プロペシアを飲んでいる場合の子づくりについて・妊婦への影響は?

プロペシアを飲んでいる場合の子づくりについて・妊婦への影響は?

プロペシアは男性の薄毛治療薬として、その効果の高さから広く使用されている薬です。

しかしプロペシアは、妊婦や幼児の服用は禁止とされています。

では、「子作りを考えている男性の服用」は大丈夫なのでしょうか? 妊活と薄毛に悩む方は、心配になるものです。

これまで「プロペシアを服用することで胎児に異常が現れた」という実例はありませんが、専門医によっては服用を中止したほうがいいとも言われています。

こちらのページでは、プロペシアの子作りや妊婦への影響、男性の服用など、様々な疑問についてまとめています。

momoi

子供も欲しいが髪の毛も維持したい、と思うカップルは是非覚えておきましょう。

抜け毛の治療薬「プロペシア」とは

プロペシアは、有効成分「フィナステリド」を配合した、AGA(男性型脱毛症)の治療薬です。

フィナステリドは抜け毛の原因とされる男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(以下DHT)」を生成する酵素「5αリダクターゼ(5α還元酵素)」の働きを阻害します。

世界で始めてのAGA(男性型脱毛症)治療薬として誕生し、現在も多くの薄毛に悩む方に利用されています。

プロペシア(フィナステリド)の効果や副作用

プロペシアによる子作りや妊婦への影響

プロペシアによる子作りや妊婦への影響

プロペシアは薄毛の治療で第一選択として処方され、効果的に薄毛を改善する薬です。ただし、高い効果がある半面、同時に副作用もあるのが薬の特徴です。

プロペシアには、男性の性機能についての副作用があることでも知られています。

実際にプロペシアを服用することで、子作りや妊娠にどれだけの影響があるのでしょうか?

気になるカップルの方は、安心のためにもプロペシアの副作用についても知っておきましょう。

性欲減退やED

プロペシアの添付文書に記載されている副作用には、生殖器に関するものがいくつかあります。

その中の1つに「リビドー減退」があります。リビドーは「意欲」や「性欲」を意味しています。副作用の出現率は1~5%です。

EDを意味する「勃起機能不全」の副作用は、1%未満の出現率です。

これらの副作用により、セックスに対しての意欲が無くなり、EDになるのは子作り自体が困難になります。

しかし見ての通り性欲減退やEDの発現率は低く、メーカーの臨床試験の結果によると、全体の0

.3%程です。

ほとんどの方には現れない副作用ですが、僅かにでも出る可能性があると覚えて起きましょう。

詳しくはこちらをご覧ください。

プロペシアとEDについて

精子量の減少

プロペシアの副作用には、精子量の減少があります。精子量の減少は男性不妊症の原因になります。

精子が作られる際には、男性ホルモンの分泌が必要となりますが、プロペシア服用による精子の減少と結びつくデータはありません。いくつかの検査によると、稀ではありますが、精子量の減少が見受けられます。

胎児への影響は?

胎児への影響は?

プロペシアの主な働きは、悪性の男性ホルモンと言われる「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を抑えることです。

このDHTは、脱毛や前立腺肥大の原因となるだけでなく、男子胎児の生殖器の成長に関わりがあるとされています。

母体でDHTの働きを抑えてしまうと、男子胎児の生殖器が未成熟となる場合があります。

妊婦はプロペシアを、服用しても触ってもいけない

プロペシアは女性の薄毛への効果は認められていないため、女性の使用は禁止されています。

特にこれから子作りを考えている方や、妊娠の可能性のある方、妊婦、授乳中の方は注意が必要です。

そもそもプロペシアは女性用の薬ではないため飲むことはありませんが、手で触れる事も禁止されています。

プロペシアは皮膚からも吸収される特徴(経皮吸収)があります。通常のプロペシアは錠剤の表面がコーティングされているため、経皮吸収はされない作りになっています。

しかし錠剤が砕けている場合、錠剤の内部を触ってしまうと成分を吸収してしまいます。

ただし長時間触れていなければ、影響が出るほどの成分を吸収するものではありません。

プロペシアを服用中に妊娠した場合

プロペシアを服用中に妊娠した場合

男性がプロペシアを服用していた場合、万が一相手の女性が妊娠したらどうなるのか考えると、心配になると思います。

プロペシアの服用により男性不妊に繋がるとも言われていますが、実際に妊娠した場合は特に問題ないと考えていいでしょう。

そのため、プロペシアの服用を深刻に捉える事はありません。

少しでもリスクを減らし健康な精子を増やしたい方は、プロペシアの使用を中断して妊活をするようにしましょう。

1か月コンドームを使う

プロペシアを使われていた方でも、子作りをすることに問題は無いと言われています。

プロペシアにはいくつかの生殖器の副作用がありますが、その割合はごく僅かです。

とはいえ、妊娠は些細なことでもナーバスになるものです。少しでも不安要素を取り除くためには、プロペシアの使用を中断することをおススメします。

薬は継続して使っていると、体に成分が蓄積されるものです。

使用を止めることで薬の成分は無くなります。プロペシアの使用の場合では、1か月程で成分は抜けて行きます。

そのためプロペシアを服用していた方は、薬が抜けるまで妊娠しないように1か月ほどコンドームを使用してください。

プロペシア以外の治療

プロペシア以外の治療

プロペシアの治療を継続していた方は、途中で止めてしまうとまた抜け毛が進行してしまいます。

胎児への影響はあまり無いとはいえ、子作りの期間中は大事を取ってプロペシアの使用を控えたいと思いますよね。

しかしAGAの症状は進行するものなので、子作りの最中でも薄毛はお構いなしに進行するものです。

そんな場合は、プロペシア以外のAGA治療薬を使って薄毛の進行を食い止めましょう。

ミノキシジルの使用

ミノキシジルは患部に直接塗布することで、効果が得られる治療薬です。

ミノキシジルは、CMでも目にする「リアップ」や「ミノキ5」が有名です。

プロペシアには男性ホルモンに関わる働きがありますが、ミノキシジルには男性ホルモンに影響する働きはありません。

ミノキシジルは頭皮の血行促進に加え、毛母細胞を活性化させ、発毛を促す働きがあります。

脱毛の元となる強い男性ホルモンを抑えるものでは無いため、子作りしていても影響がありません。

ミノキシジルの効果や副作用

子作りを考えている方は万が一にそなえる

子作りを考えている方は万が一にそなえる

男性がプロペシアを使用している分には、生まれてくる赤ちゃんへの影響は少ないと考えられています。

実際に男性がプロペシアを使用中に妊娠し出産した赤ちゃんに、異常が見られたという報告は出ていません。

しかし専門クリニックによってはリスクを極力減らすため、男性の服用もしない方が良いという見解もあり、意見は分かれているのが現状です。

影響が現れるのは、女性がプロペシアを服用したり、触った場合です。厚生労働省でも、女性のプロペシアに対する注意喚起が行われています。

特に注意が必要なのはこれから子作りを考えている方や、妊娠・授乳中の方です。

間違えて服用することはごく稀ですが、割れた錠剤を触っても成分のフィナステリドが体内に吸収される場合があります。

まだ発育途中の男児も、フィナステリドに触れないよう注意が必要です。

子作りを考えている方は万が一にそなえ、プロペシアの服用は控え、家族が手持ちのプロペシアに触れないように注意してください。

薄毛を継続して治療したい場合は、ミノキシジルのようなプロペシア以外の薬を使うようにしてください。

この記事を書いた人 桃井

ED治療歴約1年の30代。今は医者と相談して調子が悪いときだけ服用。完治に向かっている最中。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる