ストレスで抜け毛が増える!改善方法を徹底解説!

ストレスイメージ

抜け毛には様々な原因があり、それらが合わさることで実際の抜け毛は起こっています。その中でも、抜け毛の原因として大きなものにストレスがあります。

現代はストレス社会とも言われるように、社会で働く日本人のおよそ70%以上がストレスを感じているという調査結果も発表されています。

ここでは切っても切れないストレスと薄毛の関係について、また、その対処方法などについて詳しく説明しています。

なぜストレスで抜け毛が増える?

人間の体はストレスを感じると様々な不調が現れます。ストレスによる影響は、肌荒れであったり、消化器系の不調であったりと体の様々な部分に現れますが、髪への影響も見過ごすことができません。

ストレスによって抜け毛が増えるというのは聞いたことがあるかと思います。ここではなぜストレスによって抜け毛が増えてしまうのか、そのメカニズムを説明しています。

なお、ストレスによる体の不調は、特に女性に多く見られる傾向があります。

自律神経の乱れ

人間の体は強いストレスを感じると自律神経を乱してしまい、自律神経の乱れは体の各部分に影響を及ぼします

自律神経は、活動時に活発になる交感神経と安眠時などに活発になる副交感神経の2つの神経からなり、普段はこの2つの神経の働きのバランスが保たれています。

しかし、強いストレスや不安などの外的要因によって自律神経が乱れた状態では、交感神経の働きが優位になっています。

交感神経には、体の中の血管を硬く細く縮小させる働きがあるため、交感神経が優位な状態が続けば体内の血流は滞り、頭皮の血行も悪化してしまいます。

このようにして頭皮の血行が悪化すれば、血液は毛根への酸素や栄養素の十分な供給ができなくなり、髪は細くやせ細りやがて脱毛してしまいます。

また、自律神経の乱れによる血行の悪化は、脱毛の原因である頭皮環境の悪化にも繋がってしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

ストレスによって抜け毛が起こることには、ホルモンバランスの乱れも大きく関わっています。特にこのホルモンバランスの乱れによる抜け毛は、女性に多く見られます。

女性の体内に多く存在する女性ホルモンは、体を妊娠しやすい状態にするためのプロゲステロンと、女性らしい体を作る働きなどを持つエストロゲンの2種類の影響を大きく受けています。

特に、エストロゲンには健康な髪を豊かに保つ働きもあるため、女性の髪にとっては重要なホルモンです。

一方で、女性の体内にも少量ですが男性ホルモンが存在します。

強いストレスを受けると、女性の体内では男性ホルモンの分泌が活発になり、女性ホルモンとのバランスは乱れてしまいます。

特に男性ホルモンが優位になり、相対的にエストロゲンの量が不足してしまうと髪の成長は滞り、全体的なボリュームを失い、脱毛しやすくなります。

睡眠不足

人間がスムーズに入眠するには、交感神経よりも副交感神経の働きが優位である必要があります。

このためストレスにより自律神経が乱れ交感神経が活発になると、眠りにつきにくくなり、不眠の症状が現れることがあります。

髪の成長は睡眠時、特にゴールデンタイムと呼ばれる午後10時から午前2時の間により多く分泌される成長ホルモンによって行われますが、十分な睡眠がとれない状態では当然髪の毛の成長も滞ってしまいます。

睡眠不足は美容や健康の大敵などと言われていますが、健康な髪にとってもきわめて有害な習慣の1つと言えます。

栄養不足

過度のストレスは食欲を減退させてしまうことがあります。

これにはストレスによって血糖値が上がり、それにより脳が満腹状態であると錯覚してしまうことが原因としてあります。

このようにストレスによって食欲が減退すれば、それまでは足りていた髪にとって必要な栄養素が不足してしまうことも考えられます。

特に、髪の毛が健康に成長するためには、タンパク質、ビタミン類、ミネラルなどの栄養素は欠かすことができません。

髪の毛のおよそ80%を構成しているケラチンはタンパク質から作られています。このために、髪の毛はタンパク質からできているとも言うことができます。

ビタミン類、特にビタミン群は頭皮の環境を整える働きがあるために髪の健康とも密接な関りがあります。

ミネラルの中でも、亜鉛は髪にとって重要な栄養素です。亜鉛はタンパク質から髪の毛の素とも言えるケラチンを合成する働きがあります。

これらの栄養素が不足した状態では、髪の毛は十分な成長ができずにやせ細り、抜け落ちてしまいます。

ストレス性脱毛症の種類

ストレスによって起こる脱毛にはいくつかの種類があるので、それらについて説明しています。

まず、ストレスによって起こる抜け毛として最初に思い浮かぶものには「円形脱毛症」があるかと思います。

円形脱毛症は10円ハゲや台湾ハゲとも呼ばれている脱毛症で、頭部に10円玉ほどの大きさの脱毛部分が生じる脱毛症です。

円形脱毛症の原因については明らかになっていない部分もありますが、ストレスが関係していることは概ね明らかになっており、その他の原因としては、遺伝であったり、アレルギー反応などによる自己免疫などが考えられています。

円形脱毛症は、

  • 「単発性通常型」
    一般的な円形脱毛症
  • 「多発性通常型」
    複数の脱毛箇所が発症
  • 「蛇行型」
    額や耳の周りの生え際が帯状に脱毛
  • 「全頭型」
    頭髪のすべてが抜け落ちる
  • 「汎発型」
    全頭型に加え、体毛、眉毛、まつ毛など全身の毛が脱毛する

に分けられます。

円形脱毛症の他にも、特に女性の髪の分け目が目立ってきたり、髪の毛全体が薄くなり、ボリュームを失ってしまう「びまん性脱毛症」や、精神的なストレスによって自身の髪の毛を掻きむしったり引き抜いてしまう「抜毛症」などがストレスによって起こる脱毛としてあります。

ストレスで抜け毛が増えたときの改善方法は?

ストレスによって抜け毛が増えてしまった場合は、適切な対策を行うことで改善が期待できます。

ストレスにより抜け毛が増えてきたと感じるときは、まずは以下で紹介している方法を試してみましょう。 意識することですぐにでも始められるものばかりです。 できることから対策を行っていきましょう。

睡眠の質を上げる

ストレスによって抜け毛が増えてきたときにまず見直すべきは睡眠時間と睡眠の質です。

まず、心がけたいのは髪のゴールデンタイムとも言われる午後10時から午前2時の間にはきっちりと睡眠がとれているような生活習慣です。

前述しましたが、この時間帯の入眠は成長ホルモンの分泌を活発にし、丈夫な髪の毛を成長させることができます。

単純な睡眠時間も大切ですが、それ以上に重要と言えるのが睡眠の質です。

日々の睡眠の質を上げることでストレスはリセットされ、ストレスが体に与えていた抜け毛を始めとする様々な悪影響もなくなっていきます。

一般的に一日に必要な睡眠時間は6時間と言われています。

人によっては6時間の睡眠では少ないと感じるかもしれませんが、良質な睡眠であれば、6時間の睡眠でも体は休まり、ストレスを溜めることなく翌日もパフォーマンスを発揮することができます。

睡眠の質を高めるためには就寝の1時間前を目安に入浴を済ませるようにすると良いでしょう。できればシャワーだけでなく湯船に浸かっての入浴が理想的です。

入浴によって副交感神経が刺激され、体はいつでも入眠ができるようなスイッチが入った状態となります。

また、就寝前にスマートフォンやパソコンを触るのも控えましょう。これらの機器の画面から発せられるブルーライトは睡眠の質を著しく下げることがわかっています。

その他にも、過度の飲酒も睡眠の質を下げる原因となるので、注意しましょう。

栄養をしっかりとる

ストレスによる抜け毛の対策には、栄養の摂取を見直すことも重要です。特にストレスによって食欲不振になっている場合は、早急に食生活を改める必要があります。

タンパク質やビタミン類、必須ミネラルが不足している状態ではどんなに他の条件が良くても髪の毛は弱ってしまいます

なかなか食欲が湧いてこないかもしれませんが、髪の毛のためだと思ってバランスの良い食事を摂るようにしましょう。

どうしても食欲がないときは、おかゆやスープなどがおすすめです。

髪に必要なタンパク質やビタミンB群、亜鉛などを補給できるよう、具材には肉類や卵、ごま、わかめ、昆布、納豆などを入れると良いでしょう。

また、ストレス自体を軽減する食べ物や飲み物としてチョコレートやバナナ、ハーブティーなどがあります。

これらは間食としても食べやすいので、仕事や家事の合間など、ちょっと一息つきたいタイミングで食べたりしましょう。

ストレスを溜めないためには、普段の食事もよく噛んで食べることが大切です。十分に咀しゃくすることで、脳内ではストレスの解消効果があるセロトニンが分泌されます。

治療薬で改善する

ストレスによって抜け毛が進行してしまった場合は、薄毛治療薬を使用するのも有効な手段です。

男性の場合であれば医学的な効果が認められたフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルなどのAGA(男性型脱毛症)治療薬の服用を行えば効果を実感できるでしょう。

ストレスによる抜け毛を起こしやすい女性も場合でも、パントガールやルグゼバイブなどの女性用薄毛治療薬があるので心配は無用です。

パントガールやルグゼバイブは女性特有のびまん性脱毛症などに特化したカプセル型の薄毛治療薬として近年では人気を集めています。

フィナステリドやミノキシジルなどの医薬品成分とは異なりますが、丈夫で健康な髪を成長させるために必要なパントテン酸カルシウムやL-シスチン、ケラチンなどの栄養素を高濃度で配合したな内服薬であり、高い発毛実績があります。

これらの薄毛治療薬はAGAクリニックなどの医療機関で処方されるお薬です。

お金をかけてでもすぐに抜け毛を改善したいのであれば、まずはクリニックが行っている無料のカウンセリングなどを利用するのがベストです。

無料カウンセリングではネットだけではわからない治療のリアルな実績や、不安に思っていることを何でも相談することができます。

都内で人気のクリニックは「東京スカルプクリニック」です。

男女どちらからも人気な理由は、プライバシーもしっかり守られているうえに、男女どちらともに発毛実績があり、「無料カウンセリングで無理な勧誘はしない」と明言しているからです。

気軽に相談したいという方におすすめのクリニックです。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

ストレス改善

ストレスによって抜け毛が起こっているのであれば、その原因であるストレスを解消するのが一番の方法です。

ストレスの根源がわかっているのであれば、なるべくそのストレス源を回避する方法などを工夫しましょう。

そうは言っても、現代の生活はストレスとは切っても切り離せません。

ストレスの原因がわかってはいるものの、どうしてもそれを回避できない場合はストレスを上手に発散しましょう。

ストレスの発散方法は個人によって異なってもきますが、適度な運動や十分な睡眠、時間や経済的な余裕があるのであれば、休みを取って長期の旅行に行くのも有効なストレス解消手段です。

時間がない場合でも、ストレッチや好きなものを食べる、カラオケで大声を出すなどのストレス解消法があります。

自分に合ったストレスの解消法を見つけておきましょう。

ストレスと抜け毛についてまとめ

ストレスと抜け毛の関係について説明してきましたがいかがでしたでしょうか。現代ではストレスを受けずに生活をしていくのは難しいかもしれません。

だからこそ、ストレスによる抜け毛のリスクや、その改善方法を理解しておくことが重要です。

ストレスによる抜け毛を改善するには、睡眠や食事の見直しや、ストレス自体の軽減が大切です。

しかし、それでも抜け毛が改善しない場合は脱毛が進行する前にAGAクリニックなどの医療機関を受診すべきです。

多くのクリニックでは無料のカウンセリングを行っており、脱毛が深刻になる前に相談だけでもしてみる価値はあります。

また、近年では女性専用の薄毛治療クリニックも多くあります。

カウンセリングでは、自分の抜け毛の原因や行うべき治療法、その費用などを詳しく聞くことができます。

もちろん、高額な治療の契約を無理に勧められるようなことはないので、まずは自宅から通うことのできるクリニックをいくつか見つけておくと良いでしょう。

この記事を書いた人 みっちゃん

産後脱毛を経験してから薄毛に敏感になった一児のママ。若い頃よりもボリュームが減ってるため生活習慣から栄養までこだわるようになった。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる