸化作用や解毒作用が細胞を修復して元気にさせます。

またスパイス料理によく使われるにんにくに含まれるアリシンは悪玉コレステロールを減らしたり、血行促進作用を持っています。

ちなみにスパイス料理が日常食のインドでは認知症の発症ども低いなど、スパイス料理を日常的に取り入れるメリットはさまざまあります。

●材料(約2人分)

ひよこ豆(水煮)150g
トマト大1個
ししとう(本場インド風なら青唐辛子)3本
にんにく1かけ
しょうが1かけ
はちみつ小さじ½
サラダ油大さじ2
水100ml
バター5g×人数分
クミンシード小さじ1
☆塩小さじ3/4
☆ターメリック(ウコン)小さじ1/2
☆レッドペパー(またはカイエンペパー)小さじ¼
☆コリアンダー大さじ1
☆クミンパウダー小さじ½
☆シナモン小さじ1/2
☆ガラムマサラ小さじ1

●作り方 ★下準備

  • ししとうをみじん切りにする
  • にんにく、しょうがの皮をむきみじん切りにする
  • トマトをブロック状にカットする
  • ひよこ豆の水煮をザルに開け水気を切る
  • ☆の調味料を混ぜておく
  1. 深めの鍋にサラダ油を入れる
  2. クミンシードを入れてパチパチと音が鳴るまで炒める
  3. ししとう、にんにく、ショウガを入れる
  4. ☆の調味料を入れる
  5. ひよこ豆を入れ炒める
  6. とろみをつけるため、少しだけひよこ豆をつぶす
  7. 水とはちみつを入れて弱火で5分煮込む
  8. 器に盛ってバターを乗せる
引用:
チャナマサラ インドの味噌汁的存在♪ヘルシー豆カレー https://oceans-nadia.com/user/27305/recipe/151217

育毛に良い食事メニューとその効果については、以下のページで詳しく解説しています。

育毛に良いおすすめ食事メニュー

栄養素の過剰摂取に注意する

発毛や育毛に良い栄養素を積極的にとり続けることで髪質が改善されたり、ある程度発毛する可能性があります。

ただし髪の毛に関わる栄養素に限らず、栄養はとりすぎると逆に身体に負担を与えたり、思わぬ悪影響が出ることがあります。

例えば髪を作る栄養素の中でも重要な位置を占める亜鉛ですが、日本人の食事摂取基準(2015年版)で1日の摂取量が以下のように決められています。

18~69歳の男性 10mg
70歳以上の男性 9mg
18~69歳の女性 8mg

体内には2,000mgあるとされる亜鉛ですが、1日100mg以上長期にわたり摂取すると、以下のような副作用に悩まされる可能性があります。

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 脱水症状
  • 発熱
  • だるさ
  • 不安感
  • イライラ

この他の栄養素も過剰摂取には栄養素ごとにさまざまな副作用があります。

多くとるほど効果が上がるわけではないので、過剰摂取に注意しましょう。

亜鉛の薄毛効果について

本格的に発毛したければ薄毛治療クリニックへ

発毛に必要な栄養素を適正量とったからといっても、栄養だけでは納得いく発毛はほぼ期待できません。

特に薄毛の原因が脱毛症の場合は専門的な薄毛治療が必要です。

AGA、FAGAといった脱毛症の治療は薄毛治療クリニックで行うことができます。

ここからは本格的な治療を行う薄毛治療クリニックの紹介と、そこで行われている治療内容について簡単に解説していきます。

薄毛治療クリニックとは?

薄毛治療クリニックは男女のさまざまな脱毛症を治療するクリニックです。一般皮膚科や内科の中には、薄毛治療薬を処方してくれるクリニックがあります。

ただ、脱毛症をしっかりと治療するなら脱毛症を専門に扱う薄毛治療専門クリニックがおすすめです。

治療薬だけで発毛する軽い脱毛症であれば内科や皮膚科でも治療できるかもしれません。しかし脱毛症がかなり進行している場合や、いくつかの脱毛症の症状が重複している場合もあります。

薄毛治療クリニックであればこうした症状を見極め、それぞれの患者に合うさまざまな治療の選択肢があります。

薄毛治療クリニックで受けることができる治療

薄毛治療専門クリニックはどのような治療が行われているかというと、主に以下の2つの治療が行われています。

投薬治療 男女それぞれの薄毛治療薬や、男女共通の薄毛治療薬のほか、クリニックオリジナルで配合した治療薬を処方する
施術治療 薄毛治療専門クリニックで医師や医療従事者のみが行える注射や植毛などの薄毛治療

また、薄毛治療専門クリニックの多くでは無料カウンセリングが行われています。

無料カウンセリングなら専門のカウンセラーが頭皮の状態のチェックや治療プランの説明をしてくれます。

治療をしない限り料金は発生しないので、クリニックを訪問して通院しやすいかチェックすることもできるため、ぜひこのシステムを活用してみるべきです。

当サイトでは「東京スカルプクリニック」が人気です。無料カウンセリングはもちろん、血液検査も無料で行っており、信頼できる医師のもと薄毛治療ができると評判です。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

髪の毛を育てる栄養素についてのまとめ

最後に解説した内容のまとめを簡潔にお伝えします。

  • 髪に元気がなくなってきたらその原因は栄養不足の可能性もある
  • 髪を育てる3つの栄養素はたんぱく質、ビタミン、亜鉛
  • トリートメントの成分は髪を育てるよりダメージケアが目的
  • いくら髪に良い成分でも過剰摂取は副作用など逆効果
  • 脱毛症の場合は栄養をとっても発毛しないので薄毛治療を行う必要がある
  • 薄毛治療専門クリニックなら適切な治療を受けることができる
  • 薄毛治療専門クリニックは無料カウンセリングがあるので相談もしやすい

髪に良い栄養が足りなかったり、栄養を髪に送る血管などにダメージがあると髪の毛の状態が悪くなってしまいます。

適切な量を継続してとれば髪のコンディションは取り戻せるかもしれません。

しかし完全に脱毛している場合、それは栄養が原因ではなく脱毛症の可能性があります。

そのため頭皮の状態を確認してもらったり、その結果脱毛症であれば適切な治療をはじめられるよう、薄毛治療クリニックの無料カウンセリングを利用してみましょう。

治療のタイミングが遅れると、二度とその場所から発毛する可能性がなくなることもあるので、カウンセリングには早めに行ってみることをおすすめします。

この記事を書いた人 沙知絵

更年期に突入し、薄毛や謎の体調不良と戦うアラフィフ。カツラは不自然なので絶対に自毛発毛がいいと日々研究中。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる