ロードバイクに乗るとEDになる?自転車EDの原因・対策を紹介

ロードバイクに乗るとEDになる?自転車EDの原因・対策を紹介

自転車はさまざまな健康的メリットのある乗り物です。

毎日自転車通勤を続けることや、趣味でロードバイクに乗るといった機会が多いほど、心肺機能や脚力が高まります。

精神的なストレス発散にもつながり、ほかにも健康的メリットはたくさんあります。

そんな中で聞こえてくる数少ないマイナス面が自転車に乗るとEDになるという話です。

日本よりサイクリングが盛んなアメリカでは、自転車でEDになった人が300万人もいると言われているため、無視できる情報ではありません。

そこでこのページでは自転車に乗ることで起きる自転車EDについて調査した内容を解説します。

自転車EDを予防する具体例や方法も見つかったので、これらも分かりやすく紹介します。

自転車EDとは?ロードバイクでEDになる?

自転車EDとは?ロードバイクでEDになる?

ED(勃起不全)は勃起機能が低下する病気です。そして自転車に乗ることでEDを発症してしまうのが自転車EDです。

これまで様々な調査機関が自転車とEDの関係を研究・発表してきました。

自転車だけではなく、昔から馬のように騎乗する動物や、現代のオートバイはEDになる可能性があることを指摘されています。

ですから自転車生活を安心して続けていくためにも、自転車EDについて知っておくに越したことはありません。

そこでまずここからは自転車EDの原因から解説していきます。また、ロードバイクがEDを引き起こすという噂についての調査結果も紹介します。

自転車EDの原因

自転車EDは男性器につながる神経や血管がサドルによって圧迫され続けることで起きる器質性EDだと考えられています。

コーイチ

器質性EDとは身体に起こる何かの原因により、物理的に勃起機能が阻害されることで起こるEDです。

陰嚢(いんのう)と肛門の間の会陰部と呼ばれる部分は、男性器の陰茎海綿体とつながる動脈や勃起機能に関連する神経が通っています。

この動脈や神経が長時間の自転車乗車により損傷することが原因となっています。

そのため自転車EDは長時間乗るということだけではなく、サドルの形や乗り方によって会陰部が圧迫されやすくなる場合、より発症するリスクが上がります。

以下が代表的な自転車EDの原因です。

  • ロードレースタイプの細いサドル
  • 硬いサドル
  • 会陰部の圧迫が強まる前傾姿勢で乗るスポーツタイプの自転車
  • 通勤の場合、片道1時間以上の長時間継続した圧迫
  • 週に3時間以上自転車に乗る
  • 週に約60㎞以上自転車に乗る
  • 10年以上自転車に乗っている

また、自転車に乗っていてしばらくすると会陰部がしびれているという人はEDのリスクが高いと考えてください。

ロードバイクに関しては、硬いサドルや前傾姿勢が一般的なので、対策を取らないとロードバイクでのED発症リスクは高いといえるでしょう。

また、以下のような人はそもそもEDのリスクを持っているので、要注意です。

  • 生活習慣病(動脈硬化、高血圧、糖尿病)を持っている
  • 50歳以上
  • メタボリックシンドローム

自転車EDにならないための防止・対処方法

本来、自転車に乗る運動は全身の血流を改善させるので、EDの予防にもつながる効果的な運動です。

その他にもさまざまな健康上のメリットがあるので、自転車EDにならないための防止・対処方法を知っておけば、自転車に乗ることは何の問題もありません。

●乗る時間
乗る時間を減らすことで圧迫される時間も短くなります。

通勤や通学、運動のため時間を減らせない場合は、途中で休憩を取るようにして、連続して圧迫しないようにします。

●乗り方
前傾姿勢で乗ると圧迫が強まるため、意識的に乗る位置を変えたり休憩をはさむようにします。

ただ骨盤がまっすぐ立った状態で乗るマウンテンバイクや一般的な自転車も、サドルに伝わる重量が大きくなるので、こちらなら安心というわけではありません。

●サドル
サドルの形状が細いものや硬いものは会陰部が強い力で圧迫されやすいため、以下のような対策を取るよいでしょう。

  • 幅広でクッション性の高いサドル
  • サドルカバーをつける
  • 穴の開いたサドル
  • パッド入りの自転車用スパッツをはく

自転車によるその他の性機能への影響

健康的なメリットの多い自転車ですが、自転車による性機能への影響はその他にもあります。

ここまで紹介したような乗り方で圧迫が長時間続くと、睾丸を圧迫することで精子に悪影響があるとされます。

具体的には圧迫により精巣の血管にダメージが加えられて、精子量・運動率を低下させます。

これは結果として男性不妊につながる可能性があります

ED(勃起不全)の症状について

「自分はEDなのではないか」
「EDになりかけてはいないか」

などと心配している場合は、EDがどういった症状なのかを正しく知っておく必要があります。

そこでここからはED(勃起不全)の症状について簡単に紹介していきます。

EDになると性欲があるにもかかわらず、以下のような症状があらわれます。

  • 興奮はするが勃起しない、または勃起力が足りない
  • 勃起はするが、挿入に至る硬さにならない
  • 挿入はできるが、勃起状態が維持できない(中折れする)

EDになっても治療をおろそかにすると、自信を喪失して性行為を行わなくなるという弊害も起きます。

このEDにはいくつか種類があります。

器質性ED
自転車EDを含め、動脈硬化や神経障害、生活習慣病によるED。50代~60代に多い

心因性ED
仕事や日常、性交渉の失敗などによる精神的なEDで20代~30代でも発症する

混合性ED
上記の器質性、心因性どちらの要因もあるED

薬剤性ED
日常的に服用している薬剤の副作用によるED

EDを疑う場合はクリニックへ

EDを疑う場合はクリニックへ

すでに自転車EDになってしまっている場合は、すみやかに治療する必要があります。

治療を行う場合や、EDかどうか判断が難しい場合、いずれも必要なのはクリニックでの治療です。

EDは泌尿器科やED治療専門クリニックで行われています。

泌尿器科は女性患者や女性看護師もいて訪問しづらいという声もあります。

そのため、おすすめはED治療専門クリニックです。

ED以外にAGA治療薬の処方も行っているクリニックもありますが、こうしたクリニックは男性スタッフのみという配慮や、目立たない立地など、
患者目線のプライバシー配慮で考えられています

クリニックのED治療は主にED治療薬による治療が主流です。

ED治療薬は代表的なものに以下のものがあり、それぞれ効き方などに特徴があります。

シアリス バイアグラ レビトラ
有効成分 タダラフィル シルデナフィル バルデナフィル
硬さ マイルド とても硬い 硬い
発現時間 1時間 30~60分 15~30分
持続性 24~36時間 3~5時間 4~10時間
副作用 弱い ある 普通

多くの場合ED治療薬の処方で勃起力を取り戻すことができますが、この他にも以下のような治療方法があります。

  • 低出力体外衝撃波治療
  • ICI治療
  • 陰茎プロステーシス手術

低出力体外衝撃波治療は男性器に一定期間通院し衝撃波をあてて、毛細血管を再生させ海綿体への血流を復活させる治療です。

ICI治療は血管拡張作用のある薬剤を直接男性器に注入して強制的に勃起させる治療方法です。

陰茎プロステーシス手術は陰茎海綿体内に勃起補助器具を埋め込む手術で、神経や血管が損傷した器質性EDを治療する最終手段です。

コーイチ

こうしたED治療の多くは自由診療で保険がきかないため、クリニックでよく相談しましょう

自転車に乗るとEDになる?のまとめ

最後にここまでに内容を簡潔にまとめてお伝えします。

  • 自転車だがはED(勃起不全)になる可能性がある
  • 原因は会陰部が圧迫されつづけることで起こる勃起に関わる血管と神経の損傷
  • ロードバイクは会陰部を圧迫しやすい
  • 乗る時間、乗り方、サドルやパンツなどの調整で予防できる
  • EDになってしまったらクリニックへ
  • ED治療薬は効き方に特徴があり、自分の症状にあわせて選べる
  • ED治療専門クリニックならプライバシー対策もされ安心して訪問・通院できる

万が一EDになっても、しっかりと治療を行えば再び勃起できる可能性は高くなります。

その上で再発、重症化しないよう、乗り方の工夫を継続すれば自転車生活を楽しむことができるでしょう。

この記事を書いた人 コーイチ

たまにEDのような症状になる。ED治療薬を始め、早漏防止薬なども色々お試し中の20代。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる