石鹸シャンプーは薄毛改善に効果的?

石鹸

「石鹸シャンプー」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

昨今では石鹸シャンプーというジャンルのシャンプーが一定の人気を持っており、その中でも「無添加」「オーガニック」などのカテゴリーの商品は特に人気で、話題になることが多くあります。

また、石鹸シャンプーには薄毛に効果的と言われてもいます。

ここでは、石鹸シャンプーが本当に薄毛に効果があるのか、石鹸シャンプーのメリットやデメリットについて説明しています。

石鹸シャンプーとは?

石鹸シャンプーとは、広義の意味では固形の石鹸をシャンプーとし使用する行為を指す場合もありますが、ここでは「パーム(天然の植物油脂)などの石けん成分が主体のシャンプー剤」のことを指して石鹸シャンプーと呼んでいます。

石鹸シャンプーは、高級アルコール系シャンプーやアミノ酸系シャンプーなど、他のタイプのシャンプーと比べると非常にシンプルな成分のみで作られています。

人工的な香料なども含まれていない場合がほとんどで、各メーカーや商品によっては保湿成分などがわずかに含まれていることがある程度です。

石鹸シャンプーは化学的な成分が添加されていないので、頭皮がデリケートな人でも安心して使用できるシャンプーとして注目されています。

無香料の商品も多いので、シャンプーの人工的な香りが苦手な方からも支持されています。

石鹸シャンプーは薄毛に効果あり?

石鹸シャンプーの薄毛への効果には賛否がありますが、結論から述べると、確実に薄毛への効果があるとは言い切れません。

そもそも、石鹸シャンプーというのは薄毛対策用のシャンプーではないので、過剰な期待をしてしまうことは禁物です。

そして、石鹸シャンプーが薄毛に効果があるかというのは頭皮の状態や髪の質によっても異なってきます。

例えば、頭皮がデリケートで傷つきやすい人や、もともとの皮脂の分泌量が多い人には石鹸シャンプーの使用することで薄毛への効果があるかもしれません。

これは石鹸シャンプーには化学的な洗浄物質や添加剤が含まれていないため、デリケートな頭皮に対しても刺激が少ないこと、石鹸シャンプーはアルカリ性の性質を持ち、皮脂に対する洗浄力に関して優れていることが理由として挙げられます。

このようなことから、石鹸シャンプーを使用することで頭皮環境の改善効果、つまり薄毛の改善が期待できるのという訳です。

しかし、もともと頭皮の皮脂の分泌量が少ないことが薄毛の原因になっていたりする場合などは、石鹸シャンプーの使用が逆効果になってしまうこともあります。

また、アルカリ性の石鹸シャンプーは髪のキューティクルを開かせてしまう効果があるため、シャンプーのあとはしばらく髪が外部からのダメージに弱い状態になります。

このときしっかりケアをしなければ、ダメージで髪がやせ細ってしまい髪は全体的に薄くなりボリュームを失うこともあり得ます。

石鹸シャンプーのメリット

石鹸シャンプーを使用するメリットには以下のようなものがあります。

●価格が安価
石鹸シャンプーは、原材料のほとんどがパーム(天然の植物油脂)であり、香料や添加時などほとんど含まれていないため、多くの商品が安価な価格で販売されています。
シャンプーという毎日使用するものの場合、価格の違いは大きな差になってきます。

●さっぱりとした独特の洗い上がり
石鹸シャンプーを使用すると、最初は戸惑うかもしれませんが石鹸特有の洗浄力で、独特のさっぱりとした洗い上がりになります。

石鹸シャンプーの種類によっては髪がキュッキュときしむような感じがすることもありますが、これは、石鹸シャンプーによって髪がアルカリ性に傾いているためです。

また、石鹸シャンプーは高い洗浄力を持っていますが、固形の石鹸に比べれば洗浄力は弱く、ちょうど良い洗浄力であると言うこともできます。

●頭皮や全身の肌にも優しい
天然界面活性剤である石鹸成分は肌に合わない人がほとんどいないため、頭皮の荒れや手荒れなどの肌トラブルの心配が少ないこともメリットの1つです。

また、香料や保存料、着色料などの添加物もほとんど含まれていない無添加の製品も多いため、デリケートな肌の人でも安心して使用できます。

●環境にやさしい
石鹸シャンプーの主成分はパーム(天然の植物油脂)であるため、環境にも優しい商品です。

石鹸の成分は天然由来であるため速やかに分解され、排水が自然に与える影響も最小限に抑えることができます。

●コーティング材などを使わないので髪が本来の状態になる
一般的なシャンプーやコンディショナー、トリートメントには、髪に滑らかな指通やツヤを与えたり、、きしみを防ぐためにシリコンが配合されています。

シリコンが配合されたシャンプーやコンディショナー、トリートメントを使うと髪の滑らかさやツヤは出ますが、それと引き換えに髪の一本一本は重くなり、髪のボリュームが出にくくなってしまうことも多くあります。

この点、シリコンが含まれていない石鹸シャンプーであれば、シリコンが髪を重くしてしまうこともないため、髪にコシが出てふんわりと根元から立ち上がり、髪全体のボリュームがアップする効果も期待できます。

石鹸シャンプーのデメリット

石鹸シャンプーには以下のようないくつかのデメリットもあります。

●髪がきしんだりごわついたりする
石油系シャンプーや高級アルコール系シャンプーには、シリコンなど様々なコーティング剤や添加物が入っているため、洗い上がりは髪をしっとり滑らかにまとめてくれます。

一方で、石鹸シャンプーや高級アルコール系シャンプーにはコーティング剤や添加剤が入っていないため、洗い上がりの髪はキューティクルが開いた状態になっているので、きしんだりごわついたりしてしまいます。

●必要な皮脂まで落としてしまう
石鹸シャンプーは、人間の肌にも環境にも優しいシャンプーですが、石油系シャンプーや高級アルコール系シャンプーに比べると洗浄力は高めです。

もともとの頭皮の皮脂の分泌量が多い人であれば、皮脂がしっかりと落とされることで頭皮環境の改善に繋がり、抜け毛が減ることもあります。

しかし頭皮が乾燥している人などは、頭皮を保護するために最低限必要な皮脂まで落としてしまいます。

すると、防御機能によって頭皮は皮脂を過剰に分泌し始め、頭皮の状態は髪にとっては余計に悪くなってしまいます。

頭皮が乾燥した人が石鹸シャンプーを使用すると、このようにして抜け毛が増えてしまうこともあるのです。

●カラーやパーマなどで痛んでいる髪には不向き
石鹸シャンプーはカラーやパーマなどによって髪が傷んでいる人には向きません。

石鹸シャンプーには髪を保護する添加剤などは含まれておらず、洗い上がりの髪はキューティクルが開いたデリケートな状態になってしまいます。

これはもともと傷んでいる状態の髪にとっては良くありません。

それに加え、弱アルカリ性であるために、カラーやパーマが落ちやすくなってしまうというデメリットもあります。

●石鹸カスが発生して髪がベタつくことがある
「石鹸カス」という言葉はあまり聞き慣れないかも知れませんが、水垢とも呼ばれ、石鹸の成分が水に含まれるカルシウムイオンなどと反応したり、洗浄した汚れと結びついて発生するものです。

普段から石鹸で体を洗っていると、浴室の床などに垢のような汚れが発生するのを経験した方もいらっしゃるかもしれませんが、それが石鹸カスや水垢と呼ばれるものです。

石鹸カスが髪や頭皮に現れると、髪のきしみやべたつきの原因になることがあります。

石鹸シャンプーを自作する

ここまでの内容をお読みいただいて、石鹸シャンプーに興味を持たれた方もいらっしゃるかもしれません。

「でも、どれを買えばいいのかわからない・・・」と迷う前にちょっと待ってください。

シンプルな材料のみで作られている石鹸シャンプーは、実は自宅にあるもので簡単に作ることができるのです。

以下ではベーシックで簡単なレシピを紹介していますので、石鹸シャンプーが少しでも気になった方は手作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

●材料

  • お湯(400cc)
  • 石鹸(90g) ※石鹸は、お好みのものをご使用ください
  • はちみつ(スプーン1杯程度)

●作り方

  1. おろし金で石鹸をすりおろして粉々にします
  2. 石鹸が完全に粉になったら用意しておいたお湯を少しずつ加えながら混ぜ合わせます
  3. 石鹸とお湯をまんべんなく混ぜ合わせ、とろみが出てきたら3時間ほど放置します
  4. スプーン1杯程度のはちみつを混ぜます

以上で完成です。時間はかかりますが、作り方はとても単純です。

はちみつを入れることで泡立ちが良くなり、乾燥による頭皮の痒みを抑え、髪にも潤いを与えてくれます。

はちみつに加えて、小さじ1杯程度のオリーブオイルを入れるのも良いでしょう。人間の脂肪酸とよく似ているオレイン酸を多く含んだオリーブオイルは洗い上がりの髪に潤いを与えてくれます。

リンスやトリートメントはすべき?

石鹸シャンプーを使用して髪を洗ったあとは、どうしても髪がきしんだりごわついたります。

これは石鹸シャンプーの弱アルカリ性の性質によって、洗い上がりの髪のキューティクルが開いた状態になっているためです。

この髪がアルカリに傾いた状態を中和するには、弱酸性のリンスやコンディショナー、トリートメントを使用するのが確実な方法です。

髪本来の性質である弱酸性のリンスやコンディショナー、トリートメントを使用することで、アルカリ性に傾いた髪は弱酸性に戻りキューティクルが閉じ、さらさらとし洗い上がりになります。

洗髪を石鹸シャンプーだけで済ましてしまうと、どうしても洗い上がりのきしみやごわつきが気になってしまう方も多いと思います。

石鹸シャンプーは、弱酸性のリンスやコンディショナーをセットで使うように覚えおきましょう。

薄毛を確実に改善するには?

石鹸シャンプーは、頭皮の過剰な皮脂を落とすことで人によっては薄毛の改善が期待できるかもしれません。

しかし、薄毛の原因は様々であり、薄毛を確実に改善したいのであればシャンプーではなく医薬品による治療を行うべきです。

薄毛の改善に対して、医学的な効果が認められている成分は「フィナステリド」「デュタステリド」「ミノキシジル」です。

これらの医薬品は、基本的にはAGAクリニックなどの医療機関でのみ処方されますが、病気でもないのに医療機関の受診が必要と聞くと、躊躇してしまう方もいられるかと思います。

また、「高額な初診料や診察代を請求されるのでは・・・」と不安になる方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、AGAクリニックでは無料のカウンセリングを行なっているところが多く、自分の薄毛の原因から、医薬品による治療が必要かどうか、治療にかかる費用までを細かく教えてもらうことができるのです。

もちろん強引に治療の契約を勧められるようなことはありません。

現在では多くのクリニックが無料のカウンセリングを行なっていますが、都内で人気なのは「東京スカルプクリニック」です。

東京スカルプクリニックではカウンセリング、初診料、血液検査が無料であることに加え、治療を行ったとしても全国トップクラスの低価格設定です。

リーズナブルなだけでなく、実際に治療を受けた患者さんの発毛実感率は99.8%という、高い実績も兼ね備えています。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

石鹸シャンプーと薄毛改善についてまとめ

石鹸シャンプーは薄毛に効果があるのかということを、メリットやデメリットなどを交えて説明してきましたがいかがでしょうか。

石鹸シャンプーは化学的キナ添加物が含まれていないことから敏感な頭皮にも使用することができますが、洗浄力は高いために皮脂を落としすぎてしまうという面もあります。

このため、石鹸シャンプーで頭皮環境を改善し、薄毛対策が行えるのは、頭皮の皮脂の分泌量が多い人であると言えます。

しかし、石鹸シャンプーは医薬品ではないため、確実な発毛効果がある訳ではありません。

確実の薄毛を改善したいのであれば、AGAクリニックが処方している医薬品による治療を行うのが最良の選択です。

この記事を書いた人 みっちゃん

産後脱毛を経験してから薄毛に敏感になった一児のママ。若い頃よりもボリュームが減ってるため生活習慣から栄養までこだわるようになった。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる