自分は ED?セルフチェックやEDの初期症状についても紹介!

医師によるEDチェック

「近頃アソコの調子が悪い」
「そういえば最近セックスしてないな」

と思うとき、自分がEDなのかどうかなんてわかりませんよね。他人と比べることでもない限りは、自分がどの程度の症状なのかわからなくて当たり前です。

ここでは、少しでもEDを疑ったときに見ていただきたい情報を掲載しています。

EDセルフチェック

こちらは「International Index of Erectile Function(国際勃起機能スコア)」の中の「SHIM:Sexual Health Inventory for Men」と呼ばれる問診票で、EDが心配されるときに医療機関などで一般的に使われているものです。

合計点数が21点以下の時にEDが疑われるとされています(満点は25点)。

EDかもしれないと不安な方はセルフチェックしてみてください。

【SHIMスコア】
以下の設問にお答えください。

1.勃起してそれを維持する自信はどれくらいありましたか

1点:非常に低い
2点:低い
3点:中くらい
4点:高い
5点:非常に高い

2.性的刺激によって勃起した時、どれくらいの頻度で挿入可能な硬さになりましたか

0点:性的刺激はなかった
1点:ほとんど、又は全くならなかった
2点:たまになった(半分よりかなり低い頻度)
3点:時々なった(ほぼ半分の頻度)
4点:しばしばなった(半分よりかなり高い頻度)
5点:ほぼいつも、又はいつもなった

3.性交の際、挿入後にどれくらいの頻度で勃起を維持できましたか

0点:性交を試みなかった
1点:ほとんど、又は全く維持できなかった
2点:たまに維持できた(半分よりかなり低い頻度)
3点:時々維持できた(ほぼ半分の頻度)
4点:しばしば維持できた(半分よりかなり高い頻度)
5点:ほぼいつも、又はいつも維持できた

4.性交の際、性交を終了するまで勃起を維持するのはどれくらい困難でしたか

0点:性交を試みなかった
1点:極めて困難だった
2点:とても困難だった
3点:困難だった
4点:やや困難だった
5点:困難でなかった

5.性交を試みた時、どれくらいの頻度で性交に満足できましたか

0点:性交を試みなかった
1点:ほとんど、又は全く満足できなかった
2点:たまに満足できた(半分よりかなり低い頻度)
3点:時々満足できた(ほぼ半分の頻度)
4点:しばしば満足できた(半分よりかなり高い頻度)
5点:ほぼいつも、又はいつも満足できた

【診断結果】

  • 1~7点:重度のEDです。医療機関を受診してください。
  • 8~11点:中等度のEDです。医療機関を受診してください。
  • 12~16点:軽度~中等度のEDです。医療機関を受診してください。
  • 17~21点:軽度のEDである可能性があります。
  • 22~25点:おおむね正常です。EDである可能性は低いでしょう。※但し以下を参照

しかし、22点以上であっても

  • 勃起時に硬度が少し不足する場合
  • 充分な勃起が「時々」または「たまに」発現しない場合
  • 勃起の維持が「時々」または「たまに」できない場合

上記の3点のいずれかが当てはまる場合は、EDの可能性が高くなります。

自分の硬さセルフチェック

りんごやグレープフルーツが理想

こちらは「勃起の硬さスケール(EHS: Erection Hardness Score)」と呼ばれる自己診断型のスケールです。

EDの簡易的な診断や、治療した場合はその効果を計ることができるツールとして信頼性が高いと評価されているものです。

自分の硬さはどのくらいなのか、勃起時の陰茎と比べながらご覧ください。

【勃起の硬さスケール EHS】

  • グレード0:陰茎は大きくならない。
  • グレード1:陰茎は大きくなるが硬くはない。具体的な硬さの例⇒こんにゃく
  • グレード2:陰茎は硬いが挿入に十分なほどではない。具体的な硬さの例⇒みかん
  • グレード3:陰茎は挿入には十分硬いが、完全には硬くない。具体的な硬さの例⇒グレープフルーツ
  • グレード4:陰茎は完全に硬く、硬直している。具体的な硬さの例⇒りんご

【診断結果】

  • グレード0~2はEDの可能性
  • グレード3であっても満足な性交に支障があればEDの可能性

EHSがグレード2以下になるリスク要因としてよく挙げられているものは、以下のような事柄です。

  • 1日2箱以上の喫煙
  • メタボリックシンドローム
  • 高血圧
  • 糖尿病の既往

など

ED以外に他の疾患がないという場合でも、EHSスケールがグレード2以下の場合は、その陰に他の疾患が隠れている可能性があります。

勃起不全(ED)の初期症状

何か思い当たることがある時はED治療を

EDの初期に現れやすい症状について、ご紹介します。

どれも年齢のせいだとおざなりにしてしまいがちな症状ですが、治療することで改善する場合が多いです。

これらのような症状が出たら、クリニックを受診してED治療を始めることを検討しましょう。

中折れ

「中折れ」とは、勃起していた陰茎が挿入中に元気を無くしてしまうことです。

その後性的刺激を受けて復活したとしても、ゴムを着けようともたもたしている間に萎えてしまうという場合なども中折れです。

ファイザー製薬が2009年に行った調査によると、40代の6割が経験しているというくらいごく一般的な症状ではありますが、これがEDの入り口であるともいえます。

勃起は、陰茎海綿体にある太い動脈に血液が流れ込み、陰茎が膨張して硬くなるという現象です。

そのため陰茎にある動脈が硬化していたりすると、中折れを起こしやすくなります。

血管の詰まりは加齢などで誰にでも起こりうるものですが、体の動脈が詰まって重症になると、脳梗塞や心筋梗塞になります。そして梗塞が陰茎に起こるとEDとなります。

脳や心筋の動脈よりも陰茎の動脈の方が細いために、血管の詰まりがEDとなって体の他のどの場所よりも早く症状が現れやすいのです。

このことから、中折れは動脈硬化の進行を意味する場合が多いです。

そのため、中折れ状態が続くようであれば、それまで以上に健康に気を遣う必要があります。

持続しない

勃起しないことがEDであると思われがちですが、勃起の状態が持続しないこともEDの症状のひとつです。

勃起は陰茎の海綿体にある動脈に血液が流れ込んで膨張し、静脈がふさがれることで維持されます。

持続しなくなるのは、陰茎に流れ込む血流量が少なかったり、きちんと勃起していないことによって静脈がふさがれなくなっているためです。

前述の「中折れ」と同様、血管の異常を示している可能性があるため、勃起が持続しなくなった場合もそれまで以上に健康に気を遣う必要があります。

性行為に満足しない

最後まで満足のいく性行為ができないということも、EDにつながることがあります。

最後まで満足のいくセックスができる時とできない時があるといった漠然とした感覚があるときや、射精に至るまでに勃起を維持できないといったとき、イクことが少なくなってきたときなども、EDにつながる可能性があります。

その漠然とした感覚が結果として動脈硬化によるEDだったり、更年期障害による性欲の低下であったり、ストレスや特定のパートナーと性交できなくなるといった「妻だけED」の引き金となることがあります。

自信がなくなる

性行為に自信がなくなることも心因性の勃起不全(ED)につながることがあります。

はじめての性行為がうまく行かないことや勃起の持続、射精までの維持などを指摘されたりすることで、性行為を行うこと自体に自信がなくなることはEDの原因になります。

また妊娠を希望している場合、不妊治療がEDの原因となることもあります。

性行為を行うことに義務感を感じてストレスになるといったこともEDの入り口につながることがあるのです。

心因性EDについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ストレスが原因の心因性ED(勃起不全)について

性欲が弱くなる

性欲の低下自体が勃起不全(ED)につながることもよくあることです。

テストステロンの減少によるEDは、内分泌性EDに位置づけられ、これは「器質性ED」に含まれます。

加齢やストレスで性欲が無くなってきたと感じると同時に、勃起力の低下に気づくことも少なくありません。

性的な刺激を受けると、脳の中枢神経が興奮し脳が性交を促します。

脳は性欲を発するときの反射として、陰茎を勃起させようと指令を出します。

この流れは「性欲」と呼ばれますが、テストステロンの量が少なくなるとこの流れがうまくいかなくなることがあります。

更年期障害で性ホルモンの分泌が少なくなることはよく知られていますが、現代でも更年期障害は女性のものと思われがちなため、男性はこのことに気づきにくいのです。

更年期障害になったときはEDのほかに、体脂肪率の上昇、血圧の上昇、動脈硬化の進行、骨密度の低下などの症状が起こります。

性欲が減退し、EDの兆候があらわれた時は、テストステロン値をかかりつけの医師に測ってもらう機会を持つことをおすすめします。

朝勃ちしなくなる

朝勃ちが少なくなることも勃起不全(ED)の初期症状にはよくあることです。

就寝中、男性の体では、レム睡眠の度に繰り返し勃起が行われています。

この勃起は「夜間陰茎勃起現象」と呼ばれていて、定期的に勃起させることで勃起力をメンテナンスしているとされています。

この睡眠時の勃起の一番最後のものが「朝勃ち」となるのです。

そのため、これまでと比べて朝勃ちの回数が減って来たと感じたときは、陰茎の血流が悪くなってきている可能性が考えられます。

また、朝勃ちはあるのに性行為中に勃起しないという場合は心因性のEDが考えられます。

いずれの場合も、クリニックなどの医療機関で相談されることをおすすめします。

まとめ

  • セルフチェックの結果がよくても心当たりがあるときは生活習慣を見直してみる
  • 最近の勃起の状態を見直してみるとEDの兆候が現れていることがある
  • 心配な点が複数ある場合はクリニックで治療を受けることを検討してみる

勃起不全は、血管系の状態や心因性の問題などが絡むことが多い全身病です。

そのため自身のQOL(Quality of Life)向上のためだけではなく、健康促進のためにも治療すべき疾患だといえます。

他のさまざまな疾患においても早期発見や早期治療が大事だと言われていますが、勃起不全に対しても同じことが言えます。

気がかりな点がある場合には、クリニックを受診してみてください。

当サイトでは、貴方のお近くのクリニックを見つけることができます。

この記事を書いた人 桃井

ED治療歴約1年の30代。今は医者と相談して調子が悪いときだけ服用。完治に向かっている最中。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる