プロペシアでED(勃起不全)になるって本当?真実を調査!

プロペシア

日本では2005年にAGA(男性型脱毛症の)治療薬として承認されているプロペシアは、現在ではAGA治療薬の定番とも言える存在です。

プロペシアは、有効成分フィナステリドが5αリダクターゼという還元酵素の働きを阻害することで、脱毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を抑えます。

この作用により、男性特有の薄毛であるAGAに対する高い改善効果を持った医薬品として、クリニックなどの医療機関でも多くのプロペシアや、そのジェネリック薬が処方されています。

しかし、プロペシアは高い効果を持つ医薬品であるために副作用が存在し、有名なものとして男性機能の低下があります。

このようなことから、プロペシアを飲むとED(勃起不全)になるのでは?という疑問や不安を持っている方も多くいらっしゃいます。

ですが、プロペシアの服用における実際の男性機能の低下は、用法用量を守っていれば決して深刻なものではありません。

ここでは、プロペシアとEDの関係などについて説明しています。

プロペシアにはどんな効果がある?

プロペシアとEDの関係を説明する前に、薄毛治療薬の定番であるプロペシアとはどのような薬であるかを簡単におさらいしておきましょう。

プロペシアは、もともとはプロスカーという名前で、前立腺肥大症の治療薬としてアメリカの製薬メーカーであるメルク社が開発した医薬品です。

男性ホルモンの働きを抑えることで、前立腺肥大の改善に効果があることはわかっていました。

ところが、プロスカーの臨床試験を行なった被験者からは「抜け毛が減った」「髪の毛が増えた」などの症状が多数報告されたのです。

このことから薄毛治療薬としての研究が行われ、プロペシアが誕生しました。

プロペシアの効果を説明するために、まずは男性特有の薄毛であるAGAが起こるメカニズムについて説明します。

DHTになる工程

男性の体内にあるテストステロンという男性ホルモンは、5αリダクターゼという還元酵素により、悪玉男性ホルモンとも呼ばれるDHTに変換されます。

それが毛乳頭のホルモン受容体に結びつくことで、毛根を萎縮させ、髪の成長を止めやがて脱毛させてしまうのです。

プロペシアは、還元酵素である5αリダクターゼの働きを阻害することで、テストステロンのDHT化を防ぎ、薄毛の改善、予防を行なう医薬品です。

実に98%もの方が、プロペシアの服用でAGAの症状が改善、あるいは進行が止まったと実感しているという調査結果が発表されています。

プロペシアの副作用でED(勃起不全)になる?

薄毛改善に対しての高い効果を持つプロペシアですが、医薬品である以上副作用が存在します。これはプロペシアだけに限らず、医薬品にはリスク(効き目)とベネフィット(副作用)が存在します。

プロペシアの副作用としては、以下のようなものが挙げられているので確認してみましょう。

重大な副作用 肝機能障害
過敏症 そう痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫(口唇、舌、咽喉及び顔面腫脹を含む)
生殖器 リビドー減退注1)、勃起機能不全注1)、射精障害注1)、精液量減少、睾丸痛、血精液症、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等)注2)
肝臓 AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇
その他 乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい

注1:フィナステリド製剤の市販後において、投与中止後も持続したとの報告がある。注2:フィナステリド製剤の投与中止後に、精液の質が正常化又は改善されたとの報告がある。

参考サイト医療用医薬品 : フィナステリド

男性機能の低下が起こるというイメージを持たれがちなプロペシアですが、最も重篤な副作用は肝機能障害であり、性欲の減退や勃起機能不全が起こる割合は低いことがわかるかと思います。

メーカーの発表している海外の臨床試験からも、最終的な性機能に関する副作用の発症は全体の0.3%であるという結果が明らかになっています。

同じくメーカーの説明によると、プロペシアの副作用の副作用の発現率は服用継続機期間と比例増加するということもないようです。

このように、プロペシアの服用でEDを含む男性機能の低下を実感するのはごくわずかであり、プロペシアの服用からEDになってしまうのは極めてまれであると言えます。

プロペシアは薄毛の原因となるDHTの発生を抑える効果がありますが、このDHTには脱毛を促進させる以外に男性機能を活発にする働きもあるため、プロペシアの服用で男性機能の低下がごくわずかに起こる場合があると考えられています。

ED(勃起不全)の改善方法は?

前述したように、プロペシアの服用によってEDなどの男性機能の低下が起こることは非常にまれです。

しかし、万が一そのような副作用が発症してしまった場合は、プロペシア服用を中断すれば、フィナステリドの血中濃度の低下に伴い副作用は徐々に収まります。

ただし、血液中のフィナステリドがなくなれば、プロペシアによって得られていたAGA改善の効果もなくなってしまうので注意が必要です。

このため、プロペシアによる薄毛治療中に副作用が現れても服用を中止してしまうのは現実的ではありません。

万が一プロペシアによる副作用でEDが発症してしまうような場合は、クリニックによってはバイアグラやシアリス、レビトラなどのED治療薬の処方を行なってくれます。

ED治療薬を服用することによってごくまれに起きるプロペシアによるEDの副作用は改善することができますので、クリニックに相談してみるのが良いでしょう。

また、喫煙の習慣がある場合は禁煙を行なうなど、生活習慣の改善も大切です。EDは禁煙や睡眠不足、偏った食生活などの生活習慣が原因である場合も多いのです。

副作用がないAGA治療は?

プロペシアの副作用により、EDを含む男性機能低下の副作用が起こるのはごくわずかな確率ですが、どうしても副作用が気になってしまい、プロペシアの服用に踏み切れない方もいらっしゃるかと思います。

そのような方にもおすすめできるAGA治療として、医薬品以外による治療方法があります。

育毛効果を謳ったサプリメントや育毛剤、育毛シャンプーなどがあり、多くは店頭やネットで市販されています。しかし、これらは薄毛を根本的に改善できるかというとそうではなく、特に男性ホルモンの影響を受けているAGAの改善は容易ではありません。

あくまでも、薄毛予防のためのサポート的な位置づけとして考えるようにしましょう。確実にAGAを改善したいのであれば、医薬品の使用はマストです。

AGAになったらプロペシアを使うべき?

「薄毛にはプロペシアの服用を行うべきか」という問いに対しては、結論から言えば、男性ホルモンの影響によるAGAの場合はプロペシアを服用するべきでしょう。

プロペシアの服用によるメリットとデメリットを比較しますので、それを踏まえて判断してみてください。

●メリット

  • 98%の確率でAGAに対する効果が認められている
  • AGAの予防、改善どちらの対しても効果を発揮する
  • 1日1錠の服用で、手間がかからない
  • 脱毛の進行を抑えるだけでなく、発毛効果も期待できる
  • 副作用が起きる可能性はきわめてまれである

●デメリット

  • 肝機能、男性機能への障害が起きる可能性がゼロでなはい
  • 女性は服用できない
  • 献血ができない

プロペシアの副作用の1つとして男性機能の低下がありますが、これはきわめてまれなことであり、メリットを上回るほどのデメリットではないと多くの方は感じるのではないでしょうか。

特に、AGAの治療に置いては男性ホルモン影響を抑えることが最も重要であり、このことに関してはプロペシア以上に適している医薬品はありません。

プロペシアとEDについてまとめ

プロペシアによってEDになるのかを説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

プロペシアは日本で承認されてからまだ日が浅く、比較的新しい薬であると言えますが、AGA治療薬として浸透するにつれ、EDの副作用があるイメージが定着してしまったふしがあります。

確かにプロペシアによって男性機能の低下は起こり得る副作用ですが、非常に稀なケースです。

プロペシアによるメリットとデメリットを比較しても、AGAの改善においてはプロペシアを避ける理由はほとんどありません。

もしも自分の薄毛がAGAであることがわかったら、プロペシアの服用は視野に入れておいたほうが良いでしょう。

自分の薄毛が男性ホルモンの影響によるAGAであるのか、またプロペシアによる治療が適しているかどうかなどを知るのには、AGAクリニックが行なっている無料のカウンセリングが役に立ちます。

無料カウンセリングでは、専門のカウンセラーや医師が、専用のスコープなどで頭皮や毛髪の状態を調べ、その結果は患者さんも知ることができます。

自身の薄毛がAGAであるのか、プロペシアによる治療を行うべきかなどもこのときに聞くことができます。現在では多くのAGAクリニックが無料のカウンセリングを行なっています。

中でも都内で人気なのは「東京スカルプクリニック」です。

東京スカルプクリニックでは無料カウンセリングで強引な勧誘が行われるようなことはないので、安心してプライバシーを守られつつ相談をすることが可能です。

また、初診料や血液検査料も無料なのでお財布にも安心なのが人気の理由です。

副作用などもっと詳しく聞きたい場合は、このような無料カウンセリングを活用してみてください。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

この記事を書いた人 佐藤昭仁

クリカクの管理人。30代になってから薄毛が気になりいろんなAGAクリニックを実際に体験した。メソセラピーは針が怖いからノーニードル派!今は生えそろってきたので薬のみの治療をしてる。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる