AGA遺伝子検査キットで薄毛の可能性や改善方法がわかるって本当?

遺伝子イメージ

AGA(男性型脱毛症)の大きな原因として、遺伝が関係していることが現在ではわかっており、現在多くのAGAクリニックでは遺伝子検査が行なわれています。

この遺伝子検査では、頬の内側の粘膜や毛髪を採取し、それを解析することで将来的なAGAの可能性や、有効な治療薬などを明らかにすることができます。

また、現在では、遺伝子検査を自宅で個人が行えるようにした遺伝子検査キットが販売されています。

これには女性用のものもあり、女性であっても男性ホルモンの影響によって起こるFAGA〈女性男性型脱毛症〉の可能性を調べることができます。

この記事では、薄毛対策として遺伝子検査を行うことで、どのように良いのかを説明しています。

AGAと遺伝の関係性

男性の薄毛の90%以上を占めていると言われるAGAは、遺伝と深い関係があることがわかっています。

主に男性の睾丸で作られるテストストロンという男性ホルモンは、頭皮に存在する5αリダクターゼという還元酵素と結びつくことによって、悪玉男性ホルモンとも呼ばれるDHT(ジヒドロテストステロン)となります。

このDHTは毛乳頭にある男性ホルモン受容体に結合することで脱毛因子を増やし、毛母細胞を萎縮させ毛髪の成長を妨げてしまいます。

この結果、細く弱った毛髪の脱毛が起こり、薄毛が進行していきます。

これらうち、5αリダクターゼと男性ホルモン受容体の強さは遺伝で引き継がれることが、近年の研究からは明らかにされています。

5αリダクターゼと男性ホルモン受容体の働きが強い場合は悪玉男性ホルモンであるDHTが生産されやすく、それらが毛乳頭に結びつきやすいということになります。

つまり、薄毛になりやすい体質と言えます。

5αリダクターゼの強さは優性遺伝であるため、父方母方のどちらかでもその遺伝子を持っていた場合は子供にも遺伝されてしまいます。

また、男性ホルモン受容体の遺伝情報はX染色体にあるため、母方の祖父が薄毛である場合は高確率で孫も薄毛になると考えられています。

この遺伝の影響による薄毛は女性にも当てはまります。

女性の体内にも少量の男性ホルモンは存在し、遺伝的な要因によって5αリダクターゼと男性ホルモン受容体の働きが強い場合は、女性であっても悪玉男性ホルモンを原因としたFAGAとなり、薄毛が進行してしまいます。

AGAの遺伝子検査キットで何が分かる?

遺伝子検査キットはAGA対策のものだけでなく、現在では様々な目的なものがあります。

例えば、肥満に関連した遺伝情報を調べることで、自分にあったダイエット方法を知ることができるダイエット用の遺伝子検査キットや、シミやシワ、敏感肌に関する遺伝情報を調べ、肌質にあったスキンケア方法などを知ることができる検査キットなどが現在では商品化されています。

このように、遺伝子情報を解析することで、様々な疾患のリスクや自身の体質などを知ることができるのです。

ではAGA対策に用いる遺伝子検査キットではなにがわかるのでしょうか。下記ではそれらを詳しく説明しています。

脱毛リスク

薄毛対策としての遺伝子検査キットでは、遺伝子内のCAG、GGCという塩基配列を解析することから、男性ホルモン受容体の強さ、つまり脱毛のリスク、発症の傾向が明らかになります。 ※塩基配列とは生物の遺伝子内での核酸の塩基の並び方で、遺伝情報をあらわします。

現在行われているほとんどの遺伝子検査では、CAGリピート、GGCリピートという塩基配列がどのくらい繰り返されているかということを調べています。

CAGリピートとはその名の通りC、A、Gの塩基配列の繰り返しが、GGCリピートは同様にG、G、Cといおう塩基配列が繰り返されることです。

CAGとGGCのリピート数を足した合計の基準値は38とされ、それよりも小さい場合は男性ホルモン受容体の働きが強くAGAになりやすいとされ、リピート数が38より多ければ男性ホルモン受容体の働きは弱く、AGAなる可能性は低いと考えることができます。

治療薬による治療効果

AGA遺伝子検査キットでは、遺伝子内のCAGリピート、GGCリピートという塩基配列を解析することから、男性ホルモン受容体の強さ、つまり脱毛のリスク、発症の傾向が明らかになりますが、男性ホルモン受容体の強さがわかることで、5αリダクターゼの働きを阻害する医薬品であるフィナステリドやデュタステリドでの治療が有効かどうかも明らかにすることができるのです。

フィナステリドやデュタステリドなどの医薬品の効果を事前に知ることで、自分に合わない医薬品を使用してしまうことによる余計な出費や副作用などを防ぐこともできます。

AGA遺伝子検査の流れ

AGAの可能性などを知ることができる遺伝子検査キットは誰でも簡単に利用することができます。

現在ではいくつかのメーカーから販売されており、メーカーの公式サイトなどから10,000円前後の価格で通販購入できます。

商品が手元に届いたら、まずは内容物がすべてきちんと入っているかを確認しましょう。遺伝子検査キットの中身はメーカーによって様々ですが、何点かの内容物でキットして構成されています。

特に「検査説明・取扱説明書」「遺伝子検査同意書」「検査用の容器・器具」「返信用の封筒」などは必ず入っているか確認してください。

検査キットでは、自分で検査を行わないといけないので取扱説明書を熟読し、検査方法をしっかりと把握します。

また、取同意書は署名をして返送する必要があるので、かならず内容をよく読んで同意を示す署名を行ってください。

AGAの遺伝子検査キットには口腔内の粘膜を専用の綿棒でこすり取って採取する「スワブ式」と唾液を専用のチューブで採取する「唾液式」の2種類があります。

綿棒で口腔内の粘膜をこすり取るスワブ式検査を行う前は、うがいなどで口腔内を清潔にしておきましょう。口腔内が不潔な状態では正確な検査結果を得られない場合があります。

唾液式検査の場合は、唾液に不純物が混じるのを防ぐため、検査の前は飲食や口紅などの使用を避け、唾液を清潔に保つためにスワブ式の場合と同じくうがいなどをします。

上記はスワブ式と唾液式の大まかな検査法ですが、検査キットのメーカーによっても細かな手順や方法が異なります。そのため検査の前には必ず説明書を熟読して検査方法を確認してください。

採取した粘膜や唾液は同封されている専用の封筒でメーカーへ返送します。返送後は数週間~1ヶ月程度で結果が郵送されてきます。

メーカーページから検査キットに紐付いたログイン情報などの設定を行うことで、インターネットで結果を確認できる検査キットもあります。

AGA遺伝子検査のよくある質問

前述したように、遺伝子検査キットにはダイエットを目的としたものや、スキンケアを目的としたもの、がんや生活習慣病の予防を目的としたものまで様々なものがあります。

ここではそのなかでもAGAの遺伝子検査キットについて、よくある質問とその答えを紹介しています。

いつ遺伝子検査をしてもいいの?

人間の遺伝子の情報は一生変わることはありません。そのために、遺伝子検査の結果はいつ行なっても変わることはありません。

しかし、AGAは発症、進行する前に対策を行うことがなにより重要です。進行してしまったAGAの治療は、進行する以前の対策を比べても多くの時間や費用を費やすことになります。

そのようなことから、将来的な薄毛が少しでも心配なようであれば、遺伝子検査はなるべく早めに行うのが良いでしょう。

有効期限はありますか?

AGA遺伝子検査キットには使用期限があり、製品によって異なりますがおおよそ6ヶ月程度と長くはありません。購入後はなるべく早く検査を行い、郵送するようにしましょう。

遺伝子検査キットの使用期限はおよそ6ヶ月と長くはないので、手元に届いた時点で残りの期限は必ず確認しておきましょう。

また、高温多湿や直射日光など、保管状況によっては検査キットを劣化させてしまう恐れもあるため、説明書をよく読み、適切な方法で保管してください。

使用期期限が切れてしまたった遺伝子検査キットは正確な検査結果がでない可能性もあります。使用はせずに、再度新しいものを購入しましょう。

一般の綿棒で採取しても大丈夫?

AGA遺伝子検査キットで検査を行う際には市販されている一般の綿棒は使用せずに、必ず付属の専用綿棒を使用してください。

検査キットに付属の専用の綿棒は、正確な検査結果を出すための特殊な殺菌処理などがされています。

もし付属の綿棒を紛失、破損してしまった場合はメーカーへ連絡して、検査用の綿棒を送ってもらいましょう。

郵送の際AGA遺伝子検査キットだということを隠せますか?

AGA遺伝子検査キットはプライバシーにも配慮されている商品が大半です。

郵送時の梱包には、AGA遺伝子検査キットだとわかるような記載や商品名などは一切記載されていません。品名には「雑貨」とかかれているものが多いようです。

ただし、近年では物流業界のルールが厳しくなっているので、「ヘルスケア商品」などの大まかな記載がされる可能性もあります。

もしも心配であればメーカーや販売サイトに確認をしましょう。

またメーカーのサイトや口コミなどを調べて、プライバシーへの配慮が行なわれている検査キットを選ぶのも良いでしょう。

病院の遺伝子検査と何が違うの?

市販のAGA遺伝子検査キットと、クリニックなどの医療機関で行う遺伝子検査の大きな違いは費用の面と時間の面でしょう。

市販されている遺伝子検査キットであれば、おおよそ10,000円前後で購入ができますがクリニックなどで行う遺伝子検査は20,000円前後の費用がかかる場合が多くあります。

しかし、クリニックなどで行う遺伝子検査では、多くの場合、すぐに検査結果が出るので、経済的な余裕と時間的余裕を考えてどちらの遺伝子検査を行うかを選びましょう。

遺伝子の情報は変わることがないので、検査結果が異なるようなことはまずありません。

AGA遺伝子検査キットでどう薄毛予防・改善をする?

AGA遺伝子検査キットでは、男性ホルモン受容体の強さ、つまりAGAの発症の可能性を知ることができます。

この結果を元にAGA対策を行なっていく訳ですが、AGAのリスクが高い人ほど、早めの対策を行うべきです。

AGAは進行性の脱毛であり、進行してしまえばしまうほど、改善にかかる費用と時間は大きなものになってしまいます。

自分の薄毛がAGAであることがわかった、あるいは自分が将来的になる可能性が高いとわかったら、AGAクリニックでの治療を行うしか対策はありません。

いきなりAGAクリニックに通うのには抵抗がある人も多いかと思いますが、そのような場合は無料のカウンセリングを活用してみましょう。

クリニックが行う無料カウンセリングでは、自分に適した医薬品や施術、またその費用なども説明してもらうことができます。

都内で人気のクリニックは「東京スカルプクリニック」です。男女どちらも相談することができ、プライバシーもしっかりと守られているため多くの人がカウンセリングを受けています。

もちろん、無理に治療の契約を迫られるようなことはありません。AGA遺伝子検査の結果があったうえでのカウンセリングはより的確で効果的な方法を提示してもらえる可能性が高いのでとてもおすすめです。

AGA遺伝子検査キットについてまとめ

AGA遺伝子検査キットは、口の中の粘膜や唾液を採取して返送するだけの簡単な検査キットですが、男性ホルモン受容体の強さ、つまりどの程度AGAになりやすいかを調べることができます。

人間の遺伝子情報は変わることがないため、遺伝子検査はいつ行なっても結果は同じです。しかし、AGAは進行性の脱毛であり、改善は早ければ早いほど有効です。

男性ホルモンを原因としたAGAの治療は、医療機関での治療を受ける以外の方法はなく、進行してしまったAGAの治療には多額の費用と膨大な時間がかかってしまいます。

遺伝子検査の結果から、自分の薄毛がAGAである、あるいは将来的にAGAが発症するリスクが高いことがわかったら、なるべく早急にAGAクリニックなどの治療を受けましょう。

この記事を書いた人 佐藤昭仁

クリカクの管理人。30代になってから薄毛が気になりいろんなAGAクリニックを実際に体験した。メソセラピーは針が怖いからノーニードル派!今は生えそろってきたので薬のみの治療をしてる。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる