女性ホルモン軟膏剤ヒメロスとは?効果や副作用も解説!

女性ホルモン軟膏剤ヒメロスとは?効果や副作用も解説!

ヒメロスは大東製薬工業株式会社から販売されている女性のための塗り薬(軟膏剤)です。

身体に直接塗り込むことで、女性ホルモンを皮膚から吸収させて補うことができます。

このページではヒメロスにはどのような効果があり、年齢や症状などどういった女性が使うものなのかということを解説します。

また、男性が使っても効果があるものなのかということや、ヒメロスの副作用、購入方法といった知りたい情報も紹介します。

sachie

更年期に起こる謎の体調不良にも効果がある、という事についても解説していきます。

ヒメロスとは?

ヒメロスとは?

ヒメロスは「エストラジオール」と「エチニルエストラジオール」という2種類の女性ホルモンを有効成分とする外皮用塗布剤です。

女性ホルモンは身体の女性らしさを作り促進させるための物質で、主に閉経期をはじめ、さまざまな要因で減少することがあります。

そして女性ホルモンが減少すると、こうした女性らしさに関係する部分をはじめ、更年期障害や不妊症、不感症などの症状が身体にあらわれます。

ヒメロスは女性ホルモンを補充することでこういった女性ならではの不調を改善させます。

このヒメロスは指定第2類医薬品に分類されています。

第2類医薬品・・・その薬剤の副作用などによって日常生活に支障がでるような健康被害が生じる恐れのある医薬品

指定第2類医薬品とは、第2類医薬品の中でも特別な注意が必要だと厚生労働大臣によって指定された医薬品です。

しかし指定第2類医薬品だからといって危険だ、というわけではなく、効果が強いからこそ副作用や使用方法には注意が必要という意味です。

ヒメロスの効果

ここからはヒメロスの効果について解説していきます。

ヒメロスは女性ホルモンの分泌不足による以下のような症状の改善が期待できます。

  • 婦人更年期障害
  • 婦人神経衰弱症
  • 不感症
  • 不妊症
  • 頭痛
  • 肩こり
  • イライラ
  • 動悸
  • 身体の冷え(冷感症)

特に更年期障害の原因は女性ホルモンのエストロゲンが大きく関係しています。

エストロゲンの分泌が加齢に伴い減少するのに対し、脳はエストロゲンをもっと分泌するように促します。

このアンバランスな差が自律神経の失調の原因となり、さまざまな症状につながるのが婦人更年期障害です。

ヒメロスの効果は、こうした更年期障害による不調とされる症状に効果を持っています。

そして、更年期障害に該当する年齢の女性だけではなく、女性ホルモンの補充は不感症や不妊症にも効果が期待できるため、若い女性にも効果を発揮します。

男性にも効果がある?

私たち人間は体内に男性ホルモンと女性ホルモン両方を持っています。

それならばヒメロスで男性の体内の女性ホルモンを補充すれば、何らかの不調を改善できるのではと思います。

しかし、ヒメロスは男性に対しては有効な医薬品ではありません。

男性にも更年期障害があるというのは最近わかってきました。

ただこれは男性ホルモンのテストステロン減少と関係しており、同じホルモン補充療法が使われることがあっても、女性ホルモンを補充するわけではありません。

一方、ヒメロスを男性が購入してパートナーの不感症改善に使用することは可能です。

ローションのような効果も期待でき、処方薬ではなく薬局で購入できるため男性も購入できるのです。

ヒメロスの副作用

ヒメロスは重大な副作用の報告はありませんが、以下のような副作用が起こる可能性があります。

皮膚 かゆみ、かぶれ、腫れ、発疹など
乳房 緊満感、痛み
消化器 吐き気、嘔吐、食欲不振
生理 周期の乱れや月経血の異常(不正出血)
その他 頭痛、めまい、むくみ、耳鳴り

使用量や使用期間を守って使用しない場合は副作用が起こりやすくなります。

使用後にこれらの副作用があらわれた場合は、すみやかに使用を中止して医師、薬剤師、登録販売者に必ず相談してください。

ヒメロスを使ってはいけない人

ヒメロスを使ってはいけない人

ヒメロスは指定第2医薬品であり、誤った使用方法や、使ってはいけない人が使用した場合は健康被害を受ける可能性もあります。

以下のような場合は、使用を控えたり、医師や薬剤師へ相談してください。

  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜増殖症
  • エストロゲン依存性悪性腫瘍(乳癌、子宮内膜癌、卵巣癌など)
  • 血栓症
  • 心臓病
  • 脳卒中
  • てんかん
  • 肝機能障害(重度)

こうした疾患以外にも、以下に該当する人は使用を控えてください。

  • 妊婦
  • 授乳婦
  • 生理中
  • 本人や家族に悪性腫瘍の病歴がある
  • ヒメロスでアレルギーが出る
  • ヒメロスを塗布して翌日にかゆみ、はれ、発疹などの症状が出る

この他のパターンとして、ヒメロスを使用して2週間が経過しても症状が改善しない人も、それ以上継続して使用する前に医師、または薬剤師へ相談してください。

ヒメロスの使用方法

ヒメロスの使い方の前に、まずは使用前の準備から紹介します。

ヒメロスをはじめて使用する場合は、乳房と子宮の健診をしておくことが推奨されています。

また、3か月以上使用を継続する場合、6か月に1回以上を目安に乳房と子宮の健診をしてください。

ヒメロスの使い方ですが、皮膚から吸収させる塗り薬といっても、どこに塗っても高い効果を得られるわけではありません。

塗る場所は女性器の粘膜部分にすりこんで使用します。

使用量はチューブから3mmほどが1回分です。

1日1回この分量を、水かお湯1~2滴で練り合わせてから使用してください。

●使用のタイミング

ヒメロスは使用のタイミングも決まっており、生理終了後から2週間使用し、その後は次の生理終了後まで使用を控えてください。

長く生理がない人や閉経後の人はすぐに使用できますが、こうした場合は2週間使用した後は2週間以上休薬期間を取ってください。

2週間は症状が改善するまで継続して使い続けて構いません。

この期間で症状が改善すれば使用をやめ、改善しないまま期間が経過した場合は、使用を中止して専門医や薬剤師に相談します。

ヒメロスの購入方法

ヒメロスの購入方法ですが、薬局や正規医薬品の販売を扱うサイトでの購入が可能です。

薬局で購入する場合、指定第2類医薬品は以下の取り決めがされています。

指定第2類医薬品の陳列は薬剤師が情報提供をするための設備(情報提供カウンター)から7メートル以内の範囲に陳列すること

そのため、一般医薬品と並んですぐに手に取れるところに陳列されていないため、店舗の販売者に聞いてみるとよいでしょう。

amazonのような大手通販サイトでも購入することは可能です。

女性ホルモン軟膏剤ヒメロスについてのまとめ

最後にここまでの内容を簡単にまとめてお伝えします。

  • ヒメロスは女性ホルモン分泌不足に対して皮膚から吸収させ補う塗り薬(軟膏剤)
  • 主に更年期障害にかかわる諸症状の改善や不妊症の改善などの効果
  • 男性に対しては有効ではないが、パートナーの不感症改善に購入する男性もいる
  • 重大な副作用はないが、副作用が出る場合は診療をうける
  • 使用方法は生理終了後から2週間使用したのち、次の生理終了後までは使用しない
  • 薬剤師のいる薬局やamazonなどの通販で購入することができる

ヒメロスは医薬品なので、決められた用法・用量を守り、使用期限を守って使いましょう。

品質を損なわないよう、直射日光の当たらない、涼しく湿気の少ない場所で保管しましょう。

お子さんのいる場合は手の届かない場所で保管してください。

この記事を書いた人 沙知絵

更年期に突入し、薄毛や謎の体調不良と戦うアラフィフ。カツラは不自然なので絶対に自毛発毛がいいと日々研究中。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる