コーヒーが原因で薄毛に!?真実を徹底調査!

コーヒー

コーヒーを毎日飲んでいるとハゲやすくなるという話を聞いたことがあるかと思います。それは本当のことなのでしょうか。また、どのような根拠があるのでしょうか。

そんな一方で、コーヒーには髪に対するメリットも存在することはあまり知られていません。

現在、日本人は一週間あたりおよそ10杯以上ものコーヒーを飲んでいるという調査結果が出ています。

ここではコーヒーで薄毛になってしまうと考えられる原因や、コーヒーの髪に対するメリット、コーヒーを飲んでも薄毛にならないようにする方法などを詳しく説明しています。

コーヒーで薄毛になることは「あり得る」

結論から言えば、毎日のようにコーヒーを飲んでいたとしても確実にハゲてしまうということはありません。しかし、コーヒーの影響によって薄毛になってしまう可能性がまったくない訳でもありません。

以下では、コーヒーで薄毛になってしまうと考えられるわずかな原因について説明しています。

カフェインで眠れなくなる

コーヒーには「カフェイン」という成分が豊富に含まれていることはよく知られています。カフェインには覚醒作用や興奮作用、利尿作用などがあり、特にこのうちの覚醒作用や興奮作用によって、コーヒーは眠気を覚ましたい場面、集中力を高めたい場面などで重宝されています。

しかし、眠気が覚めるということは眠れなくなるということでもあります。

コーヒーを習慣的に飲んでいれば、本来であれば就寝するべきはずの夜間に眠れなくなってしまうことも多々あるでしょう。

髪の毛を強く成長させるホルモンは、睡眠中に最も多く分泌されています。

十分な睡眠時間が確保できなければ、髪の成長は正常に行われず、脱毛しやすい細く弱い髪になってしまうことは十分に考えられます。

亜鉛が吸収されづらくなる

コーヒーに多く含まれているカフェインには、亜鉛の吸収をおよそ50%低下させる働きがあることが明らかになっています。

体内に亜鉛とカフェインが摂取されると、亜鉛はカフェインに結びつき、尿などとして体外へ排出されてしまうのです。

必須ミネラルの1つである亜鉛は、体内で生成することのできない貴重な栄養素です。亜鉛には髪の毛を構成する主な成分であるケラチンというタンパク質を合成する働きがあります。

このため、亜鉛の不足は髪の成長を大きく阻害することに繋がり、成長を阻害された髪はやせ細り抜け落ち、薄毛に繋がってしまいます。

このようなことからも、コーヒーが薄毛の原因になっていると考えられているのです。

重要な成分を阻害する

コーヒーに含まれるカフェインには、「アデノシン」の働きを阻害する効果があります。

アデノシンというのはあまり聞き慣れない成分名かも知れませんが、もともと体内に存在している成分で、眠気に深く関わっています。

アデノシンは、日中の脳が活発に働いている間に分泌されます。そしてアデノシンは一定数の量に達すると、脳内の受容体に結びつくことで眠気を誘発するのです。

このように眠気に深く関わっているアデノシンですが、近年の研究からは、血行促進作用や、髪の成長を促進する因子を生産する効果があることが明らかにされました。

このようなことから、アデノシンは一部で育毛に対する有用性が認められ、育毛剤などの医薬部外にも配合されるようになっています。

カフェインは、アデノシンに近い構造持っているためにアデノシンの代わりに脳内の受容体に結合し、アデノシンの働きを阻害してしまうのです。

これはカフェインが眠気を覚ますメカニズムでもあるのですが、現在ではアデノシンの阻害が、薄毛の原因としても考えられるようになっています。

コーヒーのメリット

コーヒーを飲むとハゲると噂されることはあっても、コーヒーが髪のために良いという話はなかなか聞くことがありません。

しかし、コーヒーにはあまり知られてない髪へのメリットもいくつかあるので、それらについて説明します。

体温を向上させる

コーヒーはホットでもアイスでもどちらでも飲める飲み物ですが、ホットのコーヒーを飲んだ場合は体温が上昇し、血管が拡張することで一時的に全身の血行が促進されます。

このとき頭皮の血行も促進されるため、毛根への酸素や栄養素の供給量が増加し、育毛に適した条件となります。

このために、日常的にホットコーヒーを飲む習慣がある場合は血行の良い状態が続き、抜けにくい丈夫な髪を作るのに有利になると考えられます。

ただし、コーヒーに含まれるカフェインには本来血管を収縮させる働きがあり、アイスでコーヒーを飲んだ場合は全身の血液の流れは滞ってしまう可能性もあるので注意しましょう。

基礎代謝を向上させる

近年の研究からは、コーヒーに含まれるカフェインとポリフェノールが体の基礎代謝を向上させるということがわかっています。

コーヒーを飲む量にもよりますが、4、5杯のコーヒーを飲むと10~15%ほど基礎代謝が上がります。カフェインとポリフェノールは、体の熱産を活発にすること体温を上げ、代謝を向上させるのです。

基礎代謝が向上するということは、脂肪燃焼効率や運動能力を高めたりする効果がありますが細胞の生まれ変わりのサイクルが早まるということでもありこれは、髪の成長にもプラスに作用します。

特にカフェインの代謝向上効果は高く、現在では検査指定外薬物になっていますが、2004年まではカフェインはスポーツの公式試合などではドーピング対象であったほどです。

コーヒーと基礎代謝の関係はまだまだ明らかになっていない部分もありますが、今後の研究でさらに病気の予防などとの関係についても解明されていくことが期待されています。

コーヒーで薄毛にならないためには?

コーヒーは気分を落ち着かせたり、ストレスを緩和するなどのわかりやすい効果もあるため、日頃から愛飲している方も多いでしょう。また、コーヒーはカフェインによって依存性が形成されることが多い飲み物です。

しかしコーヒーに含まれるカフェインは摂りすぎてしまえば体に様々な不調をきたす原因にもなり、髪の毛に関しても例外ではありません。

コーヒーにはメリットもあるため、髪のために決して飲んではいけないというものではありませんが、薄毛にならないためのコーヒーの飲み方を以下で説明しています。

夜にコーヒーを飲まない

間接的な影響ではありますが、コーヒーが薄毛の原因になると考えられる大きな理由としてはカフェインの覚醒作用、つまり眠気を抑える効果が挙げられます。

睡眠時間が減ってしまえば、髪は睡眠時間に多く分泌される成長ホルモンの恩恵を受けることができずに成長が滞ってしまいます。

また、カフェインによる利尿作用は夜間のトイレを近くしてしまい睡眠の質の低下にも繋がってしまいます。

そのため、コーヒーを飲むのは日中だけに留め、23時に就寝する場合ではコーヒーを飲むのは遅くとも17時くらいまでにするのが良いでしょう。

カフェインが血中に留まって効果を発揮する時間は長く、摂取から平均して5時間ほどは体内で効果を発揮しています。

過剰摂取を控える

コーヒーは、適量を飲むのであればカフェインやポリフェノールの働きによって、髪や体にとっても有益な効果をもたらしてくれると考えられます。

しかし、適量を越してしまえばカフェインは体にとっても髪にとってもデメリットをもたらしてしまいます。

コーヒーによるメリットとデメリットを鑑みても、1日に1、2杯、多くとも3杯を飲む程度にしておけば、カフェインによる悪影響はないというのが最終的な結論です。

カフェインには依存性があるために適量を上手に飲むというのが難しい場合もあります。1日に何倍ものコーヒーを飲んでしまう人は、徐々に杯数を減らしていく努力をしてみましょう。

ノンカフェインのコーヒーも販売されているので、そのような商品を利用するのも良いでしょう。

治療薬で予防する

前述したように、コーヒーは髪にとってのメリットも考えられるために飲まないほうが良い、という訳ではありません。適量が守れているのであればさほど気にしたり心配する必要はないでしょう。

それよりも、男性ホルモンや生活習慣、ストレスなど、薄毛の原因は他にあることが多く特に男性ホルモンが原因の薄毛を改善するのは容易ではありません。

そのような場合ではフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルなどの医薬品による予防や治療が推奨されます。

これらの医薬品はコーヒーを飲みながらでも使用できるので、コーヒーで薄毛になってしまう可能性などを気にせずに済みます。

これらの医薬品は市販薬とは異なり、AGAクリニックなどの医療機関で処方されてもらうことになりますが、その分高い効果を持ちます。

医学的にも発毛の効果が認められたこれらの医薬品を使用することが、結局は遠回りにならずに薄毛の早期治療にも繋がるのです。

コーヒーと薄毛についてまとめ

コーヒーと薄毛の関係について説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

コーヒーは髪にとってのメリット、デメリットの双方が考えられるため、一概に良い、悪いという判断を行うのは難しいでしょう。

コーヒーに含まれるカフェインによって起こりうる、睡眠時間の低下や亜鉛の不足などを確実に回避するため、コーヒーを飲むのであれば1日に多くとも3杯を日中の間に飲むようにしましょうというのが結論です。

それよりも、薄毛の原因が男性ホルモンなど他にある場合が多いので、フィナステリドやミノキシジルなどの医薬品による治療も視野に入れておくべきです。

なにより、薄毛は進行してしまうのでできる限り早期の対策が肝心です。

この記事を書いた人 しゅんすけ

まだ20代だけどおでこの方がかなりきている若ハゲ。無料カウンセリングを色々受けてどこで治療しようか悩んでいる最中。父親は40代でツルツル。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる