フリバンセリンの効果と副作用について

フリバンセリンの効果と副作用について

男性には性機能をサポートするバイアグラなどのED治療薬が存在しますが、これまで女性の性機能を高める薬はありませんでした。

2015年にアメリカのFDA(食品医薬品局)で、女性用の性的欲求低下の治療薬として「フリバンセリン」が承認され、注目を集めました。

まだ日本では未認可の薬のためあまり知られていませんが、フリバンセリンとはどういった薬なのでしょうか?

このページでは、フリバンセリンの効果や副作用についてまとめています。

HANA

性機能を改善したいと考える女性は多いので、フリバンセリンは注目されています。

成分フリバンセリンとは?

フリバンセリンは、女性の性的欲求低下の治療薬として開発された成分です。

アメリカの製薬会社スプラウトファーマ社から「アディ(ADDYI)」という名前で販売されている薬です。

これまで、男性用のED治療薬は多数開発されていましたが、女性の性機能を改善する薬でFDAに承認されているものは無く、フリバンセリンが始めてとなります。

アメリカでは、10人に1人が性欲減退障害に悩んでいると言われています。

フリバンセリンが承認され使えるようになったことで、女性の性欲減退障害の正規の治療が行えるようになりました。

しかし、日本ではまだ未認可の医薬品です。

フリバンセリンの効果

フリバンセリンの効果

フリバンセリンの効果は主に以下の症状の方に有効とされます。

  • セックスレス
  • 更年期障害
  • うつ病やストレスなどで性欲が沸かない

セックスのきっかけを失ったり、体の変化、精神的な病やストレスが原因となり、症状が悪化すると性欲減退障害、性的興奮障害に繋がります。

フリバンセリンは、性欲に関係するホルモンを活性化させる働きにより、性欲減退障害を改善します。

抗うつ剤の働きに似ていますが、セロトニンの働きを抑え、ドーパミンやノルアドレナリンの分泌を促す働きがあります。

以下の物質はいずれも脳内で分泌されるホルモンで、神経伝達物質としても働きます。

  • セロトニン

セロトニンは、睡眠やリラックスなど精神の安定に関わり、ドーパミンやノルアドレナリンを抑える働きがあります。

  • ドーパミン

ドーパミンは、生理的・社会的などさまざまな「欲」が満たされた際に放出され、快感や喜びを感じさせます。その作用は強く、脳内麻薬とも呼ばれています。

  • ノルアドレナリン

ノルアドレナリンは、ストレスに体が抵抗するためのホルモンで、血圧を上昇させ活動を促します。不安や緊張、積極性もこのホルモンの働きによるものです。

女性版バイアグラと言われているが効果は同じ?

フリバンセリンはメディアなどでしばしば「女性版バイアグラ」と呼ばれています。

これは「性機能が改善される薬」と分かりやすく認識させるために、男性のED治療薬「バイアグラ」と並べているからです。

バイアグラなどのED治療薬は、血管を拡張させる働きにより、勃起をサポートする薬です。

フリバンセリンは、脳内ホルモンの働きを調整することで性欲を高める薬です。感度をアップさせたり、直接性器を濡らすような効果はありません。

つまり、バイアグラと作用は全く別の薬とお考えください。

効果が現れない場合もある?

フリバンセリンは、対象となる症状以外の方が服用しても効果が現れない場合があります。

  • セックスに興味が無い
  • 性欲が十分にある
  • 閉経している

これらの条件に当てはまる方は、性欲をアップしてもあまり意味が無い場合があります。

セックスに魅力を感じない、必要が無いのであれば、性欲を上げても意味は無いものです。

性欲が十分ある場合や、閉経後でも性欲が無くならないので必要はありません。

性欲減退ではなく、性器が濡れにくいなどの場合は別の改善が必要になります。

HANA

フリバンセリンを服用する前に、自分に適切か確認してください。

フリバンセリンの用法

フリバンセリンの用法

フリバンセリンは、1日1回寝る前に1錠(100㎎)を服用します。摂取量の限度は1回100㎎までです。

効き目が無いからと一度に限度量以上の薬を服用しても、あまり効果は得られず副作用だけ強く出てしまう場合があるので控えてください。

フリバンセリンは抗うつ剤と同じく、効果が現れるまで時間がかかる特徴があります。

服用を続け、効果が現れ始めるまで4週間ほどかかります。

効き方に個人差はありますが、効果のピークはおよそ8週間後と言われています。

成分は時間をかけて体に蓄積され、血中の濃度が高まることで効果が現れてくるようになります。

フリバンセリンに即効性は無く、服用して効果が現れるまで時間のかかる薬です。

HANA

フリバンセリンは性欲が高まる薬なのだと思いセックスの直前に飲んでも、媚薬のような働きはありません。

フリバンセリンに見られる副作用

フリバンセリンには以下の副作用が見られます。

  • 吐き気
  • 眠気
  • めまい
  • 疲労感
  • 胃痛
  • 口の渇き
  • 火照り
  • 動悸
  • 低気圧

これらの副作用は、一般的な抗うつ剤を服用した際に現れる副作用と同じです。薬を飲み始めの段階で現れやすい症状です。

現れる頻度の低い副作用として、以下のものがあります。

  • 不安感
  • 便秘
  • 腹痛
  • 血圧の上昇

注意点

フリバンセリンの使用に関してはいくつかの注意点があります。

  • アルコールとの併用
  • 空腹時の服用
  • 1度服用したら、次に服用するまで24時間空ける
  • 妊娠または妊娠の予定、授乳中の女性

以下の薬と併用は禁止されています。

  • 抗菌薬(CYP3A4阻害剤:エリスロマイシンなど)
  • 抗うつ剤・向精神薬
  • 高血圧・心臓病の薬

これらの薬と併用すると、副作用が強く出てしまう可能性があります。

FDA(アメリカ食品医薬品局)で認可

FDA(アメリカ食品医薬品局)で認可

成分フリバンセリンが配合された、女性の性欲減退障害の改善薬「アディ」は、2015年にFDA(アメリカ食品医薬品局)で承認され話題となりました。

これまで男性の性機能をサポートする薬は多数開発されていましたが、女性の性機能をサポートする薬で承認されたものはアディが始めてとなります。

しかし、過去2回アディの承認は見送りになっています。それは、副作用による「安全上の懸念」があると判断されたからです。

嘔吐や低血圧、失神、めまいが指摘され、アルコールとの併用ではさらに強い症状となるという報告もあります。

2020年の現在もまだ日本で承認を受けていませんが、今後さらに治験のデータが増え、効果や安全性が確認されれば、承認される可能性もあります。

フリバンセリンの購入方法

フリバンセリンは日本では未認可の医薬品のため、一般的な病院やクリニックでは処方されていません。

ただし、日本では海外で販売されている区薬品を個人輸入という形で購入することができます。

個人輸入とは、購入者本人のみが使用する目的で、決められた量(処方箋薬は1か月分)であれば、海外から商品を購入できる制度です。

現在は個人輸入の代行を行うサイトから、ネット通販で医薬品を購入する方法が主流になっています。日本では購入できない医薬品や安価なジェネリック薬品を購入できることから、利用者は増えていると言われています。

しかし個人輸入には多くの危険が存在しています。そのことについて下記で説明していきます。

海外医薬品の危険性

日本で認可を受けていない、非正規ルートで販売される海外医薬品の中には、粗悪品やニセモノが含まれる場合があります。

これまでも、ネット通販で購入した海外医薬品による健康被害が多数発生しています。

フリバンセリンでの健康被害はまだ報告されていませんが、同じ成分を使った正規品ではないジェネリック薬が確認されているので注意は必要です。

日本では医薬品の副作用が出た場合「副作用被害救済制度」が適用されますが、未認可の海外医薬品には適用されません。

フリバンセリンは今後日本でも承認される?

性的欲求の低下は、更年期障害が現れはじめる年代の女性に多く見られる症状です。

その他年齢の若い女性でも、長期間セックスレスであった場合や、うつ病など精神的疾患でも同じような症状が現れます。

年齢を問わず、性欲減退障害は多くの女性に起こる症状です。

この症状を改善する治療薬はまだ日本では認可されているものが少なく、フリバンセリンのような薬は潜在的に需要があると言えます。

今後日本でも認可される可能性はありますが、副作用の危険性も指摘されているため、現時点ではまだ厳しいのが現実です。

カウンセリングやストレスの軽減

性欲減退障害のある方でフリバンセリンを使ってみたいとお考えの方は、一度病院や専門のクリニックで受診することをおススメします。

セックスレスに関するカウンセリングや、現在服用中の薬の見直し、生活習慣の改善など、医薬品に頼らなくても、性欲をアップさせる方法を検討してみましょう。

性欲を高めるためには、食事や十分なコミュニケーション、良いムードなど、それぞれ個人により違うものです。自分の性欲が高まるものについて知り、相手に伝える努力も必要です。

セックスライフの充実は大事

セックスライフの充実は大事

女性の性欲の減退は、更年期など年齢を重ねると現れてくる症状です。若い方でもストレスやセックスレスでも同じ症状が現れるなど、多くの方が経験する症状です。

セックスはQOL(生活の質)の向上に必要な要素であり、幸せを感じるホルモンの分泌や、血行促進や免疫力を高める働きもあるため、健康的な生活にも繋がるものです。

何も対策をせずに、そのまま放置してしまうのはもったいないものです。

フリバンセリンなどのような薬ができれば、確かにセックスに対して前向きになることは可能です。

今現在フリバンセリンは日本で未認可のため、クリニックでは一般的には処方していませんが、フリバンセリン以外でも性欲減退障害の治療法はあるので、気になる方は是非そちらをお試しください。

フリバンセリンのまとめ

フリバンセリンについてまとめると、以下になります

  • フリバンセリンは女性の性欲減退障害を改善する治療薬。
  • 成分が脳に作用することで、性欲に関係するホルモンの分泌を活性化させる。
  • バイアグラなどのED治療薬とは違うタイプの薬。
  • 更年期や加齢、ストレスが原因で、性欲が沸かない方に効果的。
  • 日本では現在未承認のため、クリニックでは一般的に処方は行っていない。
  • 海外医薬品として個人輸入は出来るが危険性が高い
  • クリニックで別の治療を行うのがおススメ
この記事を書いた人 HANA

不感症の経験を経て様々な改善方法に詳しくなった。女性のナイトライフの向上の為に情報発信をしている。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる