薄毛の人が坊主にするメリット・デメリットとは!?

坊主

「育毛剤の効果がずっと出なくて疲れた…もう坊主にしてしまおうか。」

このように薄毛を気にするうちに、思い切って坊主頭にしてしまうという選択肢が出てくることはないでしょうか?

確かに潔く坊主頭にしてしまうことで、薄毛を目立たなくすることができます。しかし、坊主頭にはメリットとデメリットもあるので、その点をしっかり理解しておきましょう。

薄毛になったとき坊主にするメリットとは?

坊主頭は薄毛が目立ちにくい髪型の1つですが、実はそれ以外にもメリットが多くあります。思いもよらぬメリットもあるかもしれませんので、1つひとつ説明していきます。

見苦しくない(潔い)

薄毛から坊主頭すると、周りの人からは多くの場合「潔い」と思われます。

男性の場合は防止やヘアスタイルなどの工夫で下手に薄毛を隠そうとするよりかえって潔く、薄毛が目立った状態よりも清潔感があるため好印象を与える可能性が高いんです。

そもそも、進行してしまった薄毛をヘアスタイルで隠すのにも限界があります。

主に周りからの印象に関わる部分ですが、薄毛の男性が坊主頭にする大きなメリットの1つに、「堂々とした潔さ」を得られるというものがあります。

ハゲ散らかした頭を残った髪で隠そうとしてるのは、逆に汚らしく見えてしまうという女性の意見も多く見受けられます。

頭皮が清潔に保たれやすい

坊主頭は清潔感のあるイメージが多い髪型ですが、坊主頭にする実際のメリットの1つに、頭皮環境が清潔に保たれやすいというものがあります。

長い髪の毛がないことで頭皮の蒸れも起こりにくく、シャンプーでも頭皮を直接洗いやすいため、頭皮の雑菌の繁殖が抑えられます。

さらにシャンプーの洗い残しなどもほとんどなくなるため、坊主頭は頭皮を清潔に保つという点においてはかなり適したヘアスタイルであると言えます。

頭皮の蒸れを直接の原因とする薄毛は多くはありませんが、蒸れた状態を放置しまうのは頭皮環境の悪化に繋がり薄毛の原因となったり、薄毛の進行を速めてしまう可能性はあります。

また、頭皮の蒸れや雑菌の繁殖が起きにくい坊主頭であれば、気になる頭の臭いにも悩まされることはほとんどなくなります。

散髪代が節約できる

バリカンがあればセルフカットでまかなえる坊主頭は、理容室や美容室にかかるカット代も節約できます。

ヘアサロンで5,000円のカットを月に一度の頻度で行なっているのであれば、年間の散髪代金はおよそ60,000円にもなります。

坊主頭をバリカンによるセルフカットで行なうのであれば、散髪代はほぼバリカンの代金のみで済みます。

最近ではリーズナブルなものから高級で高機能なものなど、多くのバリカンが販売されていますが、高く見積もって10,000円も出せば十分なものが買えるでしょう。

もちろん数千円台のものも非常に数多くの製品が販売されています。

また、坊主頭の長さによってはそれまで使用していたリンスやコンディショナーがいらなくなり、シャンプーの使用量も大幅に減るので、洗髪代の節約にも繋がります。

朝の準備が楽

短めの坊主頭であれば髪の毛のセットは不要です。坊主頭は朝、家を出る前の寝癖の直しやセットにかける時間を減らすことができます。

特に、薄毛を気にするあまり、朝の髪のセットはかなりの時間をかけ、念入りに行なう方も多くいらっしゃいます。

坊主頭であれば、そのような時間もかからなくなり、朝の貴重な時間を確保できます。朝シャワーを浴びる場合でも、ドライヤーによる乾燥の時間が不要です。

時間に追われる忙しい現代人に取ってはかなり大きなメリットではないでしょうか。

抜け毛へのストレスがなくなる

髪の毛が長い場合では抜け毛の量も目立ちやすく、洗髪時の抜け毛や、起床時、枕についた抜け毛にショックを受けることも多いのではないでしょうか。

そのようなことが日々のストレスとなり蓄積されてしまえば、脱毛の進行にさらなる拍車をかけてしまいかねません。

一方、髪の毛を短く刈り揃えた坊主頭であれば抜け毛は目立たなくなります。また、頭皮環境が改善されやすいため、抜け毛自体も減る可能性が高くなります。

このように、坊主頭にすることのメリットの1つとしては、抜け毛によるストレスが減るということが挙げられます。

薄毛になったとき坊主にするデメリットとは?

坊主頭にはメリットが多いことを説明しましたが、いくつかのデメリットもあります。

デメリットもしっかり確認して、それでも大丈夫と思えるのであれば坊主頭にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

慣れるまで恥がある

それまでの髪型からいきなり坊主頭にするのには、誰でも勇気がいることです。学生であればまだしも、社会人にとっての坊主頭というのは周りからは浮いてしまいやすい髪型です。

それに加え、一度坊主頭にしてしまうとすぐに他の髪型にすることもできないため、ためらってしまうのは仕方がありません。

決心して坊主にした後でも、坊主頭である自分に慣れるまでは恥ずかしさを感じることが多いでしょう。

坊主頭にする際に不安があるときは、例えば周りの人には明日坊主にすることを伝えたりしてはいかがでしょうか。あらかじめ伝えておくことで、坊主頭で顔を合わせた際のインパクトはある程度軽減できるはずです。

また、可能であればネタにしてもらえば気は楽になるかもしれません。あなたが普段からイジられるようなキャラクターである場合は、そのような雰囲気も作ってもらいやすいでしょう。

メンタル面の問題なので人にもよりますが、大切なのは、坊主頭である自分自身に慣れ、周りにも定着させることです。

汗を拭くのが面倒

髪の毛は頭皮にかいた汗が落ちるのを止める役割りがあります。坊主頭にしたことがないと分かりづらいかもしれませんが、実は、短く刈り揃えた坊主頭は汗が垂れてきやすい髪型なんです。

夏場や運動時などで大量の汗をかく場面では、汗は容赦なく顔に垂れてきて、目に入ってしみることもあります。

このため、坊主頭は汗を拭う回数が多くなりそのためのハンカチやタオルが必須になります。このことを面倒であると感じるのであれば、汗の問題は坊主頭のデメリットの1つと言えるでしょう。

炎天下や激しい運動を行なう際は、帽子やヘアバンドをすることで汗が垂れるのは防ぐことができます。

紫外線対策が必要

髪の毛には頭を日差しから守る働きもあります。そのため坊主頭にすると、特に夏は強い日差しによって相当な熱さを頭に感じます。

坊主頭は日差しによる紫外線も、直接頭皮に受けやすくなるため、紫外線対策が必要です。紫外線は頭皮を傷つけ、脱毛の原因となるので帽子や日焼け止めなどで対策しましょう。

強い紫外線を大量に受け、頭皮環境の悪化させてしまえば薄毛がさらに進行し、もし坊主頭から髪の毛を伸ばそうと思ってもそれまで以上に薄毛が目立ってしまう可能性もあります。

紫外線対策として帽子をかぶる場合、帽子は常に清潔にしておきましょう。

帽子が清潔に保たれていないと、汗をかいたときなどに雑菌が繁殖しやすくなり、紫外線対策のつもりが頭皮環境の悪化に繋がってしまいます。

ヘアタトゥーという選択肢

ヘアタトゥーというものをご存じでしょうか?

ヘアタトゥーは頭皮に色素を注入して薄毛の部分を目立たなくさせる技術ですが、欧米に比べると日本ではまだ普及していません。

色素を注入することで、黒々とした毛穴があるように見せられるため、坊主頭にした際にツルツルの部分が目立つのではと気にされる方に特に人気が出てきています。

頭皮に色素を注入してしまうのは、頭皮や毛根にダメージがあるのでは?と思われるかもしれませんが、ヘアタトゥーで色素を注入するのは、毛根よりもさらに外側の真皮と言われる皮膚の層です。

このため、ヘアタトゥーによって今後その部分に毛が生えなくなったりということはありません。

ヘアタトゥーは坊主頭との組み合わせが非常に効果的な薄毛対策の施術です。ヘアタトゥーが気になったのであれば、施術を行なっているクリニックでのカウンセリングを受けてみるのがおすすめです。

ヘアタトゥーの金額についてですが、これは保険適用外の自由診療となってしまうのでこの点は理解しておきましょう。

しかし、植毛などの施術に比べれば安価である場合がほとんどです。

やっぱり発毛させたい人

坊主頭にすることはかなり有効な薄毛対策であることは説明しましたが、どうしても抵抗があったり、まだ発毛の可能性を信じてみたい方もいるかと思います。

そのような場合は、クリニックや病院で処方される薄毛治療のための医薬品を使用するのが残された手段です。

もし、まだクリニックなどでのカウンセリングを受けていないのであれば、まずはカウンセリングだけでも受けてみましょう。

無料のカウンセリングを行なっているクリニックもあり、自分の頭皮や頭髪の状況や、薄毛の原因を正確に知ることができます。

また、適切な治療内容や費用の説明、薬の種類や副作用について、少しでも発毛させやすくするための生活習慣改善のアドバイスなども聞くことができます。

カウンセリングを受けたからといって必ずそこのクリニックで治療を行わないといけない訳ではありません。

治療内容や料金、クリニックの対応など、自分が納得できるクリニックを見つけるまで、複数のクリニックでの無料のカウンセリングは受けるが良いでしょう。

都内で人気な薄毛専門クリニックは「東京スカルプクリニック」です。

無料カウンセリングはもちろん、その後診察をしたとしても初診料や血液検査料も無料なので試しに行くのにぴったりなクリニックです。

AGAをはじめとした薄毛に特化していて、無理な勧誘もないため気軽に相談してみてください。

薄毛と坊主についてまとめ

坊主頭のメリットが多いことはわかったと思います。

薄毛対策として坊主頭にすることには、潔く見えることや頭皮が清潔に保たれやすい、髪にかかる費用の節約などのメリットがあり、デメリットとしては、慣れるまでの恥ずかしさ、汗や紫外線の問題があることなど説明してきました。

坊主頭へのイメージチェンジは、自分が坊主にすることが納得できるのであれば有効な薄毛対策でしょう。

やっぱり発毛をさせたいのであれば、フィナステリドやミノキシジルなどの医薬品による治療や、成長因子を注入する施術、植毛などがあります。

しかし、それらに比べてリーズナブルな坊主頭という選択肢があることも覚えておくと良いでしょう。

この記事を書いた人 しゅんすけ

まだ20代だけどおでこの方がかなりきている若ハゲ。無料カウンセリングを色々受けてどこで治療しようか悩んでいる最中。父親は40代でツルツル。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる