はげは遺伝する!そのメカニズムを徹底解説

遺伝イメージ画像

「家族や親戚に薄毛の人がいると遺伝する」という話を聞いたことはありませんか。多くの人を悩ませている"はげ"の悩みは、遺伝すると言われています。

しかしなぜはげは遺伝するのか、どのように遺伝するのかという詳しい内容はあまり知られていません。

はげが遺伝するのは事実ですが、実際に家族や親戚の誰がはげているかによって遺伝する確率も左右されます。

そこではげと遺伝の関係について、そのメカニズムなどを徹底解説していきます。

はげと遺伝の関係性

以下では「はげがどう遺伝するのか」といった基礎知識から、「はげが遺伝した場合の治し方」など、はげと遺伝の関係性についてあらゆることを解説していきます。

はげはどう遺伝する?

結論から言うと、はげは母親・父親の両方から遺伝する可能性があります。

しかし遺伝するといっても、"はげ"そのものが遺伝する訳ではありません。遺伝されるのは、はげの原因になりやすい遺伝子です。

そしてどのように遺伝するのかには、2通りのパターンがあります。

  • 脱毛ホルモンによる影響の受けやすさ
  • 脱毛ホルモンの増えやすさ

まず前者の「脱毛ホルモンの影響を受けやすい遺伝子」は、特に男性では母親からのみ遺伝するものです。

人には「性染色体」というものがあり、この性染色体にはさらに「X染色体」と「Y染色体」の2種類があります。

性染色体は人の体内に必ず2つが存在し、父親と母親からどのように受け継がれるかによって生まれてくる子供の性別が決定されます。

  • XYの場合 → 男性
  • XXの場合 → 女性

脱毛ホルモンの影響を受けやすい遺伝子は、X染色体上に存在しています。

ですが男性の場合はX染色体は必ず母親から遺伝するものであるため、"脱毛ホルモンによる影響の受けやすさ"も母親から遺伝されることになるのです。

ちなみに脱毛ホルモンの影響を受けやすい遺伝子は、元を辿っていくと母方の祖父から母親へと受け継がれています。

そのためは母方の祖父がはげている場合、はげが隔世遺伝することがあります。

もう一方の「脱毛ホルモンを増やしやすい遺伝子」は、前者とは違ってX染色体とY染色体の両方に存在しています。

よって父親と母親のどちらからも遺伝する可能性があるのです。

さらに残念なことに、脱毛ホルモンを増やしやすい遺伝子は優性遺伝されます。

したがって父親と母親、どちらかがこの遺伝子を持っていれば、優先的に子供へと受け継がれることになります。

自分は遺伝してるかわかる?

はげが遺伝するメカニズムが分かると、「自分にもはげやすい遺伝子が受け継がれているのでは・・・」と心配になるかもしれません。

そこで自分ははげやすいのかどうかが気になる方には、「AGA遺伝子検査」を試してみてください。

AGA遺伝子検査を受けるには、2つの方法があります。

  • 市販の遺伝子検査キットを使用する
  • AGAクリニックや皮膚科で受ける

まず簡単に検査ができるのは、市販の遺伝子検査キットを使用した方法です。

AGA遺伝子検査キットはインターネット上で販売されており、相場は10,000円~13,000円ほどとなっています。

一般的なのは自分の唾液を採取して郵送する方法であり、数週間ほどで検査結果が分かります。

市販の遺伝子検査キットを使用する方法は費用が安く、クリニックに行く手間もかからないことが大きなメリットです。

しかし検査の信ぴょう性については、後述するAGAクリニックなどで行う遺伝子検査に比べると劣ります。

AGAクリニックや皮膚科で受ける遺伝子検査は、主に「頭皮チェック」と「血液検査」の2種類が行われ、自分ははげやすいかどうかだけでなく、いま現在の頭皮の状態、治療薬が効きやすいかどうかなど様々なことが分かります。

AGAクリニックや皮膚科などで行う検査費用の相場は、市販の遺伝子検査キットよりも高く2万円ほどです。

ですがクリニックによっては診療費や検査費を全て無料のキャンペーンを行っていることもあり、お金をかけずにAGA遺伝子検査を受けられる場合もあります。

遺伝によるはげの原因

遺伝によるはげには、「AGA(男性型脱毛症)」というれっきとして病名があります。

AGAは頭頂部や額の生え際から少しずつ薄毛が進行していくことが特徴的な、男性特有の脱毛症です。

このAGAによるはげのメカニズムとして、根幹にあるのが「テストステロン」という男性ホルモンの1種です。

テストステロンは男性の体内で多く分泌され、筋肉や骨を強くしたり、決断力を高めてくれたりするなど"男らしさ"を保つために欠かせないホルモンだと言われます。

ですがテストステロンは体内に存在する「5αリダクターゼ」という酵素と結びついてしまうと、一転して脱毛を促す「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変化してしまいます。

テストステロン + 5αリダクターゼ = DHT

ただし、DHTが作られただけではAGAが進行することはありません。

毛根には「アンドロゲンレセプター」という受容体が存在し、この受容体にDHTがくっつくことで初めてAGAがスタートするのです。

DHT + アンドロゲンレセプター → AGAの始まり

またこうした遺伝によるはげは男性に多いものですが、似たようなメカニズムで女性に発症する「FAGA(女性男性型脱毛症)」も存在します。

しかしFAGAは髪の成長を促す女性ホルモンが閉経やストレスなどの影響を受けて減少し、相対的に男性ホルモンの働きが強まることで発症するものです。よってFAGAの場合、遺伝だけでなく加齢や生活習慣なども発症に関係しています。

ちなみに先述した「脱毛ホルモンの影響を受けやすい遺伝子」と「脱毛ホルモンを増やしやすい遺伝子」を上記に当てはめると、以下のようになります。

○脱毛ホルモンの影響を受けやすい遺伝子
→アンドロゲンレセプターの感受性の強さ

○脱毛ホルモンを増やしやすい遺伝子
→5αリダクターゼの活性度

そのためAGAの発症率は、はげやすい遺伝子が受け継がれているかどうかによって左右されます。

遺伝によるはげでも治せる

ここまで、はげが遺伝するメカニズムについて解説してきました。

はげやすい遺伝子は母親や母方の祖父から受け継がれるものや、両親から優先的に遺伝するものがあります。

母方の祖父がはげている、あるいは父親の髪が薄いなどの場合、「自分にも遺伝しているのかも・・・」と不安になるかもしれません。

ですがはげやすい遺伝子が遺伝されているとしても、諦めることはありません。

受け継がれるのはあくまでも"はげやすい遺伝子"であり、親族に薄毛の方がいたからといって必ずしも自分がはげるとは限りません。

また万が一薄毛が始まったとしても、今は治療することが可能な時代です。

以下では、遺伝によるはげの治療方法について説明いたします。

はげの治療薬

遺伝によるはげ、つまりAGAの治療においてメインとなるのは、治療薬を用いた治療です。
AGAの治療薬には、大きく2つのタイプがあります。

  • 抜け毛を防ぐ「守り」のタイプ
  • 発毛を促す「攻め」のタイプ

守りのタイプのAGA治療薬について、該当するのは「プロペシア」や「ザガーロ」などの治療薬です。

これらは脱毛ホルモンの生成に関わる5αリダクターゼの働きを阻害する作用があり、DHTが作られるのを抑えることでAGAの進行を食い止めます。

また5αリダクターゼの阻害作用はプロペシアよりもザガーロの方が高く、AGAの改善効果もザガーロの方が上回っていることが確認されています。

これらのAGA治療薬は医療用医薬品に分類されるため薬局などでは市販されておらず、AGAクリニックで処方を受ける必要があります。

続いて攻めのタイプのAGA治療薬は、発毛成分「ミノキシジル」を含む外用薬や内服薬です。

ミノキシジルには血管を拡張する作用があり、血行が改善されることで頭皮環境が改善、発毛が促進されます。

ミノキシジル配合の内服薬はAGAクリニックで処方を受ける必要があるものの、外用薬よりも高い発毛効果が期待できると言われます。

はげのための施術

近年ではAGA治療薬と並行しながら、AGAクリニックで行う薄毛治療の施術を受ける方が増えています。

薄毛治療の施術はAGAクリニックでしか受けられず、また費用もAGA治療薬だけの場合よりも高めです。

しかしAGA治療薬との相乗効果があり、治療薬だけでは十分に改善がされなかった方や、より早く髪を生やしたい方にも薄毛治療の施術は高い効果が期待できます。

薄毛治療の施術について、多く行われているのが次の2種類です。

  • 育毛メソセラピー
  • 自毛植毛

育毛メソセラピーとは、はげ治療に有効な成分を頭皮に直接注入する施術です。

注入する時に注射器を使う方法と、ガスやレーザーを使用した専用の医療器具で注入する方法があり、後者は針を使わないことから「ノーニードルメソセラピー」と呼ばれることもあります。

育毛メソセラピーはAGA治療薬と組み合わせることが一般的で、治療薬だけで治療を行うよりも発毛スピードが早く、また発毛効果も高まります。

もう一方の自毛植毛は、後頭部や側頭部の毛根をはげが進行している部分に移植する施術です。

AGAは広い範囲で薄毛が進行する脱毛症ですが、後頭部や側頭部にはアンドロゲンレセプターが少ないため、はげることはほとんどありません。

そのため後頭部や側頭部の毛根は健康な状態であり、移植しても性質は変わらないため移植した先の箇所から再び新しい髪の毛が生えてくるようになります。

薄毛原因を探ることが重要

一口に薄毛といっても、髪が薄くなる症状には様々な種類があります。

  • AGA
  • FAGA
  • びまん性脱毛症
  • 産後の抜け毛
  • 牽引性脱毛症
  • 円形脱毛症
  • 脂漏性皮膚炎による脱毛
  • 粃糠(ひこう)性脱毛症

薄毛や抜け毛の原因として知られる脱毛症や疾患について、代表的なものを羅列しただけでもこれだけの種類があります。

例えばAGAの発症には遺伝が関係していますが、他の種類では必ずしも遺伝による影響が関わっている訳ではありません。

また先述したように、遺伝によって発症するAGAではプロペシアなどのAGA治療薬が有効で、服用した方の多くに改善が見られます。

しかし例えば円形脱毛症による抜け毛が生じている場合、髪が抜けるメカニズムが異なるためプロペシアを服用しても全く効果がありません。

このように脱毛症や疾患の種類によって適切なアプローチも変わってくるため、薄毛の原因は何なのか、遺伝によるものなのかなどを探っていくことも重要です。

とはいえ、いざ抜け毛が増えてきたり、髪が薄くなっていたりすることに気付いても、その原因を自分で特定することは難しいでしょう。

薄毛や抜け毛を確実に治療したいのであれば、はげ治療の専門院であるAGAクリニックに相談するのが確実です。

無料カウンセリングを使う

抜け毛が増えた、少しはげてきたなどの症状が出てきたら、確実に治療するためにはAGAクリニックが効果的です。

しかしAGAクリニックについて「料金が高そう」「本当に生えるの?」などの不安が生まれやすく、いきなりクリニックを受診することに対してハードルが高く感じるかもしれません。

そこで活用していきたいのが、AGAクリニックで行っている「無料カウンセリング」です。

無料カウンセリングとは、AGAクリニックで行われているサービスの1つになります。

一般的な病院では、治療薬の処方や治療を受けずに診察や検査だけで終わったとしても、診察費や検査費などの料金がかかります。

しかし無料カウンセリングを行っているAGAクリニックでは、医師の診察や頭皮チェックなどを無料で受けることができ、いま現在の髪や頭皮の状態、治療に必要な内容や費用などをタダで知ることができるのです。

また無料カウンセリングを受けたとしても、必ずそのクリニックで治療を受ける必要はありません。

無料カウンセリングは多くのAGAクリニックで行われていますが、当サイトでは各クリニックで行われているカウンセリングの内容について比較してみました。

数あるAGAクリニックの中で当サイトがおすすめするのは、東京・銀座に開院している「東京スカルプクリニック」です。

東京スカルプクリニックは「銀座一丁目駅」や「銀座駅」から徒歩にある薄毛治療の専門院で、男女の性別に合わせた治療を行っています。

ここでは無料カウンセリングも実施しており、他院には無い独自の特徴として高精度のマイクロスコープ「API 202」を使用した頭皮チェックが受けられます。

一般的な頭皮チェックは、マイクロスコープを用いて頭皮を拡大しながら状態を見ていくというものです。

対するAPI 202では頭皮を拡大し、さらに髪の太さや毛穴の状態など合計7つの項目をグラフや数値で表示する機能があり、より客観的な視点から髪や頭皮の状態を把握することができます。

AGAクリニックは数多く存在しますが、当サイトが調査したところAPI 202を導入しているのは東京スカルプクリニックのみです。

その他設備も充実していますので、原因が気になる方は東京スカルプクリニックの無料カウンセリングを検討してみてください。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

はげと遺伝についてまとめ

今回は、はげと遺伝の関係について解説してきました。

「はげは遺伝する」という噂どおり、両親や親戚の方に薄毛の方がいる場合ははげが受け継がれることもあります。

しかし実際に受け継がれるのは、"はげやすい遺伝子"です。

ここで遺伝される要素は「脱毛ホルモンによる影響の受けやすさ」と「脱毛ホルモンの増えやすさ」の2種類があります。

前者は母親や母方の祖父から、後者は両親のどちらからも遺伝される可能性があり、特に脱毛ホルモンの増えやすさに関わる遺伝子は優先的に遺伝されやすいです。

ですがはげの原因とされるのは、遺伝だけではありません。

加齢や生活習慣などの要素が抜け毛や薄毛を引き起こすこともあり、また治療をしていくためには原因に合わせたアプローチが必要になります。

抜け毛や薄毛が気になり出したとき、確実に治療をするためには薄毛治療の専門院であるAGAクリニックに相談をしてみることがおすすめです。

医師の目で診てもらうことで、原因を特定し適切な治療を受けることができます。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

この記事を書いた人 佐藤昭仁

クリカクの管理人。30代になってから薄毛が気になりいろんなAGAクリニックを実際に体験した。メソセラピーは針が怖いからノーニードル派!今は生えそろってきたので薬のみの治療をしてる。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる