白髪の人はハゲない?真実を徹底解説!

白髪

「白髪の人はハゲない」「ハゲと白髪は同時に起こらない」などと言われているのを一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

しかし、実はこれらは根拠のない噂にすぎません。自分は若白髪なので、ハゲる心配はないと安心していた方でも注意が必要です。

ここでは、なぜそのような風説がまかり通ってしまったのかという考察と、白髪や薄毛、それぞれが起きるメカニズムや改善方法などを詳しく説明しています。

白髪の人でもハゲる!

白髪が多い人でもハゲる可能性はありますし、その逆で、ハゲている人でも残った髪がが白髪になったり、発毛に成功した髪が白髪になることはあります。

以下では白髪と薄毛、それぞれが起こるメカニズムの説明から、両者は同時に起こり得るという説明をしています。

ハゲの原因

ハゲ、つまり薄毛の原因は実に様々なものがあります。

それらのいずれかによって薄毛は起こりますが、ときにはそれらが複合して薄毛の原因となっていることもあります。

薄毛の原因の中でも最も多いのは、男性ホルモンの影響によるものです。

脱毛のメカニズム

主に睾丸で分泌される男性ホルモンである「テストステロン」は、「5αリダクターゼ」という還元酵素によって悪玉男性ホルモンや脱毛ホルモンなどと呼ばれるDHT(ジヒドロテストステロン)へ変換されます。

このDHTが毛乳頭内にあるアンドロゲンレセプター(ホルモン受容体)に結合すると、脱毛因子である「TGF-β」を増やしていきます。

TGF-βには、髪を生やすために必要な毛母細胞の細胞分裂を抑制してしまう働きがあります。

これにより、髪の成長のサイクルであるヘアサイクルにおいて、成長期に髪は退行期に移行してしまうのです。この結果、髪は細くやせ細りやがて抜け落ちてしまいます。

男性ホルモンの影響によって、この一連のメカニズムを伴う薄毛をAGA(男性型脱毛症)と呼んでいます。

男性ホルモンは女性の体内にもわずかながら存在するため、女性でもあってもこのようなメカニズムからの薄毛が発症する場合もあります。

男性ホルモンの影響によって起こる女性の薄毛は、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれています。

薄毛の原因で最も多く、かつ改善が難しいのは上記で説明した男性ホルモンの影響によるものですが、その他にも、ストレスや睡眠不足、栄養不足など、多くの原因があります。

薄毛の原因のほとんどに共通して言えるのは、頭皮の血行を悪化させてしまうということです。

頭皮の血行が悪化してしまえば、毛根へ供給される酸素や栄養素が不足し、髪は細胞分裂による十分な成長ができずに弱り、やがて脱毛してしまいます。

白髪の原因

髪の毛の色は、メラニン色素の量によって決まっています。

このメラニン色素は、コルテックスという毛髪内部のタンパク質で構成される組織に沈着することで毛髪に色を与えています。

白髪は、メラニン色素がなんらかの原因によって作られなくなってしまったとき、生えてくる髪はもともとの色を失ってしまい出てきます。
覚えておきたいのは、すでに生えている髪が白髪になってしまうということはなく、新しく生えてくるのが白い髪であるということです。

加齢や遺伝、ストレス、紫外線、睡眠不足、栄養不足、薬の副作用などによって出てくると考えられていますが、原因は完全には解明されていません。

ごくまれなケースとして、先天的にメラニン色素を生成する能力がない人もいます。

髪に色を付ける以外にも、メラニン色素には細胞を紫外線からという重要な働きもあります。

髪の毛も黒いうちは、頭皮や髪自体を紫外線から守ってくれていますがメラニン色素が失われ白髪となってしまうと髪や頭皮は紫外線の悪影響を受けやすくなり頭皮環境の悪化などにも繋がってしまいます。

白髪とハゲは同時に起きる

ハゲ(薄毛)の原因、白髪の原因をそれぞれ説明しましたが、ハゲは主に男性ホルモンの影響によるもので、白髪はメラニン色素の欠乏によるものであるということを理解いただけたかと思います。

ストレスや、睡眠不足、栄養不足などの共通の原因はありますが、それぞれが起こるメカニズムはまったく異なるものなのです。

このため、ハゲと白髪が同時に起こることは十分にあり得ます。

例えば、活発な男性ホルモンが同じく還元酵素によってDHTに変換され、深刻なハゲの症状を起こしてしまうのと同時に、そのことに対するストレスで、髪に色を与えるメラニン色素を生成するための酵素が不足してしまえば髪は次第に白髪へとなってしまいます。

その他にも、栄養不足や睡眠不足によって髪に必要な栄養素が不足すると同時に、メラノサイトでのメラニン色素の生成までもが減少してしまえば、ハゲと白髪が同時に起こります。

これに関しては、睡眠不足などでも同様のことが起こる可能性があります。

なぜ白髪の人はハゲ無いと思われているのか

「白髪の人はハゲない」「ハゲと白髪は同時に起こらない」などと言われているのはなぜなのでしょうか。

前述したように、両者はまったく異なるメカニズムから起こるため同時に発生することもあり、白髪が多い人はハゲないという俗説には医学的な因果関係や根拠はまったくありません。

それでもそのような俗説が広まってしまった理由としては、そもそも白髪が目立つというのは髪の毛があるからであり、そのような人を多く見ている人からの口伝によって広まった俗説である可能性が考えられます。

反対のパターンとして、ハゲてしまっていれば白髪になる髪の毛もない、あるいは少ないため、ハゲの人には白髪が目立たず、やはりハゲと白髪が同時に起こることがないと考えられてしまったのではないでしょうか。

特に男性ホルモンの影響によって起きるハゲは、白髪が生え始める時期よりも早い場合も多いことから、どちらかと言えばこちらのパターンの方が多いと言えるでしょう。

白髪が多いとハゲないという俗説が広まった理由としては、このような推測が可能です。

ハゲを改善するには?

ハゲの原因として最も多く、かつ改善が難しいのが男性ホルモンの影響によるものであることは説明しました。

しかし、現在の最新の医学では、男性ホルモンの影響によるハゲを筆頭に、多くのハゲは治療が可能になっています。

ハゲの改善に置いて重要なのは自分の頭皮の状況を把握することと、適切な医薬品による治療です。以下は確実にハゲを改善するための方法を詳しく説明しています。

頭皮の状況を知る

ハゲを改善するには、まずは自分の頭皮の状態を正確に知ることが重要です。これにより、ハゲの原因や行うべき対策を明らかにすることができるためです。

しかし、実際には素人が自分の頭皮の状態を把握することは容易ではありません。このために、役に立つのがAGAクリニックが行なっている無料のカウンセリングです。

近年では無料のカウンセリングを行なっているAGAクリニックは多く、医師や専門の知識を持ったカウンセラーが、マイクロスコープなどの最新の医療機器を使用して頭皮の状態を分析してくれます。

これにより、自分が現在ハゲであるのか、またそうであればその原因や、行うべき適切な対策を医師やカウンセラーから聞くことができます。

特に近年の医学的分類ではハゲ(薄毛)の種類は多岐にわたりますが、自分がどのパターンのハゲであるかを理解することは今後の治療の指針としても大変重要です。

ハゲの進行パターンの分類として有名なものには「ハミルトン・ノーウッド分類」と呼ばれるものがあります。

ハミルトン・ノーウッド分類

このハミルトン・ノーウッド分類は、額の生え際の脱毛の進行状況をⅠ型からⅦ型までに分類したもので、多くのクリニックでは薄毛の進行や改善を明確化にするために用いられています。

自分がどれに当てはまるのかも、無料カウンセリングで見てもらえる場所は多いです。

クリニックも多いため迷ってしまう人は、人気の「東京スカルプクリニック」がおすすめです。

東京スカルプは数あるクリニックの中でもトップクラスの低価格設定で、カウンセリングだけでなく血液検査や初診料も無料という人気のクリニックです。

非常におすすめできるAGAクリニックですので、少しでもハゲが気になるのであればまずは気軽に無料のカウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

治療薬で改善する

ハゲ(薄毛)の原因の大半としては、男性ホルモンの影響によるものがあります。

この男性ホルモンの影響によっておこるハゲは進行性であり、生活習慣の見直しなどではなかなか改善の効果が現れにくいと言った特徴があります。

このように非常に厄介な男性ホルモンの影響によるハゲを改善できる唯一の方法が、薄毛治療薬などと呼ばれている医薬品の使用です。

ハゲを治すことのできる医薬品の中でも、医学的な発毛効果が認められているものとして「プロペシア」「ザガーロ」「ミノキシジル」があります。

プロペシアは、フィナステリドを有効成分とした内服薬です。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、還元酵素の働きを阻害することで、男性ホルモンであるテストステロンのDHT化を防ぐ働きがあります。

プロペシアを服用することで抜け毛は改善し、男性ホルモンの影響を受けていない健康で太い丈夫な髪が生えてくるようになります。

ザガーロはデュタステリドを有効成分とする内服薬ですが、基本的にはプロペシアと同様の薬効を持ちます。

しかし、ザガーロの有効成分であるデュタステリドは、フィナステリドでは阻害することができない還元酵素に対しても阻効効果があるため、さらに高い効果が得られるようになっています。

ミノキシジルは、血管拡張の作用を持つことから、もともとは高血圧症の治療薬として開発されていた医薬品成分です。

しかし、血管拡張作用によって毛根への酸素や栄養素の供給を増やし、積極的な発毛を起こせることが明らかになったため、現在では薄毛治療薬として使用され、内服薬や外用薬が存在しています。

また、ミノキシジルには血管拡張作用以外にも、毛母細胞を直接刺激することで細胞分裂を促し、積極的な発毛を可能にする効果も認められています。

白髪を改善するには?

白髪が発生するメカニズムに関しては前述しましたが、基本的には加齢やストレス、紫外線、栄養不足、睡眠不足などが原因となることでメラニン色素の生成が減少して白髪が発生します。

このため、白髪を予防、改善するにはこれらの対策を行えば良いということになります。

中でも特に効果が現れやすいものとして食生活の改善が挙げられます。

近年の研究では、髪に色を与えているメラニン色素の生成に必要なチロシナーゼという酵素は、銅(ミネラル)が含まれていることが明らかにされています。

このことから、銅を含んだ食材を積極的に摂取する習慣を見に付けることは有効な白髪対策になります。
銅を多く含んだ食材には、牛レバー、豚レバー、牡蠣、うなぎ、納豆、いか、たこ、干しえびなどがあります。

白髪を防ぐためには、銅を多く含んだ上記の食材を積極的に取り入れながらも各種栄養素のバランスがとれた食生活を行うことが大切です。

その他にも、健康で黒い髪を保つためには、銅と同じくミネラル類であるカルシウムの摂取も重要となります。

カルシウムには、チロシナーゼを使ってメラニン色素を生成するメラノサイトの働きを活性化させる効果があります。

カルシウム小魚や乳製品、小松菜など日常的にも摂取しやすい食材に豊富に含まれているので、不足することのないようにしましょう。

どうしても普段の食事からでは銅やカルシウムが不足してしまう場合は、サプリメントで補うという方法もあります。

もちろん、食生活と同時に、ストレスを溜めないようにし、十分な睡眠をとるようにすることも大切です。

白髪とハゲに関するよくある筆問

白髪とハゲの因果関係については疑問を持っている方がいまだに多くいます。

ここではそのように白髪とハゲの関係について疑問を持っている方が抱えている悩みと、その答えを紹介しています。

若白髪と若ハゲの関係性は?

「若白髪があればハゲない」などと言われていたり、あるいはそう思っている方もいるでしょう。

しかし残念なことに、若白髪の人でも若ハゲになってしまう可能性は十分にあります。

それは、白髪もハゲもそれぞれがまったく異なるメカニズムによって発生していることからも説明ができます。

すでに説明している通り、ハゲは主に男性ホルモンの影響によって起こりますが、白髪はメラニン色素の欠乏によって起こる症状です。

そのために、どちらかが起こればもう一方が起こらないなどというようなことはありません。

お酒の飲みすぎは?

お酒の飲み過ぎは白髪の増加にもハゲの進行にも繋がってしまう可能性があります。

適度の飲酒であれば、リラックス効果や血行の促進効果によって白髪やハゲの予防にも繋がります。しかし、お酒が好きな人であるほど適量の飲酒というのは難しいものです。

過度の飲酒はむしろ睡眠の質を著しく低下させ、白髪とハゲ、どちらの原因にもなってしまいます。

また、体内のアルコールを分解する際には、ビタミンCや亜鉛といった髪の成長に欠かすことのできない栄養素が大量に消費され、このこともハゲの進行に繋がってしまいます。

その他にも、お酒を飲む際におつまみとして食べるものには、揚げ物や味付けの濃いものが多いことなども、皮脂の分泌を増やし頭皮環境を悪化させることで、ハゲの原因となってしまいます。

食事改善でどこまでできる?

食生活の改善は、白髪対策としてもハゲの対策としてすぐにでも始められる方法です。

髪を作っているのは普段の食べ物であるために、食事から摂取する栄養素は特に重要です。

食生活の改善は効果がある場合もありますが、特に男性ホルモンの影響によって起こっているハゲに対しての確実な改善効果はあるとは言い切れません。

しかしだからと言って、普段の食生活をおざなりにしてしまえば、白髪やハゲが起こる可能性は大きく高まってしまいます。

このことから、正しい食生活を送ることは、白髪やハゲの改善策としてではなく、療法を予防するためのマストな習慣と言うことができます。

白髪とハゲにについてまとめ

白髪とハゲの関係について説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

白髪の人はハゲないというのは医学的な根拠のない噂話であり白髪であってもハゲてしまう可能性は大いにあるということは理解いただけたかと思います。

現在は、ハゲの原因の大半である男性ホルモンの影響は、適切な医薬品による治療を行うことで改善できる時代です。

今現在若白髪があるからハゲないと安心しているような方でも、多少なりともハゲが気になった際はAGAクリニックの行う無料カウンセリングを受けてみるのがおすすめです。

ハゲは進行性であり、対策は早ければ早いほど効果もあり、かかる費用も少なくすむのです。

都内では「東京スカルプクリニック」が人気です。

無料カウンセリングで無理な勧誘もなく、血液検査や初診料も無料なので男女とも気軽に話を聞きに行くことが可能です。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

この記事を書いた人 しゅんすけ

まだ20代だけどおでこの方がかなりきている若ハゲ。無料カウンセリングを色々受けてどこで治療しようか悩んでいる最中。父親は40代でツルツル。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる