パントテン酸カルシウムの効果とおすすめ育毛サプリ

サプリ

パントテン酸カルシウム(以下、本文中では「パントテン酸」)とは、ビタミンB群の1つとなる栄養素です。

ビタミンB群の中では5番目に発見されたことから、「ビタミンB5」とも呼ばれています。

またパントテン酸という名称には「至るところに存在する酸」という意味があり、文字通り様々な食品に含まれていることが特徴です。

パントテン酸は健康維持のために欠かせない栄養素ですが、近年ではパントテン酸に秘められた美容効果に注目が集まっています。

そして中でも特にパントテン酸による育毛効果も話題で、薄毛や抜け毛の治療としてパントテン酸を配合したサプリも使用されています。

パントテン酸について、気になる効果や注意点、また豊富に含まれる食材などについて解説していきます。

パントテン酸カルシウムの効果

パントテン酸は、主に脂質や糖質の代謝を助ける補酵素として働く栄養素です。主な効果として、以下の2つが挙げられます。

  • ストレスの緩和
  • 動脈硬化の予防

人はストレスを感じたとき、副腎から「副腎皮質ホルモン」を血液中に放出し、体内に行き渡らせます。

副腎皮質ホルモンは血糖値を上げることでストレスと戦うための状態を整える、いわばストレスから体を守るためのホルモンです。

パントテン酸は副腎の働きをサポートする効果があり、副腎皮質ホルモンの合成を促します。これにより活発に副腎皮質ホルモンが分泌されるようになるため、ストレスに対処しやすくなります。

またパントテン酸は、善玉コレステロール(HDL)の生成を促すことで動脈硬化の予防にも役立ちます。体に悪いというイメージが強いコレステロールですが、一般的に善玉・悪玉の2種類があります。

2種類のうち、悪玉コレステロールは肝臓で作られたコレステロールを全身に運び、一方の善玉コレステロールは余ったコレステロールを回収して肝臓に戻す役割があります。

どちらも体に不可欠なものの、悪玉コレステロールが多くなると全身の血管にコレステロールが蓄積することで血流が悪くなり、動脈硬化の原因となってしまうのです。

そこでパントテン酸の働きにより善玉コレステロールが増えることで、コレステロールが原因で起こる動脈硬化の予防につながります。

育毛効果

ここではパントテン酸の育毛効果について解説していきます。

パントテン酸には先に説明した効果の他に、ビタミンCの働きを助けることによって肌や髪の健康を維持する効果もあります。

まず肌や髪は、タンパク質が主成分となって作られています。この肌や髪を構成するタンパク質を作るときに必要なのが、ビタミンCです。

パントテン酸はビタミンCの働きを強化することでその作用を助け、タンパク質の生成を促すことで肌や髪の健康を保ってくれます。

そして実際に、近年では「パントガール」というパントテン酸を主成分とした抜け毛治療薬も登場しています。

パントガールはドイツで作られた女性用の育毛サプリとなり、パントテン酸やその他ビタミン・アミノ酸など女性の髪に必要な栄養素がバランスよく配合されています。

パントテン酸の育毛効果を裏付けるように、パントガールは服用した9割の女性において抜け毛の改善が見られている、非常に有効性が高い育毛サプリとなっています。

パントテン酸カルシウムの副作用

ビタミンは体の健康を維持するために不可欠な栄養素ですが、種類によっては摂りすぎると過剰症が起こり、逆に体調不良を引き起こすことがあります。

しかしビタミンには水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンの2種類があり、過剰症が起こりやすいのは後者の方です。

  • 水溶性ビタミン → 水に溶けやすい
  • 脂溶性ビタミン → 脂に溶けやすい

脂溶性ビタミンは体の外に排出されにくく、体内に蓄積しやすいため過剰症が起こることがあります。

ですがパントテン酸は、水に溶けやすい水溶性ビタミンです。多めに摂取しても尿から排出されるため、体内に蓄積することも少なく過剰症が起こる心配はありません。

ただし3ヶ月の間、パントテン酸を大量に投与した実験においては被験者の方に次のような症状が見られています。

  • 吐き気
  • 食欲不振
  • 腹痛

あくまでも実験の際において報告された症状であるため、通常の食事で多めに摂取する分には問題ありませんが、サプリなどでパントテン酸を大量に摂取した場合には注意が必要です。

パントテン酸のサプリを服用するときは正しい飲み方を守り、万が一体調不良を感じた場合は服用を中止し、最寄りの医療機関にご相談ください。

パントテン酸カルシウム入りおすすめ育毛サプリ

パントテン酸を配合したサプリは、たくさん存在します。その中でも今回はパントテン酸を配合した、おすすめの育毛サプリ「パントガール」をご紹介いたします。

先述したように、パントガールはドイツで開発された女性用の育毛サプリです。

「薄毛=男性の悩み」と考えられていたこともあり、かつては抜け毛や薄毛に悩む女性がいても、その治療の選択肢は少ないものでした。

しかしパントガールは世界で初めて女性の薄毛や抜け毛改善の効果が認められ、臨床試験では薄毛や抜け毛に悩む女性の約9割に改善が見られるなど、高い有効性があることがわかっています。

またパントガールに配合されているのはパントテン酸、その他のビタミンやアミノ酸などの女性に必要な栄養素です。

有効成分 1カプセル中
パントテン酸 60㎎
ビタミンB1 60㎎
L-シスチン 20㎎
ケラチン 20㎎
パラアミノ安息香酸 20㎎
薬用酵母 100㎎

パントガールに期待できる効果は薄毛や抜け毛の改善に留まらず、他にも髪質を向上させる・爪をキレイにするなど、複数の美容効果があることが実証されています。

大きな副作用も報告されておらず、安全性が高いので長期的な服用も問題ありません。

抜け毛や薄毛に悩んでいる女性だけでなく、キレイな髪を手に入れたい女性にも、パントガールは広くおすすめできる育毛サプリとなります。

どこで購入できる?

パントガールを購入するには、大きく2つの方法があります。

  • 通販で購入
  • クリニックで購入

例えば「Amazon」や「楽天市場」のような大手の通販サイトでは、パントガールは販売されていません。パントガールが購入できる通販サイトは基本的に「個人輸入代行サイト」です。

個人輸入代行サイトとは、簡単に説明すると海外から医薬品やサプリを購入できる(=個人の代わりに輸入してくれる)サイトのことになります。

しかし海外から購入した医薬品やサプリには成分が配合されていない、あるいは人体に害のある成分が配合されていたといった"ニセ薬"の事例もあり、信頼性は高くありません。

安全のためにも、パントガールの購入を希望しているのであればクリニックで購入してください。

パントガールを取り扱っているのは、薄毛治療を行うAGAクリニックや美容クリニックなどです。女性の薄毛治療としては定番のお薬なので、パントガールは多くのクリニックで取り扱われています。

参考までに、東京都内でパントガールを取り扱っているクリニックの価格を比較してみます。

クリニック名 価格(約1ヶ月分)
城本クリニック 12,000円
明治通りクリニック 10,000円
東京スカルプクリニック 8,000円

当サイトが調査したところ、東京都内では「東京スカルプクリニック」のパントガールの処方価格が他院より比較的安めでした。

東京スカルプクリニックは都内有数の歓楽街「銀座」にあるAGAクリニックで、男女どちらの薄毛治療にも対応しています。

クリニックでパントガールを購入する場合、当然同じ製品であれば内容はどのクリニックでも同じであるため、東京スカルプクリニックなど価格が安いクリニックで購入すると良いでしょう。

パントテン酸カルシウム不足で何が起こる?

繰り返しになりますが、パントテン酸は「至るところに存在する酸」という意味で命名された栄養素です。

その名前が表すように様々な食品に含まれており、さらに体内でも腸内細菌の働きによって合成されているので、パントテン酸が不足することはめったにありません。

パントテン酸が不足したときに起こる欠乏症の初期症状としては疲労感や食欲不振、頭痛などが見られます。

さらに進行すると手足の知覚異常、激痛、成長障害などの症状も表れるようになります。

しかしパントテン酸が不足している時は他の栄養素が不足していることも多く、不足しているのはパントテン酸だけなのか、あるいは他の栄養素も不足しているのかを見分けるのは困難です。

またパントテン酸は基本的に欠乏症が起こりにくい栄養素ですが、例外として次のような方は注意が必要です。

  • コーヒーやお酒が好きな方
  • 抗生物質を服用中の方
  • 妊娠中や授乳中の女性

カフェインやアルコールを摂取したとき、体内のパントテン酸が消費されることが明らかになっています。そのためコーヒーやお酒が好きな方はパントテン酸が不足しやすくなります。

また抗生物質を服用していると体内の腸内細菌が働かず、パントテン酸が作られなくなります。さらに妊娠中・授乳中の女性においてはパントテン酸の消費が増え、不足しがちです。

パントテン酸は摂取しやすい栄養素ですが、上記に当てはまる方は不足しないように意識的に摂取することや、サプリを活用するなどして不足に気をつけましょう。

パントテン酸カルシウムが含まれる食材

パントテン酸は、幅広い食材に含まれている栄養素です。文部科学省の「食品成分データベース」によると、パントテン酸は特に次のような食材に多く含まれています。

順位 食品名 成分量(100gあたりmg)
1 肉類/にわとり/[副生物]/肝臓/生 10.10
2 きのこ類/しいたけ/乾しいたけ/乾 7.93
3 肉類/ぶた/[その他]/スモークレバー 7.28
4 肉類/ぶた/[副生物]/肝臓/生 7.19
5 肉類/うし/[副生物]/肝臓/生 6.40
6 乳類/(その他)/チーズホエーパウダー 5.95
7 魚介類/やつめうなぎ/干しやつめ 5.76
8 調味料及び香辛料類/酵母/パン酵母、乾燥 5.73
9 魚介類/ぼら/からすみ 5.17
10 肉類/すずめ/肉、骨・皮つき、生 4.56

参考:文部科学省「食品成分データベース」

上記の表を見ると、パントテン酸は肉類・魚介類・キノコ類・乳類など様々な食材に含まれていることが分かります。

しかしパントテン酸は熱に弱く、また酸(お酢など)やアルカリ(重曹など)によって壊れやすいという特徴があります。

特にパントテン酸を含有した食材を茹でると、その食材に含まれるパントテン酸の半分が壊れてしまうと言われるほどです。

パントテン酸を含有した食材を調理する際には加熱しすぎない、"茹でる"以外の調理法を選ぶなどの工夫をすることで、パントテン酸を効率的に摂取できます。

パントテン酸カルシウムを摂取する際の注意

パントテン酸には、厚生労働省が定めた摂取目安量があります。

摂取目安量とは健康を維持するために十分な摂取量の基準であり、目安量以上を摂取していればパントテン酸が欠乏する心配はありません。

男女や年代別で見た、パントテン酸の摂取目安量は次の通りになります。

○パントテン酸の食事摂取基準(㎎/日)

性別 男性 女性
年齢等 目安量 目安量
0~5(月) 4 4
6~11(月) 3 3
1~2(歳) 3 3
3~5(歳) 4 4
6~9(歳) 5 5
10~11(歳) 6 6
12~14(歳) 7 6
15~17(歳) 7 5
18~49(歳) 5 4
50~70以上(歳) 5 5
妊婦・授乳婦  5

参考:厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」

またパントテン酸は多めに摂取した場合の健康被害は特に報告されておらず、上記の表ではパントテン酸の上限量も定められていません。

パントテン酸カルシウムについてまとめ

ビタミンB群の1つ、パントテン酸は脂質や糖質などの代謝をサポートする、補酵素としての役割を担う栄養素です。

健康維持に欠かせないことはもちろん、肌や髪にも良く、近年ではパントテン酸に含まれる育毛効果にも注目が集まっています。

実際にパントテン酸を配合した女性用育毛サプリ「パントガール」は、その高い有効性から抜け毛や薄毛に悩む女性からの評判も高いです。

またパントテン酸は肉類や魚介類、キノコ類など幅広い食材に含まれている栄養素です。さらに体内の腸内細菌からも合成されるので、パントテン酸が不足することはほとんどありません。

しかし万が一不足すると、疲労感や食欲不振などパントテン酸の欠乏症状が出る場合があります。

パントテン酸は過剰に摂取した場合の健康被害は特に報告されていないため、積極的に摂取していくことがおすすめです。

特にコーヒーやお酒が好きな方や抗生物質を服用中の方、妊娠中・授乳中の女性はパントテン酸が不足しやすいです。そのためパントテン酸が豊富なレバーやシイタケを食卓に取り入れたり、サプリを活用するなどパントテン酸を補う工夫をしましょう。

この記事を書いた人 みっちゃん

産後脱毛を経験してから薄毛に敏感になった一児のママ。若い頃よりもボリュームが減ってるため生活習慣から栄養までこだわるようになった。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる