女性の発毛剤はある?その効果も徹底調査!

髪を気にする女性

近年では、女性の深刻な薄毛が増加しているという調査結果が出ています。

その背景としては、社会から受けるストレス要因が多様化したことに加え、社会に出て働く女性が増えたこと、カラーリングやパーマで髪や頭皮にダメージを蓄積させてしまう女性が増えたことなどがあります。

このようなこともあり、近年では女性用の育毛剤や養毛剤、薄毛を隠すためのウィッグなどが多く販売され、女性の薄毛対策としては一般的になっています。

しかし、女性用の「発毛剤」も存在することはあまり知られてはいません。

発毛剤とは、育毛剤や養毛剤よりも効果の高い医薬品成分を含んだ製品を指します。当然、育毛剤や発毛剤よりも高い発毛効果を期待することができます。

ここではそんな女性用の発毛剤について詳しく説明しています。

女性用の発毛剤はある!

女性用の発毛剤は市販されているものもありますが、AGAクリニックなどの医療機関で処方薬として取り扱われているものもあります。

この両者にはかならい大きな違いがあるのでよく覚えておきましょう。

以下では市販の女性用発毛剤、AGAクリニックで処方される女性用の育毛剤、それぞれについて説明しています。

市販だと数が限られる

薄毛を改善する発毛剤と言えば男性向けの製品であるというイメージを持つ方が多いかも知れませんが、実際にはそうであり、現在市販されている発毛剤の大半が男性向けの製品です。

2019年現在、唯一女性向け発毛剤として市販されている発毛剤としては、男性用発毛剤であるリアップでもおなじみの、大正製薬が製造する「リアップジェンヌ」があります。

リアップジェンヌは、ミノキシジルという医学的に発毛効果が認められた医薬品成分を1%の濃度で配合しているローションタイプの外用薬で、第1類医薬品に分類されています。

血管の拡張作用があるミノキシジルは、もともとは高血圧症の治療薬として開発された成分でした。

しかし、臨床試験の被験者からは「薄毛が治った」「毛深くなった」などの副作用が相次いで報告されたために、薄毛治療薬の成分としての研究が進められ、現在は発毛剤として使用されています。

ミノキシジルの血管拡張作用は、頭皮の毛細血管を拡張させることで毛根への酸素や栄養素の供給量を増やし、積極的な発毛を実現しています。

現在市販されている女性用の発毛剤はこのリアップジェンヌのみですが、リアップジェンヌは第1類医薬品であるため、薬剤師からの対面販売でなければ購入することはできません。

クリニックでの処方が確実

市販品されている女性用の発毛剤にはリアップジェンヌがありますが、AGAクリニックで処方される発毛剤はどのように違いがあるのでしょうか。

結論から先に述べれば、薄毛を確実に治療するにはAGAクリニックで処方される発毛剤が一番です。

AGAクリニックで処方される女性用発毛剤も、市販品と同じ様にミノキシジルを有効成分としています。

しかし、クリニックで処方される発毛剤は市販のものとはことなり、クリニックオリジナルの配合がされているものがほとんどです。

また、患者さんの体質や薄毛の進行状況などに合せて、オーダーメイドで調合を行ってくれるクリニックもあるなど、市販されている発毛剤とは一線を画しています。

そのようなことから、当然市販のものよりもさらに高い発毛効果があり、短期での薄毛改善も可能になります。

クリニック処方の発毛剤を勧める理由はそれだけではありません。

発毛剤の有効成分であるミノキシジルは強力な発毛効果を持つ医薬品成分ですが、その反面副作用のリスクも高まる成分です。

クリニック処方の発毛剤であれば、ドクターが患者さんの体質や体調、薄毛の進行度合いから効果と副作用のリスクのバランスを考え、ベストな成分量の発毛剤を処方してくれます。

万が一副作用が出てしまったときのフォローも行ってくれるので、安心、安全の面でもクリニックで処方される発毛剤がおすすめです。

無料カウンセリングで様子見

発毛剤を使用するならAGAクリニックで処方されるものがおすすめであることは説明しましたが、医療機関の受診というのは、どうしてもハードルが高く感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。

そのようにお考えの方に知っていただきたいサービスとして、現在多くのAGAクリニックが行なっている無料のカウンセリングがあります。

この無料のカウンセリングとは、ドクターや専門の知識を持ったカウンセラーが、問診やマイクロスコープなどを使った頭皮や髪の分析によって薄毛の原因や進行度合い、適切な治療方法を教えてくれるサービスです。

治療にかかる金額などの質問や相談もできるので、金銭面での不安がある方にも無料カウンセリングはおすすめできます。

また、無料カウンセリングから得られる自身の薄毛の原因は、今後薄毛改善を行う上でも重要な情報でもあります。

それだけでなく、無料カウンセリングでは生活習慣改善のアドバイスをしてもらえたり、生活習慣に関する疑問に答えてもらうこともできます。

このようにAGAクリニックの無料カウンセリングは、無料とはとても思えないほど多くのメリットがあります。

無理に治療を勧められるようなことはありませんので、少しでも薄毛が気になっているのであれば、様子見としても、ぜひ無料カウンセリングは利用したいサービスです。

クリニック選びに迷ってしまう方も多くいらっしゃることでしょう。

そのような方には、女性に人気な「東京スカルプクリニック」がおすすめです。

東京スカルプクリニックはリーズナブルな料金設定で、若い方や女性にも利用しやすいクリニックとして人気を集めています。

リーズナブルなだけでなく、発毛剤以外にも内服薬や施術など、様々な薄毛治療を行なっており、東京スカルプクリニックでは治療を受けた方の99.8%が発毛を実感しています。

プライバシーも守られているため、ぜひ候補として覚えていただきたいAGAクリニックです。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

発毛剤が向いてる人

女性用の発毛剤について、市販品とクリニック処方のものの違いなどを説明してきましたが、ここではそもそもどのような人が発毛剤を使用すべきかを簡単に説明していきます。

まず発毛剤とは、医薬品であるという点で医薬部外品や化粧品に分類される育毛剤、養毛剤、育毛トニック、育毛シャンプーなどの商品とは決定的に異なります。

女性用発毛剤の有効成分であるミノキシジルは、医学的にも高い発毛効果が認められている医薬品成分です

AGAクリニックでの処方が推奨されますが、市販のものを購入するにしても薬剤師からの対面販売でなければ購入ができません。

これはそれだけ慎重に使用しなければならないということであり、その分高い発毛効果があるということでもあります。

このようなことから、女性用発毛剤を使用すべきなのは、薄毛がある程度以上進行している方や、これまで育毛剤などの医薬部外品による対策を行なっても効果がなかった人であると言えます。

薄毛の進行状況などは専門家による客観的な判断をしてもらうのが確実なので、前述したAGAクリニックが行う無料のカウンセリングを利用するのがおすすめです。

副作用は大丈夫?

女性用発毛剤の有効成分であるミノキシジルは、副作用が出てしまう可能性があるということは前項でも多少ふれました。ここではミノキシジルの副作用について詳しく説明しています。

まず、女性用発毛剤は外用薬であるために、発症する可能性がある副作用も皮膚への症状が大半です。 ミノキシジル外用薬の副作用については以下のようなものがあります。

  • 頭皮の発疹、発赤
  • 頭皮のかぶれ、フケ、使用部位の熱感等
  • 頭痛、めまい、気が遠くなる
  • 胸の痛み、心拍が速くなる
  • 体重増加、手足のむくみ、
  • 接触皮膚炎、湿疹、脂漏性皮膚炎

これらの副作用はミノキシジルの濃度が高いほど発症しやすくなります。

これらの中でも最も発症する確率が高い皮膚のかぶれや発疹ですがその確率はおよそ8%という調査結果がメーカーからは発表されています。

このような副作用が発症した場合は、直ちに発毛剤の使用を中断し、医師による診療を受けてください。

育毛剤と発毛剤の違い

発毛剤や育毛剤、両者の違いはいまひとつ認識されていないのが現状です。ここでは発毛剤と育毛剤の違いを簡単にまとめておきましょう。

まず、育毛剤と呼ばれる製品は医薬部外品、化粧品に分類されるものが大半です。

医薬部外品や化粧品は、あくまでも髪や頭皮を清潔に保つことが目的であり、積極的な発毛効果については期待することができません。

一方で発毛剤と呼ばれる製品には、医学的発毛効果が認められている成分が含まれている場合が大半です。

女性用の発毛剤には発毛成分としてミノキシジルが含有されていますが、このミノキシジルの外用は、日本皮膚科学会が提唱している「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」において最高の推奨度であるAランク(行うよう強く勧める)とされています。

このようなことを踏まえ、発毛剤というのは育毛剤とは異なり、積極的な発毛による薄毛の改善が望める製品であるということを覚えておきましょう。

女性用発毛剤についてまとめ

女性用の発毛剤があるということや、市販のもの、クリニック処方のものでは違いがあるということを説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

女性の薄毛も進行性である場合が多いので、少しでも現在の薄毛が気になるのであれば、発毛剤に使用を検討するのは間違いではありません。

その際には市販のものよりもクリニックで処方してもらう発毛剤の方がより確実で高い効果があり、短期での改善も期待できます。

まずは無料のカウンセリングを受け、自身の薄毛の原因や、発毛剤の使用が必要かどうかをはっきりさせるのが今後のためにもなります。

この記事を書いた人 みっちゃん

産後脱毛を経験してから薄毛に敏感になった一児のママ。若い頃よりもボリュームが減ってるため生活習慣から栄養までこだわるようになった。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる