頭のツボを押して薄毛改善!?育毛に効くツボとは

頭のツボ

身近な存在でもある人体のツボですが、薄毛に効果があると言われるツボがあることはあまり知られていないかもしれません。

ツボとは、正式には経穴と呼ばれる東洋医学の概念です。東洋医学では、気と血の両者が体を巡り、そのバランスによって健康が保たれていると考えられます。

これは「気血思想」や「気血論」などと呼ばれ、経穴は気や血の滞る場所に圧力を加えて流れをスムーズにするための、人体のスポットです。

ここでは、薄毛に効果があるとされるツボにはどのようなものがあるか、またその効果や、より効果的にツボ療法を行う方法などを説明しています。

薄毛予防・改善に効果が期待できる頭のツボとは?

人体には、WHO(世界保健機構)が認定しているものだけでも361のツボがあり、東洋医学で発見されたツボの数は1000以上にもおよぶと言われています。

薄毛に効果があるとされるツボにもいくつかの種類がありますが、その多くは頭に存在します。

ここでは特に代表的なものを7つ紹介しています。どれも簡単に、今すぐにでも行うことができるので、気になったものから取り入れてみるのも良いでしょう。

風池(ふうち)

後ろ髪の生え際、首筋中央のくぼみから両側に人差し指1本分入ったところにあるくぼみです。手のひらで頭を支えるようにして、親指で押しましょう。

頭へと向かう血流を整える効果があり、抜け毛や円形脱毛症などに効果があると言われています。

風池という名は、風邪または中風を意味する風と、くぼみなどを意味する池から名づけられています。

薄毛の予防以外にも、肩こりや目の疲れ、難聴や耳鳴りなどの耳の病気、鼻水、鼻づまり、花粉症など鼻の不具合や、脳充血、脳卒中の後遺症にも風池によるツボ療法が行われています。

百会(ぎゃくえ)

百会は頭頂部にあるツボで、多様という意味の百、交わるという意味の会という字を組み合わせて名付けられています。

両耳を頭頂部を通るように結んだ線と、鼻筋から頭頂部に向かう線が交わる場所が百会です。両手の人差し指や中指の腹でゆっくりと力を入れて押しましょう。

血流の改善による薄毛予防や、薄毛の原因になるストレスの緩和にも効果があるとされます。

百会は全身の様々な気血の経路が集中するため効能の多いツボです。薄毛対策の他にも、便秘や二日酔い、頭痛、鼻づまり、めまい、不眠などにも効果があります。

完骨(かんこつ)

完骨は耳の下側にある出っ張った骨(乳様突起)から親指の幅1本分後ろにあるくぼみです。

親指で3~5回、ゆっくりと押しましょう。

薄毛対策の他にも頭痛、首のこり、不眠症、顔のむくみ、めまいなどに効果があるとされます。

上星(じょうせい)

上星は髪の生え際中央から、親指1本分くらいの幅(2cm)ほど上の方に登ったところにあるツボです。夜空を仰ぎ見るときに一番高い位置にあることから上星と名付けられています。

1回につき5秒間程度の時間をかけ、人差しや指中指でゆっくりと力を入れて押し込みます。繰り返し10回程押しましょう。

上星は薄毛対策以外にも効能が多く、特に蓄膿症や花粉症対策のツボとして有名です。いびきや頭痛の改善にも用いられています。

指で押して刺激するだけでなく、温めることでも高い効能が期待できるので、鍼灸院ではお灸をすえることが多いツボです。

角孫(かくそん)

角孫は左右の耳を前に折り曲げたとき、耳に上部があたるところにあるツボです。

両耳の上の髪の生え際のあたりを指で抑えると、口を開いたときにくぼみができますが、口を閉じたときにくぼみがなくなる場所が角孫です。

頭皮の血の流れを改善するツボであることから、毛根への酸素や栄養の供給を増やし、薄毛対策のツボとしても特に有名です。

息を吐きながら、指で秒ほど押し、5回ほど繰り返しましょう。朝、昼、晩に行うとより効果的です。血行の改善による薄毛対策以外にも、目や耳、歯の疾患にも効果があるとされ、特にメガネやコンタクトレンズによる目の疲れの改善にもよく用いられています。

その外にも、角孫にはフェイスランをすっきりと引き締める効果があるとされています。

頭以外にも薄毛改善のツボはある!

薄毛に効果があると言われるツボの多くは、首から上、つまり頭部に多く集中しています。

しかし、東洋医学では体の気や血の流れは全身をくまなく巡ってバランスをとっていると考えられています。そのため頭部以外にも薄毛に効果があるとされるツボが存在します

ここではそれらを紹介しています。

脚の親指の裏

東洋医学の思想では、両足の親指の腹は、脳や頭に繋がっています。

そのため、両足の裏側を刺激することで、薄毛対策だけでなく頭痛やストレスによる疲労の回復にも効果があるとされています。

親指と人差し指で足の親指をつまみ、グルグルと回してからちからを入れて押しこみ、さらに、揉みます。

三陰交(さんいんこう)

三陰交は脛骨(けいこつ)と呼ばれる足のすねの内側にあるツボです。くるぶしの内側の頂点から、指の幅4本分上がったあたりの骨と筋肉の境目が三陰交です。

「脾経」 「腎経」 「肝経」という脚の内側を通る3つの経絡が交わったところにあるツボであることから「三陰交」と名づけられました。

薄毛対策の他にも、特に婦人病や胃腸系の不調の症状改善に効果があるツボとしてよく知られています。特に「婦人の三里」とも言われるほど女性にとっては重要なツボの1つです。

冷え性や生理痛、生理不順、更年期障害、むくみ、食欲不振、不眠などの改善に用いられています。

三陰交は、他の多くのツボにあるような押したときの気持ち良さはなく、ただ痛いだけの珍しいツボです。息を吐きながらゆっくりと静かに押し、息を吸いながら離しましょう。押す力は控えめに、一度に続けて3回程度押すと良いでしょう。

足湯や湯船につかりながら刺激すると血行促進の効果がさらに高まります。

腎穴(じんけつ)

腎穴は手のひらの小指、第一関節の中央にあるツボです。

血流を改善することで抜け毛や白髪などのトラブルを防ぎ、また髪のダメージを回復して美しい髪を育てるツボとしてよく知られています。

また、ホルモンバランスを整えることで、抜け毛の原因となるストレスの緩和にも効果があります。ホルモンバランスを整えることで、髪のトラブルの他にも、むくみや不妊、無気力の改善などに効果があるとされています。

親指でクルクルと円を描くように、3セットほど押しましょう。

古代中国で生まれた思想である五行説では、自然界の万物は火・水・木・金・土の5種類の元素が互い調整しあってバランスをとっていると考えられています。

それが人間にも当てはめられ治療が行われますが、火・水・木・金・土は五臓に置き換えると心臓・腎臓・肝臓・大腸・脾臓となります。髪の毛は水に属する腎臓との関係が深いと考えられているのです。

湧泉(ゆうせん)

湧泉は、土踏まずの前部中央にあるツボで、足の裏を三等分しておよそ3分の1、足の指を曲げたときに最もへこむところです。

「泉」は地底より湧き出す水を表し、「湧」は水が下から噴き出すことを表しています。人間が生きるために必要なエネルギーが泉のように湧き出るツボであることから湧泉という名前が付けられました。

湧泉は、薄毛対策としてはもちろん、全身の血行を高めてくれるので多くの効能がある万能のツボとして知られています。

特に疲労回復のツボとしても有名ですが、高血圧や冷え性、のぼせ、むくみ、不眠、生理痛、腎臓疾患などにも効果があるとされています。さらに、リラクゼーション効果もあると言われています。

両手の親指の先で強く押しこんだ後緩めます。それを3秒間隔で交互に繰り返しましょう。親指で押すのが難しいときは、ゴルフボールなどを使うのもおすすめです。

どれくらい効果的なの?

ツボを押すことによる薄毛への効果ですが、結論から言えば確実な効果があるとは言い切れません。

前述したいくつかのツボの効果とその作用からもわかると思いますが、ほとんどのツボに共通しているのは体の血行を改善するという作用です。

血行を改善することにより体の様々な不調を改善するのがツボ療法ですが、残念ながら薄毛の原因は血流の悪化だけではありません。

特に男性ホルモンの影響によって起こる薄毛であるAGAは血行の促進だけで改善できるものではありません。

また、見た目から明らかに脱毛が進行してしまっているような場合でもツボ療法による改善は難しいでしょう。

以上のことからも、ツボ療法による薄毛対策は、男性ホルモンの影響による薄毛でなく、それほど脱毛が進行していない薄毛に対する予防効果程度あると考えて下さい。

より効果的にするには?

ツボ押しには頭皮の血流の改善などを含め、体の様々な不調の改善が期待できます。そんなツボ押しの効果を高めるためにはいくつか覚えておいたほうが良いことがあるので、ここではそれらを説明しています。

  • ツボを押す指は親指かツボ押しアイテム
  • なるべく垂直に立てて押す
  • 深呼吸しながら押す
  • 入浴時にツボを押す

まず、ツボ押すのに最も適しているのは親指と言われています。その次に使うのならば中指が良く、力の入りにくい人差し指はあまり推奨されていません。

とは言っても、自分が一番押しやすく、適度な力を入れやすい指で行うのが一番ではあります。ツボ押し用のマッサージアイテムを使うのも良いでしょう。

ツボを押す指はツボに対してなるべく垂直に立てて押し、ツボによっても異なってきますが、1つのツボを押す回数は5回程度、多くても10回も行えば十分です。

気持ちが良いからといって何度も強く押しすぎると、揉み返しによる痛みが発生してしまいます。

ツボを押すときは、深呼吸をして息を吐きだすときに押します。リラックスした状態でツボを押すことが大切です。

入浴時に行うのはツボ押しの効果的なタイミングの1つです。血行がより巡り、体もリラックスした状態なのでよりスッキリしやすく効果が期待できます。

確実に薄毛予防・改善するには?

確実に薄毛を予防、改善したいのであれば、まずは自分の頭皮や毛髪の状態から薄毛の原因を知ることが大切です。

それにはAGAクリニックが行っている無料のカウンセリングが役に立ちます。

クリニックが行う無料カウンセリングでは、専門のカウンセラーや医師が、専用のスコープなどで頭皮や髪の状態を調べてくれ、患者もそれを知ることができます。

また、行うべき対策や治療法についても料金などを含め詳しく説明してくれます。

もちろん、無理に治療を勧められるようなことはありません。一度結果を持ち帰ってじっくりと検討したり、複数のクリニックでの無料カウンセリングを受けて比べてみるのも良いでしょう。

薄毛の改善において、医学的な根拠が認められ、積極的な発毛を望むことができるのは医薬品であるフィナステリドやミノキシジルだけです。

それらの医薬品は市販されておらず、クリニックなどの医療機関から処方してもらう以外にはありません。

都内で男女ともに人気のクリニックは「東京スカルプクリニック」です。

プライバシーも守られており、カウンセリングはもちろん初診料や血液検査料も無料なので、金銭面を気にする方でも気軽に相談しに行くことができます。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

薄毛改善のツボについてまとめ

薄毛に効果のあるツボについて説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

ツボには様々な体の不調を改善する効果がありますが、薄毛の改善に関して言えば、確実な効果があるとは言い切れません。

手軽に行うことができ、薄毛の対策以外にも体にとっての良い効果を多く得られるために普段から取り入れるのは良いでしょう。

ただし、薄毛の対策としては、やらないよりはやったほうがいい程度の認識に留め、過剰な期待は禁物です。

薄毛に確実な効果があるのは、医療機関から処方されるフィナステリドやミノキシジルなどの医薬品です。

この記事を書いた人 しゅんすけ

まだ20代だけどおでこの方がかなりきている若ハゲ。無料カウンセリングを色々受けてどこで治療しようか悩んでいる最中。父親は40代でツルツル。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる