頭皮が硬いと薄毛になるって本当?柔らかくするには?

頭

よく「頭皮が柔らかいとハゲない」などと言われていますが、その反対で「頭皮が硬いとハゲる」ということもよく言われています。

一般的には、頭皮を指で揉んでみてあまり動かない場合は硬い頭皮と考えられています。このように硬い頭皮の人は意外と多く、薄毛の心配されている方も多いかと思います。

ここでは硬い頭皮と薄毛の関係について、また硬い頭皮はどのようしたら柔らかくなるのかを解説しています。

頭皮が硬いと薄毛になりやすいって本当?その理由は?

頭皮が硬いと薄毛になってしまうと言われているのは、あながち間違っている訳ではありません。

それには主に頭皮の血行が関係しています。

頭皮の血行が悪くなるから

硬い頭皮は血液の巡りが悪い場合がほとんどです。頭皮を硬くしてしまう原因は様々ですが、そのどれもが頭皮の血行の悪化に繋がります。

また、近年の研究では血行不良が頭皮を乾燥させるため、乾燥した頭皮が硬化してしまうこともわかっています。

頭皮の血の巡りが悪くなると、毛根への栄養素や酸素の供給が滞ってしまい、正常な発毛が起こらず、脱毛、薄毛の原因となります。

頭皮の血行の悪化は、男女を問わずに薄毛の大きな原因の1つです。このようなことから「頭皮が硬いとハゲる」という考えが生まれているのです。

頭皮が柔らかければ薄毛にはならないと言うことはできませんが、頭皮が硬い場合は、頭皮の血行が悪化している可能性があるので薄毛になる可能性も高くなります。

専門家がマイクロスコープなどを使用して30~40代の男性の頭皮の状態を調べた調査では、およそ6割もの人が硬い頭皮の状態であったという結果が出ています。

薄毛を防ぐためにも、普段から頭皮の血流改善を意識して頭皮を柔らかくしておくことは大切です。

なぜ頭皮は硬くなる?

前述したように、頭皮が硬くなってしまう原因は様々です。どれも身近な原因ではあるので、思い当たるものから改善していくのが良いでしょう。

  • 睡眠不足や運動不足

頭皮は筋肉量が少ないため、血行が悪くなりやすい皮膚です。

睡眠不足や運動不足の状態が続くと、睡眠時の成長ホルモンの分泌の不足や、ストレスなどから血行が悪化します。

さらに頭皮の血行が悪化することで、頭皮は硬くなってしまいます。

  • 紫外線

強い紫外線を受けると頭皮は火傷のような状態を起こし炎症してしまいます。このような状態の頭皮は乾燥が進み、その結果硬化してしまいます。

  • 食生活の乱れ

頭皮の環境と食生活は密接な関係があります。特に頭皮環境を健康に保つには、タンパク質やビタミン、ミネラルをバランス良く摂ることが大切です。

また、脂分の多い食生活を続けていると皮脂の分泌が増え、結果頭皮の硬化に繋がってしまうこともありま。

硬い頭皮を柔らかくする方法

頭皮が硬くなってしまう原因を説明しましたが、自身の頭皮が硬い原因がどれなのかはなかなかわかりづらいものです。

ここでは頭皮を柔らかくする方法をいくつか紹介していますが、どれも日頃から行えるようなものです。

さっそく今日からでも生活に取り入れてみてはいかがでしょうかできることから始めていけば、頭皮を柔らかくできるかもしれません。

紫外線から頭皮を守る

紫外線はUVとも呼ばれる太陽光に含まれる電磁波です。

この紫外線は頭皮環境を悪化させ、頭皮を硬化させてしまう大きな原因であると同時に、薄毛を進行させる大きな原因でもあります。

頭皮の硬化を防ぎ、薄毛を予防するためには紫外線対策は非常に重要です。

紫外線を防ぐにはまずは夏の強い陽射しの下にはなるべく出ていかないことです。仕事やレジャーなどでどうしても外にでる必要があるときは、帽子や日傘で直射日光を防ぎましょう。

帽子で蒸れてしまって、薄毛になるということはほとんどありません。それ以上に紫外線の心配をするべきです。

近年では男性の日傘の利用も一般的になりつつあり、男性向けの日傘も多く販売されています。また、紫外線を防ぐスプレーなども販売されているので活用しましょう。

真夏の炎天下だけでなく、太陽光には一年中含まれています。

特に秋になって涼しくなってきたからと、紫外線対策を怠ってしまうと気づかぬうちに多くの紫外線を頭皮に受けてしまうこともあります。

頭皮を守るためには春先や秋の紫外線対策もしっかりと行なうべきです。

正しい方法でシャンプーをする

頭皮を硬くしないためには正しいシャンプーを行うことも大切です。

シャンプーを行う際に、洗い、すすぎがしっかりとできていない場合は頭皮の毛穴にシャンプーやコンディショナー、皮脂やホコリなどの汚れ、整髪料などが残り、詰まらせてしまいます。

このような状態が続くと、シャンプーの刺激や雑菌の繁殖によって頭皮は炎症を起こし、硬化してしまいます。

当然、薄毛の進行を招くことにもなるので、薄毛を防ぐためにも普段から正しいシャンプーを行う必要があります。

ここからはにシャンプーや汚れを残さないシャンプーの方法を紹介します。

  • 髪の毛全体をお湯で十分に濡らす。

髪の毛についた汚れのほとんどはこれだけで落とすことができ、またシャンプーの泡立ちも良くなります。

  • シャンプーの量は多すぎないぐらいにする。

シャンプーは付けすぎても洗い残しになりやすいので必ず適量を手に取って泡立てましょう。

このときの手に取って手のひらで泡立てておくのも重要です。直接頭に付けてしまうと、毛穴へシャンプーが詰まりやすくなります。

  • 指の腹を使って洗う

シャンプーを十分に泡立てたら、指の腹を使って頭皮を優しく洗うイメージで洗髪を行います。爪を立ててはいけません。

髪と頭皮を十分に洗ったら、たっぷりのお湯でしっかりとシャンプーを流し、水を切りましょう。

その後にコンディショナーやトリートメントを使用しますが、これらも直接頭皮に付けないように気をつけ、髪全体になじませた後はしっかりと洗い流すようにします。

運動・ストレッチをする

頭皮を柔らかくするためには適度な運動やストレッチも有効です。

運動によって適度に筋肉を使用すると、全身へ血を送り出す力が増え、頭皮の血行も改善します。

血流が良い状態の頭皮は硬くなりにくいので、頭皮の効果を防ぎ、薄毛を予防するためにも適度な運動は行うべきです。

ストレッチにも全身の血行を改善する効果があるので、頭皮のためにストレッチを行うのも良いでしょう。

また、血行の不良などから起こる肩こりを解消するのも有効です。

肩こりをマッサージでほぐすことで全身の血行が改善し、頭皮への血流も増えて健康な頭皮環境へ近づきます。

肩こり解消のマッサージは自分で行うのは難しいので、整体師などのプロに本格的なマッサージを行なってもらうのも良いでしょう。

頭皮マッサージをする

頭皮を柔らかくするためには、頭皮マッサージも有効です。

頭皮を柔らかくするマッサージの方法ですが、まずシャンプー後の頭皮が清潔な状態で行ってください。マッサージは指の腹を使って優しく行い、爪を立ててしまわないよう気をつけましょう。

爪などで頭皮を傷つけてしまうと傷口の細菌感染などから炎症を起こし、頭皮環境の悪化に繋がってしまいます。

また、適度な力で行うことも大切です。マッサージの効果を高めようと力を入れすぎては頭皮を痛めてしまい逆効果です。

同じ理由から、長時間マッサージをやりすぎるのもよくありません。頭皮マッサージの時間は5分から10分程度で十分です。

【効果的な頭皮マッサージの手順】

  1. まずはこめかみや耳の周り、首の後ろあたりから徐々に頭頂部に向かって揉みほぐす。
  2. これを数回繰り返す。
  3. サイド部分の生え際に指を当て、頭皮全体を持ち上げるような感覚で揉む。
  4. これも徐々に頭頂部に向かって指の位置を動かしていき、数回繰り返す。
  5. 最後に頭頂部中心のツボを指で押し込んで仕上げ。

ツボの場所は神経質にならなくても、自分が気持ち良いと感じる場所で大丈夫です。

この頭皮マッサージは、慣れてしまえば日々の習慣にするのも難しくはないので、薄毛対策として是非取り入れてみてください。

睡眠の質を上げる

頭皮を柔らかく保つためには睡眠の質を向上させることも重要です。

まず、睡眠の質が悪い、あるいはそもそも睡眠時間が不足している状態では睡眠中の成長ホルモンの分泌が不足し、頭皮の血流は滞って硬くなってしまいます。

また、睡眠不足によるストレスから血管の収縮によって血行が悪化してしまうことも考えられます。

睡眠の質と時間がしっかりと確保できていれば、睡眠中に分泌される成長ホルモンの働きによって頭皮の環境は健康に保たれるため、睡眠は髪にとっても非常に重要な要素であると言えます。

適切な睡眠時間は8時間と言われています。

また、午後10時から午前2時の間の睡眠は成長ホルモンの分泌を特に活発にさせます。なるべくこの時間帯には就寝しているようにしましょう。

午後10時に就寝するというのは、現代ではなかなか難しいかもしれません。このような場合は就寝前に湯船に浸かるなどの工夫をすると寝やすいです。

就寝前の入浴は心身をリラックスさせ、入眠しやすくなります。寝室にリラックス効果のあるアロマなどを焚いてみるのも良いでしょう。

硬い頭皮と薄毛についてまとめ

頭皮が硬いと薄毛になってしまうというのは一種の俗説のような部分もありますが、間違っている訳ではありません。

頭皮が硬い場合は頭皮の血行が悪化している可能性は高いので、極力頭皮は柔らかい状態に保つようにするのがいいでしょう。

頭皮を柔らかくするために、

  • 紫外線から頭皮を守る
  • 正しい方法でシャンプーをする
  • 運動・ストレッチをする
  • 頭皮マッサージをする
  • 睡眠の質を上げる

などの方法を紹介しました。

しかし、これらすべてを行なっても絶対に薄毛を改善できると言うわけではありません。

もし不安な場合はAGAクリニックが行なっている無料のカウンセリングを受けてみるのが最も確実です。

カウンセリングでは頭皮の状態を専用のスコープなどで解析してもらうことで、頭皮の状態や薄毛の原因、適切な治療法などを聞くことができます。

都内で人気のクリニックは東京スカルプクリニックです。

東京スカルプクリニックでは、疑問や不安があれば質問することもできますし、無理に契約を勧められるようなこともありません。

また男女どちらも相談することができ、プライバシーも守られていることから人気です。

頭皮が硬いので薄毛の心配をしているのであれば、まずは無料のカウンセリングだけでも受けてみるのをおすすめします。

この記事を書いた人 しゅんすけ

まだ20代だけどおでこの方がかなりきている若ハゲ。無料カウンセリングを色々受けてどこで治療しようか悩んでいる最中。父親は40代でツルツル。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる