バイアグラは女性も飲める?不感症改善?効果や副作用など

バイアグラは女性も飲める?不感症改善?効果や副作用など

男性のED(勃起不全)改善薬として高い効果を持ち、世界各国で用いられているバイアグラですが、ネット上では女性がバイアグラを服用することに関しての記事や投稿を多く見かけます。

これには、単純に「男性用の薬であるバイアグラを女性が飲んだらどうなるか」という興味や疑問を持つ方が多いことの他にも、いくつかの理由があります。

それは、女性がバイアグラを飲むと媚薬のように性欲や性的な興奮、体の感度が高まる、不感症改善に効果がある、などという不確かな情報の流布や、海外では実際に販売されている女性用のバイアグラの存在です。

実際に男性用のバイアグラを女性が服用することで、性的な興奮や感度が高まるといった効果はあるのでしょうか。

結論から言えば、バイアグラの作用機序によって血管の拡張効果を得ることはできますが、興奮や感度を高めるなどのはっきりとした効果は得られないと思ったほうが良いでしょう。

効果が不確かなだけでなく、バイアグラには副作用というリスクもあります。

ここでは女性がバイアグラを飲むべきではない理由や女性用のバイアグラついてわかりやすく説明しています。

バイアグラの効果と作用機序について

バイアグラの効果と作用機序について

女性がバイアグラを服用することについて説明する前に、バイアグラの作用機序について知っておく必要があります。

バイアグラはシルデナフィルを有効成分とするED治療薬です。血管の拡張作用を持ちます。

男性が勃起を起こすためにはペニス内部の血流を増加させる必要がありますが、そのとき体内ではcGMP(サイクリックジーエムピー、環状グアノシン一リン酸)という物質が血管を拡張させています。

一方で、このcGMPを分解するPDE-5(5型ホスホジエステラーゼ )という酵素が存在します。

男性の性機能が正常な状態であればcGMPとPDE-5のバランスが取れており、性的な興奮により勃起が起こり、射精や性的興奮の減退によって勃起は収束します。

しかし、ED(勃起不全)ではなんらかの原因によってPDE-5が優位な状態となってしまい、血管の拡張による勃起を起こすことが困難となります。

バイアグラの有効成分シルデナフィルは、PDE-5の働きを阻害することでcGMPを優位な状態にし、血管の拡張を行います。

その結果、ペニス内部への血流が増加し、正常な勃起が得られるのです。

momoi

バイアグラの血管拡張作用は、ペニスだけでなく全身に及びます。

バイアグラの効果や副作用について

バイアグラは媚薬ではない

バイアグラは媚薬ではない

バイアグラについては謝った認識も多くあり、中でも多いものに、「バイアグラは媚薬である」というものがあります。

媚薬とは性的な興奮を高めたり、恋愛感情を起こさせる惚れ薬のような薬として、古くから伝えられています。

このような性欲を増進させる薬は現代では催淫剤とも呼ばれ、商品化も多くされています。

しかし、それらの大半は医学的根拠に乏しいオカルト的なものであり、バイアグラのような医薬品とは明確に異なります。

バイアグラは、あくまでも血管の拡張により力強い勃起を促す医薬品であり、媚薬や催淫剤のように性的興奮を高めたり体の感度を高めるような効果があるわけではありません。

“バイアグラ”とい言葉自体がなにか卑猥なものとして捉えられるような風潮も日本ではあり、バイアグラについて正しく認識している人は決して多いとは言えないのが現状です。

女性のバイアグラ服用、興味があっても注意を

女性のバイアグラ服用、興味があっても注意を

前述したように、バイアグラに対する間違った認識や、単純な興味などからパートナーにバイアグラを飲ませてみたい男性、バイアグラを飲んでみたい女性の方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、興味本位で女性がバイアグラを飲むことには大きなリスクが伴うことを十分に理解しておきましょう。

バイアグラは有効成分シルデナフィルの作用で血管を拡張させる医薬品です。

男性であれば、ペニス内部への血流が増加することによって力強い勃起を起こしやすくなります。

一方、女性の場合ではどうでしょうか。

2020年現在、女性に対するシルデナフィルの効果については製造元のファイザーでも研究段階であり、媚薬としての効果や、不感症改善などの効果があるとは明確には言い切れません。

また、シルデナフィルの作用による全身の血管の拡張は女性であっても見られます。

これにより起きる体調の変化が、男性がバイアグラを服用したときにまれに発症する以下のような副作用です。

  • 頭痛
  • めまい
  • ほてり
  • 紅潮
  • 動悸

これらはすべて血管の拡張により起こる副作用ですが、男性よりも体の小さい女性は、副作用の起こる確率が高まったり、重篤な副作用が男性以上に出やすいと考えることができます。

特に、普段から血圧の低い女性は血管の拡張により血圧がさらに低下することで、重篤な症状が発症する危険性も高まります。

2019年には、タレントの梅宮アンナさんが興味本位からバイアグラを服用した経験が記事になっています。

このとき梅宮さんは「心臓が破裂するかもしれないほど命の危険を感じた」とのことです。

このようなことからも、女性が男性用の医薬品であるバイアグラを服用するのは大きな危険が伴うことを理解しておきましょう。

少なくとも興味本位からバイアグラを服用してしまうようなことは、あまりにもリスクが大きいのではないでしょうか。

海外の女性用バイアグラについて

海外の女性用バイアグラについて

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルの女性への効果については、まだ未知の部分が多く、憶測や期待の域を出ないと言えるでしょう。

しかし、海外では同じくシルデナフィルを有効成分とした「女性用バイアグラ」が販売、流通されているという事実もあります。

この女性用バイアグラは複数種類があり、海外通販を利用することで日本からでも購入することができます。

しかしそれらに安全の保障はなく、海外医薬品には偽物も紛れ込んでいる可能性があるため購入はお勧めできません。

momoi

海外で流通している女性用バイアグラは、血管拡張作用により女性器周辺が充血することで、女性の感度が向上するなどの効果を謳っています。

海外で流通している女性用バイアグラ

以下では代表的ないくつかの女性用バイアグラを紹介しています。

ウーメラ

ウーメラ(Womenra)はシラーバイオテクノロジーズ社が製造、販売していた女性用のバイアグラです。

女性用バイアグラの先駆けとして有名な商品ではありますが、現在では製造が行われておらず、インターネット上でもウーメラを購入をすることはできません。

有効成分はバイアグラと同じくシルデナフィルですが、成分量は100mgです。

日本で流通している正規品のバイアグラは最大でもシルデナフィルの成分量が50mgなので、ウーメラはバイアグラの倍の成分量があることになります。

ラブグラ

ラブグラ

ラブグラ(Lovegra)はインドの製薬メーカーであるアジャンタファーマが製造している女性用バイアグラです。

バイアグラと同じひし形の錠剤ですが、ピンク色に着色されています。

女性用バイアグラの中でもウーメラに次いで歴史が長く、現在でも購入することができます。

有効成分はシルデナフィルで、100mgが含有されています。

マレグラPRO

マレグラPRO

マレグラPRO(Malegra Pro)はインドの製薬メーカーであるサンライズレメディーズが製造する女性用バイアグラです。

ひし形をした、ピンク色の錠剤ですが、1シートに10錠入りというパッケージングで流通しているようです。

有効成分はシルデナフィルで、成分量は100mgです。

シルジョイピンク

シルジョイピンク(Siljoy pink)はインドの製薬メーカーであるサバ・ヘルスケアが製造している女性用バイアグラです。

有効成分はシルデナフィルで、他の女性用バイアグラと同じく100mgが含有されています。

日本国内では未承認

海外で流通している女性用バイアグラを紹介しましたが、これらは日本国内では認可されていない医薬品ですので、クリニックなどの医療機関では取り扱っていません。

唯一海外通販を利用することで購入が可能ですが、効果の保証はなく、副作用などに関しても自己責任となってしまいます。

女性特有の不感症や性交痛などで悩んでいる場合は、安易に海外製の女性用バイアグラに手を出すよりも、まずは原因を探ってみましょう。

相談しにくい悩みである、性生活のカウンセリングを行っているレディースクリニックや婦人科もあります。

不感症や性交痛は、加齢による女性ホルモンの低下が原因で起こることも多くあり、主にホルモン補充療法によってそのような症状の改善を行います。

また、性交痛の直接の原因である摩擦を解消するための膣潤滑ゼリーも販売されています。国内の通販でも手に入りやすく、効果もわかりやすいので試してみるのもよいでしょう。

興奮など、性的な気分を高めたい場合にはいわゆる媚薬を使用することになりますが、医薬品のような明確な効果を期待することはできません。

脳内のセロトニンを増加させるなど、医学的にある程度の効果が明らかになっている「オキシトシン」を配合したものを選ぶなどすれば効果を実感しやすいかもしれません。

効果があったとしても副作用のリスクがある

繰り返しになりますが、バイアグラ(シルデナフィル)の女性の性的な興奮や快感を高める効果は明らかになっているわけではありません。

更に副作用のリスクは男性以上に高いと考えることができるため、女性のバイアグラ服用に関しては慎重になるべきです。

最低でも、血管拡張による頭痛やめまい、血圧の低下などの副作用のリスクをしっかり認識しなければなりません。

まとめ

バイアグラには媚薬のような効果があるという誤った認識は多くあり、また海外では実際に女性用バイアグラが販売されています。

このようなことからバイアグラを飲んでみたい女性や、パートナーにバイアグラを飲ませてみたい男性もいることでしょう。

しかしバイアグラには媚薬や催淫剤としての効果はなく、海外の女性用バイアグラが謳っている不感症改善の効果についても不確かなものです。

日本では女性用バイアグラは認可されておらず、副作用のある医薬品を興味本位で飲んでみるのは危険です。

特に、男性に比べて体の小さい女性は副作用が出る可能性も高いと考えられます。

海外通販で購入できる女性用バイアグラについても、効果の保証はなく、副作用については自己責任となるので、購入や服用については慎重になるべきです。

興味本位でなく、女性特有の不感症や性交痛などの悩みから女性用バイアグラを使用してみたい場合でも、一度冷静になって考えてみましょう。

不感症や性交痛は、ホルモン補充療法や膣潤滑ゼリーなどで改善できる場合もあります。

この記事を書いた人 桃井

ED治療歴約1年の30代。今は医者と相談して調子が悪いときだけ服用。完治に向かっている最中。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる