薄毛でもかっこいい髪型は?女性におすすめのヘアスタイルも紹介!

薄毛でもかっこいい髪型は?女性におすすめのヘアスタイルも紹介!

薄毛で髪の毛が少ない人ほどヘアスタイルにはこだわりを持っています。

ホットペッパービューティーの薄毛調査報告書によると、月2回以上ヘアサロンを利用する人は、男女どちらも薄毛の人が多いという内容でした。

このことからも薄毛に悩む人の多くは、薄毛ではない人よりもヘアスタイルに対する意識は高いことがわかります。

そして、薄毛でもヘアスタイルによってはかっこいいイメージにすることができるのです。

そこでここでは薄毛でも似合う髪形や、薄毛をカバーする髪型を紹介しています。

薄毛でもかっこよく見えるおすすめのヘアスタイル

薄毛でもかっこよく見えるおすすめのヘアスタイル

薄毛は、顔自体は特に老化していなくても、鏡を見たりふとした瞬間に「老けたな」と感じます。

これは逆に考えると、薄毛でも似合う髪形を見つけることができれば、見た目の悩みをかなり解消できるということでもあるのです。

そこで、薄毛でもかっこよく見えるおすすめのヘアスタイルを紹介していきます。

M字ハゲ、てっぺんハゲなど薄毛の傾向によっても似合うヘアスタイルは違うので、主な薄毛の傾向と似合う髪形をいくつか分けてご紹介します。

薄毛の傾向別にみる似合うヘアスタイル

●全体的に毛量が減っている人

・前髪で額を隠そうとせず、髪を立たせるショートヘア

前髪で額を隠そうとせず、髪を立たせるショートヘア
引用画像:
「HOTPEPPERBeauty MERICAN BARBERSHOP 【メリケンバーバーショップ】」
https://beauty.hotpepper.jp/slnH000289692/style/L030426775.html?cstt=7

髪を立たせることで得られる効果は、相手の目線を生え際よりさらに上に集めることができるということです。

全体が立ち上がらなければ前髪だけでも上げるとよいでしょう。

・毛の流れをランダムに遊ばせる

毛の流れをランダムに遊ばせる
引用画像:
「HOTPEPPERBeauty fifth 原宿 【フィフス】」
https://beauty.hotpepper.jp/slnH000184852/style/L066006717.html?cstt=52

少ない髪を一定方向にまとめると、毛量が少ない部分を悪目立ちさせてしまいます。

ランダムな毛の流れの無造作ヘアにすることでこうした部分を隠すことができるうえ、毛量自体を多く見せることができます。

・髪のボリュームを多く見せるのは、サイドやバックの刈り上げてトップを残すのがベスト

サイドやバックを刈り上げてトップを残す
引用画像:
「HOTPEPPERBeauty Noa hair make【ノア ヘアメイク】」
https://beauty.hotpepper.jp/slnH000385154/style/L039696067.html?cstt=67

サイドと後頭部を短くしてトップをしっかりと残すと、毛量が増えたように錯覚して見せることができます。

・クセ毛やパーマは有効

クセ毛やパーマ
引用画像:
「HOTPEPPERBeauty Stir maison 吉祥寺【ステア メゾン】」
https://beauty.hotpepper.jp/slnH000369143/style/L021137163.html?cstt=119

クセ毛やパーマは毛の流れをランダムにするのでボリュームアップに効果的です。

ただしパーマのかけすぎは髪にダメージを与えるので注意です。

●M字ハゲの人

・ソフトモヒカンなどM字ハゲの薄い部分よりも更に短い部位を別に作って目立たなくする

ソフトモヒカン
引用画像:
「HOTPEPPERBeauty barber イーストフィールド」
https://beauty.hotpepper.jp/slnH000358524/style/L002873638.html?cstt=44

・前髪の流れを作って相手の視線をM字ハゲからずらす

前髪の流れを作って相手の視線をM字ハゲからずらす
引用画像:
「HOTPEPPERBeauty schritt 渋谷【シュリット】」
https://beauty.hotpepper.jp/slnH000256896/style/L029763701.html?cstt=58

・サイドに刈り上げなどの地肌が目立つ部分を作ることで、M字部分の地肌の目立ちを避ける

サイド刈り上げ
引用画像:
「HOTPEPPERBeauty Daisy (Prod. Breath beauu)【デイジー】」
https://beauty.hotpepper.jp/slnH000239758/style/L012766476.html?cstt=109

●頭頂部が薄い人

・前髪をまとめて立たせたりすることで頭頂部の薄さを目立たなくする

前髪をまとめて立たせる
引用画像:
「HOTPEPPERBeauty ARC+ 代官山【アーク】」
https://beauty.hotpepper.jp/slnH000115297/style/L000165202.html?cstt=171

・黒髪で肌とのコントラストが目立つので、カラーリングする

カラーリング
引用画像:
「HOTPEPPERBeauty HOMME HAIR 2nd」
https://beauty.hotpepper.jp/slnH000324363/style/L046844505.html?cstt=369

カラーリングで健康な髪にダメージが蓄積しないよう、天然成分のカラーリング剤を使用したり、カラーリングの間隔を空けるなどの工夫は必要です。

薄毛隠しに失敗するヘアスタイル3パターン

薄毛を隠そうとだけ考えてしまうと、恰好わるいヘアスタイルになることや、不自然な髪型は薄毛を逆に目立たせてしまいます。

薄毛隠しを意識するあまり、隠すことに失敗したり、そもそもかっこいいとは言えないヘアスタイルになってしまう失敗例など代表的な3パターンを紹介します。

1.側頭部など健康な部分の髪だけを必要以上に伸ばし、脱毛部とのバランスが悪くなる髪型

いまある健康な髪を伸ばして増やしたい気持ちはわかりますが、脱毛部が細く短い毛髪だけなのに対し、側頭部や後頭部ばかりが長くなっていると、当然ヘアスタイルとしてはおしゃれには見えません。

髪の多さ、少なさよりも、重要なのはヘアスタイルが似合っているかということやセンスのいい髪型であるかということです。

2.伸ばした髪をまとめて脱毛部分を覆い隠す髪型

例えば前髪を作ってM字ハゲを覆い隠す髪型や、健康な部分の髪をまとめて脱毛部に持って来て覆い隠す髪型は、風などで少し髪型が変わるだけで脱毛部が見えてしまいます。

また、無理に隠そうとする部分ほど人の目を引いてしまうため、逆に薄毛を目立たせる結果になる可能性もあります。

3.髪を伸ばし、いつも同じ形に髪をまとめて縛るポニーテールのような髪型

髪をまとめて立ち上げオールバックにし、後ろで縛るようなヘアスタイルなら脱毛部も隠せるかもしれません。

しかし、髪を同じ方向に引っ張るような負荷をかけ続けると、牽引性脱毛症になる可能性があります。

牽引性脱毛症について

「長髪はハゲやすい」は本当?

長髪はハゲやすいといわれるのは、以下のような理由からです。

  • 毛量が多く通気が悪くなるので頭皮が蒸れる
  • 洗う手間がかかるので、短髪に比べ汚れも落としにくく頭皮環境が悪くなる
  • 髪が乾かしにくいので頭皮や髪が濡れた状態が長く髪の成長に悪い
  • ドライヤーで熱をあてる時間が長く、毛髪に悪影響
  • 髪を束ねたり髪の重さで毛根に負担がかかる

こうした理由から長髪は短髪に比べ、実際にはげやすいということになります。

しゅんすけ

ただしAGA(男性型脱毛症)の場合はホルモンや遺伝が原因なので、長髪であることは全く関係ありません。

女性の薄毛をカバーするスタイリング例

女性の薄毛をカバーするスタイリング例

ここでは女性の薄毛をカバーするスタイリング例をご紹介します。

まず女性の薄毛は、男性のAGA進行した時のように、額から頭頂部の毛髪が完全に脱毛するような薄毛にはなりにくいというのが特徴です。

全体的に毛量が減り、髪のボリュームを失うような脱毛症状が多くなっています。

薄毛が目立ち始めた場合、男性の薄毛にも言える傾向ですが、薄毛をカバーしようとやみくもに髪を伸ばしてしまう人が多いものです。

しかし上手に、そしておしゃれに薄毛をカバーするのは、意外にもショートにするなどの方法も有効なのです。

具体的には以下のような方法をとります。

  • 女性の薄毛特有のつむじや分け目を、ボリュームを出してカバーする
  • ロングやミディアムヘアの場合はパーマをかける
  • 前髪を作る
  • レイヤーカットで段差をつけることで毛先の動きを作る
  • バレッタなどのヘアアクセサリーを取り入れる

これらのスタイリングは軟毛で髪のボリュームが出ないタイプの人にも有効です。

40代~50代の女性におすすめのスタイリング

40代~50代の女性におすすめのスタイリング
引用画像:
「HOTPEPPERBeauty &STORIES 表参道【アンド ストーリーズ】」
https://beauty.hotpepper.jp/slnH000345567/style/L040846376.html?cstt=86

女性の薄毛はホルモンバランスの変化で起こる原因のものが多いため、薄毛を気にする年齢は女性ホルモンが減少する40代あたりから多くなっていきます。

若い年齢での脱毛症ではできるスタイリングも、40代からの落ち着きある女性には難しい場合もあります。

また、脱毛症状が更に進行した50代などになると、更にその年代に合わせたスタイリングが必要になります。

そこで40代~50代におすすめのスタイリング方法や気をつけたい点を以下にまとめました。

  • 髪を根元からブローして立ち上げる
  • 分け目を変えるように意識する
  • 前髪にボリュームを持たせることで薄毛を目立たなくする
  • カラーリングをしがちだが髪にダメージを与えるので期間を空けて行う

薄毛を治療するならクリニックへ

薄毛を治療するならクリニックへ

髪型で薄毛をある程度カバーできるとは言え、やはり自毛にはかなわない部分も出てきます。

その場合は本格的な薄毛治療を行う事がおすすめです。現在、治療薬や注射などの施術で薄毛は改善できるようになりました。

薄毛治療を受けたい場合は、以下のような場所で行うことができます。

  • 内科や皮膚科
  • 美容系クリニック
  • AGA治療薬やED治療薬を処方するクリニック
  • 薄毛治療専門クリニック

こうした中でもおすすめなのが薄毛治療専門クリニックです。

【薄毛治療専門クリニックのメリット】

  • 無料カウンセリングで自分の頭皮状況を知れる
  • プライバシー対策が取られているクリニックが多い
  • 投薬治療、施術治療のどちらも受けることができるクリニックが多い
  • オンライン診療で治療薬を郵送してくれるシステムのところもある

特に無料カウンセリングは薄毛の状態や料金プランなどを相談でき、契約しない限り料金は発生しないためおすすめです。無理な勧誘ももちろんありません。

いくつかのクリニックの無料カウンセリングを回り、雰囲気や料金を比較するのも上手なやり方です。

都内の場合は男女とも無料カウンセリングを行うことができて交通アクセスも良い、銀座エリアの東京スカルプクリニックなどが当サイトでも人気です。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

薄毛でもかっこいい髪型のまとめ

最後にこのページの内容を簡単にまとめて紹介します。

  • 薄毛でも似合う髪形やカバーの仕方次第では見た目の悩みを解消できる
  • 薄毛のパターンにより似合う髪型は違う
  • 女性の薄毛は髪を伸ばしがちだが思い切ったショートが薄毛隠しには有効
  • 隠すだけでは限界があるので薄毛治療を受けるのも1つの方法

薄毛治療とヘアスタイルの両面から対策すれば、さらに納得いくスタイリングにたどり着き自信が持てるようになるでしょう。

この記事を書いた人 しゅんすけ

まだ20代だけどおでこの方がかなりきている若ハゲ。無料カウンセリングを色々受けてどこで治療しようか悩んでいる最中。父親は40代でツルツル。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる