フケが多いと抜け毛は増える?改善方法は?

髪を気にする男性

髪に関する悩みの中でも「フケ」の悩みは多くの方が持っている悩みです。

そしてあまり知られていませんが、フケは抜け毛の増加や薄毛のサインである場合もあるのです。

ここではフケが発生する原因や、抜け毛との関係、フケによる抜け毛の改善の方法などを説明しています。

フケが多いと抜け毛も増える!

フケと抜け毛の関係について知る前にまずはフケについて知っておきましょう。フケがどのようにできるのかは意外と知られていないことでもあります。

フケは、漢字では頭垢や雲脂とも表記される、頭皮から発生する白いうろこ状のカスのような物質です。

フケの正体は、頭皮新陳代謝により角質細胞が排泄された老廃物であり、垢のようなものです。体の他の部分から生じる垢とは異なり白く粉っぽく、脂っぽいことがあるのも特徴です。

新陳代謝によって発生するフケはどんな人にでも発生しているものですが、ほとんどの場合はシャンプーによって取り除かれているためそこまで目立つことはありません。

一般的に不潔なイメージがあるフケですが、それだけでなく頭皮の異常や薄毛のサインである場合も多いです。

なぜ抜け毛が増える?

フケが抜け毛の直接の原因と言うよりも、フケが大量に発生してしまうような頭皮の環境が髪にとって良くないことが大半です。

フケには乾燥によるフケと脂性のフケがあるので、どちらのフケが出ているかを見極めることも重要になります。

以下ではそれらの詳しい説明を行なっています。

乾燥フケによる抜け毛

フケの中でも白く細かい乾燥したフケを「乾燥フケ」呼んで分類しています。

カサカサとした質感で、頭部からパラパラと落ちる乾燥フケは、冬季など空気が乾燥した季節には特に多く見られ、その名前の通り主に頭皮の乾燥が原因で発生しているフケになります。

この頭皮の乾燥にもいくつかの原因がありますが、もともとの乾燥肌であったり、シャンプーのしすぎというのは乾燥フケの原因でも多くなります。

特に1日に2回以上シャンプーを行なったり、洗浄力の高いシャンプーによるシャンプーのしすぎは頭皮に必要な皮脂まで落としてしまい頭皮の乾燥に繋がります。

また、紫外線の影響によって頭皮の皮脂が酸化するとそれが原因となって頭皮が乾燥してしまう場合や、加齢によって脂分が失われることで頭皮が乾燥してしまうこともあります。

さらに、タンパク質やビタミン類、脂肪分などの頭皮の環境を整える栄養成分が不足している場合も頭皮の乾燥が起こりやすくなります。

上記で挙げた乾燥フケの原因はいずれも抜け毛や薄毛にも共通している原因でもあるので、乾燥フケが多く見られる場合は薄毛の進行にも注意が必要と言えます。

脂性フケによる抜け毛

フケがベトベトと湿っていて脂っぽい場合は、「脂性フケ」と呼ばれているフケになります。

脂性フケはもともとの皮脂の分泌量が多い場合はもちろんですが、免疫力が低下した場合や、シャンプーによる頭皮の洗浄が十分に行なえていなかったりする場合、皮膚の常在菌である「マラセチア菌」が異常繁殖している場合にも発生します。

特に、マラセチア菌の異常繁殖によるは、頭部の脱毛以外にも強いかゆみや痛みをともなう炎症を引き起こすので注意が必要です。

マラセチア菌は哺乳類の皮膚に常に生息する常在菌ですが、皮脂を餌としているため、皮脂の分泌が過剰になった際に爆発的に繁殖し、皮膚の炎症などの症状を発症させます。

皮脂を栄養とするマラセチア菌ですが、活動の際に遊離脂肪酸という脂を排出します。

このために、皮脂を餌にしているマラセチア菌が頭皮に繁殖していると、頭皮はさらに脂ぎってしまうという悪循環が発生するのです。

上記に挙げた脂性フケの原因はどれも薄毛の原因にもなり得ます。

脂性フケが見られる場合は、薄毛対策が必要になる可能性が高いことを覚えておきましょう。

フケによる抜け毛を改善するには

フケを予防、改善することができればそれは薄毛対策にもなります。抜けにくい丈夫な髪は、フケのない健康な頭皮に生えるのです。

以下ではフケを防いで、健康な髪が育つ頭皮を実現する方法を説明しています。

シャンプーを見直す

普段から使用しているシャンプーを見直すことでもフケを改善できる可能性があります。

頭皮の質に合っていないシャンプーを使っているとフケの原因になってしまうことは多くあります。そのような場合はシャンプーを見直すことでフケを改善できる可能性があります。

乾燥フケ、脂性フケ、どちらの場合でもシャンプーを選ぶ際に重要なポイントとしては以下の2点があります。

  • 洗浄力が高すぎない
  • 添加物が少ない、あるいは入っていない

この中でも、洗浄力が高すぎないものを選ぶのは特に重要です。洗浄力の高過ぎるシャンプーは頭皮を保護や保湿するのに必要な皮脂まで洗い落としてしまいます。
そうすると、頭皮が乾燥して乾燥フケの原因になったり、体質によっては頭皮の防御反応によって過剰な皮脂が分泌されるようになって脂性フケの原因になってしまいます。

添加物がなるべく含まれていないシャンプーを選ぶことも大切です。

シャンプーの防ぐためのアルコールやパラベンなどの添加物は頭皮への刺激となりやすい成分です。これらの成分による頭皮への刺激、頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌に繋がってしまいます。

また、乾燥フケの場合は天然オイルなどの保湿成分が含まれているもの、マラセチア菌による脂性フケの場合はミコナゾール硝酸塩、クロルヘキシジングルコン酸塩などのマラセチア菌を抑制する成分が配合されたシャンプーを選ぶのも良いでしょう。

フケを防ぐためにはシャンプーの選び方も重要ですが、シャンプーをする際にも注意が必要です。

フケの原因として意外に多いのは、シャンプーのすすぎ残しです。

シャンプーはつけすぎずに適量を使用し、特にすすぎ残しの多い襟足の生え際付近や耳の後ろはしっかりとすすぎを行うようにしましょう。

食生活を見直す

フケの改善には食生活を見直すことも重要です。普段の食生活がフケの原因に繋がっていることもあるのです。

特に脂性フケの方で、普段からこってりしたものをよく食べている場合はそれらを控えるだけで症状が改善する場合があります。

また、アルコールや激辛料理など使われる香辛料も頭皮の皮脂の分泌を増やしやすいのでなるべく控えるようにしましょう。

乾燥フケの場合は、はちみつや納豆、オクラ、なめこ、海藻類などの肌に保湿効果をもたらす食材を積極的に摂るようにしましょう。

乾燥フケ、脂性フケ、どちらの場合も、毎日3食をバランスよくきちんと食べることも大切です。

特に細胞の再生を正常化させるために鶏肉や魚、豆類などから良質なタンパク質を不足しないよう十分に摂りましょう。

フケを予防する食べ物として挙げられるのはビタミンBを含んだものです。

レバーや魚介類、牛乳などにビタミンBは多く含まれますが、特にほうれんそうなどの緑野菜がフケの改善に効果があります。

頭皮マッサージを行う

フケを改善するには、頭皮マッサージを行うのも効果があります。

シャンプーの前に頭皮マッサージを行うことで、血行の促進だけでなく、皮脂などの汚れを優しく浮き上がらせ、シャンプーで余計な力を入れなくとも落ちるようにしてくれます。

フケを防ぐためのシャンプー前の頭皮マッサージにはもう1つポイントがあります。それはオイルを使うことです。

オイル使って頭皮をマッサージすることで、マッサージ効果やリラックス効果、クレンジン効果が高まります。

また、オイルにはフケの原因になる頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌を防ぐ効果があります。

このとき使用するオイルには「ホホボオイル」「オリーブイオイル」「ツバキ油」などがありますが、天然のもので保湿効果があるものであれば基本的にはどれを選んでも構いません。

自分の好みのものを見つけておくと良いでしょう。

マッサージの手順は以下を参考に行なってください。

  1. シャンプー前の乾いた頭皮にオイルを適量塗り、頭皮のすみずみまでいきわたらせます。
  2. 指の腹を使って力を入れすぎずに優しく円を描くように頭皮全体にすり込んでいきます。
  3. 頭部全体を、お湯を絞ったタオルで包み、15分ほど待っておしまいです。

最後の手順になるタオルで包んで15分ほどおくというのがポイントで、これによってオイルの持つ保湿効果を最大限に高めることができるのです。

週に2~3回を目安に続けていれば、頭皮環境の改善に繋がり、フケの減少が期待できます。

整髪剤などは控える

フケの原因で多いものの1つに整髪料による影響があります。

髪型を作るために使用され得る整髪料は、基本的には油分であり、頭皮には少なからず負担をかけてしまいます。

シャンプーできちんと落としきれていない状態などは特に頭皮環境の悪化に繋がりやすく、フケや脱毛に繋がってしまいます。

また、整髪料に含まれている保存料や香料などの添加物が刺激となって頭皮にダメージを与え、乾燥や皮脂の過剰分泌を起こしてしまうこともあります。

多めにつけた整髪料はシャンプーを行なっても落としきれていないことが多く、頭皮に残って悪影響を与えてしまいます。

スプレータイプの整髪料や髪型をキープするために使うスタイリングスプレーなどは、整髪料が直接頭皮につきやすいので特に注意が必要です。

整髪料は、髪や頭皮のためには使用しないのがベストですが、使用する場合はなるべくつけすぎないようにすることが大切です。

病院で改善する

原因が生活習慣に起因するものであれば、生活習慣を見直すことでフケは改善できる可能性が高くなります。

しかし、一般の人がフケの原因を判断することは簡単ではありません。

謝った判断による自己対応をしてしまえば、症状の改善どころか悪化に繋がる恐れもあります。

そのような事態を避けるためにも大量のフケや慢性的なフケで悩んだ際は医療機関を受診するのが確実です。

すでに強いかゆみを伴う炎症が起きているような状況であれば、皮膚科を受診するのが確実ですが、そうではなく、抜けを伴う慢性的なフケの症状であればAGAクリニックの受診という選択肢もあります。

AGAクリニックも皮膚科と同じく国家資格を持った医師が常駐する医療機関ですが、より脱毛や薄毛などの治療に特化した治療を行うことができます。

無料カウンセリングがおすすめ

AGAクリニックの受診すること対して、高いハードルを感じてしまう方も多いかと思います。

そのような方に知っていただきたいのが、AGAクリニックが行なっている無料のカウンセリングです。

この無料カウンセリングでは、薄毛治療専門のドクターや、薄毛の専門的な知識を備えたカウンセラーが頭皮や髪の状態を確かめ、その結果から薄毛やフケの原因、適した治療方法などを知ることができます。

現在では全国で多くのAGAクリニックが無料のカウンセリングを実施しており、実際に多くの利用者の方がいらっしゃいます。

無料のカウンセリングではフケや薄毛の原因や治療方法を聞くことができますが、その他に生活習慣改善のアドバイスをもらえたり、治療にかかる費用についての説明もしてもらえます。

また、不安な点や不明な点があれば質問することもできます。

都内で男女ともに人気なクリニックは「東京スカルプクリニックです。」

「無料のカウンセリングを餌に、最終的には高額な治療を進められてしまうのでは・・・」と心配される方もいるかと思いますが、東京スカルプクリニックではそのような事は行わないと明言しているため安心して相談しに行けます。

また、プライバシーもしっかり守られていることから人気のクリニックです。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

粃糠性湿疹(ひこうせいしっしん)による脱毛症

フケが大量に発生して脱毛の症状もある場合は、「粃糠性湿疹(ひこうせいしっしん)」という皮膚疾患である可能性が高くなります。

粃糠性湿疹の「粃糠(ひこう)」とは、皮ばかりで実がない「もみ」や、よく実が入らずにしなびた果実を指す「粃(しいな)」と、穀物を精白した際に出る果皮、種皮、胚芽などの部分である「糠(ぬか)」を合わせた言葉で、本来は「役に立たないもの」という意味があります。

大量に発生する細かいフケを役に立たない粃糠になぞらえて粃糠性湿疹という名前がついたようです。

粃糠性湿疹は大量のフケと共に脱毛を伴うため、粃糠性脱毛症と呼ばれることもあります。

思春期以の男性に特に多く見られる皮膚疾患で、頭部全体に灰白色の細かく乾燥したフケが多く発症します。

大量にフケが発生するため、肩や首の周りに落ちたフケが白く目立つこともあります。

頭皮は赤く炎症を起こし、かゆみを伴います。

重度の場合は頭皮に化膿やかさぶたができることもあり、全塗部から頭頂部にかけて脱毛が進行していきます。

粃糠性湿疹は強いかゆみがあるため、ついかきむしってしまい、フケや炎症が重症化してしまうという悪循環を招いてしまうことが多くあります。

粃糠性湿疹の原因は、完全は明らかになっていない部分もありますが、生活習慣の乱れや、もともと頭皮が乾燥して敏感であったり、反対に皮脂の分泌が多かいことなどが間接的な原因であるとされています。

治療には頭皮の炎症を抑えるためのステロイド外用薬や、菱皮脂の分泌を抑制する外用薬などが使用されます。

また、炎症によるかゆみを抑えるための抗ヒスタミン薬を使用することもあります。

フケと抜け毛についてまとめ

フケと抜け毛の関係や、それらを改善する方法について説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

フケは様々な要因が合わさって発生することも多く、1つの原因に特定することは容易ではありません。

かゆみや炎症を伴う粃糠性湿疹である場合はかきむしってしまうことでフケも脱毛も重症化しやすいので医療機関で早期の治療が推奨されます。

脱毛が多い場合はAGAクリニックでの治療を受けるのも手段の1つです。

現在では多くのAGAクリニックが行なっている無料のカウンセリングではフケや脱毛の原因や治療方法、治療にかかる費用なども知ることができるので、少しでも症状が気になったのであれば、重症化する前に無量カウンセリングを受けることをおすすめします。

この記事を書いた人 しゅんすけ

まだ20代だけどおでこの方がかなりきている若ハゲ。無料カウンセリングを色々受けてどこで治療しようか悩んでいる最中。父親は40代でツルツル。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる