薄毛治療は自由診療?AGAなどの脱毛症と保険の関係を解説

毛治療は自由診療?AGAなどの脱毛症と保険の関係を解説

男性のAGAをはじめ、女性のFAGAやびまん性脱毛症など、ほぼすべての脱毛症は治療に保険がききません。

しかし、例外として保険がきく薄毛治療も存在します。

また、保険がきかない場合どのぐらいの費用相場なのかなども本記事で徹底解説していきます。

satou

高額になりがちな治療費を少しでも抑えるさまざまな方法もご紹介します。

薄毛治療は保険外診療

まず、AGAやFAGAなどの脱毛症は保険外診療となっています。

保険外診療とは自由診療とも呼ばれ、以下のように定義されています。

【保険外診療とは】 健康保険で認められていない療養で、治療費は全額自己負担となる。基本的には命に関わる治療が保険診療となる。

つまり、治療を受けなければ生命の危険がある医療に関しては保険が適用され、それ以外は保険がきかないというのが原則です。

そのため薄毛治療は保険適用外になります。

保険外診療(自由診療)にもメリットはある

自由診療とは?

保険外診療は費用が高額になるというデメリットばかりではありません。

患者が自由に治療を選択できるという点が自由診療の最大のメリットです。

自身の症状に対してきめ細かい診療を受けることができるため、より治療効果を期待出来たり、早期に完治する可能性もあるということです。

そして現時点でいわれるデメリットは、高額な治療費であるためお金を持っている人しか受けられないという点以外、ほぼありません。

その経済的な問題に関しても、がんなどの重病と違い、薄毛治療の場合はある程度経済的にも抑えられた治療費で受けられる治療もあります。

例外的に保険が適用される薄毛治療

実は、例外として保険が適用される薄毛治療があります。

それが円形脱毛症の一部の症状です。

ステロイド系の外用剤、局所注射、液体窒素治療など一部の円形脱毛症治療は保険診療で行われています。

円形脱毛症にはさまざまな治療法があり、保険適用、適用外を含めた治療方法の一覧は、日本皮膚科学会の円形脱毛症診療ガイドラインに掲載されています。

薄毛治療の費用相場

薄毛治療は自由診療なので、クリニックによって治療費も違いがあります。

こうした治療費の相場を知らなくても不当な金額を請求されるということはありませんが、ある程度価格相場は事前に知っておくことでクリニック選びの指標にもなります。

そこで薄毛治療の、投薬治療と施術治療に分けた実際の相場を紹介します。

投薬治療の費用相場

投薬治療はその名の通り、脱毛症の症状に合った治療薬を処方してもらって行う治療です。 毎日服用や使用を続けることで、数か月~1年単位の時間をかけて効果を出す治療です。 治療薬には内服薬と外用薬があります。男性用の治療薬と費用相場は以下のとおりです。
薬品名 費用相場(1ヶ月あたり)
プロペシア 6,000円~8,000円
フィナステリド錠 4,500円~6,000円
ザガーロ 8,000円~10,000円
ミノキシジル外用薬 6,000円~9,000円

ミノキシジルのように男女共通の治療薬もありますが、男性用の治療薬の中には女性が服用すると重大な副作用がおこるものもあり、女性は女性専用の治療薬を使って治療します。
女性用の治療薬と費用相場は以下のとおりです。

薬品名 費用相場(1ヶ月あたり)
パントガール 8,000円~10,000円
ルグゼバイブ 8,000円~12,000円
ミノキシジル外用薬 6,000円~9,000円

施術治療の費用相場

施術治療とは専門の医師や医療従事者によって行われる、頭皮に直接施す治療です。

この施術治療を受けることができるのが薄毛治療クリニックに通院する最大のメリットといえます。

施術治療は投薬治療と併用でき、これらを複合して行うことで、より早く強力な発毛効果を期待できます。

施術名 費用相場(1回あたり)
育毛メソセラピー 50,000円~60,000円/回
HARG療法 80,000円~100,000円/回
自毛植毛 800,000円~1,000,000円/回

育毛メソセラピーとは頭皮に対して直接栄養素や薬剤を注入する施術です。

同じく針の注入療法にHARG療法がありますが、こちらは細胞に働きかけて発毛を促す再生医療です。

自毛植毛は自身の健康な毛髪を毛根ごと脱毛部に移植する施術で、薄毛を根本から治療できるというメリットがある一方、治療費は非常に高額になるというデメリットもあります。

少しでも安く薄毛治療する方法

薄毛治療はいずれの場合も高額になりがちです。

1回だけの治療や1か月だけ治療薬を服用するといっただけでは、安くは済んでも効果は期待できません。

治療を継続してこそ発毛の効果が期待できるため、少しでも経済的に薄毛治療ができたほうが、長い期間無理なく治療を続けることができます。

そこでいくつか治療費を抑えるためにできる方法をご紹介します。

●ジェネリック医薬品を利用する
ジェネリック医薬品とは莫大な開発費をかけて作られた先発医薬品の特許が切れた後に、他の医薬品メーカーが少ない開発費で作った後発医薬品です。

先発薬と同様の効果があるため安心で、価格も先発薬よりかなり低く設定されています。

●クリニック独自のサービスを利用する
自由診療は保険診療と違い、医療費を自由に設定できます。

そのためクリニックが患者さんに対して初回限定のサービスやモニター割引などを行っている場合があり、限定的に安く治療を受けられる場合があります。

こうした情報は当クリカクのクリニック詳細にも掲載されているため、うまく利用できると治療費を抑えることができます。

薄毛治療クリニックの無料カウンセリングを利用する

初回限定割引などを上手く利用することも重要ですが、もう1つ薄毛治療クリニックの多くで行われていて、ぜひ利用したいサービスがあります。

それが薄毛治療専門クリニックで行われていることが多い無料カウンセリングです。

医師や専門のカウンセラーによる診察や問診、カウンセリングのほか、マイクロスコープによる頭皮チェックなどまで全て無料で受けることができます。

さらに治療プランについての説明に加えて料金も提示してくれます。

つまり、この無料カウンセリングでいくつかのクリニックを回れば、経済的にも自分に合ったクリニックを選択しやすくなります。

さらに無料カウンセリングのメリットとしては、直接クリニックに行くことでスタッフやクリニックの雰囲気なども確かめることができる点があります。

このためいざ通院する際に違和感が出るという心配も減らすことができます。

薄毛治療を受けるなら薄毛専門クリニック

薄毛治療を受けるなら薄毛治療クリニック

皮膚科の場合はAGA治療よりも皮膚のケガや円形脱毛症などによる脱毛にのみ対応する所が多くなっています。

対して薄毛治療を専門に行っているクリニックのほうが、その他の脱毛症の治療薬や施術が充実している場合が多いです。そのため薄毛治療専門クリニックがおすすめなのです。

クリニックを選ぶコツ

こうした様々なクリニックで薄毛治療が行われている中、どのようにクリニックを選べばいいかは難しいものです。

もちろん価格で選ぶのも正解の1つです。

ただ、治療薬や施術の価格が他より安くても、自分の症状に合っていなければ効果を期待できないので、結局損をしてしまうかもしれません。

つまりは、まず何よりも自分に適した治療を提供しているかという点でクリニックを選ぶのが最優先ということです。

そのためには「自分の薄毛の症状の現状を知る」ことが重要です。

自己判断はできないため、クリニックで行われている無料カウンセリングで頭皮の状態など見てもらいましょう。無理な勧誘もないため気軽に足を運ぶことができます。

医療ローンを扱っているクリニックもある

1回の治療費も比較的高額ですが、継続して行う治療費の総額はかなり高額になることから、薄毛治療をあきらめてしまう人もいます。

こうした場合に関してクリニック選びのポイントとなるのが医療ローンを扱っているクリニックを選ぶということです。

●医療ローン(メディカルローン)とは?
医療行為を受ける場合に利用可能なローンで、クリニックが提携する銀行、および信販会社と契約する。
借り入れたお金は原則として医療行為にのみ使うという制約のあるローン。

医療ローンの多くは頭金なしに申し込める場合が多いのもメリットです。

ただし、以下に該当する人は医療ローンを組むことができません。

  • 高校生(18歳未満)
  • 20歳未満の学生(親の同意があれば借りられる)

一方で、配偶者に安定した収入があれば、専業主婦(夫)でも医療ローンを組むことができます。

薄毛治療は自由診療のまとめ

最後にここまでの内容をまとめてお伝えします。

  • 命に関わらない治療の多くは保険適用外となるため、薄毛治療も自由診療
  • 自由診療は、治療法を自由に選択できるメリットもある
  • 安く治療を行うにはジェネリック医薬品を選んだり、無料カウンセリングを有効に使う
  • 医療ローン(メディカルローン)を組むことができるクリニックもある
この記事を書いた人 佐藤昭仁

クリカクの管理人。30代になってから薄毛が気になりいろんなAGAクリニックを実際に体験した。メソセラピーは針が怖いからノーニードル派!今は生えそろってきたので薬のみの治療をしてる。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる