【必読】ハゲ予防・対策のために絶対にやるべきことを徹底解説!

ヘアケアイメージ画像

「ハゲは遺伝」などとよく言われていますが、実際には遺伝だけが原因ではありません。

もちろん遺伝による影響も大きいのですが、その他様々な要因によって脱毛、薄毛のリスクが高まることが医学的にも明らかになっています。

遺伝以外の薄毛の原因として代表的なものには生活習慣の乱れがあります。

ここでは薄毛の予防や改善のために行うべき習慣や、薄毛の原因となりかねない避けるべき習慣について説明しています。

記事を読んですぐに実践できることも多いはずなので、髪の毛のために良いこと、悪いことをしっかり覚えて生活習慣の見直しに役立ててみてください。

ハゲ予防・対策のために絶対にやること6選!

ここでは薄毛の予防策・改善策として普段から行えるようなものを6つ厳選して紹介しています。

これらを意識した生活習慣を心がけるだけでも、気になる抜け毛の具合や髪のボリューム感、頭皮のフケや脂の量などが違ってくるはずです。

正しいシャンプーを行う

正しいシャンプーを行うことはハゲ予防の基本的な対策です。

ここでは画像を使って説明しているので、自分の洗い方と比べながら確認してみてください。

髪を濡らす

画像の様に髪を濡らすその前に簡単にブラッシングをして髪をとかしておくと、シャンプー時の髪の毛が引っかかりによるダメージを減らすことができます。

髪の毛を濡らすところでは、しっかりと髪の毛全体が濡れるように適温のシャワーをかけましょう。これだけでも髪の汚れの大部分を落とすことができ、シャンプーの泡立ちも良くなります。

泡立てる

泡立てる前ですが、シャンプーは直接髪の毛に付けずに手のひらや泡立て器で泡立ててから髪に付けるのもポイントです。

そして、シャンプーを付ける前には髪全体の水気を軽く切っておきましょう。髪に水気が多く残っていると泡立ちが悪くなり、髪や頭皮を痛めてしまいます。

シャンプーを液体のまま付けてしまうと、シャンプーが頭皮の毛穴に残ったりするなど、頭皮環境の悪化に繋がります。

洗う

シャンプーが泡立ったら洗髪を行いますが、大切なのは髪の毛ではなく頭皮を洗うという感覚です。

髪の毛をゴシゴシ洗いすぎるのは引っ掛かりや引っ張る力などで毛根へダメージを与えてしまいます。頭皮を指の腹でマッサージをするように、優しくしっかり洗っていきます。

頭皮を洗い終えたら、シャンプーが髪や頭皮に残らないように時間をかけてしっかりとすすぎを行い、お好みのコンディショナーやトリートメントを行います。

コンディショナーやトリートメントを付ける際は頭皮ではなく髪の毛に付けるようにしましょう。

そうすることで、コンディショナーやトリートメントの効果が発揮され、また毛穴のつまりも避けられます。

●アフターケアのポイント

お風呂から上がったら、まずはタオルドライで髪全体をおおまかに乾かし、ドライヤーを当てていきます。その際に熱い風が直接頭皮に当たらないように、風の角度などを調整して髪全体を乾かしていきます。

髪全体が乾いたら、ドライヤーの冷風機能を利用して頭皮を乾かすのもポイントです。冷風機能は頭皮を傷つけつずに乾燥させることができ、雑菌の繁殖による頭皮環境の悪化を防ぎます。

睡眠時間を正す

睡眠中には副交感神経の働きにより成長ホルモンが分泌され、髪の成長がおきます。成長ホルモンは髪の毛を構成するタンパク質の合成を高める働きがあります。

睡眠が不足している状態では十分な頭髪の成長は望めません。

この成長ホルモンが最も活発になるのが22時から午前2時の時間帯であることから、この時間帯を育毛のゴールデンタイムと呼んだりします。このゴールデンタイムにはできるだけ就寝しているようにしましょう。

夜10時の就寝というのは大人には難しいかもしれませんが、朝少し早く起きる、運動をしてみる、リラックスできるアロマを使うなどして少なくともこの時間帯を意識し、なるべく眠れるようにしておくことが重要です。

また、就寝前にはシャンプーで髪と頭皮を清潔にし、頭皮マッサージを行うとリラックスできます。

頭皮の汚れや皮脂が落ちていないままでは、せっかくのゴールデンタイムでの睡眠による育毛効果も半減してしまいます。

22時から午前2時のゴールデンタイムに就寝しているようにすれば、朝早くに目が覚めるはずです。このとき休日でもゴロゴロせずに起床し、なるべく朝陽を浴びて体を動かすようにしましょう。

そうすることで体内時計がリセットされ、また夜には眠気が起きるようになります。

食事改善をする

食生活の改善も立派な薄毛対策になります。人間の体は普段食べているもので作られているということを改めて意識しましょう。

栄養が偏ったり不足していては、筋肉や皮膚、内蔵などあらゆる部分は健康な状態ではいられないのです。もちろん、髪の毛も例外ではありません。

では、ハゲの予防・対策ができる食生活とは具体的にどのようなものなのでしょうか。

それは、髪の毛を作る栄養素や髪の素となる栄養素、頭皮環境を整えてくれる栄養素を積極的に摂取することです。

・髪の毛の成分であるタンパク質
⇒肉・魚・卵・大豆・乳製品など

・タンパク質を合成してくれる亜鉛
⇒牡蠣・レバーなど

・血流を改善したり細胞分裂を活発にする各種ビタミン
⇒野菜・果物・豚肉など

上記の栄養素は髪にとって特に大切なものです。各栄養素が多く含まれている食材を覚え、食材選びをする際に意識すると自然と摂取することができます。

育毛に良いおすすめ食事メニュー

頭皮を清潔に保つ

  • 頭皮の汚れを落とす

頭皮を清潔に保つことも薄毛の予防・対策の基本です。そしてその頭皮の汚れの原因は、分泌された皮脂やホコリ、落としきれていない整髪料やシャンプーなどです。

これらは頭皮の毛穴に詰まり、雑菌を繁殖させ、正常な髪の成長を妨げたり育毛剤などの浸透も防いでしまいます。

  • 帽子で蒸れないようにする

帽子をよくかぶる方も注意が必要です。

帽子は紫外線を防ぐなど、頭皮をダメージから守るためにも有効ですが、長時間の着用では蒸れによって雑菌が繁殖しやすい状態になり、頭皮環境の悪化に繋がります。

室内ではなるべく帽子を脱ぐなど、帽子の中が蒸れないように工夫しましょう。

  • 皮脂の分泌を増やす食事に気を付ける

脂の多い肉類や、揚げ物、ラーメンやファストフードなどはどうしても頭皮の脂を増やしてしまい毛穴をつまらせる原因となってしまいます。

肉類は適量であれば髪の発育にとっても有効なタンパク質を摂ることができますが、過剰に食べ過ぎることのないようにしましょう。

  • 枕カバーを清潔にする

意外と見落としがちなのは枕カバーなどの寝具です。

正しくシャンプーを行い皮脂や洗い残しなどのない状態でも、いざ寝ようとしたときに枕カバーが汚れていては雑菌や汚れが頭皮に付いてしまいます。

最低でも週に1階回、寝ている間の汗の多い人では週に2~3回の交換が良いでしょう。

ストレス解消

ストレスを溜め込まない、また、適度に発散して解消することもハゲの予防になります。

ストレスはあらゆる不調の原因とも言われるほど体にとって有害ですが、それは薄毛であっても例外ではありません。

人間の体は過度のストレスを受けると、自律神経やホルモンバランスが乱れてしまいます。ホルモンバランスの乱れは特に女性の薄毛の原因で多いものです。

また、ストレスは血管の収縮を起こし血流を悪化させます。その結果、毛根に十分な栄養が供給され薄の原因となります。

このように、髪の毛にとっても深刻な悪影響を与えるストレスを、溜め込まずに解消することがハゲの予防に繋がります。

ストレス解消は人によって様々なものがあると思いますが、まずは自分のストレス解消方法を見つけておきましょう。

ランニングや散歩をするだけでもストレスの解消には繋がります。普段からストレス解消の習慣を身につけておくと良いでしょう。

カウンセリングを受ける

AGAクリニックなどが行っているカウンセリングを受ける事も、ハゲの予防に繋がります。

専門家である医師やカウンセラーによるカウンセリングからは、自分の薄毛の原因が遺伝なのか、ホルモンによるものなのか、生活習慣からなのかなどをアドバイスしてくれます。

それらを聞くことで、今後の薄毛対策を的確に行うことができるのです。

また多くのクリニックが無料のカウンセリングを行っていますが、相談したら契約をしなければならないということは絶対にありません。

ただし、もし薄毛の状態が進行しているようであれば、生活習慣を見直すだけでの薄毛の改善は難しくなります。一定以上に脱毛が進行してしまった場合は、医療機関での治療以外に有効な発毛の方法はありません。

カウンセリングではそのような結果を知らされることもあるかもしれませんが、その場合はクリニックでの治療を検討しましょう。もちろん、カウンセリングを受けた以外のクリニックを選択することも自由です。

都内で人気のクリニックは「東京スカルプクリニック」です。

東京スカルプクリニックは無料カウンセリングはもちろん、その後診察をしても初診料や血液検査料も無料なので気軽に相談しに行きやすいのが人気の理由です。

男性だけでなく女性の患者も多いため、プライバシーも守られ安心して相談しに行くことができます。

東京スカルプクリニック

頭皮に悪影響!ハゲ安い人がやっていること

ハゲの予防に繋がるような生活習慣があれば、逆にハゲの原因となったり、ハゲの進行を早めてしまうような生活習慣があります。

ここではそれらについて説明していますので、自身に思い当たるものがある場合は、髪のためにも改めるようにしましょう。

お酒の飲みすぎ

酒は「百薬の長」とも言われますが、それはあくまでも適量の飲酒であればの話です。

アルコールは肝臓で分解されますが、このときに消費されるのは体内の亜鉛やアミノ酸など、髪を作るために重要な栄養素です。

肝臓が日常的にアルコールを分解しているような状態では、亜鉛やアミノ酸は不足し、髪の毛を成長させることができなくなります。

また、アルコールを摂取すると、睡眠の質が低下することが明らかになっています。このため、過度の飲酒は睡眠時の毛髪の成長の妨げにもなってしまいます。

さらに、肝臓がアルコールを分解する際に代謝される「アセトアルデヒド」には薄毛の大きな原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンを増加させる働きがあると近年の研究からは考えられています。

このように、お酒の飲み過ぎは、髪の毛にとってもデメリットばかりということがわかります。

普段からお酒を多く飲む方は、育毛のためにもお酒の量を見直して下さい。

ただし急な禁酒などを行ってもストレスが発生し、かえって髪の毛によくないので、少しずつお酒の量を減らすなど、無理のない改善をするようにしましょう。

喫煙している

タバコは「百害あって一利なし」「有害物質の缶詰」などと言われていますが、当然髪の毛のとっても良いはずがなく、薄毛の原因になりかねません。

喫煙によってニコチンが摂取されると、体の毛細血管は収縮を起こします。特に頭皮はニコチンによる血管収縮の影響を受けやすく、毛根への酸素や栄養の供給が滞ってしまいます。

また、喫煙によって体内に取り込まれた一酸化炭素は血液中のヘモグロビンに結合して、血液を酸欠のような状態にしてしまうのです。

血管の収縮と同じように、毛根への酸素の供給が不十分になり、正常な毛髪の成長の妨げになります。

さらに、喫煙は大量のビタミンCを消費します。抗酸化作用やコラーゲンの生成を助けるビタミンCの不足は頭皮環境を悪化させ、薄毛の原因となってしまいます。

このようなことから、ハゲの予防という点からも喫煙は行うべきではありません。喫煙者の方はこの機会に禁煙を検討してみてはいかがでしょうか。

禁煙によって強いストレスが生じるようであれば、徐々に本数を減らすなどでもいいので、喫煙の習慣を改めるべきです。

同じ髪型、分け目にしている

あまり知られていませんが、毎日同じ分け目やヘアスタイルを続けていても部分的な薄毛の原因になってしまう場合があります。

これは、髪の毛には本来自然な方向があり、セットされた状態は毛根にとって負荷がかかっているためです。

この負荷が毎日のように続けば、毛根は正常な発毛ができなくなってしまいます。

また、髪の分け目の頭皮は紫外線の影響を受けやすくなります。頭皮の同じ部分が紫外線を浴び続けることで炎症を起こし、血流も悪化します。

このようなことから、同じ分け目やヘアスタイルを続けることは部分的な脱毛や薄毛の原因となってしまうのです

また、女性に多いポニーテールなど、まとめた髪をヘアゴムなどで束ねた髪型を続けることも注意が必要です。

ヘアゴムなどで髪の毛を束ねていると、髪の毛の根本である毛根には強い負荷がかかってしまいます。

このような原因から起こる脱毛の症状を牽引性脱毛症(けんいんせいだつもうしょう)と言います。

毛根への負担をなるべく少なくするためにも、分け目をたまに変えてみる、オールバックやポニーテールなどの負担のかかる髪型は長期間続けない、などの対策を行いましょう。

シャワーが熱すぎる

これも意外と知られていませんが、熱すぎるシャワーも薄毛の原因となり得ます。

高温のシャワーは頭皮を守るために必要な皮脂まで落としてしまい、頭皮の乾燥を招きます。頭皮の乾燥はフケの発生による毛穴の詰まりなど、頭皮環境を悪化させ薄毛の原因となります。

このようなことを避けるためのシャワーの適切な温度は、38℃以下が目安とされています。

特に朝のシャワーが習慣になっている方は気をつけましょう。目を覚ましてくれる熱めのシャワーは心地よく感じますが、頭皮や髪にとっては避けるべきです。

紫外線を浴びている

夏の日差しのような強い紫外線を頭に浴び続けると頭皮は炎症を起こし、やけどのような状態になります。そして頭皮の炎症はその奥にある毛根内、毛母細胞の働きも著しく低下させ、薄毛や脱毛のリスクを高めてしまいます。

このようなことを避けるには紫外線を防げば良いのですが、最も簡単な対策は日差しの強い日には帽子をかぶることです。

帽子を長時間かぶりすぎると頭皮の蒸れに繋がってしまいますので、室内では帽子を脱ぐなどして上手く使いましょう。

また、日傘を差すのも有効です。

日傘と言うと女性のものというイメージがありますが、最近では男性が使用できるような日傘も増えてきています。

上記以外でも頭皮に直接吹きかけるUV(紫外線)カットスプレーなども販売されています。

外出前に頭部にスプレーするだけで紫外線を防いでくれる便利な商品ですが、1日の終わりにはきちんとシャンプーで洗い流すようにしないと逆効果になってしまうため気を付けましょう。

結局何から始めればいいの?

ハゲの予防・対策のために行うべき、避けるべきことについて説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

これらは日々の生活にすぐにでも取り入れられるようなことばかりですが、まずは自分の生活と照らし合わせ、できることから始めてみるのが良いでしょう。

ハゲ予防・対策にやることまとめ
・正しいシャンプーを行う  
・睡眠時間を正す   
・食事改善をする    
・頭皮を清潔に保つ     
・ストレス解消      
・カウンセリングを受ける

現在の状態に不安があるのなら、まずはクリニックの無料カウンセリングを受けるだけでも薄毛の改善に近づけます。

薄毛には原因や種類があり、それぞれに改善方法があります

クリニックのカウンセリングでは専門家がそれらを教えてくれ、治療方法の説明はもちろん、日常のケアなどのアドバイスもしてもらえます。

ハゲの予防・対策のための生活習慣は、クリニックでの治療のような劇的な効果があるわけではありません。しかし意識するだけで始められることが多く、継続により髪の栄養状態や頭皮の環境を少しずつ改善してくれます。

一つ一つできることから取り入れていきましょう。

この記事を書いた人 佐藤昭仁

クリカクの管理人。30代になってから薄毛が気になりいろんなAGAクリニックを実際に体験した。メソセラピーは針が怖いからノーニードル派!今は生えそろってきたので薬のみの治療をしてる。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる