アレルギーが原因で起こる抜け毛とは?

アレルギーが原因で起こる抜け毛とは?

「アレルギーが抜け毛の原因に?」

あまり関連性が無いように思えますが、アレルギーが原因で抜け毛が起こる場合があります。どんなアレルギーが抜け毛に関係しているのでしょうか?

このページでは

  • なぜアレルギーで抜け毛が起きるか
  • アレルギーの原因にはどんな種類があるのか
  • アレルギーによる抜け毛の対策

についてまとめています。

佐藤昭仁

AGAとは違う症状で抜け毛が増えた場合は、アレルギーが原因の場合があります。

アレルギーとは?

そもそもアレルギーとはどんなものなのでしょうか?

アレルギーとは、過敏な免疫反応が起こることで体に害を及ぼしてしまう状態のことを言います。

体には外部から有害なウィルスや菌が侵入すると、抗体を作り攻撃する「免疫」という機能があります。

この免疫機能は時にエラーを起こす事があります。

もともと有害では無い、食べ物や花粉が体に侵入した際に「体に害のあるものが侵入した」と認識し、炎症を起こす物質を放出することで、体に悪影響が現れます。

アレルギーの反応する場所により、かゆみや鼻水、腫れ、抜け毛などの症状が現れます。

アレルギーが起こる条件

アレルギーが起こるには、以下の3つの条件が関係しています。

・環境
ホコリやカビの多い場所や、花粉の多い季節の野外などです。生活習慣の乱れや健康状態の悪化により免疫力が低下するのも、アレルギーが現れやすくなる原因となります。

・体質
体質は遺伝によるものが多く、アトピーや敏感肌などがこれに当たります。アレルギーの症状が現れる方の多くが、もともとこの体質だと言われています。

・アレルギー原因物質
花粉や小麦、金属など、アレルギーを起こす原因となる物質。

アレルギーを回避するには、これらの条件を満たさないようにする必要があります。

抜け毛を起こすアレルギー原因物質

抜け毛を起こすアレルギーには原因となる物質があり、それらはアレルギー原因物質、またはアレルゲンと呼ばれています。

アレルギー原因物質(アレルゲン)は、大きく分けて以下の3種類があります。

吸入性アレルゲン 花粉・ハウスダスト・カビ・細菌など
食物性アレルゲン 小麦・そば・甲殻類・魚介類・卵など
接触性アレルゲン 金属・化粧品・洗剤・シャンプー・紫外線など

アレルギーを説明する場合、「コップ」に例えられます。

コップに水を注ぎすぎるとこぼれるように、その人が持っているアレルギー物質の許容量を超えると、症状が現れるとされています。

アレルギー原因物質に多く接すれば、その分アレルギーの症状が出やすくなり、抜け毛に繋がることになります。

以下では、この中でも抜け毛に関係するアレルギー原因物質について解説します。

金属アレルギー

金属アレルギー

金属と言うと直接皮膚にふれるアクセサリーを想像してしまいますが、抜け毛に繋がるアレルギーの原因になるのは、虫歯の治療に使われる金属に多いと言われています。

主に歯の治療に使われる金属で、アレルギー反応が現れやすいものに以下のものがあります。

  • ニッケル
  • パラジウム
  • アマルガム
  • クロム
  • 水銀
  • バルト

これらの金属は歯に接着されますが、時間の経過と共にじわじわと金属イオンが溶け出し、体に吸収されます。

金属イオンは血液と共に体全体を巡りますが、頭皮にある毛根の成分ケラチンと結合し、アレルギー物質に変化します。

アレルギー物質と認識されると、頭皮の免疫機能が過剰に反応し毛根が攻撃され抜け毛の原因となります。

金属イオンは時間をかけて、体に蓄積されることが分かっています。

金属でも、金やプラチナは比較的アレルギーは出にくいと言われています。

アクセサリーを付けていて抜け毛に繋がることはあまりありませんが、アクセサリーで皮膚にかぶれが出る方はアレルギーの可能性があるので、一度歯医者で治療に使われている金属を調べてみると良いでしょう。

過去に治療に使った金属が原因で、抜け毛になった例もあります。

花粉症

花粉症

花粉症と抜け毛にはあまり接点が無いように思いますが、花粉症に悩む方は体質的にアレルギーを持っている場合が多く、抜け毛になりやすい特徴があります。

花粉症は国民病と呼ばれるほど多くの方が悩まされていますが、症状によっては抜け毛の原因になる場合があります。

花粉症のアレルギー反応には目や皮膚のかゆみ、鼻水、くしゃみなどがありますが、頭皮に炎症を起こし、かゆみの症状が現れる方がいます。

かゆみを抑えようと頭皮を搔いてしまうことで傷が付き、炎症が悪化し抜け毛が起こる場合があります。

さらに頭皮に花粉が触れた場合には、頭皮にむくみが起こり、頭皮の血行が悪化してしまうのも抜け毛の原因になります。

ハウスダスト

ペットやハウスダスト

ハウスダストとは、ホコリに含まれる以下の成分の総称です。

  • ペットの抜け毛やよだれ、糞尿
  • 人のアカやフケ
  • ダニの糞や死骸
  • 服の繊維
  • カビ、細菌

これらのような目に見えない小さなゴミが皮膚に触れたり体内に入ると、異物として排除しようとする働きがアレルギー反応として現れます。

抜け毛が起こるアレルギー反応として、皮膚の炎症、かゆみ、肌の乾燥があります。

またアレルギー症状により、ストレスを強く感じてしまうことでホルモンバランスが崩れ、頭皮の血行を悪化させ抜け毛が増えてしまう場合があります。

シャンプーやヘアカラー

シャンプーやヘアカラー

シャンプーやヘアカラーを普段使われている方で、強いかゆみや腫れがある場合、アレルギー物質が含まれている可能性があります。

頭皮に直接アレルギー物質が付くことで炎症を起こしたり毛根にダメージになるなど、抜け毛の原因となります。

敏感肌の方は抜け毛になりやすい

敏感肌

敏感肌やアトピー体質の方は、アレルギーの症状が出やすい場合があります。

敏感肌の方は肌が乾燥しやすく、バリア機能や免疫力が低い
傾向にあります。そのため、外部からの刺激にダメージを受けやすく、アレルギーの症状も現れやすくなります。

太陽を浴びすぎると皮膚に炎症を起こす方は、紫外線のアレルギーを持っている可能性があります。

アレルギーによる抜け毛の対策方法

アレルギーによる抜け毛の対策としては、自分が持つアレルギー物質に触れないように徹底的に遠ざける必要があります。

・金属の場合
金属の場合は、身に着けているアクセサリーや虫歯の治療の金属に対してアレルギー反応があるかを調べ、アレルギーの出ない素材に変えてみましょう。 抜け毛の症状が収まる可能性があります。

・花粉の場合
花粉は口や鼻、目に触れたり、頭皮に付着することでアレルギーの症状が現れるので、マスクやメガネ、帽子を被るなど、とにかく花粉と触れないように注意する必要があります。

・ハウスダストの場合
部屋にハウスダストが溜まらないように、こまめに清掃し清潔に保つように心掛けてください。換気や加湿を行い、乾燥によりホコリが舞うのを抑えることも有効です。

・シャンプーやヘアカラーの場合
シャンプーやヘアカラーが合わない場合は、すぐに使用は中止してください。肌に合ったシャンプーを使うことで、アレルギーによる抜け毛を回避してください。

・敏感肌の場合
なるべく紫外線に当たらないように、日傘や帽子を着用してガードすることをおススメします。

アレルギーの原因を確認することが改善への近道

アレルギーの原因を確認することが改善への近道

抜け毛にはアレルギーが関係しているものがあるため、まずは自分にはどんなアレルギーがあるかを確認しておく必要があります。

敏感肌や花粉症になりやすい方は、反応するアレルギー物質が他にもある可能性があります

アレルギー科のある病院で血液検査を行い、どんなアレルギー物質があるかを調べておくと便利です。アレルギーによる抜け毛を回避する手がかりとなります。

歯医者でも、金属アレルギーのパッチテストを行っている所があります。虫歯の治療を行う場合、金属に対するアレルギーがあるか相談してから行うようにしてください。

小学生の頃に行った虫歯の治療で、使っていた金属の成分がアレルギー物質となり、成人してからアレルギー反応が起こり抜け毛の原因となったケースもあります。

古い治療跡が気になる場合も歯科医に相談することで、抜け毛が起こるリスクを軽減することが出来ます。

この記事を書いた人 佐藤昭仁

クリカクの管理人。30代になってから薄毛が気になりいろんなAGAクリニックを実際に体験した。メソセラピーは針が怖いからノーニードル派!今は生えそろってきたので薬のみの治療をしてる。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる