40代女性の薄毛ケアとは?効果的な予防法を紹介

髪を気にする女性

「最近髪のボリュームがなくなってきた・・・」
「ヘアスタイルが思い通りにきまらない・・・」
「髪の分け目やつむじから地肌が目立ってきたような気がする・・・」

年齢を重ねるにつれ、以前よりもこのような髪の悩みが増えてきたという女声は多くいらっしゃいます。

しかし、その原因や具体的なケアの方法などは分かりづらいため、何をしたら良いかわからずにいる方が多いのも事実です。

気になる髪の悩みは今からでもすぐにケアを行うべきです。

ここでは40代女性のためのヘアケアの方法などについて説明しています。

40代女性の効果的な薄毛予防ケア

まずは、40代女性特有の薄毛前兆として、以下をチェックしてみましょう。

  • まくらや浴室などで見る抜け毛が増えた
  • 髪全体のボリューム感が以前より少なくなった
  • 髪が細く柔らかくなった
  • つむじや髪の分け目から見える地肌の面積が広がってきた
  • 髪型が思い通りにきまらない
  • 頭皮が硬くなった
  • 額が広くなった
  • 直毛だったのに髪にくせがつくようになった
  • 髪がパサパサしてきた

これのうちどれか1つでも当てはまるものがある場合は、薄毛が進行している可能性があります。

女性、特に40代以降で起きやすい薄毛は、「びまん性脱毛症」と呼ばれ、髪が全体的に細く弱くなりハリやコシが失われ、全体のボリュームがなくなってしまう症状が特徴です。

びまん性脱毛症は進行性であるため、早期での確実な対策が必要となります。

薄毛は進行性

薄毛は自然に改善することはなく、進行性である場合がほとんどです。

前述した、抜け毛が増えたりするなどの前兆が見られた場合に、今はまだ十分な髪があるから大丈夫と気にせずに見過ごしてしまうのは危険です。

そうしている間にも脱毛は進行し、重症化、広範化すればするほど改善するのは難しくなります。

女性特有の薄毛

薄毛になるのは男性というイメージを持っている方も多いかもしれませんが、薄毛になるのは男性だけではありません。

近年では女性の薄毛が増えてきたことが毛髪学会などでも大きなトピックとなっています。

その背景としては、家庭に入らずに30代40代でも働き続ける女性が増えたことなどがあります。

社会でのストレスは薄毛の原因の1つでもあるために、女性も薄毛が増加したと考えられています。

また、へアカラーやパーマなどが一般化したことも背景として考えられています。

ヘアカラーやパーマなどの施術は定期的に行うことで髪や頭皮へのダメージを蓄積し、薄毛の原因となってしまいます。

このような背景もあり、近年増加の一途をたどる女性の薄毛ですが、男性の薄毛とは異なる、女性特有の薄毛の症状があります。

男性の薄毛は、前髪に生え際が後退し、額の面積が広がっていくという薄毛の進行パターンが多く見られます。

しかし、女性の薄毛の場合はこのような局所的な脱毛はあまり見られず、頭髪全体のボリューム感が失われていく薄毛の進行パターンが多く見られます。

このように全体的薄くなる女性特有の薄毛をびまん性脱毛症と呼んでいますが、その原因には様々なものがあります。

ストレスや、ヘアカラーやパーマによるダメージが頭皮や髪にダメージを与えていることは前述しましたが、それだけではなく、加齢や出産によるホルモンバランスの変化が原因になって薄毛が進行していることも多くあります。

特に、ホルモンバランスの変化によって、女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが優位な状態になったことで起こる女性の薄毛を「FAGA((Female AndroGenetic Alopecia=女性男性型脱毛症)」と呼んでいます。

40代女性のためのケア

当然ですが、薄毛のケアは年齢と性別にあったものを行う必要があります。以下では40代の女性の薄毛に焦点を当ててケアの方法を說明しています。

パントガール

パントガール(Pantogar)は、女性用の薄毛治療薬としては、世界で初めて発毛効果が認められたカプセル型の内服薬です。

ドイツの大手製薬メーカーであるメルツ(Merz)社が製造し海外では女性の薄毛治療薬の定番となっています。

近年では、日本国内のAGAクリニックでも女性の薄毛治療にはまずパントガールが処方されることが多いです。

パントガールの成分には、パントテン酸カルシウムやアミノ酸、ケラチン、ビタミンB群などが含まれていますが、いずれも髪が健康に成長するために欠かすことのできない栄養素ばかりです。

これらを効率的にひとまとめに摂取することで、太く丈夫で抜けにくい髪を作り、脱毛の進行も抑制します。

また、髪を作る成分や発毛を促進する効果のある成分を含むことから、積極的な発毛も可能にしています。

メーカーが行った臨床試験試験からは、3ヶ月の服用でおよそ70%の方の抜け毛が減少し、およそ20%の方は抜け毛がほとんどない状態にまで改善したという結果も発表されています。

パントガールは海外からの個人輸入で購入することもできますが、偽物などのトラブルもあるためAGAクリニックで処方されるものを買ってください。

現在では女性の薄毛治療を行う多くのAGAクリニックでパントガールの取り扱いがあります。

ルグゼバイブ

ルグゼバイブ(Luxevive)は、アメリカのサファイアヘルスケア(Sapphire Healthcare)社が製造、販売を行う女性の薄毛治療のためのカプセル型の内服薬です。

成分にはパントテン酸カルシウム、L-シスチン、ビタミンB1、ケラチン、薬用酵母、馬プラセンタ、コロストラムを配合していますが、これらはどれも髪の成長に欠くことのできない重要な栄養成分です。

これらの成分の効果によって、薄毛の進行の抑制、太く抜けにくくボリュームのある髪質への改善、脱毛箇所への積極的な発毛を実現することができます。

ルグゼバイブの成分は一部パントガールと共通しているため効果も同様になりますが、パントガールには含まれていない「馬プラセンタ」と「コロストラム」が配合されているのがルグゼバイブの特徴です。

馬プラセンタは馬の胎盤から抽出されるエキスで、アミノ酸などのタンパク質や脂質、糖質などの3大栄養素だけでなく、各種のビタミンやミネラル、酵素などを豊富に含んでいます。

馬プラセンタは高い抗酸化作用や血行効果を持ち、積極的な発毛と頭皮環境の改善を同時に実現する育毛に有効な成分として認知されはじめています。

コロストラムは母牛が出産後48時間までに出す初乳のことです。

1頭の牛からほんのわずかしか摂れない貴重な原材料ですが、ラクトフェリンや免疫グロブリン、ビタミン、ミネラルなどの免疫を強化する成分を豊富に含んでいます。

これらの成分の免疫強化機能により、頭皮環境を理想的に整え、健康な髪が育つためのサポートを行います。

また、コロストラムには豊富な成長因子が含まれているため、積極的な発毛効果を期待することもできます。

ルグゼバイブは女性の薄毛治療を行うAGAクリニックで取り扱っています。

パントガールに比べると取り扱いのあるクリニックは多くないため、ルグゼバイブの処方を希望される場合は事前に取り扱いを確認しておきましょう。

ヘアケアについて

薄毛を改善するためには普段のヘアケアを見直すことも重要です。

意外と見落としがちですが、自分の頭皮のタイプに合っていないシャンプーを使用していることなどは、知らず知らずのうちに頭皮へのダメージを蓄積させ、薄毛を進行させてしまう可能性があります。

特に多く見られるのは、洗浄力の強すぎるシャンプーを使用していることによる頭皮への刺激です。

女性は男性に比べると皮脂の分泌量が少ないため、石鹸系や高級アルコール系などの洗浄力の強いシャンプーを使ってしまうと刺激によって頭皮の炎症を起こしたり、頭皮を乾燥させてしまう可能性が高くなります。

このようなことは脱毛の原因となってしまうため、アミノ酸系シャンプーなど、洗浄力の高すぎないシャンプーを選ぶことはとても大切です。

また、整髪料やヘアカラーも髪や頭皮にとってはダメージを与えるマイナスの影響しかありません。

しかしこれらは外見を整えるためになくてはならないものかもしれませんので、整髪料は頭皮に直接つかないようにする、直接つきやすいスプレータイプのものは使用を控える、ヘアカラーはセルフで行わず、必ず技術力のある美容室で行ないトリートメントも併せて行うなどしましょう。

ストレス軽減

ストレスは脱毛や薄毛の大きい原因の1つです。

特に女性は男性よりもストレスを感じやすく、また溜め込みやすいとされています。

体は強いストレスを受けると、交感神経と副交感神経からなる自律神経のバランスを崩してしまいます。

このとき興奮や覚醒をつかさどる交感神経が優位になり、交感神経のはたきによって全身の血管は縮小してしまいます。

これによって髪の成長に必要な栄養素が頭皮に運ばれずに髪が栄養不足になってしまうのです。このような状態になると、髪は細く弱くなり、成長しきることなく簡単に脱毛してしまいます。

ストレスによる薄毛を防ぐためには、ストレスを軽減しなければなりません。

ストレスの多い社会に生きる現代人は、ストレスを避けることよりも、いかにストレスを上手に発散できるかが重要です。

代表的なストレス解消方法には、スポーツで体を動かしたり、カラオケで大声を出す、旅行に行くなどがありますが、ストレスの解消法は人によっても異なります。

自分のストレス解消方法をいくつか持っておくことで、ストレスを溜め込まずに軽減できます。

頭皮環境チェック

女性特有の薄毛にも原因は様々であり、自分の薄毛がどのような原因から起こっているかを正確に判断することは容易ではありません。

謝った自己判断による処置を行ってしまえば、症状が悪化してしまうことも考えられるため、AGAクリニックなどの医療機関を受診することが推奨されます。

そんなときにまずおすすめしたいのは、多くのAGAが行なっている無料のカウンセリングです。

無料のカウンセリングは、医師や薄毛の専門知識を持ったカウンセラーによって行われます。

髪や頭皮の状態をマイクロスコープなどから分析するカウンセリングからは、薄毛の進行状況やその原因、適切な治療方法とその費用などを說明してもらえます。
現在では多くのAGAクリニックが無料のカウンセリングを行なっていますが、都内では「東京スカルプクリニック」が人気です。

東京スカルプクリニックでは、無理な治療の契約を迫るようなことは一切ありませんので。治療を受けるか受けないかはその場では保留にし、よく考えて答えを出すこともできます。

東京スカルプクリニックは、銀座にある男女兼用のクリニックで、開業以来女性の患者さんも多く、実際に多くの発毛実績、薄毛の改善実績があります。

東京スカルプクリニックでは、女性用の薄毛治療薬であるパントガールやルグゼバイブによる地領の他にも、発毛成分を直接注入するメソセラピーなどの施術を受けることができます。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

40代女性の薄毛についてQ&A

40代の女性の薄毛の悩みというのは、人にも相談しづらいものです。ここでは薄毛を気にする40代の女性が多く持つ疑問について、Q&A形式で答えています。

ダイエットは影響する?

女性の薄毛にはダイエットが間接的な原因になっていることはあります。

特に、簡単で効果のあるダイエットとして人気の糖質制限ダイエットや、無理なダイエットには注意が必要です。

ご存知の通り糖質制限ダイエットは主に炭水化物の摂取を制限するダイエットです。

主食である米やパンは、代表的な炭水化物源であり、糖質制限ダイエットでは避けられていますが、実はこれらの食材は炭水化物だけでなく髪に必要な栄養素であるミネラルを含んでいるのです。

極端な糖質制限ダイエットを行った結果、ミネラルの不足による薄毛を引き起こす可能性はあります。

食事制限による無理なダイエットも同様の理由で、髪に必要な栄養素が不足してしまう可能性が高くなります。

薄毛に良い栄養素は?

様々な原因によって発症する40代の薄毛の症状ですが、食生活を見直すことである程度の改善を期待することができます。

特に栄養不足が原因で起こっている薄毛にとって、食生活の改善は有効な対策です。

髪の成長にとって欠かすことのできない栄養素が不足しないよう十分に摂取するようにしましょう。

髪が成長するために特に重要な栄養素としては、「タンパク質」、「亜鉛」、「ビタミンB」があります。

まず、タンパク質は髪の素とも言える栄養素で、髪の大部分は「ケラチン」というタンパク質から作られています。
タンパク質の摂取が不足してしまえば、どれだけ他の栄養素が足りていても髪は成長することができません。
それだけ髪にとって重要な栄養素なのです。

タンパク質は肉類、魚介類、豆類、乳製品など多くの食材に含まれますが、意外と不足しやすい栄養素でもあります。

赤身肉や鶏ささみなど、特に多くのタンパク質を含む食材を、普段の食生活に上手く取り入れましょう。

髪の素であるタンパク質から髪を作り出すのが亜鉛です。亜鉛にはタンパク質から毛髪を構成するケラチンを生成する働きがあります。

まさに亜鉛は髪の成長にとって縁の下の力持ちのような存在です。

亜鉛はレバーや牡蠣、うなぎなど、普段からあまり食べないような食材に多く含まれてるため、サプリメントで補うのも有効です。

ビタミンBは新陳代謝を活性化させることで、健康な髪が育つための頭皮を作ります。

また、ビタミンBには皮脂の過剰分泌を抑制する働きもあるため、皮脂のつまりによる頭皮環境の悪化も防ぐことができます。

ビタミンBは豚肉やカツオ、納豆など、普段の食生活に取り入れやすい食材に多く含まれているので、不足することのないよう注意しましょう。

40代女性の薄毛についてまとめ

40代の女性の薄毛について説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

薄毛は男性だけのものではなく、女性の薄毛が増えています。

また、薄毛は進行性であることもあり、早期の対策は非常に重要なのです。

生活習慣の見直しによって頭皮環境を整え、薄毛を改善することも大切ですが、少しでも症状が気になるのであればまずはAGAクリニックが行なっている無料のカウンセリングを受けてみるのも1つの手段です。

この記事を書いた人 みっちゃん

産後脱毛を経験してから薄毛に敏感になった一児のママ。若い頃よりもボリュームが減ってるため生活習慣から栄養までこだわるようになった。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる