M字ハゲを改善・対策する方法を徹底調査!

薄毛

ハゲ(薄毛)にも様々な種類タイプがあります。その中でも、特に男性に多いハゲ方として「M字ハゲ」と呼ばれるハゲがあります。

M字ハゲとは、前頭部生え際の両端が後退していく特徴的なハゲで、前から見たときにアルファベットのMの字のように見えることからM字ハゲと呼ばれています。

中高年の男性を中心によく目にすることがあるかもしれませんが、実はM字ハゲは若年層にも増えてきています。

現在では、日本人男性の5人に1人が薄毛を気にしていると言われていますが、男性の薄毛の中でも特に多いのがM字ハゲなのです。ここでは、やっかいなM字の原因や改善方法を詳しく説明しています。

M字ハゲの原因は?

M字ハゲの原因の大半には男性ホルモンが関係していると言われていますが、その他にも人によって様々な原因があるので、ここではそれらについて説明しています。

DHT(ジヒドロテストロテン)の増加

すでに述べたように、M字ハゲの原因の多くは男性ホルモンが影響していると考えられています。このためにM字ハゲは男性に特に多く見られるハゲかたなのです。

以下では男性ホルモンの影響によってなぜM字ハゲが起こってしまうかを説明していきます。

 DHTになる工程

男性の体内には、男性ホルモンである「テストステロン」が存在しています。

このテストステロンは男性らしい筋肉質な体を作る働きや、性機能の維持、やる気を高める働きなどがあり男性にとっては必要なホルモンです。

しかし、血液中にあるこのテストステロンは、「2αリダクターゼ」という還元酵素によって、悪玉男性ホルモンや脱毛ホルモンと呼ばれる「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変換されてしまいます。

このDHTが髪の根元の毛乳頭にあるホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)に結びつくことで髪の成長サイクルをストップさせ、細く弱くなった髪はやがて脱毛を起こしてしまいます。

これが男性ホルモンによって脱毛が起きるメカニズムですが、前頭部の生え際両端には、2αリダクターゼやホルモン受容体が多く存在するために、M字ハゲという特徴的な薄毛が起こってしまうのです。

血行不良

M字ハゲの原因は男性ホルモンだけによるものではなく、血行不良が原因となっている場合もあります。

血行不良は食生活やストレス、喫煙、睡眠不足、運動不足など様々な原因によって起こりますが、特に、頭皮の血流が悪化してしまうと、髪の成長に必要な、毛根への酸素や栄養素の供給が十分に行われなくなってしまいます。

このようにして毛根への酸素や栄養素が不足してしまうと、髪は細く弱くやせ細り、やがて抜け落ちてしまうのです。

心臓からの血を全身に運ぶ血管には、動脈や静脈などの太い血管の他に、毛細血管という細い血管があります。

動脈や静脈は内臓など、体内の重要な器官へ伸びていることが多くありますが、前頭部の生え際付近には毛細血管が多く、血行不良が起きやすい部分です。

そのために、前頭部の生え際部分は特に毛根への栄養不足が起きやすい箇所でもあります。

栄養不足

栄養不足によってもM字ハゲは起こってしまいます。髪の毛が健康かつ正常に成長するには、バランスのとれた十分な栄養素が不可欠です。

特に、髪にとって重要な栄養素には、髪の毛の原料となるタンパク質、血行促進や酸化防止によって髪の土壌とも言える頭皮環境を健康に保つビタミン類、髪の育成の促進をするミネラルの3種類が挙げられます。

これらの栄養素が不足してしまえば体は髪の毛を成長させることができなくなり、髪は細くやせ細り、やがて抜け落ちてしまいます。

ラーメンやファストフード、スナック菓子、インスタント食品、コンビニ弁当などを普段から多く食べている場合は、栄養不足になりやすい状態です。

また、ダイエットなどで食事制限をしている場合にも髪に必要な栄養素は不足しがちです。

特にカロリーだけを意識した食事制限や、「○○だけダイエット」などの極端な食事制限は栄養不足を招きやすいので注意しましょう。

原因を知る方法

M字ハゲの原因の多くは男性ホルモンが関係していることは説明しましたが、100%という訳ではありません。

両親や祖父母が薄毛である場合などは遺伝の可能性を疑ったり、普段の生活習慣から栄養不足などの心当たりもあるかもしれません。

しかし、医師や専門家でもない素人が、自分の薄毛の原因を性格に知ることは困難です。それでも自分のM字ハゲの原因が知りたいと思う方は多いのではないでしょうか。

そのようなときは、AGAクリニックが行なっている無料のカウンセリングが役に立ちます。

無料カウンセリングでは、医師や専門のカウンセラーがスコープなどの機器を使用し、頭皮や頭髪の状態を分析します。その結果から、薄毛の原因や適した治療方法などを知ることができます。

M字ハゲの原因がわかれば、対策も容易になります。

都内で人気のクリニックは「東京スカルプクリニック」です。

東京スカルプクリニックでは、無料のカンセリングを受けたからと言って強引に治療の契約を迫られるようなことはありません。無理な勧誘はしないと明言しているため、安心して相談する人が多いのです。

自分のM字ハゲの原因を知るためにも、無料のカウンセリングは非常におすすめの方法です。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

M字ハゲの改善・対策方法とは

M字ハゲの多くは男性ホルモンの影響を受けているため、進行性の薄毛であるという特徴があります。

男性ホルモンの影響による薄毛は、生活習慣などの改善ではすぐに効果を実感するのが難しく、確実に改善するのであれば医薬品による治療が推奨されます。

かと言って、生活習慣の改善がまったく意味がない訳ではありません。以下では薄M字ハゲを改善するための治療薬や、それ以外の方法について説明しています。

DHTを減らす

M字ハゲを改善する方法で最も効果的なのは、男性ホルモンの影響を抑えることですが、それはフィナステリドやデュタステリドなどの医薬品によって可能になります。

男性ホルモンによる影響を抑えると言っても、男性ホルモンそのものを阻害する訳ではありません。

男性ホルモンであるテストステロンは、5αリダクターゼという還元酵素によってM字ハゲの原因となるDHTに変換されます。

フィナステリドやデュタステリドは、この5αリダクターゼの働きを阻害することで、テストステロンがDHTに変換されるのを防ぎ、脱毛を抑制し、強い髪の毛が発毛できるようにします。

このような効果から、フィナステリドやデュタステリドは5α還元酵素(リダクターゼ)阻害薬と呼ばれています。

有効成分としてフィナステリドを含む医薬品には、先発薬のプロペシアや、そのジェネリック(後発医薬品)があります。

デュタステリドを含む医薬品にはザガーロやアボルブ、そのジェネリックがあります。

これらの医薬品は市販されておらず、クリニックや皮膚科などの医療機関で処方してもらうしかありません。

しかしその分、医学的にも認められた高い発毛効果を備えています。

血行を良くする

食生活やストレス、喫煙、睡眠不足、運動不足など様々な原因によって頭皮の血行が悪化している場合、それを改善することM字ハゲが回復する場合があります。

M字ハゲが起こる前頭部は毛細血管が多く、ちょっとした不摂生などでも血行不良が起きやすい箇所です。

普段から十分な睡眠をとったり、運動を行う、ストレスを溜めずに適度に発散する、などを心がけましょう。

これだけでも効果があることもありますが、多くの場合M字ハゲの改善は容易ではありません。そのような場合には、血管の拡張効果を持った医薬品であるミノキシジルの使用が有効です。

ミノキシジルには錠剤の内服薬とローションタイプの外用薬があり、どちらも効果は同様ですが、一般的には内服薬のほうが高い効果があります。

ミノキシジルは頭皮の血管を拡張することで血行を促進し、毛根への酸素や栄養素の供給量を強制的に増やしてくれます。

これにより医学的にも積極な発毛効果が認められ、現在では低濃度の市販薬をはじめ、様々な薄毛治療薬として販売されています。

また、ミノキシジルには血管の拡張作用以外にも、毛乳頭内にある毛母細胞を直接刺激することで、積極的に発毛を促す効果もあることが近年の研究からは明らかになっています。

髪に良い栄養素を摂取

初期のM字ハゲの場合などは特に、食生活を改善し、髪にとって必要な栄養素を十分に摂取することで改善が見られる場合もあります。

M字ハゲを改善するために、十分な量を摂取しておきたい重要な栄養素は以下の3種類です。

  • タンパク質
  • ビタミンB群
  • 亜鉛

髪の毛のおよそ80%はケラチンというタンパク質から作られています。このためタンパク質は髪の毛の素とも言えるべき重要な栄養素です。

タンパク質からケラチンを生成するのには、必須ミネラルである亜鉛の働きが必要になります。

また、髪の土壌とも言える頭皮の環境に保つには、新陳代謝の促進などの効果を持つビタミンB群が欠かすことができません。

もちろんこの他の栄養素もバランス良く摂取することが大切ですが、少なくとも上記に挙げた3つの栄養素は不足することのないように食生活には注意しましょう。

外食の機会や加工食品を食べることが普段から多い場合は特に注意が必要です。

栄養素ごとのサプリメントなども販売されているので、普段の食事では栄養が不足してしまう場合は、利用してみるのも良いでしょう。

タバコやアルコールを控える

タバコやアルコールもM字ハゲの原因の1つとして考えられるので、できれば控えたほうが良い習慣です。

タバコを吸うと、ニコチンの働きによって全身の血管が収縮します。これにより頭皮の血行も悪化し、髪に必要な酸素や栄養素も不足してしまいます。

また、タバコの煙に含まれる一酸化炭素は、血液中で酸素を運ぶ働きを持つヘモグロビンに結びつき、血液を慢性的な酸欠状態にしてしまいます。

このことによっても、髪への必要な酸素は不足してしまうのです。

さらに、およそ300種類もの有害物質を含むタバコを吸えば当然血液は汚れてしまいますが、汚れた血液が頭皮にまで循環していることを考えれば、髪にとっては良い訳がありません。

もう一方のアルコールは、適量であれば血行を促進したり、眠りにつきやすくする効果もありますが、お酒が好きと言う人の大半はアルコールの過剰摂取が常態化しています。

アルコールを体内で分解する際には、亜鉛やビタミン類など、髪にとって必要な栄養素を多く消費するので、アルコールの量が多ければ多いほど髪に必要な栄養素は不足してしまいます。

タバコやアルコールは習慣化してしまうので、すぐにやめることは容易ではないかも知れません。

しかしM字ハゲの悩みはそれ以上に深刻なはずです。自分のためだと思って、少しずつでも習慣を改めて行くのが良いででしょう。

シャンプーを見直す

自分に合ったシャンプーを使うことで、M字ハゲの改善が見られることもあります。

多いのは洗浄力の強すぎるシャンプーを使用していることで、頭皮にダメージを与えてしまっているケースです。

特に男性向けのシャンプーには洗浄力の高いものが多くあります。

洗浄力の高いシャンプーは、よほど頭皮の皮脂が多い場合などを除いて、頭皮の保護に必要な皮脂までも落としてしまうことがほとんどです。

肌や頭皮に優しい、マイルドな洗浄力のアミノ酸系シャンプーなども現在では多く販売されているので、自分の髪や頭皮に適したシャンプーを使うようにしましょう。

M字ハゲの改善・対策についてまとめ

M字ハゲの原因や改善方法について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

M字ハゲには様々な原因がありますが、男性ホルモンの影響を受けている場合が多く、改善は容易ではありません。

そのような場合は、クリニックなどで処方されるフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルなどの医薬品による治療が推奨されています。

これらの治療薬は医薬品であるため、AGAクリニックなどで医師から処方されなければ手に入れることはできません。しかし、その分の高い効果があり、多くの発毛事例が発表されています。

M字ハゲは進行性の脱毛症であるため、悠長に悩んでいる暇はありません。

現在のM字ハゲが少しでも気になるのであれば、まずはクリニックが行う無料のカウンセリングだけでも受けてみることをおすすめします。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

この記事を書いた人 しゅんすけ

まだ20代だけどおでこの方がかなりきている若ハゲ。無料カウンセリングを色々受けてどこで治療しようか悩んでいる最中。父親は40代でツルツル。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる