朝シャンでハゲるのは本当だった!メリットデメリットを紹介!

シャワー

「朝シャンはハゲる」

これは昔から良く言われていることではないでしょうか。

朝シャンとは、朝にシャンプーをすることで、昭和62年には化粧品メーカーのコマーシャルですでに使われていた現代語です。

時間に追われる現代の生活では、帰宅が遅い、疲労などの理由から就寝前に入浴できない人が多数います。

そのため朝シャンをしている自分はハゲてしまうのか、と不安に思われている方も多いことでしょう。

朝シャンはハゲるというのはあながち間違ってはいません。

では、なぜそうなのか、また朝シャンでハゲないようにするにはどのようにすればいいのかなどをここでは説明しています。

朝シャンでハゲてしまう理由とは?

朝シャンがハゲてしまうと言われるのには、皮脂を落とし過ぎていることやシャンプーを落としきれていないことなど、いくつかの理由があります。

朝シャンの方法などによっては大きな影響を防ぐこともできるので、しっかりと確認しておきましょう

皮脂の落としすぎ

朝シャンがハゲると言われている理由の1つとして、頭皮の皮脂を落としすぎてしまう可能性が高いことが挙げられています。

頭皮の皮脂には、頭皮を痛めてしまう紫外線を防ぐ効果もあります。もちろん頭皮に皮脂が過剰な状態もハゲの原因になり得ます。

しかし皮脂を落としすぎてしまい紫外線を頭皮に直に受けてしまうのは、それと同等かそれ以上にハゲの大きな原因になってしまうのです。

頭皮は強い紫外線を受けると、やけどのような状態になり頭皮の表面やその奥の毛根は傷ついてしまいます。

傷ついた毛根は正常な発毛を行うことができず、脱毛を起こしてしまいます。血管もダメージを受けて収縮し、酸素や栄養を毛根へ届けられなくなってしまいます。

朝の忙しい時間帯にシャンプーを行うと、どうしても洗い方も雑なものになってしまい、皮脂を落としすぎてしまいがちです。

また、夜にシャンプーを行っていれば、寝ている間に適度な皮脂が分泌され、日中の強い紫外線を適度に防いでくれるということもあります。

薬剤が毛穴に入りやすくなる

人間は就寝中に思っている以上に多くの汗をかくことなどから、朝は頭皮の毛穴が大きく開いている状態です。

このため、朝にシャンプーを行なうと毛穴の中にシャンプーやコンディショナーなどが入りやすくなります。

毛穴にシャンプーなどが入りやすいというのは決して良いことではなく、いわゆる洗い残しが起こりやすい状態です。

朝にシャンプーを行う場合は夜のシャンプーよりもしっかりとすすぎを行ない、シャンプーやコンディショナーによる頭皮の毛穴の詰まりを防がなければなりません。

しかし、朝の忙しさから十分なすすぎが行なえないことが多く、毛穴にシャンプーやコンディショナーなどが詰まったままになってしまえば、頭皮は傷つき脱毛の原因となってしまいます。

夜にシャンプーをしない

朝にシャンプーをする人のうちの多くは、夜の就寝前に入浴ができないためにやむを得ず朝シャンというかたちを取っていることかと思います。

就寝前に入浴ができないということは、頭皮に蓄積された日中の皮脂やホコリなどの汚れや、スタイリングに使用していた整髪料をそのまま頭髪や頭皮に残してしまうということになります。

これは髪にとっても良いはずがなく、頭皮環境の悪化の一因となってしまいます。頭皮環境の悪化が進めば、髪への栄養の不足や雑菌の繁殖による炎症などで脱毛が進行してしまいます。

このようなことからも、朝シャンはハゲると言われるようになりました。

シャンプーを落としきれていない

時間的に余裕のない朝のシャンプーは、夜に比べるとどうしても洗い方もすすぎ方も雑なものになりがちです。

特にすすぎが十分に行われていない場合はシャンプーやコンディショナーが頭皮や頭皮の毛穴に残留し、フケを発生させたり 頭皮を炎症させてしまい、ハゲの原因になってしまいます。

また、シャンプーだけでなく前日の頭皮の汚れや整髪料までも落としきれていないなどなってしまうと、髪にとっては最悪です。

このようなことが習慣づいてしまえば、頭皮にはどんどん洗い残しや汚れが蓄積され頭皮環境は悪化し、ハゲてしまう可能性は飛躍的に高まってきます。

朝シャンでハゲない為にはどうすればいい?

ハゲないようにするためには、朝シャンは絶対にしてはいけないという訳ではありません。

朝シャンによって夜間の睡眠時間を確保できていたり、朝シャンによって体を目覚めさせるスイッチのような効果を実感している方もいるでしょう。

また、夜間の汗の量が多い人などにも朝シャン派は多いことかと思います。そうでなくても蒸し暑い夏の朝などは、朝にシャワーを浴びたくなることも多いでしょう。

ここでは、朝シャンのメリットをいかしつつ、朝シャンでハゲないようにするための方法を説明しています。

朝シャンを習慣づけない

朝シャンはなるべくであれば習慣づけないほうがハゲを防ぐためには良いでしょう。逆に言えば、毎日でなければ大きな問題はないということです。

前の晩に飲みすぎてしまいそのまま寝てしまった、ハードな残業で帰宅が遅くなり家に帰った頃には疲労困憊、記録的な熱帯夜で、寝ている間に大量の汗をかいてしまったなどなど、どうも朝の目覚めが悪いのでシャワーで目を覚ましたい。などこのようなケース限定で朝シャンを行う程度であれば、それほどの頻度にはならなりません。

ハゲを防ぐためには基本的には夜の就寝前のシャンプーが一番であり、朝シャンをなるべく習慣づけないようにする、という意識を持っておきましょう。

また、今現在朝シャンが習慣づいてしまっている場合は、夜の入浴に切り替えるよう努力が必要です。就寝前の入浴には睡眠の質を高め、髪の成長を促すという効果も期待できます。

夜にバスタブへ浸かるのがなかなか難しいという場合は、シャワーのみの入浴でもかまいません。

アミノ酸のシャンプーを使う

ライフスタイルなどから、どうしても朝シャンになってしまうという場合でも、ハゲないためにできる工夫はあります。

それは、なるべく洗浄力の強すぎないシャンプーを使うと言うことです。洗浄力の強すぎないということは、頭皮への刺激が強すぎないということでもあります。

洗浄力が強すぎないシャンプーは、アミノ酸系のシャンプーなどです。

アミノ酸系シャンプーとは、シャンプーの洗浄成分である界面活性剤に、アミノ酸を使用しているシャンプーです。

頭皮の皮脂を落としすぎないこと、また、頭皮への刺激が少ないことなどからハゲの対策としても取り入れることができます。

皮脂には紫外線を防ぐ役割りもあるため、皮脂を落としすぎるシャンプーは頭皮環境を悪化させてしまいます。また、刺激の強いシャンプーも頭皮の炎症の原因になる場合があります。

近年では様々な種類のアミノ酸系シャンプーが販売されていますので、自分の好みのものを見つけてみましょう。

夜のシャンプーを忘れない

朝シャンをする場合でも、夜に行うシャンプーは髪や頭皮にとって大切です。

夜のシャンプーはその日1日分の汗や皮脂、ホコリなどの汚れ、スタイリングに使った整髪料などを落とすことができます。

睡眠中に頭皮が清潔に保たれていることは髪の成長や抜け毛の防止にとって非常に重要なことです。このために、ハゲないためには、就寝前のシャンプーを行う習慣を付けるようにしましょう。

このとき、なるべくシャワーだけでなくバスタブへ浸かる入浴ができればハゲの予防に一層の効果が期待できます。

入浴による適度な疲労とリラックス効果は睡眠の質を大きく高め、髪の成長を促してくれます。

夜に入浴する習慣がないという人は、今日からでも夜の入浴を習慣づける努力をしてみましょう。

いきなり生活の習慣を変えるのも難しいと思うので、まずは少しずつ、夜に入浴を行う日を増やしていきましょう。

お気に入りの入浴剤やアロマバスなどを取り入れて、入浴の時間を楽しい時間に変えてみるような工夫をしてみると長続きします。

自分の頭皮環境を知る

ハゲないために最も重要なのは自分の髪や頭皮の状態を知ることです。そして、すでにハゲてきてしまっている場合は一刻も早くそのハゲの原因を知るべきです。

自分の髪や頭皮の状態は素人が把握することはできません。また、ハゲにも種類があり、原因も異なれば改善するための方法も異なります。

これらをすべて明らかにしてくれるのが、AGAクリニックなどの医療機関が行なっているカウンセリングです。

専門家によるカウンセリングからは、髪や頭皮の状態、薄毛の原因、その治療方法も知ることができます。

近年では無料のカウンセリングを行なっているクリニックも多いので、ハゲたくない、自分のハゲが少しでも気になっている場合は積極的に利用してみるのが良いでしょう。

都内で人気なのは「東京スカルプクリニック」です。

東京スカルプクリニックは無料のカウンセリングを受けたからと言って高額な治療の契約を迫られるようなことがないということから、気軽に相談できると話題です。

試しに話を聞きに行きたい、相談したいという方におすすめのクリニックです。

朝シャンによるハゲについてまとめ

朝シャンとハゲの関連について説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

朝シャンは確実にハゲてしまうという訳ではありませんが、髪のためにはできれば避けたほうが無難なシャンプーの習慣です。

また、就寝前に行うシャンプーの重要さについても併せて覚えておきましょう。頭皮の皮脂は落としすぎないことと、就寝中の頭皮は清潔に保つことが大切です。

このように、シャンプーの習慣も大切ではありますが、確実にハゲを防ぐのであれば、フィナステリドやデュタステリドなどの医薬品の服用による予防以上の方法はありません。

AGAクリニックなどで処方されるこれらの医薬品は、医学的に証明された高い効果を持っています。
少しでも気になった場合は、クリニックが行なっている無料のカウンセリングだけでも受けてみると良いでしょう。

この記事を書いた人 しゅんすけ

まだ20代だけどおでこの方がかなりきている若ハゲ。無料カウンセリングを色々受けてどこで治療しようか悩んでいる最中。父親は40代でツルツル。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる