紫外線は髪や頭皮に悪影響!対策方法を紹介

紫外線イメージ画像

紫外線(UV)は太陽光などに含まれる電磁波であり、タンパク質を変性させる効果などによって皮膚にダメージを与えて劣化させます。

また、紫外線は顔や体だけでなく、頭皮にとっても有害な影響を与えることが明らかになっています。

夏の強い陽射しなどの紫外線を大量に浴び続けると、タンパク質の変性によって頭皮は硬化し、内部の水分も失われた状態になってしまいます。

頭皮がこのような状態になると、皮脂の過剰分泌などにも繋がり、それがやがて抜け毛や薄毛にも繋がってしまうのです。

ここでは紫外線が髪や頭皮に与える影響と、紫外線から髪を守る方法を詳しく説明しています。

紫外線が髪や頭皮に与える影響

紫外線には3つの種類があります。

それぞれ

「UV-A」
「UV-B」
「UV-C」

と言いますが、この中でもUV-Cはオゾン層によって吸収されるため、地上に到達することはありません。

UV-Bに関してもオゾン層で吸収が行われますが、ここで吸収しきれなかった分が地上にし、皮膚や頭皮に様々な影響を与えます。

「UV-A」は急激な皮膚の炎症を起こすことはありませんが、波長が長く、窓ガラスなども通過して皮膚の内側の真皮層まで到達する紫外線です。

地表に降り注ぐ紫外線のおよそ9割を占めるUV-Aは、対策を怠ってしまうと、たるみやシワなど、皮膚の老化を進めてしまいます。

「UV-B」は赤くヒリヒリとした炎症を起こし、日焼けの主な原因である波長の短い紫外線です。メラニン色素を増加させることでシミやそばかすの原因になってしまいます。

UV-AとUV-Bのうち、頭皮にとってより深刻な影響を与えるのが真皮層にまで到達してしまうUV-Aです。
真皮層にまで到達したUV-Aは、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを変性させ、頭皮の弾力を失わせたり、毛根へダメージを与えるなどの悪影響を及ぼします。

抜け毛や切れ毛が増える

紫外線は頭皮にダメージを与えることによって抜け毛を増やしてしまいます。

夏の強い日差しなど、大量の紫外線を浴びると肌が日焼けをするように、頭皮にも同じようなことが起こります。

日焼けはやけどと同じような状態であり、細胞が破壊され、皮膚の硬化や老化してしまうのです。

肌は露出しているため目につきやすく、保湿ローションや、日焼け止めなどによる対処が行いやすいですが、頭皮は髪に隠れているうえに自分ではなかなか確認ができないので対策もおろそかになりがちです。

このようなことから紫外線によるダメージが蓄積されやすい部位でもあります。

紫外線によるダメージは頭皮の内部の毛母細胞にも深刻なダメージを与えてしまいます。ダメージを受けた毛母細胞は十分な髪の成長を行えず、抜け毛を増やしてしまいます。

また、紫外線は頭皮にある皮脂を酸化させる働きがありますが、皮脂の酸化も頭皮環境を著しく悪化させ、抜け毛を増やしてしまう原因になります。

紫外線は頭皮だけでなく毛髪そのものにもダメージを与えます。
紫外線を浴び続けると髪に表面の層であるキューティクルを破壊されてしまい、髪の内部のタンパク質が流出することで、枝毛や切れ毛が増えていきます。

頭皮が炎症する

前述した内容とも若干重複しますが、紫外線は頭皮に日焼けと同じような炎症を引き起こします。

紫外線によって細胞がダメージを受けると、間接的な症状である抜け毛が起きたり切れ毛、枝毛が起きやすくなるだけでなく、炎症による直接的な症状が現れることもあります。

髪の毛が多い部分は頭皮を目視しづらいですが、紫外線でダメージを受けた部分は赤く炎症を起こしています。このような部分ではヒリヒリとした痛みやかゆみが現れる場合があります。

さらに炎症が重度な場合ではフケが出る場合などもあります。

炎症が起きると頭皮は水分を保持するためのバリア機能が低下してしまうため、乾燥によるフケが発生しやすくなります。

また、まれな症状ではありますが、炎症がさらに重度な場合では頭皮から黄色がかった滲出液が出ることもあります。

これはリンパ節のリンパ液が、炎症した組織の修復を行おうとする体の防御機能によって滲出しているものです。

頭皮の炎症は薄毛の人や地肌が透けている部分に特に起こりやすくなります。

髪がパサつく

紫外線は頭皮だけでなく毛髪そのものにもダメージを与えてしまうことは前述しました。髪は体の他のどの部分よりも太陽に近いため、紫外線の影響も特に受けやすくなります。

紫外線は髪の毛の大部分を構成するタンパク質を破壊してしまいます。特に、髪の毛の一番外側の部分であるキューティクルは最も紫外線によるダメージを受けやすい部分です。

皮膚とは異なり、キューティクルには紫外線を吸収するメラニン色素が存在しないために紫外線のダメージをダイレクトに受けやすいのです。

髪の表面を保護するうろこ状のキューティクルが紫外線によるダメージを受けると、本来は閉じているキューティクルは開いた状態になってしまいます。

この状態は髪がパサついたりごわついたりする手触りの悪い状態です。

キューティクルが開いた髪は紫外線などに対する防御力が低下しますので、さらに痛んでパサつきやごわつきが進行してしまう悪循環が起きてしまいます。

紫外線による髪へのダメージはプールや海など、髪が濡れた状態で特に起こりやすくなります。

髪は水に濡れた状態で紫外線を受けるとタンパク質の酸化が起きやすくなり、ダメージを受けやすくなります。

髪ツヤが減る

紫外線によって髪のキューティクルが開いた状態になると、健康な髪の持つツヤも失われてしまいます。

これは髪の毛の最も外側にあるキューティクルが開いたことにより髪の内部の水分や栄養素が外に流出してしまうことが原因で起こります。

また、紫外線のダメージから髪の毛の内部で活性酸素が発生することも、髪がツヤを失う原因に繋がっています。

髪が茶色くなる

紫外線はタンパク質を破壊することで髪の表面のキューティクルを開いた状態にしてしまいます。

キューティクルが開いた状態は髪の内部にまでダメージが届きやすい状態であるため、今度は髪の内部のメラニン色素がダメージを受けてしまいます。

メラニン色素は髪に黒い色を与えている色素であるため、メラニン色素が紫外線で壊されてしまうと髪は赤茶色に退色していきます。

また、紫外線を吸収する働きを持つメラニン色素が吸収しきれない紫外線により破壊されることで、髪はより紫外線のダメージを受けやすくなってしまうという悪循環にも繋がります。

紫外線は、ヘアカラーの色落ちを進めてしまう原因にもなります。

髪の表面のキューティクルが開いた状態になると、キューティクルによって閉じ込められていたヘアカラーの色素が流出してしまうためにヘアカラーでつけた色が退色しやすくなります。

紫外線から髪を守る対策方法!

紫外線による髪や頭皮への様々な悪影響を説明してきましたが、これらは正しい対策を行うことで防ぐことができます。

以下では髪や頭皮を紫外線から守るための方法を説明しています。

帽子をかぶる

紫外線から髪や頭皮を守るためにはまずは紫外線を物理的に防ぐことが大切です。そのために有効なのが帽子をかぶることです。

髪の短い人であればキャップ(野球帽)などでも良いですが、髪の長い人であれば、広い範囲を日差しから守ってくれるつばの広い麦わら帽子や女優帽を選ぶようにすると良いでしょう。

また、近年ではUV(紫外線)カット加工をされた帽子も多くのメーカーから発売されています。UVカット加工に主に2種類の加工方法があります。

1つは素材の表面に紫外線をカットするコーティングを行っているものです。選択を繰り返すことでUVカット効果が弱まってしまうのが欠点ですが比較的安価に購入できます。

もう1つが帽子の素材自体に紫外線を反射したり吸収したりする素材を使用しているものです。このタイプであれば汗や洗濯によるUVカット効果の低下はほとんどありません。

一般的にポリエステルやウール素材の帽子は紫外線を防ぐ効果が高くなります。

髪用のUVスプレー

頭にシュッと吹きかけるだけで髪や頭皮を紫外線から守ってくれるUVカットスプレーを使用するのも有効な紫外線対策です。

頭皮に吹きかけるUVカットスプレーの基本的な成分は、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の2種類に大きく分類されます。

代表的な紫外線散乱剤としては酸化チタンや酸化亜鉛、酸化セリウムなどがありますが、天然の成分であることが多いのが特徴です。一方の紫外線吸収剤には合成化合物が多いのが特徴です。

一般的に、天然成分である紫外線散乱剤よりも合成化合物である紫外線吸収剤のほうが高いUVカット効果を発揮するとされます。

しかしそのぶん頭皮への刺激も強いので慎重に選択するようにしましょう。

髪に使えるUVカットスプレーも肌に使用する日焼け止めと同じくその効果は「SPF」と「PA」の値によって計ることができます。

SPFはUV-Bを防ぐ効果の強さを表すもので1から50までの数値があります。UV-Bは短時間で皮膚の赤みや炎症を引き起こす紫外線です。

SPF30のものであれば通勤や通学程度の時間で受けるUV-Bによるダメージを防いでくれます。SPF50であれば日の出から日没までの時間であってもUV-Bによるダメージを防ぐことができます。

一方のPAはUV-Aを防ぐ効果を表すもので、+から++++の四段階で表されます。UV-Bは一時的な皮膚の黒化を起こし、皮膚を老化させる紫外線でもあります。

洗い流さないトリートメント

紫外線から髪や頭皮を守るためには、紫外線をカットする成分の入ったトリートメントを使用するのも有効な対策です。

紫外線を防いでくれるトリートメントには洗い流さないものが多くなります。

従来の洗い流すトリートメントが髪に栄養を与えて内部を補修してくれるものであるのに対して、洗い流さないタイプのトリートメントは成分が髪の表面に留まり、紫外線などの様々な外的要因から髪を守ってくれるのです。

洗い流さないトリートメントには手軽に使用できるミストタイプ、有効成分が豊富に含まれたオイルタイプ、特に保湿効果の高いミルクタイプ、ワックスとしても使用できるワックスタイプなどがありますので、生活タイルや好みなどによって選ぶようにしましょう。

シャンプーの後の髪に使用することで、翌日の紫外線から髪をしっかりと守ってくれます。

日傘をさす

紫外線によるダメージから髪や頭皮を守るためには帽子と同様に紫外線を直接防ぐことができる日傘を使用するのも有効です。

近年の日傘は、傘の部分に紫外線を反射したり吸収したりする成分や素材を使ったものも多く、紫外線を防ぐ効果は非常に優れています。

雨傘と日傘を兼用した折り畳みの商品もあるため、カバンの中に入れておけば活躍の機会が多くなることは間違いありません。

アフターケアを正しく行う

紫外線から髪や頭皮を守る方法を説明してきましたが、対策を行ったとしても紫外線が完全に防げるというわけではありません。

春や夏の日差しの強い日など、紫外線を多く受けたと感じたら、その都度のアフターケアを行うことも大切です。

まずはシャンプーをしっかりと行うことが重要です。丁寧にシャンプーを行うことで頭皮の炎症や硬化を防ぐことができます。

紫外線を受けた髪や頭皮はいつも以上にデリケートな状態なので、アミノ酸系シャンプーなどの低刺激なシャンプーを選ぶようにするのが理想的です。

シャンプーのあとは必ずドライヤーで髪を乾かしましょう。

紫外線でダメージを受けた髪は表面を保護しているキューティクルが開いた状態です。コンディショナーなどで髪を整えた後にドライヤーを使うことで、開いたキューティクルを再び閉じることができます。

また、アフターバストリートメントを使用して保湿を行ったり、髪の内部に栄養を補給するのも効果的です。

シャンプーやトリートメント以外にも、髪や頭皮のダメージをケアするためには睡眠や食事も大切です。

これらの習慣は普段から規則正しく行うのが髪や頭皮にとっては理想的なのですが、紫外線を多く受けた後は特に質の良い十分な睡眠をとったり、食事から栄養を十分に摂るようにしましょう。

睡眠時には体の細胞の再生が行われ、髪のダメージを補修してくれます。

食事からも、髪の成長にとって重要なタンパク質や亜鉛、ビタミンBを十分に摂るようにしましょう。

育毛に良いおすすめ食事メニュー

紫外線と髪についてまとめ

紫外線が髪や頭皮に与える影響や、紫外線から髪や頭皮を守る方法を説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

紫外線はタンパク質を変性させることで髪や頭皮にダメージを与えてしまいますが、正しい対策とアフターケアを行うことでダメージを防ぐことができます。

髪や頭皮の紫外線対策は、帽子をかぶったりトリートメントを使用するなど、日頃から行えるものであるために身につけておくようにしましょう。

この記事を書いた人 みっちゃん

産後脱毛を経験してから薄毛に敏感になった一児のママ。若い頃よりもボリュームが減ってるため生活習慣から栄養までこだわるようになった。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる