ED治療薬の成分について

ED治療薬の種類
概要 作用時間 副作用 効果と特徴
タダラフィル タダラフィルはED治療薬シアリスの主成分。ED症状の改善のほか、肺動脈性肺高血圧症や前立腺肥大症にともなう排尿障害の治療薬として用いられることもある。 効果発現:服用後約1~3時間
持続時間:約30~36時間
頭痛、ほてり、消化不良などで、シルデナフィルより副作用が弱い 性的な刺激や興奮を受けることで勃起を促しゆっくりと徐々に効果が現れてくるのが特徴。 タダラフィルの詳細
ダポキセチン ダポキセチンは早漏防止薬プリリジーの主成分。抗うつ剤として研究されていた成分でSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)に分類される。 効果発現→服用後約1~3時間、
持続時間→約4~6時間
吐き気、めまい、のどの渇き、頭痛、下痢、睡眠障害など 緊張や性的興奮をしずめる事で、射精時間を約3~4倍に延長する効果が期待できる ダポキセチンの詳細
アバナフィル アバナフィルはED治療薬ステンドラの主成分。ステンドラは2012年にFDA(アメリカ食品医薬品局)で認可され、第4世代のED治療薬として販売されている。 効果発現:服用後約15~30分
持続時間:約3~6時間
ほてり、頭痛、鼻づまり、めまい、視覚障害などで、副作用はかなり少ない 性的な刺激や興奮を受けることで勃起を促し、水に溶けやすいため体内に取り込まれやすく、食事、飲酒の影響も少ない アバナフィルの詳細
ウデナフィル ウデナフィルはED治療薬ザイデナの主成分。前立腺肥大症、下部尿路症状の治療・予防にも効果があり、尿道平滑筋、前立腺平滑筋の弛緩剤にも使われる。 効果発現:服用後約30分
持続時間:約11~13時間
ほてり、めまい、頭痛、鼻づまりなどでシルデナフィルよりは弱い 性的な刺激や興奮を受けることで勃起を促し、力強い勃起力、効果の即効性、作用時間の長さののバランスが取れているのが特徴 ウデナフィルの詳細
この記事を書いた人 桃井

ED治療歴約1年の30代。今は医者と相談して調子が悪いときだけ服用。完治に向かっている最中。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる