髪の毛が細い人必見!髪を太くする方法とは?

髪の毛

髪の毛の質や、髪の健康状態の判断の基準の一つとして、髪の太さがあります。

髪の太さは生まれつきの体質によるものでもありますが、髪の栄養不足やホルモンの影響によって徐々に細く衰えていくこともあります。

髪の毛が細いことは、それだけで頭髪全体が薄く見えてしまう原因になるのでできれば改善したいと思う方が多い髪の悩みでしょう。

ここでは、髪の毛が細くなってしまう理由や、太くする方法、おすすめのヘアスタイルやヘアケア商品などを詳しく説明しています。

髪の毛が細い理由と太くする方法

日本人の髪の毛の太さは0.05mm~0.15mmの範囲であることが多く、0.08mmが平均的な髪の毛の太さであると言われています。

また、髪の太さがピークに達するのは男性で20歳前後、女性では30歳前後とされ、ピークを過ぎたあとは加齢とともに髪は細くなります。

参考までに、欧米では平均的な髪の太さは0.05mmと言われているので、欧米と比べれば日本人は髪の毛が太いと言うことができるでしょう。特に欧米人男性は薄毛の発症率が高いことも関係していると考えられます。

しかし、実際に髪の毛の太さを測る機会はあまりなく、このように髪の毛の太さを数字で表されてもわかりにくいかと思います。

髪の毛が太いか細いかというのは、実際の数字よりも、なんとなく気になるような場合がほとんどでしょう。

以下では髪が細くなる理由と、髪を太くする方法を説明しています。

栄養不足

人間の体は普段食べている食事から作られていると言われますが、髪もその例外ではありません。特に髪の成長のために重要な栄養素は、

  • タンパク質
  • ビタミンB群
  • 亜鉛

などです。

栄養不足によって髪の毛が細くなってしまったり、脱毛が起きている場合はこれらの栄養素が不足していることがほとんどです。

毛髪は、およそ80%がケラチンというタンパク質から構成されているため、その素となるタンパク質は髪の維持と成長には欠かすことができません。

ケラチンの生成には必須ミネラルの一種である亜鉛が関わっているため、亜鉛もタンパク質と同じく欠かさずに摂取する必要があります。

健康な髪が丈夫に育つにはその土壌とも言える頭皮の環境が重要ですが、ビタミンBは頭皮の血行の促進や代謝の活性化などの効果があるため、ビタミンBは頭皮の環境を整えるのには最適なビタミン類です。

栄養不足により細くなってしまった髪の毛は、これらの栄養素を効率的に摂取することで改善が期待できます。

タンパク質やビタミンBを豊富に含む肉類や豆類は、普段の食生活から意識してとりやすい食材ですが、亜鉛を豊富に含む食材である牡蠣、牛肉、レバー、うなぎ、海藻類などは比較的とりにくい食材かもしれません。

現在では亜鉛のサプリメントは多く販売されているので、食事からでは十分な栄養の補給が難しい場合は、サプリメントを使用して補うのも有効です。

血流が悪い

頭皮の血行が悪化している状態でも、髪の毛は細く弱ってしまいます。

頭皮の血行が悪いというとこは、血液によって運ばれる毛根への酸素や栄養素の供給が不足している状態でもあり、髪は正常な成長を行うことができずに細く弱り、やがては抜け落ちてしまいます。

頭皮に存在する血管のほとんどは毛細血管という非常に細い血管であるため、頭皮はもともと血行不良を起こしやすい箇所でもあります。

血行不良は特に女性のホルモンバランスにも悪影響を与え、このことも髪を細くしてしまう原因に繋がります。

頭皮の血流を改善することで、髪の毛は太さを取り戻す可能性がありますが、それには頭皮マッサージが効果的です。

頭皮マッサージは手軽に行える薄毛対策ではありますが、正しく行うことで頭皮の血行改善効果が期待できます。

シャンプーを行う際のついでに行う程度でも効果は期待できるので、習慣化してしまうことをおすすめしています。

頭皮マッサージを行う際は、爪を立てずに指の腹を使い、適度な力を入れて頭皮を揉み込んで動かくようなイメージでやってみましょう。

その他にも、頭皮の血行を改善するために行うべきこととしては、湯船に浸かっての入浴や適度な運動、十分な睡眠などが挙げられます。

これらは本格的に髪が細くなったり薄くなったりする前に行うことでより高い効果が期待できるものですが、始めるのに遅すぎるということもありません。髪の細さが気になってきたときが始めどきです。

シャンプーが合ってない

髪が細く弱ってしまう原因には、日頃使用しているシャンプーが関係している場合もあります。

洗浄力の強すぎるシャンプーは、頭皮にダメージを与えてしまい髪の成長にも悪影響を及ぼす可能性が高くなります。

特にラウリル硫酸ナトリウムやラウリル硫酸ナトリウムなどが含まれた高級アルコール系・石油系シャンプーは、強すぎる洗浄力によって頭皮を保護するために必要な皮脂までも落としてしまいます。

これにより頭皮は乾燥し、血行の悪化が生じたり、防御反応によって毛穴を詰まらせる原因になる皮脂の過剰部分泌などが起こってしまいます。

そのような場合はシャンプーを見直して自分の髪や頭皮に合ったものを選ぶことで髪の太さを取り戻せる可能性があります。特に肌がデリケートな場合などは、洗浄力の強すぎないシャンプーを選ぶことが大切です。

洗浄力が強すぎないシャンプーの選び方としては、アミノ酸系のシャンプーを選ぶようにするのが良いでしょう。

アミノ酸系シャンプーとは、シャンプーの洗浄成分である界面活性剤に、アミノ酸を反応させて作った成分を使用しているシャンプーです。

マイルドな洗浄力が特徴で、髪や頭皮への刺激が少ないシャンプーとして近年では知られています。

また、アミノ酸系シャンプーは、タンパク質の一種であるアミノ酸を含んでいるため、直接髪の毛を修復する効果も期待することができます。

このようなことからも、髪の悩みを持っていてシャンプー選びで迷った場合はアミノ酸系シャンプーがおすすめできます。髪や頭皮のためには、強い洗浄力は絶対に良くありません。

AGA・FAGA

生活習慣などに思い当たるふしがないのに、以前に比べて髪の毛が細くなってしまったと感じる場合は、ホルモンの影響を受けている可能性が高くなります。

ホルモンの影響により髪が細く弱ったり脱毛してしまう症状はAGA(男性型脱毛症)・FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれています。

AGAとは、男性ホルモンであるテストステロンが、5αリダクターゼという還元酵素の働きによりDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されることで起こる男性におおく発症する症状です。

ヘアサイクル

髪には成長期、退行期、休止期、というヘアサイクルや毛周期と呼ばれる生え変わりのサイクルがあります。

DHTの影響によって弱った髪は、成長期がストップしてしまい退行(萎縮)し、休止状態(脱毛)に陥ってしまうのです。

このように男性ホルモンの影響によって発症するAGAですが、男性だけの薄毛ではありません。

女性の体内にも少量ですが、男性ホルモンは存在し、同じように還元酵素の働きによりDHT化し、髪を弱らせてしまいます。

この症状がFAGAと呼ばれていますが、FAGの場合は髪全体のボリュームが失われる薄毛の進行の仕方が特徴で、男性のような前頭部の生え際の脱毛などはあまり見られません。

ホルモンの影響によって起こるAGA・FAGAを、生活習慣の改善だけでの回復させるのは容易ではありません。

そのためにAGAやFAGAの予防や治療には、フィナステリドやミノキシジルなどの治療薬が多く用いられています。

これらは市販されておらず、AGAクリニックなどで処方される医薬ですがその分医学的にも認められた高い発毛効果を期待できます。

髪の毛を太く丈夫にする効果もあるので、髪の毛が細くなってきたと感じたと際にはこれらの医薬品の使用も視野に入れておくのが良いでしょう。

髪の毛が細い人におすすめヘアスタイル

全体のボリュームが少なかったり、トップがぺたんとしてしまうのが、髪の毛が薄い人に共通する悩みなのではないでしょうか。
鏡の前で髪をセットしようと思っても、自分の思い通りにならずに落ち込んでしまうこともあるかと思います。しかし、髪の毛が薄い人にもおすすめできるヘアスタイルやヘアアレンジがあります。

そのひとつはパーマをかけることです。

パーマをかけることで髪の毛はボリューム感を増し、細い髪の悩みであったボリューム不足を解消することができます。

また髪のセットにかける時間を大きく短縮させることもできます。パーマをかけることは、男女共に細い髪でもスタイリングが決まりやすいためにおすすめです。

その他にも、男性の場合では髪の毛を短く刈り上げることで髪の細さを感じさせなくすることができます。

このときトップの部分の髪を長めに残し、動きをつけたスタイリングをすれば今風のおしゃれなヘアスタイルになります。

髪が細い女性におすすめの髪型には、切りっぱなしのショートボブがあります。

年齢や顔の形も選ばない人気の髪型ですが、髪をすかずに切りっぱなしにすることで髪の量を多く見せることができます。

整髪料の重さで髪が潰れてしまうことがあるので、スタイリングは男女ともに少量の整髪料で行うようにしましょう。

ヘアケア商品は効果ある?

髪を太くするために市販されている育毛剤や育毛トニックを使う人は多くいらっしゃいますが、市販されている医薬部外品には確実に効果があるとはいい切れません。

効果が現れる人もいる一方で、まったく効果が現れないという人も大勢いるので市販されている医薬部外品への過剰な期待は禁物です。

特に、髪の毛が細くなっている原因が男性ホルモンの影響であるAGAやFAGAの場合は、市販の育毛剤や育毛トニックでの改善は難しいでしょう。

AGAやFAGAの改善には、AGAクリニックなどでの医薬品を用いた治療が推奨されています。AGAやFAGAは進行性であるために、できるだけ早期での対策を行うことが大切です。

髪の毛を太くする方法についてまとめ

髪の毛が細い原因にも様々なものがあることや、髪を太くする方法などを説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

単純な栄養不足や血行の悪化、刺激の強いシャンプーを使用していることなどが原因で髪が細くなっている場合はそれらを改めれば髪を再び太くすることができるはずです。

しかし、男性ホルモンを原因とするAGAやFAGAで髪が細くなっている場合、生活習慣の改善や市販の育毛剤で髪の太さを取り戻すのは容易ではありません。

このような場合には、AGAクリニックで、フィナステリドやミノキシジルを用いた薄毛治療を行うのが確実です。

AGAクリニックでは無料のカウンセリングを行なっているところが多いので、髪が薄い原因を知るためだけでも無料カウンセリングを利用してみる価値があります。

中でも都内で人気なのは「東京スカルプクリニック」です。

東京スカルプクリニックでは、男女どちらとも無料カウンセリングを受けることができ、しっかりとプライバシーも守られています。もちろん無理に治療の勧誘をされることはありません。

薬の治療に加え施術治療の費用も比較的安価に提供しているため、通院や費用面で心配な方も多く相談されています。

まずとりあえず話だけでも…という方におすすめのクリニックです。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

この記事を書いた人 しゅんすけ

まだ20代だけどおでこの方がかなりきている若ハゲ。無料カウンセリングを色々受けてどこで治療しようか悩んでいる最中。父親は40代でツルツル。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる