毛根が白いのは病気?良い毛根と悪い毛根とは

髪の毛気にする男性

自分の抜け毛を見たとき、毛の根元の部分が白い状態になっていることがあります。

これは普通の状態なのか、または何かしらの異常があるのかと気になったり不安になったりすることもあるのではないでしょうか。

結論から言えば抜け毛の根元である毛根が白くても問題はありあせん。

ただし、それだけでは髪の健康状態は判断ができず、悪い毛根も中にはあります。

ここでは毛根が白いことに関して、良い毛根や悪い毛根、毛根を正常な状態に戻すための方法などを説明しています。

良い毛根は白い!

正常な毛根は、白い色をしているのが自然なことです。

髪は成長をするときに、メラニン色素を吸収することで黒などの色を持ちます。

完全に成長しきった髪の毛は、毛根部分のメラニン色素が毛先に向かって吸収され、毛根部分は白色に変化していきます。

つまり、毛根部分が白い色をしている抜け毛は完全に成長している証拠であると言えます。

なにかの病気であったり異常ということはありませんので安心しましょう。

さらに毛根の形に関して言えば、根元がマッチ棒のような形に膨らんでいて、毛先に向かうほど細くなっているのが理想的な毛根の状態です。

また、毛根部分の白いものは「毛根鞘(もうこんしょう)」である可能性もあります。

この毛根鞘は毛母細胞から生成される毛根の一部であり、毛根と頭皮を結びつける働きがあるものです。
抜け毛の根元にこの毛根鞘が見られるのも異常なことではありません。

しかし注意も必要

毛根の白い付着物は毛根鞘以外である場合もあります。

大きな白い塊で粘り気を伴っているような場合は、毛穴の中で固着した皮脂である可能性が高くなります。

頭皮が健康な状態であっても、毛穴からは自然に皮脂が分泌されます。

適度な皮脂は頭皮を保護するためにも必要なものですが、日常的なシャンプーが上手くできているのであればこの頭皮の皮脂のバランスは多すぎず少なすぎない理想的な状態を保っているはずです。

しかし、抜け毛を見たときに皮脂が毛の根元に粘つく大きな白い塊となっているような場合は、頭皮の皮脂が過剰な状態であり頭皮環境も悪化している可能性があります。

このような状態からは、皮脂が原因となってフケが発生したり、脂漏性皮膚炎を発症してしまう可能性もあります。

特に脂漏性皮膚炎は治りも遅く、脱毛を伴うことがあるため、早期の対処が必要です。

まずはシャンプーを見直すことが重要ですが、洗浄力の強いシャンプーを使用している場合は注意が必要です。

石鹸シャンプーや高級アルコール系などの洗浄力の強いシャンプーは必要な皮脂まで落としてしまい、体の防御機能によって皮脂が過剰に分泌されてしまうことになります。

そのような場合はアミノ酸系シャンプーなどの洗浄力の高すぎないシャンプーを使用するようにしましょう。

悪い毛根もある

正常な毛根については説明しましたが、当然、健康状態が芳しくない悪い毛根というのもあります。

以下では悪い毛根の特徴などを説明しています。

毛根がない

抜け毛を確認しても髪の根元である毛根部分がない場合はいくつかの原因が考えられます。

まずは自然な抜け毛ではなく、無理な力によって髪が途中からちぎれてしまったような抜け毛です。

数本であれば問題ないのですが、このような毛が何本もある場合は頭皮への負担となってしまいますので、頭皮や髪に無理な力などがかかっていないか見直して改善する必要があります。

次に考えられるのは、髪の成長に必要な栄養が不足しているために毛根が成長せず、抜け毛に毛根がないような状態になっている場合です。

三番目に考えられる原因としては、円形脱毛症である可能性があります。円形脱毛症とは免疫の過剰反応などにより毛根自体が破壊されて起こる脱毛症です。

難治性の円形脱毛症では、今後さらに急速な脱毛が起こる可能性も高く、医師による早急な治療が必要となります。

先がとがっている

毛根がない場合とも似ていますが、抜け毛の毛根が細くとがっている場合も注意が必要です。

毛根が針のように細くとがっている場合にまず考えられるのは髪への血行不良などによる栄養不足です。

栄養が不足しているために毛根部分も十分な成長が行われず、痩せ細っている状態です。この状態の髪は非常に抜けやすく少しの力がかかるだけで抜け落ちてしまうことも多くあります。

また、毛根が細くとがっている場合は精神的なストレスが原因である場合も多くあります。過度のストレスは自律神経のバランスを乱し、毛根の形に影響を与えてしまうのです。

もうひとつ、毛根の形がとがっている場合に考えられる原因としてはホルモンバランスの乱れがあります。
女性に特に多いケースですが、体内の女性ホルモンが減少して男性ホルモンが優位な状態になると毛根の成長に異常が現れ細くやせ細った抜けやすい毛根なってしまいます。

毛根の形が悪い

抜け毛の毛根を確認してみて、ギザギザしていたりよじれていたり、形がいびつである場合も髪に何らかの異常がある可能性が高くなります。

原因として特に多いのは、この場合もストレスやホルモンバランスです。

女性に多い薄毛の症状であるびまん性脱毛症の場合も、抜け毛にはこのような形の毛根が見られます。

毛根の先からさらに細いひげの様なものが生えている場合も、要注意です。

この細いひげの様な毛は、髪が新しく生えてきているにもかかわらず、頭皮に根付くことができずに抜け落ちてしまっている場合に見られます。

この場合の毛根はまだ生きているので、適切な改善方法によって健康な髪を取り戻すことはできます。

毛根が大きい

十分な栄養が生きわたっている髪は太くたくましく、毛根部分も丸々と大きな見た目をしています。

毛根が丸々と大きく膨らんでいる場合は正常に成長した毛根であり、通常のヘアサイクル(毛周期)によって役割を終えた自然に抜け落ちている場合がほとんどです。

ただし、よく見てみると髪の毛根そのものでなく白い塊が大きくついている場合は注意が必要です。

そのような白い塊は毛根ではなく分泌された皮脂が毛穴の中で固まったものである可能性が高くなります。

この皮脂の塊による毛穴のつまりは髪の成長を妨げるので抜け毛に繋がってしまいます。

このような場合は皮脂の分泌が過剰になっていたり、正しいシャンプーが十分に行われていなかったりすることが考えられます。

毛根が黒い

毛根全体が黒ずんでいる場合も注意が必要です。

完全に成長した髪の毛根は、メラニン色素が毛先に向かって吸収されるために白い色をしているということは前述しました。

しかし反対に、毛根が黒い場合は完全に成長できていない髪であるということになります。

また、健康な状態の毛根は黒ずむことはありません。これは血流が良く栄養素や酸素を十分に吸収できているためです。

しかし、ストレスによる自律神経の乱れや体の冷えなどによって血流が滞ると、十分な栄養素や酸素を供給することができず、毛根は徐々に黒ずんでいきます。

黒ずんでいる毛根がすべて異常という訳ではありませんが、その他の抜け毛もよく観察して毛根が黒ずんでいないか確認するようにしましょう。

薄毛の進行も判断できる

悪い状態の毛根の形を説明しましたが、毛根の形は薄毛の原因や進行を知る手がかりにもなります。

毛根の形が細くとがっている抜け毛が多い場合や、本来白いはずの毛根が黒ずんでいる抜け毛が多い場合は髪の栄養不足による薄毛が進行している可能性が高くなります。

毛根部分に大きな白い塊がついた抜け毛が多く見られる場合では、皮脂の異常分泌や十分なシャンプーが行われていないことによる頭皮環境の悪化が原因となった薄毛が進行している可能性があります。

毛根の形がいびつであったりよじれていたりする抜け毛が多い場合も、ストレスやホルモンバランスが原因の薄毛が進行している可能性が高くなります。

このように、抜け毛の毛根の状態を確認することは健康状態だけでなく薄毛の原因や進行を知る手掛かりにもなるのです。

ただのゴミとして処理してしまうことが多いかもしれませんが、抜け毛の毛根の色や形を確認する癖をつけることで髪の異常に早く気が付くこともできます。

正常な毛根にするには?

毛根の状態が正常な状態であれば、髪は健康であると言えます。以下では白く大きな毛根を持った健康な髪を作るための方法を説明しています。

普段から行えることが多いので、十分に確認しておきましょう。

食生活を改善

健康な髪を育むためには、普段の食事から十分な栄養が摂取できている必要があります。筋肉や骨と同様に、髪もまた毎日に食事によって作られているのです。

健康な髪の成長にとって特に重要な栄養素としては以下の3つが挙げられます。

  • タンパク質
  • 亜鉛
  • ビタミンB

髪の毛のおよそ80%はケラチンというタンパク質から作られているため、髪の毛はタンパク質からできているとも言えます。

このために良質なタンパク質を十分に取ることが健康な髪を作るために不可欠になるのです。

タンパク質は肉類や魚介類、卵、豆類に含まれているために日常的に取りやすい栄養素でもあります。

しかし、炭水化物中心の食生活をしている場合は不足することも多いので、脂肪の少ない鶏肉や赤身のステーキなどは意識して食べるようにしましょう。

理想の摂取量は一日に自分の手のひらの大きさの肉を食べることと言われています。

亜鉛は摂取したタンパク質からケラチンを生成するために必要な必須ミネラルです。体内では合成することができないために髪の成長にとっても非常に重要な栄養素です。

牡蠣やレバー、うなぎなどに多く含まれていますが、亜鉛サプリメントも販売されていますので、不足しないように十分に摂取する習慣を身につけましょう。

ビタミンB群は代謝を活性化させ、健康な髪が育つ土台でもある頭皮の環境を整える働きがあります。
また、代謝の活性により細胞分裂を促し、髪の成長をサポートする効果もあります。

ビタミンBは豚肉、レバー、かつお、納豆などに多く含まれています。

シャンプーを改善

健康な髪を作り維持するためには毎日のシャンプーを見直すことも重要です。

髪や頭皮のためにおすすめしたいのは洗浄力の高すぎないアミノ酸系シャンプーです。

アミノ酸系シャンプーとは、洗浄成分である界面活性剤にアミノ酸を使用しているシャンプーで、頭皮を保護するために必要な皮脂まで落としてしまうようなことがなく、頭皮環境の改善にも最適です。

また、皮膚に与える刺激も少ないため、頭皮を炎症させてしまうようなこともありません。

シャンプーをするまえには、まず熱すぎないシャワーの温水で十分に髪を洗い流して濡らしておきましょう。

髪の汚れの大半はお湯だけで落とすことができるため、そのあとのシャンプーで余計な力をいれて髪や頭皮へ負担をかけることを防げます。

また髪を濡らしておくことでシャンプーの泡立ちも良くなります。

シャンプーを髪につけるときは必ず手で泡立ててから髪につけましょう。泡立てずに直接髪へつけてしまうと毛穴のつまりを起こしやすくなります。

髪を洗う際は、指の腹で頭皮をマッサージする感覚で力を入れすぎずに行いましょう。

ストレスを解消

人間の体は強いストレスを受けたりストレスを溜め込んだりすると、自律神経を乱してしまいます。

自律神経とは、日中の活動時や興奮時に活発になる交感神経と睡眠時やリラックス時に活発になる副交換神経によって構成され、体の働きを調整する機能などを持った重要な神経組織です。

ストレスによって自律神経が乱れると、交感神経が優位な状態になります。
交感神経には全身の血管を縮小する働きもあるため、全身の血行が悪化し、特にもともと細い血管が多い頭皮の血流は著しく悪化してしまいます。

これによって髪の成長に必要な栄養素や酸素の供給が滞り、髪はやせ細り、十分に成長することなく抜け落ちてしまいます。

このように、ストレスは抜け毛の原因の1つでもあり、髪にとって大きな悪影響を与えるものであるため、ストレスを受けないようにしたり、溜めないようにする対策が必要です。

様々なものからストレスを感じやすい現代社会では、一切ストレスを受けないようにすることは簡単ではありません。

なので、ストレスを適度に発散できる方法を見つけておくのが最大のストレス対策になります。

ストレスの発散方法には様々なものがあり、人によって異なりますが、代表的なものにはスポーツなどで体を動かしたり、好きなものを食べる、趣味に没頭したり旅行に行くなどがあります。

酒・たばこを控える

健康な髪のためには飲酒や喫煙も良くありません。1つずつ説明していきます。

まずは飲酒ですが、適度な飲酒は血行を促進したりリラックス効果をもたらしたりするため、髪にとってもプラスに働きます。

しかし、適量な飲酒というのは案外難しく、お酒が好きな人ほど飲みすぎてしまうものです。

飲酒を行なうと体内でアルコールを分解する際には亜鉛やビタミンなど、髪にとって重要な営養素が大量に消費されます。

この結果、髪の成長に使われるはずの栄養が不足し、髪は細く抜けやすくなっていきます。お酒を日常的に飲む習慣がある人は特に髪の栄養不足になりやすいと言えます。

体のためにはもちろんですが、お酒を飲む場合は適量を守るべきです。

毎日お酒を飲むのであれば、ビールであれば缶一本分、日本酒であれば一合(180cc)ほどが適度な飲酒量の目安です。

アルコール以上に体にとっても髪にとっても悪影響を与えるのがたばこです。

たばこは「有害物質の缶詰」「百害あって一利なし」と言われるほど、体にとっては悪い影響しかありません。

特にたばこに含まれる「ニコチン」という揮発性のアルカロイドは、体内に吸収されると全身の血管を収縮させてしまう働きがあります。

この働きによって頭皮の血行も悪化し、髪の成長に必要な栄養素の供給が滞り、髪は細く抜けやすくなってしまいます。

たばこを吸うことに関しては健康的なメリットもまったくないので、できれば禁煙を行なうべきです。

治療薬で改善する

丈夫で抜けにくい健康な髪を育てるためには生活習慣を見直すことも大切ですが、遺伝であったり男性ホルモンの影響で髪が弱っている場合は生活習慣を見直すだけでは改善が難しいこともあります。

そのような場合は治療薬を使うことで、確実に髪の毛の状態を正常に戻すことができます。

その治療薬は、「プロペシア」と「ザガーロ」という内服薬です。

これら2つは医学的にも効果の認められた医薬品で、髪を細く弱らせてしまう男性ホルモンの働きを阻害することで太くコシのある髪を取り戻します。

この作用により、薄毛の進行をストップさせることもできるため、現在では多くの薄毛患者さんがこの薬で薄毛を克服しています。

これらの治療薬は医師処方が必要な医薬品であるため、使用するのはAGAクリニックなどの医療機関を受診する必要があります。

頭皮環境を見てもらう

健康な髪を取り戻すためとは言え、医療機関の受診は人によってはハードルが高いものです。

なかなか踏み切れない方も多くいるかと思いますので、まずは自分が本当に医療機関で出される治療薬が必要なのかを知る必要があります。

そのために役に立つのが、AGAクリニックが行なっている無料のカウンセリングです。

AGAクリニックが行なう無料のカウンセリングでは、ドクターや専門知識を備えたカウンセラーが医療用マイクロスコープなどを使用して髪や頭の状態の分析を行います。

その結果から、自分に薄毛の進行が始まっているか、またその原因が男性ホルモンによるものなのか生活習慣によるものなのかなどを知ることができます。

行うべき治療方法やその費用、生活習慣のアドバイスについても聞くことができ、不明な点などを質問することができます。

現在では多くのAGAクリニックが無料のカウンセリングを行なっています。中でも男女ともに人気なのは都内にある「東京スカルプクリニック」です。

東京スカルプクリニックでは、プライバシーがしっかりと守られているうえに、無理に治療を勧めるようなことはないと明言しているため、多くの方が安心して相談しに行けるようになっています。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

白い毛根についてまとめ

毛根が白いのは病気であるのか、また正常な毛根や悪い毛根についても説明してきましたがいかができたでしょうか。

抜け毛の毛根部分を確認する習慣をつけるようにすれば、髪の起きている異常にいち早く気がつくことができます。

今まではあまり気にしていなかった方も、この機会に抜け毛を見つけたら毛根の色や形をチェックするようにしましょう。

そこで何かしらの異常が疑われる場合でも、自分だけで判断せずに、AGAクリニックが行う無料のカウンセリングを利用するようにしましょう。
AGAクリニックの無料カウンセリングでは確実な結果を知ることができます。

この記事を書いた人 しゅんすけ

まだ20代だけどおでこの方がかなりきている若ハゲ。無料カウンセリングを色々受けてどこで治療しようか悩んでいる最中。父親は40代でツルツル。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる