若ハゲの対策と改善方法を徹底解説

若ハゲイメージ

若ハゲという言葉は昔から使われてきましたが、近年では若いうちから薄毛になってしまう人は増えています。

早い人では20代から髪が薄くなり始め、30代では完全に頭皮の地肌が見えてしまうような脱毛の仕方をしてしまうことも珍しくありません。

この若ハゲは遺伝や男性ホルモンによる影響を受けている場合も多く、市販の育毛剤などではなかなか予防や改善が難しい薄毛です。

ここでは若ハゲの詳しい原因や、対策、改善方法などを説明しています。

若ハゲの対策・改善方法

今は十分に髪があっても、若ハゲに注意したほうが良い人もいます。特に両親や祖父母の髪が薄かったり、おでこが広めの人、普段からの不摂生で、栄養不足の自覚があるある人などは要注意です。

若ハゲの原因は?

若ハゲは遺伝やホルモンの影響を受けている場合が多いことは冒頭でも触れましたが、それ以外にも様々な原因があります。

生活習慣が乱れていたり、食生活が偏っていたりする場合は若ハゲに繋がりやすくなります。

特に、普段の食事でコンビニ弁当やファーストフード、ラーメンや揚げ物などを食べることが多いと頭皮の皮脂の分泌が増え、脂漏性皮膚炎を発症してしまう場合があります。

頭部に起こる脂漏性皮膚炎の多くは脱毛を伴うため、結果として若ハゲを併発してしまうことにもなります。

また、日頃から強いストレスを感じている場合も若ハゲが起こりやすくなります。人間の体はストレスを感じると自律神経が乱れて交感神経が優位な状態になります。

交感神経には血管を収縮させる働きがあるので、頭皮への血流が滞ってしまいます。

すると、毛根への酸素や栄養素の供給が十分に行われずに、髪は痩せ細って弱り、やがて脱毛を起こしてしまいます。

生活習慣やストレスによる若ハゲは、比較的その原因を自覚しやすいでしょう。

しかし、遺伝やホルモンによって若ハゲが起こっている場合は、思い当たるふしもなくある日突然脱毛が進行してしまうのです。

薄毛になる経緯

男性ホルモンであるテストステロンは、5αリダクターゼという還元酵素によりDHT(ジヒドロテストステロン)というさらに強力な男性ホルモンに変化します。

このDHTは悪玉男性ホルモンや脱毛ホルモンなどとも呼ばれ、毛乳頭内にあるホルモン受容体に結合することで脱毛因子を発生させ、薄毛を促進させてしまうのです。

5αリダクターゼやホルモン受容体の量や働きは遺伝によって引き継がれることが明らかになっています特に母型の祖父母が薄毛である場合は、高い確率で孫には若ハゲが発症すると考えられています。

若ハゲを対策する

若ハゲは適切な対策を行うことで防ぐことができます。以下では若ハゲを防ぐための3つの方法を説明しているので、まだ若ハゲでなくても心配な人は確認してみましょう。

薄毛予防薬

現在では、医薬品を使用することで若ハゲは確実に防ぐことができます。

若ハゲを確実に予防できる医薬品には「プロペシア」と「ザガーロ」という2種類の内服薬があります。

プロペシアはフィナステリドを有効成分とした内服薬で、日本では2005年から販売されています。

プロペシアは、若ハゲの原因の中でも大半を占める男性ホルモンの働きを抑制することで、薄毛の予防や改善に高い効果が認められています。

プロペシアの効果についてもう少し詳しく説明しますが、プロペシアの有効成分フィナステリドは、5αリダクターゼという酵素の働きを阻害することで脱毛を抑制する効果を発揮します。

5αリダクターゼは、男性ホルモンのテストステロンを脱毛を引き起こすホルモンであるDHTに還元する働きを持っています。

プロペシアは男性ホルモンそのものを抑制するという訳ではなく、男性ホルモンが、脱毛の原因であるさらに強力なホルモンに還元されるのを防ぐことで脱毛を防いでいるのです。

また、プロペシアの服用により男性ホルモンの悪影響を受けなくなった髪は、太くコシのある髪質へと変わっていきます。

若ハゲを確実に防ぐことができるもう一方の医薬品であるザガーロは、デュタステリドを有効成分とした内服薬です。

デュタステリドはフィナステリドと同様に、男性ホルモンのDHT化を抑制する効果がありますが、フィナステリドを上回る高い効果があることが確認されています。

プロペシア、ザガーロ、この2つの医薬品は市販されておらず、AGAクリニックなどの医療機関からの処方によって入手ができます。

生活習慣を見直す

薄毛の遺伝子を持っていない場合でも、生活習慣によっては若ハゲになってしまいます。そのために、若ハゲにならないためには早い段階から生活習慣を見直す必要もあります。

その中でも特に重要なのは食生活と睡眠です。

人間の体は普段食べているものから作られていると言えますが、それは髪についても言えることです。髪の毛はケラチンと呼ばれるタンパク質からそのほとんどが構成されています。

ケラチンの素となるタンパク質、タンパク質からケラチンを生成する働きを持つ亜鉛などの栄養素は、髪にとって重要な栄養素です。

髪そのものを作るためにも栄養は必要ですが、健康で丈夫な髪を育てるにはその土壌とも言える健康な頭皮が必要です。

そのために欠かすことができない栄養素がビタミンB群です。

代謝の促進などの効果を持つビタミンB群は、頭皮のターンオーバーを活発にし、頭皮の環境を最適に整える働きがあります。

このように、髪にとって重要な栄養素であるタンパク質、亜鉛、ビタミンBを普段の食事から十分に摂取することをまずは心がけましょう。

また、ビタミンBはビタミンCと一緒に摂ることで効果の向上に期待できることも覚えておきましょう。

普段から外食やコンビニ弁当が多い方はこれらの栄養素が不足しやすいので特に注意が必要です。

食生活と並んで重要な睡眠ですが、睡眠の時間と質、そのどちらも若ハゲを防ぐためには重要です。

髪は睡眠中に分泌される成長ホルモンによって正常に成長することができますが、睡眠時間、睡眠の質、どちらかが欠けても成長ホルモンの分泌は不足してしまいます。

成長ホルモンは午後10時から午前2時の間の睡眠時に最も多く分泌されると言われます。

午後10時の就寝というのは難しいかも知れませんが、これを意識して行えれば、若ハゲの可能性はかなり下がるはずです。

また、睡眠の質を高めるためには就寝前に湯船に浸かるようにするのが良いでしょう。適量を超える飲酒は、睡眠の質を低下させるためにお酒はほどほどにしておくことも大切です。

食生活や睡眠の他にも、喫煙を行なっている場合は禁煙を行うのも効果的な若ハゲの対策です。

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させるので、全身の血行を悪化させ、頭皮への酸素や栄養の供給も不足させてしまいます。

ストレス解消

若ハゲにならないためにはストレスを溜めないようにすることも大切です。

ストレスは万病の元とも言われますが、頭皮の血行を悪化させることで髪にとっても悪影響を与えます。

現代社会では様々なストレスの原因が存在するために、ストレスを受けないようにすることよりも、ストレスを上手に解消することが大切でしょう。

ストレスの解消方法は人によって様なので、自分に合ったストレス解消法をいくつか用意しておきましょう。

●よくあるストレスの解消方法

  • 運動をする
  • ショッピングをする
  • お酒を飲む
  • 好きなものを好きなだけ食べる
  • カラオケなどで大声を出す

●少し珍しいストレスの解消方法

  • ひたすら掃除をする
  • 不満を紙に書き出す
  • ひたすら眠る

ストレスの解消方法には上記のようなものがありますので、参考までに覚えておくのも良いでしょう。

若ハゲの改善方法

若ハゲは予防ができることは説明しましたが、すでに若ハゲが起きてしまっている場合でも方法次第では改善が可能です。

すでに進行した若ハゲの場合、市販の育毛シャンプーや育毛剤では効果が期待できません。このように若ハゲの改善は予防以上に難しくなりますが、不可能ではありません。

以下で若ハゲを確実に改善する2つの方法を説明しています。

治療薬

進行してしまった若ハゲを改善するのに有効な方法として、薄毛治療薬の使用があります。薄毛治療薬と呼ばれるのは、プロペシアやザガーロ、ミノキシジルなどの医薬品です。

これらは高い効果を持つ医薬品であるために、薬局などでの市販はされておらず、AGAクリニックなどで医師による処方が必要となります。

生命に影響を及ぼさない薄毛の治療は保険の適用外となるため、薄毛治療薬の値段は安くはありません。

しかし、確実な効果が約束されない市販の育毛剤を使い続けたりするよりも、はるかに費用対効果の面で優れます。

それぞれの治療薬について簡単に説明すると、プロペシアとザガーロは、男性ホルモンが、若ハゲの原因であるさらに強力な男性ホルモンを防ぐ医薬品です。

薄毛を予防する効果もありますが、すでに進行してしまった薄毛に対しても効果が認められており、多くの改善例が報告されています。

脱毛を起こす男性ホルモンの影響を受けなくなることで、発毛してくる髪も太くコシのあるものへと変化していきます。

男性ホルモンによる影響を防ぐプロペシアやザガーロに対して、ミノキシジルはさらに積極的な発毛効果を実現する医薬品です。

ミノキシジルは血管を拡張する効果のある成分で、それにより頭皮への血行が促進され、毛根への栄養素の供給を増やします。

それだけでなく、毛母細胞を直接刺激し、細胞の分裂を促すことで積極的な発毛効果があることも明らかになっています。

施術

医薬品の使用以外で若ハゲを改善するもう1つの方法は、AGAクリニックが行なっている施術と呼ばれる医療行為を受けることです。

施術にはいくつかの種類がありますが、ほぼすべての施術は頭皮への注射により発毛因子や発毛成分注入するものです。

注射の針はごく細いものが使用されるので、痛みはほとんど感じない方はほとんどと言われます。

クリニックによっても施術の名称がことなりますが、メソセラピーなどと呼ばれていることが多くあります。

また、注射針を使用せず、成分を音速で噴射することで頭皮に浸透させるノーニードルメソセラピーなどと呼ばれる施術もあります。

ノーニードルメソセラピーであれば、もはや痛みはほとんど感じないレベルにまで抑えられています。

成分を直接注入するメソセラピーなどの他にも、植毛も確実な薄毛の改善ができる方法として根強い人気があります。

植毛は、人工の毛髪を脱毛部分に衣装する人工植毛が主流できたが、拒絶反応などの問題もあるため、現在では自身の後頭部など、毛髪が残っている箇所から毛髪を毛母細胞ごと移植する自毛植毛が主流になっています。

メソセラピーや植毛など、施術の最大のメリットは、医薬品による治療以上に短期での効果が現れる点です。

自分が若ハゲになるか知るには?

若くして薄毛になってしまうのは、なんとしてでも避けたいと思うのが普通であるかと思います。また、自身が若ハゲになってしまうのかどうかというのは、多くの方が持っている不安です。

自身が若ハゲになってしまうのかを素人が判断することは不可能に近いですが、医療機関で遺伝子検査を受けたり、頭皮の状況を診てもらうことで明らかにできます。

特に、専用のスコープを用いた頭皮の診断は、無料のカウンセリングの中で行なっているAGAクリニックも多いので、ぜひとも活用したいところです。

東京都内であれば、銀座にある東京スカルプクリニックが無料のカウンセリングを行なっており、若い人でも気軽に利用できるクリニックとしておすすめできます。

若ハゲになる可能性が明らかになれば、早期に対策を行うことでほぼ完全に若ハゲを予防することができます。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

若ハゲに関するよくある質問

若ハゲに対する不安は非常に多くの方が持っているものです。そのような不安の解消が少しでもできればと、若ハゲに関してよくある質問と答えをまとめています。

薄毛治療薬は何歳から飲んでいい?

医薬品であるプロペシアやミノキシジルなどの薄毛治療薬は何歳から飲んでいいのかという質問はクリニックにも多く寄せられているようです。

薄毛治療薬を何歳から飲んでいいかというのは、ドクターの判断による部分も大きいのですが、一般的に、ホルモンに作用するプロペシアであれば20歳以上から、ミノキシジルであれば18歳以上からの使用を認めているクリニックが多いようです。

また、未成年者の場合は処方に関して親権者の同意が必要な場合がほとんどです。

どのぐらいから改善すればいい?

若ハゲの多くは、男性ホルモンの影響を受けているために進行性の脱毛症です。男性は加齢とともにさらに脱毛しやすくなるので、自然に症状が治まることはまずありません。

脱毛症は進行すれば進行するほど改善の難しさも、かかる時間も増していきます。

このようなことから、若ハゲは早期での対策が最も重要ということができます。

これは逆に言ってしまえば、若ハゲは早期での適切な改善方法によりほぼ確実に進行の抑制、症状の改善が可能になるということでもあります。

少しでも気になった場合そのタイミングで無料カウンセリングなどで相談してみてください。

筋トレではげるって本当?

近年では筋トレによる様々なメリットが注目されていることもあり、筋トレを行う若い人が増えています。そのようなこともあってか、筋トレを行うと若ハゲに繋がるという俗説が広く出回っているようです。

しかし、実際には筋トレで若ハゲになってしまうようなことはありません。

ただし、食事のほとんどをプロテインに置き換えるなどの極端な食事制限を行なった筋トレや、トレーニングで汗をかいたあとの頭皮をシャンプーで清潔にしないまま放置してしまうなどの習慣は若ハゲに繋がってしまう可能性もあるので注意しましょう。

若ハゲの対策と改善方法まとめ

若ハゲの原因や対策、改善方法などについて説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

男性ホルモンの影響を受けていることが多い若ハゲは進行性の脱毛症であり、できるかぎり早期での対策を行うことが重要であるとご理解いただけたはずです。

男性ホルモンの影響による薄毛に確実な効果を発揮するのは、医療機関が行う医薬品による治療や施術のみです。

薄毛治療は保険が適用されずに高額というイメージを持たれがちですが、近年では薄毛治療の進化に伴い、治療にかかる金額も下がってきています。

AGAクリニックには無料のカウンセリングを行なっているところも多く、自身が若ハゲになる可能性やその原因、適切な治療法やその金額などを知ることができます。

少しでも若ハゲの不安があるのであれば、症状が本格化するまえにクリニックでの無料カウンセリングを受けてみるのが良いでしょう。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

この記事を書いた人 しゅんすけ

まだ20代だけどおでこの方がかなりきている若ハゲ。無料カウンセリングを色々受けてどこで治療しようか悩んでいる最中。父親は40代でツルツル。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる