ヘアカラーで抜け毛が増えて薄毛になるって本当?

ヘアカラー

実はヘアカラーが抜け毛や薄毛の原因となってしまうことを知らない方や気にしていない方が多いという現状があります。

すでに薄毛の方が行うヘアカラーも推奨されていませんが、薄毛の方に向けた髪や頭皮に優しいヘアカラーがあることもあまり知られていません。

このように、あまり知られていないヘアカラーと抜け毛や薄毛の関係、へアカラーで抜け毛をなくすための方法などをここでは説明しています。

ヘアカラーで抜け毛が増えて薄毛になる!

ヘアカラーは抜け毛や薄毛の原因となってしまうのかというのは多くの方が持っている疑問でしょう。結論から言えば、ヘアカラーは髪へ大きなダメージを与えることで抜け毛や薄毛の原因となり得ます。

ヘアカラーで使用する薬剤は毛髪に大きなダメージを与えるだけでなく、頭皮に付着してしまえば頭皮へのダメージも避けられません。

ヘアカラーの過程で髪全体に薬剤を馴染ませている間は、頭皮にヒリヒリとした刺激を感じたことがある方も多いのではないでしょうか。これは薬剤の刺激が相当に強いことから起こります。

美容師さんはへアカラーを行う際には必ず手袋をしていますが、これは手袋で手を守らないと、薬剤によって手が荒れてしまうからです

ヘアカラーの薬剤によって手の皮膚よりもさらに繊細な頭皮が荒れない訳はありません。

特に特殊な色や明るめの色を入れる際には、カラーリングの前に脱色剤によって髪の毛から色素を抜き去りますが、この脱色剤には「過酸化水素」という成分が含まれます。

過酸化水素は漂白剤や殺菌剤、酸化剤にも使われるような非常に刺激の強い化合物で、頭皮に少し触れるだけでも大きな刺激を与え、ほとんどの人が痛みを感じます。

脱色剤は、過酸化水素以外にもアンモニアやエタノールなど刺激の強い成分を含むため、どうしても毛髪や頭皮へはダメージを与えてしまいます。

特に頭皮の皮膚がデリケートな方の場合は、刺激性接触皮膚炎やアレルギー性接触皮膚炎が発症してしまうこともあり、これらによる脱毛の併発も考えられます。

また、ヘアカラー剤を洗い流した後でも髪や頭皮が受けたダメージは残ります。これにより髪や頭皮は紫外線などの刺激から角質が剥がれたり、頭皮の乾燥が起こりやすくなります。

このように頭皮環境が悪化したり乾燥した状態では、頭皮を保護するために体は皮脂の分泌を過剰にします。それが原因となって頭皮の毛穴の詰まりが起こり、脱毛の原因になってしまうのです。

ヘアカラーにはいくつか種類があり、ヘアカラーの種類によっても髪や頭皮へのダメージは異なりますが、いずれのヘアカラーであっても髪や頭皮へ負担をかけているということに変わりはありません。

特に、脱色剤を用いて髪の色素を抜き、そこへ着色するブリーチなどと呼ばれる方法は、発色や色の持ちには優れますが、髪や頭皮へのダメージが最も大きくなります。

ヘアカラーでの抜け毛を無くすには?

ヘアカラーが髪や頭皮へのダメージを起こすことなどで抜け毛、薄毛の原因になってしまうことは説明しましたが、それでもヘアカラーを行いたい場合は、以下で説明する内容を意識して行ないましょう。

ホームカラーはしない

ドラッグストアなどでも安価なヘアカラー剤は多く販売されており、気軽に行えそうなイメージチェンジとして気になったことがある方も多いかと思います。

しかし、これら市販のヘアカラー剤全般は髪や頭皮のためにはおすすめできません。

市販のヘアカラーは安価かつ手軽ではありますが、どうしても頭皮や髪へのダメージが大きいのです。

その理由としては、ヘアサロンで行うカラーリングであれば、技術のある美容師が髪や頭皮へのダメージが最小限になるように薬剤を付けていきますが、市販のヘアカラー剤を自分で使用するとなると、プロと比べればどうしても技術に差が出てしまい、頭皮や髪を痛めてしまいます。

そのようなことに加え、美容室で使用しているヘアカラー剤には最先端の技術が投入された、髪への刺激が少ないものも増えてきています。

ビタミンや天然成分などが配合されたカラーリング剤もあるので、髪や頭皮へのダメージを軽減することができます。

市販のヘアカラー剤も昔に比べれば進化し、髪や頭皮へのダメージは少なくなっていますが、やはり美容室で取り扱っているものに比べれば品質は安全面などの品質は劣ってしまいます。

どうしても髪の毛を染めたいという場合は、市販品を使ったホームカラーは避け、美容室などでプロの美容師にお願いするようにしましょう。

事前に「髪や頭皮へのダメージが気になる」ということを相談すれば、カラーを行なっても大丈夫か、日々のケア方法などをアドバイスしてもらえます。

また、美容室ではトリートメントによるケアを行うこともできるので、髪へのダメージを抑えることができます。

低刺激のカラーリングをする

へカラーを行うのであれば、市販品を用いたホームカラーを避け、美容室でプロの美容師にお願いしたほうがいいということは説明しました。

美容室で行うヘアカラーにもいくつかの種類があり、それぞれで髪や頭皮へのダメージに差があります。

脱色剤を用いたブリーチなどと呼ばれているヘアカラーは、発色の良さや色の持ちには優れますが、髪や頭皮への刺激が最も強いので、なるべく避けたほうが賢明です。

一方で、近年ではヘアマニキュアやヘアマスカラと呼ばれる手軽なカラーリングも美容室で行うことができます。

これらは髪を脱色することなく髪の表面に色を着色してカラーリングを行う方法で、髪や頭皮へのダメージを大幅に抑えることができます。

ヘアマニキュアは、半永久染料である水溶性の酸性染料により髪の表面のキューティクルをコーティングして、髪を染めるものです。

髪のもともとのメラニン色素を脱色しないので、黒髪に行なった際の発色は劣り、色の持ちも2~4週間程度と短いですが、比較的髪に優しいカラーリング方法です。

もう一方のヘアマスカラは、一時染料によって髪の表面に一時的に染料を染み込ませてカラーリングを行います。

繰り返し使ううちに色が定着していくものもありますが、一時的に染料を染み込ませるだけのタイプのものは、シャンプーで簡単に洗い流せます。

雨に濡れたり、大量に汗を書いたりすると色落ちしてしまうこともあるので注意が必要ですが、ヘアマニキュア以上に髪や頭皮に優しいカラーリング方法です。

アフターケアを正しく行う

いずれの方法で行うにしても、カラーリングは髪や頭皮へダメージを与えてしまうので、正しいアフターケアが必要です。

特にブリーチなどで髪を脱色した場合は、髪の一番外側の層であるキューティクルが開いている状態です。

キューティクルが開いた状態の髪は傷んでいると言えるため、まずは開いたキューティクルを閉じてあげる必要があります。

また、キューティクルが開いた状態では髪の成分が流出してしまい、毛髪が栄養不足の状態になっているために、各種の栄養素の補給も必要です。

このために有効なのがトリートメントです。

美容室ではカラーリング後のトリートメントをすすめているお店が多くありますが、トリートメントにはキューティクルを閉じる効果や髪が失った栄養素を外から補給する効果があるために、カラーリング後は必ず行いたいアフターケアです。

おすすめなのは市販以上に高い効果が期待できる美容室でのトリートメントですが、市販品のトリートメントを使う場合はヘアカラー用のトリートリートメントを選ぶのが良いでしょう。

特にホホバやアロエエキスなどの成分が配合されているトリートメントはヘアカラー後のケアに効果が高くおすすめです。

トリートメントを使用する前には、軽くタオルドライをすることでより効果を高めることができます。

カラーリング後は、普段のシャンプーについても、注意が必要です。

高級アルコール系シャンプーなどの洗浄力の強いシャンプーは、カラー剤を色落ちさせてしまったり、傷んだ頭皮をさらに刺激して傷つけてしまいます。

なるべく、アミノ酸系などの洗浄力がなく優しいシャンプーを使ってください。

ヘアカラー後は、薬剤の影響で髪や頭皮はアルカリ性に傾いています。

元の弱酸性に戻るまでは1週間ほどかかるため、この1週間のケアが髪や頭皮のダメージを防ぐためにも、カラーリングの色持ちを良くするためにも大切になります。

パーマを同時に行わない

ヘアカラーと同じように、男女ともにファッションとして一般化しているパーマですが、パーマをかけることでも髪や頭皮にはダメージが発生してしまいます。

抜け毛や薄毛を防ぐためにはへアカラーとパーマを同時に行うのは避けてください。

どちらかを先に行い、自分の髪の毛に馴染んでからもう一方を行うようにするのが良いでしょう。このとき、髪や頭皮がダメージから回復する時間を考え、最短でも2週間は間を開けるようにしましょう。

パーマが髪に与える影響についてはこちら詳しく説明しています。

パーマと薄毛の関係

薬などで内側から正す

どのようにケアを行なっても、カラーリングによって髪や頭皮が傷んでしまい、抜け毛や薄毛が起きてしまう場合はどうしてもあります。

そのような場合でも、薄毛治療薬を使用するという手段が残されています。

特にヘアカラーによって抜け毛などの髪の悩みを持ちやすい女性には、女性専用の薄毛治療薬である「パントガール」と「ルグゼバイブ」という2つの内服治療薬が高い効果を持っています。

パントガールは女性の薄毛治療薬として世界で初めて効果と安全性が認められた内服薬です。

毛髪の成長に欠かすことのできない栄養素であるパントテン酸カルシウム、アミノ酸、ケラチン、ビタミンB群が豊富に含み、びまん性脱毛症や分娩後脱毛症など、様々な女性の抜け毛を改善し、積極的な発毛を促す効果があります。

臨床試験からは、3ヵ月間の使用で70%の方は抜け毛が減少し、20%の方は抜け毛がほとんど無い状態にまで改善するという結果が発表されています。

ルグゼバイブは、パントガールにさらに馬プラセンタとコロストラムという栄養豊富な成分を加えた内服薬で、パントガール以上の効果を期待することができます。

この他にも、積極的な発毛を可能にする医薬品成分としてミノキシジルがあります。

ミノキシジルには外用薬と内服薬がありますが、血管拡張作用によって髪への栄養の供給を増やし、また毛母細胞を直接刺激する効果によって高い発毛効果が認められています。

これらの薄毛治療薬は、AGAクリニックなどの医療機関で取り扱っています。

クリニックでは、無料のカウンセリングを行なっていることも多いので、へアカラーによる抜け毛の悩みなども相談することができます。

ヘアカラーと抜け毛に関するよくある質問

ヘアカラーと抜け毛や薄毛の関係については、きちんと理解されていない方や疑問を抱えている方が多くいらっしゃいます。

悩みを抱えたままにしてしまうことはストレスとなり、薄毛の原因にもなってしまいます。

ここではヘアカラーと抜け毛に関して良くある質問とその回答をまとめているので、しっかりと疑問を解決しておきましょう。

ヘアカラーで毛が細くなることはある?

ヘアカラーによって髪の毛が細くなってしまうことは大いにありえます。

ヘアカラーを行うと、脱色剤やカラー剤の刺激によって、髪の表面の層であるキューティクルが開いた状態になります。

キューティクルが開いた状態の髪は、髪の内部のコルテック(毛皮質)などの髪を形成している成分が流出してしまいます。

新しく生えてくる髪はもともとの太さで生えてきますが、ヘアカラーで細くなった髪は素元の太さに戻ることはありません。

どのぐらいの頻度でカラーリングしていい?

髪や頭皮にダメージを与えてしまうヘアカラーは、抜け毛や薄毛を少しで気にするのであれば行わないのが賢明です。

しかし、ファッションの一環としてどうしてもカラーリングを行いたいという方も大勢いらっしゃるでしょう。

そのような場合は、例えば1年に一度だけ、というように回数を決めて行ってください。

年に一度程度のカラーリングであれば、常にカラーリングを行う場合に比べれば髪や頭皮へのダメージは圧倒的に軽減できますし、イメージチェンジとしての効果も十分です。

もちろん、カラーリングの後はトリートメントなどによるアフターケアを心がけるようにしましょう。

カラーリングをやめれば元に戻る?

常にカラーリングを行なっているような場合は、カラーリングをやめるだけでも髪や頭皮のダメージの進行は抑えられるでしょう。

また、人間に本来備わっている再生能力によって、髪や頭皮はゆっくりと元の状態に戻っていこうとします。

しかし、髪や頭皮の再生能力にも限界はあり、カラーリングをやめるというだけではダメージの回復には非常に長い時間がかかってしまいます。

このため、傷んだ髪や頭皮を回復させるためには適切なケアを行うことがなにより大切なのです。

最も効果が現れやすいのはトリートメントを行うことですが、その他にもシャンプーを刺激の少ないアミノ酸系シャンプーを使用したり、髪や頭皮にとって重要な栄養素であるタンパク質や亜鉛、ビタミンBを積極的に摂取するなどを心がけましょう。

ヘアカラーと抜け毛についてまとめ

ヘアカラーと抜け毛や薄毛の関係について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ヘアカラーはファッションの一部として一般化していますが、どのように行なったとしても、髪や頭皮へのダメージは避けることができず、薄毛予防の面から見れば行わないほうが良い行為です。

それよりもヘアスタイルを工夫したり、帽子によって首から上のおしゃれを楽しんだりする方法を考えてみてはいかがでしょうか。

すでに、抜け毛や薄毛が気になる場合であれは、まずはその原因を知ることが大切です。

多くのAGAクリニックが行なっているカウンセリングは、少しでも髪や頭皮の不安があるのなら利用すべきです。

当サイトで人気なのは都内にある「東京スカルプクリニック」です。

東京スカルプクリニックでは、初回のカウンセリングが無料というだけでなく、血液検査までも無料で行うことができます。

血液検査は5000円から10000円程度の料金が発生するクリニックが多い中、かなり良心的な金額設定です。

東京スカルプクリニックは、治療薬の料金なども多くのクリニックに比べると低めに設定されている点などもあり、「薄毛治療には高額な費用がかかるのでは」と思っている方にもおすすめできるクリニックです。

東京近郊にお住まいであれば、無料のカウンセリングだけでも検討されてみてはいかがでしょうか。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

この記事を書いた人 みっちゃん

産後脱毛を経験してから薄毛に敏感になった一児のママ。若い頃よりもボリュームが減ってるため生活習慣から栄養までこだわるようになった。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる