筋トレでハゲるというのは嘘?なぜ噂になったのか

筋トレ

「筋トレをするとハゲる」などという声をネットなどでもよく見聞きします。

結論から言えば、筋トレが薄毛の原因になることはほとんどなく、このような情報は俗説にすぎません。

とはいえ間違った筋トレの仕方では、頭皮に悪影響となる場合もあったり、むしろ正しい方法であれば筋トレはやったほうがいいという場合もあります。

ここでは筋トレとハゲの関連についてを徹底的に解説しています。

筋トレでハゲると言われている理由は?

そもそも「筋トレでハゲる」という俗説が広まっているのはなぜなのでしょうか。それにはいくつかの理由が考えられ、以下では代表的なものを1つずつ検証しています。

そのどれもが根拠に乏しい噂程度ではありますが、一部は気にしておいても良いものもあります。

男性ホルモン

とはいえ、間違った筋トレの仕方では、頭皮に悪影響となる場合もあります。

筋トレを行うと、体は筋肉をより成長させようと、テストステロンという筋肉の発達などに関わる男性ホルモンの分泌を活発にすると言われています。

このため、男性ホルモンが増えるとハゲるといわれていることから「筋トレ=ハゲ」のイメージができあがっているのかもしれません。

しかし、脱毛を引き起こし薄毛の原因となるのは、テストステロンが還元酵素(5αリアクターゼ)の働きによって変化した「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンです。

つまり、テストステロンそのものはいくらあっても直接薄毛の原因にはなりません。

それどころか、テストステロンには男性機能の維持や疲労回復、記憶力の維持や気力の充実などの作用もあり、男性にとって非常に重要な働きを持っています。

加齢やストレスによりテストステロン自体の分泌量が減ると、より活性の強いDHTを増やし男性ホルモンの働きを補おうとします。テストステロンの分泌が多い20~30代より、40~50代の方が薄毛が多くなるのはこれが原因です。

20~30代でも薄毛になる方は、遺伝により還元酵素が体質的に多いのが理由です。

「自分は家系にハゲが多いから、筋トレし過ぎたらすぐハゲてしまう…」と思う方もいると思います。

しかし還元酵素の働きを抑える事ができれば薄毛の原因となるDHTが作られなくなるため、予防や改善につながります。現在AGA治療薬がその役割を担っています。

普段からテストステロンを減少させないためにも、むしろ筋トレはどんどんやった方がいいのです。

この場合筋トレが原因ではなく遺伝などが原因になるため、還元酵素の多い体質である場合は医薬品などで阻害すれば予防・改善につながります。

栄養バランス

本格的に筋トレを行う人ほど、食事の内容もかなりストイックに制限などをしている方が多いです。特に筋トレマニアの間では鶏のささみや卵白など高タンパク低カロリーの食事が好まれる傾向があります。

これを突き詰めるあまり、栄養がタンパク質だけに偏りすぎている食事をしてしまうと筋肉にとってはいいですが、髪の毛にとっては良くありません。

タンパク質は髪の毛の元になるため、育毛や薄毛予防にとって重要な栄養素です。

ビタミン類や様々なミネラルなどを、バランス良く摂取することで、髪の毛が作られる土台となります。

筋トレを行う人はささみや卵白、ブロッコリーばかり食べるイメージが付いてしまったため「筋肉だけでなく、髪の毛までも追い込まれている」といった噂が広まったのかも知れません。

ただし、過度の筋トレの場合、筋肉を合成するため多くのタンパク質を消耗します。筋トレの後に疲労がしばらく残るやり方では、筋肉の修復にさらにタンパク質を必要とし、髪の毛の合成に周らなくなります。

体に合わせた正しい筋トレを行えば、男性ホルモンも補充でき薄毛予防にも繋がります。

ストレス

実は筋トレそのものより、食事制限によるストレスが大きいことがよく知られています。

また、筋トレそのものよりも、筋トレの効果を高めるための食事制限によるストレスが大きいことはよく知られています。

このストレスは男女ともにハゲてしまう原因になり得ます。

ストレスを直接の原因として起こるハゲには、有名なものとして「円形脱毛症」が挙げられます。

円形脱毛症の原因はストレスだけではないとされていますが、精神的なストレスが原因の1つであることも明らかにされています。

また、ストレスは自律神経を乱すことで全身の血管を収縮させてしまいます。

頭皮にある毛細血管にも影響を及ぼし、血流の悪化により毛根への酸素や栄養の供給が滞り、薄毛の原因となってしまいます。

このような理由からも、筋トレを行うとハゲてしまうと考える人は一定数存在するようです。

どちらかと言えば筋トレ自体はストレスにはなりにくいものです。やった分だけ筋肉が付くなど目に見えて成果が現れるもので、モチベーションを保つ事ができるからです。食事制限やストレスと、うまく付き合いながらなるべく溜めこまない事が必要です。

ハゲない筋トレをするには

ハゲない筋トレをするには

「筋トレはどうしても続けたい・・・でもハゲるのはちょと・・・」と考える方がほとんどでしょう。

そんな方は以下に注意してみてください。

  • ハゲる原因を把握する
  • ストレスを溜めない
  • 栄養管理を行う
  • 体に合わせた正しい筋トレ

ただし筋トレを行うことで付随するストレスや栄養の偏り、過度の筋肉増量が間接的にハゲを進行させる可能性があります。

食事制限によるストレスを軽減するために、無理のあるダイエットメニューなどはしないでください。カロリーを抑える場合は、満足感を得るためにスープや野菜、ナッツや豆類などを増やしてみるのも1つの手段です。

脂分や糖質を減らすことで、栄養のバランスも向上します。

過度な筋トレはタンパク質を必要以上に消費し髪の毛の成長に使用され無くなります。ボディビルダーで無い限りは、体に合わせた正しい筋トレを行うようにしましょう。

そしてしっかり睡眠を取ってください。6~9時間睡眠を取ることで、髪の毛の成長が後押しされます。

それでもハゲが進行してしまう、あるいは今現在のハゲが気になっている、という場合は遺伝や男性ホルモンの影響によるハゲ(AGA)である可能性が高くなります。

このような薄毛は放っておけばどんどん進行してしまうので、改善したいのであればAGAクリニックなどの医療機関での治療を行うことが確実です。

筋トレとハゲに関するよくある質問

今行なっている筋トレでこの先ハゲてしまわないか、恐怖に怯えながら筋トレを続けている方もいらっしゃるかと思います。

そのような不安の解消に少しでも繋がればと、ここでは筋トレとハゲについて、多くの人が持っている疑問に対して答えてみました。

プロテインは薄毛に悪影響あるの?

A.ない

プロテインは筋肉を作るためのタンパク質を効率的に摂取できる補助食品です。

近年は体への吸収性に優れ、味も良いものなどが数多く販売されているため、筋トレを行う人の間でも利用者が多いことかと思います。

では、このプロテインがハゲの直接の原因になってしまうかと言えばそのようなことはありません。

確かに、すべての食事をプロテインだけでまかなうような極端な食事制限を行なってしまえば、髪の毛に必要なビタミンやミネラルなど、タンパク質以外の栄養素の不足によってハゲてしまうことがあるでしょう。

ですが、常識的な範囲内でのプテインの使用であれば、ハゲてしまうことはないはずです。もちろん、食事からはタンパク質以外の栄養素もしっかりと摂るようにしましょう。

筋トレ後は何かケアしたほうがいい?

A.良い

ハゲないためにも筋トレのあとにはまずは適度な水分補給を行ないましょう。体の水分が不足していては、頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌に繋がってしまいハゲの原因になりかねません。

また、筋トレはかなりの量の汗をかくかと思いますが、筋トレ後はかいた汗をしっかり拭き、できればシャワーを浴びるなど頭皮は清潔にしておきましょう。

頭皮に汗が残ったままでは雑菌の繁殖に繋がり、脱毛の直接の原因となってしまいます。

頭皮を不衛生なままにしてしまうと、最悪の場合では脂漏性皮膚炎を発症してしまうこともあり、ハゲ以外にも著しく生活の質を下げてしまいます。

水分補給、頭皮を清潔に保つことに加えて、筋トレ後は栄養の補給にも気を配りましょう。ハードなトレーニングや発汗は体の中の栄養素を消費してしまいます。

特にタンパク質やビタミン、ミネラルなどの髪にとって重要な栄養が不足しないように、しっかりと食事やサプリメントから摂取しましょう。

実際に筋トレしてからハゲたんだけど…

A.そういった場合もある

実際に筋トレをしてハゲてしまうような場合は、いくつかの原因が考えられます。

  • 栄養が不足してしまった
  • ストレスが脱毛を引き起こしてしまった
  • 頭皮環境が不衛生になってしまった

などです。

また、これら以外だと遺伝や男性ホルモンの影響によるハゲであるAGAが発症してしまった可能性も考えられるでしょう。

これらの中から原因を確実に特定するのは難しいので、クリニックで行なっている無料カウンセリングを受けて、なぜハゲてしまったのかを明らかにしましょう。

筋トレとハゲについてまとめ

筋トレとハゲについてまとめ

筋トレとハゲの関係について解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

  • 筋トレが原因でハゲる心配はほとんどない
  • 栄養不足やストレスなど、一部気にしたほうがいいこともある
  • 汗を拭くなど頭皮環境は清潔に保つ

筋トレとハゲについてまとめるとこの様になります。

どちらかと言うと、ハゲてしまう原因は筋トレ以外に多く存在します。それも原因が単体では無く、いくつかの原因が複合している場合が多いです。

確実にハゲるのを防ぎたいのであれば、医学的に効果が証明されているフィナステリド製剤やデュタステリド製剤などの服用が確実でしょう。

これらは医師の処方が必要な医薬品であるため、服用を希望する場合はAGAクリニックなどの医療機関を受診する必要があります。

最近では無料のカウンセリングを行なっているクリニックが多いので、少しでもハゲが気になるのであればカウンセリングだけでも早めに受けてみるのが良いでしょう。

「東京スカルプクリニック」は専門家により診察が行われ、プライバシーもしっかりと守られているため安心して相談できます。男性と女性どちらも診療を行っているので、都内でお悩みの方におススメのクリニックです。

この記事を書いた人 しゅんすけ

まだ20代だけどおでこの方がかなりきている若ハゲ。無料カウンセリングを色々受けてどこで治療しようか悩んでいる最中。父親は40代でツルツル。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる