プロテインではげるという噂は嘘だった!?真実を調査!

プロテイン

「プロテインははげるから、飲みたくない…」

巷には、プロテインに関するこうした噂が出回っています。しかし結論から言ってしまうと、プロテイン=はげるという噂は全くの嘘です。

プロテインはいわばタンパク質を効率的に摂取できるサプリの1種です。

タンパク質の摂取効率をよくするためのビタミンなどが配合されていることもありますが、髪や頭皮に悪いものは一切含まれていません。

またタンパク質やビタミンは育毛に必要な栄養素であり、むしろ髪や頭皮の維持に役立つサプリと言えます。

トレーナーにとって欠かせないプロテインですが、なぜ事実無根の噂が流れるようになったのでしょうか。

プロテイン=はげるという噂の真実を調査するとともに、プロテインの正しい飲み方なども併せて解説していきます。

なぜプロテインではげると言われてるの?

プロテインとはげの間に、直接的な因果関係はありません。

それにも関わらずなぜプロテインを飲むとはげると言われるようになったのか、その背景には2つの理由が考えられます。

  • アレルギーによる脱毛
  • ステロイドと混同されている

タンパク質を含むものは、全てがアレルゲンとなる可能性があります。

例えば動物の毛やハウスダストでアレルギー症状が出ることがありますが、これらの物質にもタンパク質が含まれているのです。

プロテインの場合、主に牛乳や大豆から精製したタンパク質が使用されています。

もしもこれらのタンパク質が体質に合わなかった場合、同じようにアレルギー反応が起こり、その症状の1つとして脱毛症状が出ることが考えられます。

その他、プロテインとはげを結び付けるものとして考えられるもう1つの理由が、アナボリックステロイドです。

アナボリックステロイドとはいわゆる筋肉増強剤であり、文字通り筋肉を強く、大きくする目的で服用されるものです。

しかし副作用が起こりやすく、その1つとして脱毛症状があることも確認されています。

名称 種類 主な成分
プロテイン サプリ タンパク質やビタミンなど
アナボリックステロイド ホルモン剤 ホルモン

プロテインとアナボリックステロイドはどちらも「筋肉を強くするもの」ということは共通ですが、その中身は全くの別物です。

ですが馴染みがない方からするとそれぞれの情報が混ざってしまい、プロテイン=はげるというイメージがついたという可能性もあります。

筋トレでははげる?

プロテインと同じく筋トレもまた、やりすぎるとはげると噂されることがあります。

理想の体を手に入れたい、異性にもてたいなど各々の希望を叶えるために頑張っているのに、筋トレをするとはげると言われたらショックを受けるかもしれません。

しかし結論から言うと、筋トレをするとはげるという噂も事実とは異なる、全くの嘘です。

筋トレをするとはげると言われるようになった理由には、男性ホルモンが関係しています。

まず男性によく見られるAGA(男性型脱毛症)や、女性に発症するFAGA(女性男性型脱毛症)の原因の1つと言われるのが、男性ホルモンです。

ただし男性ホルモンが、直接的に薄毛を引き起こす訳ではありません。

AGAやFAGAを発症し、薄毛を引き起こすのは「DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれる物質です。

DHTは男性ホルモンの1種「テストステロン」と、体内にある酵素「5αリダクターゼ」が結びつくことで生成されます。

DHT = テストステロン + 5αリダクターゼ

筋トレをすると、テストステロンが増加します。

これに対して「男性ホルモン=はげの原因」というイメージが付いて回り、筋トレをするとはげるという噂につながったと考えられます。

ですが筋トレをしてもテストステロンが増えるだけで、ハゲの原因であるDHTや5αリダクターゼが増える訳ではありません。

そのため筋トレが薄毛の原因になるとは考えられず、むしろ血行改善やストレス解消になるため髪に良い影響を与えることが期待できます。

プロテインを飲む際に気を付けること

先述したように、プロテインを飲んでもはげるということはありません。そのため薄毛や抜け毛などを心配することなく、安心してプロテインを飲むことができます。

しかし場合によっては、プロテインを飲む際に注意が必要なこともあります。

プロテインを飲む方でよくあるのが、タンパク質を意識しすぎるあまり、偏った食生活になってしまうケースです。

例えばプロテインを飲んでいる方には、「筋肉質な体型が欲しい!」といった理想を持っている方が多くいらっしゃいます。

引き締まった体型を目指すことに気をとられてご飯をプロテインだけで済ませる方もいるようです。

ですが健康を保つためにはタンパク質だけでなく、ビタミンやアミノ酸、ミネラルなどの栄養素をバランスよく摂取することが不可欠です。

食生活が偏っていると自分の理想を叶えるばかりか、その前に体調を崩してしまう恐れがあります。

またこうしたケースでは、それこそ薄毛や抜け毛につながるリスクも考えられます。髪の毛の主成分は、「ケラチン」と呼ばれるタンパク質です。

ケラチンを作るにはタンパク質だけでは足りず、ビタミンやミネラルなども必要です。

ところが偏った食生活でビタミンやミネラルが不足すると、髪に与えるはずの栄養も足りなくなって成長させることができず、抜け毛が増えたり髪が細くなったりする可能性もあります。

プロテインとはげに関するよくある質問

プロテインが薄毛の原因になるという噂は、全くの嘘でした。

しかしそれ以外にも、プロテインとはげに関して多くの方が気になっていることについて調査し、順番にまとめていきました。

ソイプロテインは育毛効果あり?

プロテインには、原料や吸収スピードの違いにより大きく3種類に分かれます。

種類 特徴
ホエイプロテイン 吸収がはやい、牛乳から精製されるプロテイン
カゼインプロテイン ゆっくり吸収される、牛乳から作られたプロテイン
ソイプロテイン 吸収はゆっくりな、大豆由来のプロテイン

3種類の中で、特にソイプロテインは「育毛効果があるのでは?」として注目されています。

まず髪を育てるために欠かせない栄養素が、タンパク質です。1本1本の髪の毛はタンパク質が主成分で構成されているため、原料となるタンパク質やアミノ酸を摂取しなくては髪の健康を維持することはできません。

ですがプロテインは種類を問わず、全てにタンパク質が配合されています。

ではなぜソイプロテインに育毛効果があると言われるのか、その理由は原料となる大豆です。大豆に含まれる栄養素の1つに、「大豆イソフラボン」があります。

健康に良い栄養素として知られますが、大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをする栄養素です。

女性ホルモンは髪の成長を促すホルモンであり、大豆イソフラボンにも同じような効果が期待できるため、育毛効果を期待できます。

また豆乳や納豆など大豆製品には多くの種類がありますが、ソイプロテインはそれらの中で最も効率的にタンパク質を摂取できる食品です。

髪の元になるタンパク質を効率的に摂取出来て、さらに大豆イソフラボンによる髪の成長促進も期待できるため、ソイプロテインは育毛効果が期待できます。

ただしソイプロテインは医薬品ではないため必ず髪が生えるとは言えず、あくまでも育毛効果を"期待できる"だけということに注意してください。

プロテインと薄毛治療薬は併用していい?

薄毛治療をしている場合、「治療薬とプロテインを併用して大丈夫?」と気になることもあると思います。まず初めに、プロテインと薄毛治療薬を併用しても、何の問題もありません。

参考までに男性の薄毛治療の定番である「プロペシア」や「ザガーロ」、また女性の薄毛治療薬として有名な「パントガール」について調査したところ、プロペシアとパントガールには併用してはいけないお薬や食品などは報告されていません。

ザガーロには併用に注意が必要なお薬がありますが、それは難しい言葉ですが"CYP3A4阻害作用がある薬剤"であり、プロテインとは全く関係がないものです。

したがって基本的に、プロテインと薄毛治療薬は何の問題もなく併用することができます。しかしどうしても不安な場合は、飲んでいるプロテインを医師に見せて相談してみると良いでしょう。

プロテインを飲むタイミングは?

プロテインの効果を最大限に発揮するためには、飲むタイミングも重要になります。よく言われるのが、次の3つのタイミングにプロテインを飲むことです。

  • 運動後30分以内
  • 就寝前
  • 朝食時

まず最適なタイミングが、運動してから30分以内です。特にトレーニング直後は「ゴールデンタイム」と呼ばれます。

体を動かした後は、体内では筋肉の修復作業が行われています。

この時の筋肉はまさに"栄養を欲している状態"、プロテインを飲むと筋肉にタンパク質が届きやすく、筋力アップにつながります。

運動直後に飲むプロテインは吸収が速い、ホエイプロテインが効果的です。

次に最適なのが、夜寝る前のタイミングです。

人は寝ている間に「成長ホルモン」が分泌され、筋肉や細胞の成長・修復作業が行われています。

寝る前にプロテインを飲むと成長ホルモンの働きが促進され、より効率的に傷ついた筋肉を修復し、大きくすることができます。

この時はゆっくりと吸収されるカゼインやソイプロテインを、就寝する30分~1時間前に飲むのがおすすめです。

最後に、朝食時もプロテインを飲む最適なタイミングです。朝起きた時というのは、水分や栄養素が不足している状態にあります。

仮に睡眠時間を8時間とすると、少なくともその間は飲まず食わずの状態であり、体は栄養を求めているのです。

そこで朝食時にプロテインを摂ることで、不足していた栄養素を一気にチャージすることができます。朝に飲むプロテインにも、吸収速度が遅いカゼインやソイプロテインが適しています。

プロテインとハゲに関してまとめ

ここまで「プロテインを飲むとはげる」という噂の真相や、プロテインの飲み方などの基礎知識について解説してきました。

まとめるとプロテインを飲むとはげるというのは、単なる噂にすぎません。

プロテインは育毛にも必要なタンパク質を効率的に摂取できるサプリであり、むしろ髪に良いものと考えることもできます。

ただしプロテインを飲む際に、タンパク質を摂ることだけに気をとられる方もいらっしゃいます。

他のビタミンやミネラルなどの栄養素が不足すると健康維持にも支障が出るばかりか、髪も栄養不足に陥り、「プロテインを飲んでいるのに抜け毛が増えた」といった事態につながりかねないので注意してください。

またどうしても"はげないか"と心配な場合は、薄毛治療を行っているクリニックで予防薬を処方してもらうという選択肢もあります。

薄毛治療を行っているクリニックでは無料カウンセリングがあり、相談だけならタダでできるところも多いので、まずは話を聞きに行ってみると良いでしょう。

都内で人気のクリニックは東京スカルプクリニックです。

ちょっとした不安や、契約する予定はなくても相談したいという人でも無理に勧誘することは無いと明言しているクリニックですので、安心して話を聞くことができるため人気です。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

この記事を書いた人 しゅんすけ

まだ20代だけどおでこの方がかなりきている若ハゲ。無料カウンセリングを色々受けてどこで治療しようか悩んでいる最中。父親は40代でツルツル。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる