糖尿病になると高い確率でEDに?糖尿とEDの関係から対策まで

糖尿病になると高い確率でEDに?糖尿とEDの関係から対策まで

糖尿病は世界では3億人以上、日本でも1000万人ほどの患者数があるとされるとても身近な病気です。

そのような糖尿病ですが、様々な合併症があることでも知られています。

その1つとして、「糖尿病でEDになる」と言われているのを耳にしたことはないでしょうか。

現在では糖尿病の研究は進んでいますが、多くの医療機関が糖尿病とEDの関係を明らかにしています。

ここではなぜ糖尿病でEDになると言われているのか、また糖尿病の予防方法など糖尿病とEDの関係をわかりやすく説明しています。

糖尿病とは

糖尿病とは

糖尿病とEDの関係について説明する前に、まずは糖尿病について知っておく必要があります。

糖尿病という病気はよく知られていても、具体的な症状などについては知らない方も多いかもしれません。

糖尿病とは血糖値、つまり血液中の糖分の濃度が高くなりすぎている状態で、「1型糖尿病」と「2型糖尿病」に大きく分けることができます。

1型糖尿病は、先天的な要因などにより膵臓の機能に障害が起こり、血糖値をコントロールするインスリンの分泌ができなくなり子供や若年層に多く発症する糖尿病です。

もう一方の2型糖尿は、主に生活習慣などの要因から中高年を中心に発症する糖尿病です。

糖尿病患者のおよそ95%が2型糖尿病と言われていることもあり、糖尿病と言った場合には2型の糖尿病を指す場合がほとんどです。

糖尿病は自覚症状に乏しい場合が多く見られますが、初期の症状として便秘や手足のしびれ、血糖値がかなり高い状態では多飲、多尿、口の乾きなどが見られます。

しかし、糖尿病の最も恐ろしい点は、糖尿病自体の症状よりも合併症による症状です。

特に、糖尿病は血糖値の上昇により、神経、網膜、腎臓に深刻なダメージを与えてしまいます。

これらは糖尿病の三大合併症とされており、それぞれ

「糖尿病性神経障害」
「糖尿病性網膜症」
「糖尿病性腎症」

と呼ばれています。

この他にも糖尿病には多岐にわたる合併症が見られます。

なぜ糖尿病の男性はEDになりやすいか

なぜ糖尿病の男性はEDになりやすいか

「糖尿病でEDになる」というのは多く言われていますが、実際に糖尿病はED(勃起障害)との関係が深い病気です。

前述したように、糖尿病では「糖尿病性神経障害」「糖尿病性網膜症」「糖尿病性腎症」が三大合併症とされています。

しかしそれ以外にも糖尿病には多くの合併症が見られ、そのひとつとして「糖尿病性ED」があります。

糖尿病で血糖値の高い状態が続くと、血管が傷つき血流が悪化します。これにより動脈硬化なども起きやすくなります。

このような状態になると、血管から栄養を受け取っている神経の働きも次第に低下してしまいます。

勃起を正常に起こすには、正常な血流と神経の働きが必要です。

糖尿病によって血流の悪化と神経系の障害が起きている場合は勃起が起きにくくなることがあります。

これが糖尿病性EDです。

糖尿病の患者はEDの発症率が2〜3倍高いという研究の結果も明らかにされています。

また、糖尿病ではEDの併発以外にも、性欲の減退や精液減少などの性機能障害が見られる場合もあります。

EDが糖尿病の自覚症状であることも

糖尿病とEDの関係が高いことは前述していますが、EDの症状で悩んでいる方が検査を受けたら糖尿病が進行していた、などというケースも見受けられます。

糖尿病は初期症状がわかりにくい病気ですが、EDの併発は比較的初期の糖尿病から起こるとされています。

このようなことからも、チェサピーク泌尿器科アソシエイツ(※)は、EDが糖尿病の早期発見のための指標になる可能性があるとの発表をしています。

EDは生命に関わるような病気ではありません。しかし、糖尿病はどうでしょう。

糖尿病の致死率は日本の全国平均で10%ほどとされており、致死率の高い病気のひとつです。

また糖尿病患者とそうでない人の平均寿命を比べると、男性でおよそ10年、女性ではおよそ15年の寿命の短縮が認められているなど、糖尿病は生命に関わる重篤な疾患であると言えます。

さらにEDを発症している糖尿病は、EDを発症していない糖尿病に比べて心筋梗塞や脳梗塞などの合併症の将来的な発症率や、死亡率が高いという報告もされています。

※米国のメリーランド州ボルチモアにある糖尿病医学の権威的医学会

糖尿病を予防するには

糖尿病性を予防するには

EDを併発するだけでなく、生命にも関わる病気である糖尿病はいかにして予防すればよいのでしょうか。

それにはまず、食生活の見直しや、運動の習慣などが重要になります。

糖尿病を予防する食生活とは、具体的には食事による血糖値の上昇を抑えることです。

もともと日本人は血糖値の上昇を抑えるインスリンの分泌や働きが欧米人に比べて弱いとされています。

このために、肉やパンなどが中心の高カロリーな欧米型の食生活を続けていれば、血糖値が高い状態が続き、糖尿病の危険性は大きく高まります。

糖尿病予防の観点からも、カロリーや糖質を抑えた食事、具体的には和食など、魚、野菜中心の食生活が望ましいと言えます。

揚げものや炒めものより、茹でもの、蒸しものを多く選ぶようにすればカロリーや糖質は自然と減らすことができます。

主食である米も血糖値を上げる食べ物ではあるので、食べ過ぎはもちろんよくありません。食事の際は野菜から先に食べることで血糖値の急激な上昇を抑えることができるので意識しましょう。

食事と並んで糖尿病の予防に大切なのが運動です。

運動には血糖値の上昇を抑える効果がありますが、これは、運動を行うと代謝が活発になり、食事によって吸収した糖分の代謝も促進されるためです。

糖尿病を予防するためにはアスリートのようなハードなトレーニングを行う必要はありませんが、適度な運動を習慣化することが大切です。

目安としては20~60分程度の有酸素運動を週に3回くらい行いたいところです。

軽いウォーキングやジョギング、水泳など運動は負荷も高すぎないので、糖尿病予防の運動としてもおすすめです。

食事と運動は糖尿病を予防するための重要な要素ですが、もうひとつ気をつけたいのが、ストレスを溜めないようにすることです。

人間の体は、ストレスを感じることでアドレナリンというホルモンを分泌しますが、このアドレナリンには血糖値を上昇させる働きがあることが明らかにされています。

ストレスを完全に避けて生活するのは簡単ではありませんので、適度な運動を行うなどして積極的にストレスの発散をすると良いでしょう。

また、飲酒や喫煙も、血糖値を上昇させるアドレナリンの分泌を促進することが明らかになっています。

糖尿病予防の観点からも、飲酒や喫煙の習慣は望ましくありません。

普段の生活から糖尿病を予防するには、まずは以下の点を意識しましょう。

  • 普段の食事では血糖値を上げすぎない(糖質を摂りすぎない)
  • ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行う
  • ストレスを溜めすぎない
  • お酒は飲みすぎず、できれば禁煙を

これらの点に注意しつつ、定期的な健康診断を受診するようにしましょう。

糖尿病性EDと診断されたら

糖尿病性EDと診断されたら

EDの症状に加えて、多飲多尿や手足のしびれなどの症状が見られる場合は糖尿病性EDが疑われます。

このような場合は、糖尿病を診ている内科、あるいはEDの診療を行っている泌尿器科を受診するのが良いでしょう。

糖尿病性のEDであると診断されたら、まずは糖尿病の治療を行うことが重要です。

インスリン分泌促進剤や、糖質の吸収自体を抑えるα-グルコシダーゼ阻害薬などにより行う薬物療法の他に、医師の指導の下で行う食事療法、運動療法によって血糖値をコントロールし、糖尿病の症状を改善していきます。

糖尿病を治療することで、血行が改善し、神経障害も抑えられます。これにより併発しているEDの改善にも繋がります。

また糖尿病性EDであっても、バイアグラやレビトラ、シアリスなどのED治療薬は有効です。

患者の希望、医師の判断により処方してもらうこともできるので、糖尿病の治療と併せて利用しましょう。

ED治療薬の種類一覧

まとめ

EDは動脈硬化や高血圧、神経障害などの様々な要因から発症します。

このため、神経系や血管にダメージを与える糖尿病はEDを併発しやすい病気です。

EDはQOL(生活の質)を下げる病気ではありますが、生命に関わるようなことはありません。

しかし、糖尿病は日本の平均致死率でもおよそ10%と、生命に関わる重篤な病気であると言えます。

糖質やカロリーの高すぎない食事や、適度な運動など、普段の生活から糖尿病予防の意識を持つことは大切です。

EDは糖尿病の初期症状のひとつと考えることもできます。

普段の生活習慣なども鑑みて、少しでも症状が気になる場合は、まずは糖尿病を診ている内科、あるいはEDの診療を行っている泌尿器科を受診するようにしましょう。

この記事を書いた人 桃井

ED治療歴約1年の30代。今は医者と相談して調子が悪いときだけ服用。完治に向かっている最中。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる