シアスマの効果や副作用を徹底解説

シアスマの効果や副作用を徹底解説

シアスマはED治療薬の中でもNo.1の人気、シェアを誇るシアリスのジェネリック医薬品です。

シアリスと同様に有効成分「タダラフィル」が勃起を鎮める酵素を阻害する働きを起こすことで、陰茎の血管に血液が流入して勃起力の改善、勃起状態の維持に効果をもたらします。

身体的な原因である器質性EDはもちろん、精神的な原因による心因性ED、その両方の原因を持つ混合性ED、また、特定の薬剤の服用によって引き起こされる薬剤性EDにも効果が期待できます。

ED治療薬は勃起力ならバイアグラ、即効性ならレビトラといわれることに対し、効果持続性が飛びぬけて長いのがシアリスで、副作用も少ないのが特徴です。

3大ED治療薬と呼ばれるこれらの中でシアリスと同様の効果を持ちながら、ジェネリック医薬品であるため大幅にコストも抑えられるのがシアスマです。

インドのレクメズ社より発売され、開発段階では日本人も携わっているシアスマについて、その詳細な効果と副作用、さらにはシアスマ服用上の注意などについても詳細に解説いたします。

シアスマの効果

ここからはシアスマの効果を「持続性」「硬さ」「発現時間」「服用方法」という、ユーザーにとって知っておきたいポイントごとにまとめてご紹介していきます。

バイアグラ、レビトラの数値データをご紹介し比較もしていますので、ぜひ判断材料の参考にしてください。

持続性

シアスマ バイアグラ レビトラ
有効成分 タダラフィル シルデナフィル バルデナフィル
持続性 24~36時間 3~5時間 4~10時間

シアスマの持続性はED治療薬の中でも最長の持続時間を誇ります

もちろん効果の長さに関しては個人差もありますが、有効成分タダラフィルが20mg配合されたものであれば最長36時間という長時間、効果を確認することが可能です。

ただし効果が現れるまでの時間も長めになっており、性行為の1時間前までには服用しておきます

また、こうしたED治療薬は性的興奮や刺激を受けないと勃起することはありません

効果持続中ずっと勃起し続けてしまうという心配はありません。

最大36時間という長時間効果が持続するため、週末に1錠服用して土日いっぱいいつでも効果を確認できるということから、シアリス系のED治療薬はウィークエンドピルという呼び方もされています。

硬さ

シアスマ バイアグラ レビトラ
硬さ マイルド とても硬い 硬い

次にシアスマの勃起力についてですが、ED治療薬共通の効果として勃起不全の陰茎を力強く勃起させるという点には違いはありません。

ただその中でも有効成分の違いによって、勃起力には違いがあるのも事実です。

シアスマの勃起力はというと、ED治療薬の中でもマイルドな勃起力であるとされています。

勃起力でいえば、世界初のED治療薬であるバイアグラが最も硬く勃起するといわれ、さほど症状が出ていない人が服用した場合は硬くなりすぎて痛いほどという人もいます。

そのためED症状を改善したいが効果が強すぎると心配という人には、シアスマは向いているといえるでしょう。

こうした硬度の違いは成分の性質の差からもきています。

シアスマの主成分タダラフィルはブロック状で水に溶けにくいという特徴をもっています。

バイアグラ、レビトラはというと水に溶けやすい成分です。このため身体への吸収が早いため、硬い勃起力となっています。

こうした勃起力の違いは個人差も大きいので確かめてみるのが一番です。

そのためそれぞれを少量購入し、少しずつご自身に合うED治療薬を見つけるという手段も有効です。

服用後の発現時間

シアスマ バイアグラ レビトラ
発現時間 1時間 30~60分 15~30分

シアスマは水に溶けにくい成分であるということもあり、効果の発現時間は3大ED治療薬の中でももっとも遅くなっています。

1時間で効果が発現しますが、効果発現のピーク時間は服用後3時間後という報告もあります。

このため、急な性行為の機会が巡ってきたような場合には間に合わないこともあり、この点だけ見るとタイミングを考えた服用が必要だと感じるかもしれません。

しかし、シアスマは効果の持続時間が最大で36時間もあります。

どのED治療薬も1度服用すると次の服用には24時間を開ける必要があります。

シアスマの場合は以下のような点がメリットとデメリットといえます。

【メリット】

長時間にわたって何度も性行為を楽しむ場合、服用間隔のタイムラグにより使用できないバイアグラやレビトラとは違い、効果が持続している

【デメリット】

急に訪れたチャンスで服用しても、効果発現が間に合わない

もちろんこれも好みの問題で、急な性交の機会が多いライフスタイルの人なら発現時間の短いED治療薬が向いており、対してゆっくりと長時間性生活を楽しむタイプの人にはシアスマが向いているといえます。

より効果的に飲む方法

シアスマの効果についてはここまで紹介した通りですが、シアスマの特徴を踏まえてより効果的に服用するためには以下のポイントを抑えておきましょう。

  • 性行為の1~2時間前に服用しておく
  • 服用前後の食事は控え、特に服用は空腹時に行う
  • 服用前後の飲酒は控える

シアスマは効果の持続時間も長いので、服用は余裕をもって行ってください。

【服用例】

  • 服用前は数時間食事をしない
  • 服用後3時間とされる効果のピーク時間に合わせて3時間前に服用
  • 服用後に脂分の少ない軽食をとっておく

シアスマと食事の関係については、エネルギー800kcal未満の食事であれば影響を受けづらいとされています。

ですが一方では脂質との相性が悪いともいわれ、脂質分の多い食事をしてしまうと、カロリー上問題が無くても効果が出づらい場合があります。

よく成分の吸収効率を高めようと錠剤をかみ砕いて服用するという事例もあるようですが、たとえ粉末状にしても効果が早く出るわけではありません。

あくまでも効果発現時間と性行為の時間を考慮して、水かぬるま湯で服用しましょう。

シアスマの副作用

シアスマの副作用

シアスマはバイアグラ系、レビトラ系のED治療薬と比較しても副作用が軽いとされているため、安心して服用できるED治療薬だといえます。

もっとも副作用の発現も個人差がありますし、効果が確実な分少ないとはいえ副作用があるのも事実です。

そこでここからはシアスマに多い副作用について、また服用方法を誤ることであおこるリスクについて触れていきます。

また、シアリスのジェネリック医薬品のなかにも数多く出回る偽造薬を誤って服用した場合の副作用や症状についてもいくつかご紹介します。

あまりシアスマの副作用を深刻にとらえることはありませんが、いざというときのために副作用と対処方法は知っておくに越したことはありませんので、ぜひ目を通して確認しましょう。

基本的な副作用

シアスマの副作用については多い順に以下のような症状がみられます。

主な症状 発生頻度(%)
頭痛 11.3%
ほてり 8.6%
消化不良 2.3%

このほかにはめまい、鼻づまり、頭痛といった副作用があり、こうした副作用はいずれも軽微で一過性の症状です

一時的な視覚障害ですが、こちらも重大な症状になることはほとんどありません。

頭痛や鼻づまりは頭痛薬・鼻炎薬の服用は問題ないので、これらを併用すれば症状を軽減できます。

ほとんど起こることはありませんが、注意したい副作用には以下の症状があります。

  • 勃起持続症(プリアピズム)
  • 過敏症(発疹、蕁麻疹、顔面浮腫、剥脱性皮膚炎)
  • 腎機能障害
  • 肝機能障害
  • 突発性難聴
  • 成分(タダラフィル)へのアレルギー反応

勃起持続症は薬の効果が切れても4時間以上の痛みを伴う勃起が続く症状です。

こうした副作用は非常に稀ですが、すぐに医療機関を訪れ医師の診察を受けるようにしてください。

誤った飲みかたで起きる副作用

シアスマは比較的副作用の少ない医薬品ですが、それはあくまでも正しい服用方法を守った場合に限ります。

もし服用方法を間違えば、副作用の少ない医薬品でも重大な健康被害を与える可能性は十分あります。

まず特に気をつけるポイントは以下の2点です。

  • 決められた容量を守らずに服用してはならない
  • 併用注意薬、併用禁止薬を服用してはならない

シアスマには10mg/20mgのものが用意されています。

成分量20mgで最大36時間の効果が持続しますが、これを越えても持続時間が伸びたり勃起力がアップすることは絶対にありません。

欧米人の体格に合わせて20mgが設定されているため、小柄であれば10mgの服用でも十分な効果が期待できます。

また、勃起力を更に高めるためバイアグラとシアスマを同時に服用するというような方法も、血圧低下などの重篤な副作用の危険があるため複数のED治療薬を併用はすべきではありません

併用注意薬と併用禁忌薬はどちらも服用した際、シアスマとの相性が悪く大変危険ですので以下の医薬品を必ず確認してください。

ただし併用注意薬に関しては医師に相談したうえで服用できる場合もあります。

【併用注意薬】

  • ケトコナゾール
  • イトラコナゾール
  • クラリスロマイシン
  • カンデサルタン
  • リファンピシン
  • フェニトイン
  • フェノバルビタール
  • カルペリチド
  • テラプレビル
  • リトナビル
  • インジナビル
  • サキナビル
  • ダルナビル
  • ドキサゾシン
  • テラゾシン
  • アムロジピン
  • メトプロロール
  • エナラプリル

また、医薬品ではありませんが、グレープフルーツはED治療薬との相性が悪く、成分の血中濃度が上がりすぎて効果や副作用が過剰に現れるので摂取は控えましょう。

【併用禁忌薬】

  • 亜硝酸アミル
  • 硝酸イソソルビド
  • ニトログリセリン
  • ニプラジロール
  • リオシグアト(アデムパス)
  • 塩酸アミオダロン(経口剤)

【外部リンク】

ニセモノによる副作用

シアスマはシアリスのジェネリック医薬品として人気があり、愛用者も多い分偽造品が製造されている可能性があります。

ニセモノの医薬品はパッケージが劣悪なコピーで作られていたりすれば気づきやすいものですが、中には精巧にパッケージングされ、一見本物でも、錠剤を割ったら中身が違う色だったりというケースもあります。

インターネット上に流通するED治療薬は実にその4割以上が偽造品であるという報告もあります。

もしもこうした偽造品を服用して性行為にのぞんだ場合は、ED改善効果がないのはもちろん、場合によっては取り返しのつかない重篤な副作用が身に降りかかる危険性もあります。

シアスマの先発薬であるシアリスに関しては2008年2~5月、シンガポールで、シアリス(50㎎と記載)の偽造品を服用した患者に、重篤な低血糖症を起こったケースがあります。

2011年には日本でも同様の低血糖症を起こしたケースがありますが、このどちらも本来シアリスには含まれていないグリベンクラミド(血糖降下剤)が含まれていました。

こうしたケースからも明らかなように、はっきりしない入手先からシアスマを購入するのは大変危険です。

インターネット通販でもシアスマの正規取り扱いをしている場合は成分鑑定書が添付されていたりしますので、十分確認しないと重篤な健康被害や命の危険まであることを忘れてはいけません。

クリニックでの処方が安全

シアスマはインターネット通販で購入することが可能で、国内での処方薬より安価にED治療を行うことができるというメリットがあります。

しかしシアスマを含めた海外製のジェネリック医薬品は偽造品や粗悪品も多く、健康リスクも自己責任となります。

こうしたことからもED治療薬を購入するなら、やはり国内のクリニックで処方してもらうほうが安全で確実といえます

国内医療機関で処方されるED治療薬は日本国内で認可を受けたものに限られるため、偽造品や粗悪品を服用する危険はありません。

偽造ED治療薬での被害は後を絶ちません。

安く手に入れても重篤な健康被害のリスクもあるので、安易にネット通販で医薬品を購入するのは避けるべきです。

シアスマの効果の仕組み

シアスマの効果の仕組み

シアスマの主成分であるタダラフィルをはじめ、バイアグラのシルデナフィル、レビトラのバルデナフィル、ステンドラのアバナフィルはすべてPDE-5阻害薬という医薬品に分類されます。

シアスマの効果の仕組みについてですが、まずEDとは性的興奮をおさめるPDE-5の働きが活発であるために勃起不全が起こる症状です。

勃起は性的刺激を受けた脳が信号を出し、一酸化窒素が放出されることでcGMP(環状グアノシンーリン酸)という物質が増加します。

このcGMPが海綿体の筋肉を弛緩させ血管の拡張で大量の血液が流入し陰茎の勃起が起きます。

性的興奮が収まるとcGMPをPDE-5が壊すことで勃起が収まりますが、ここでタダラフィルが作用しPDE-5(ホスホジエステラーゼ5)の働きを阻害するため、cGMPを活発化させることでEDが改善するというのが効果の仕組みです。

シアスマを飲んではいけない人

以下に該当する人もシアスマの服用は控えてください。

  • タダラフィルに対するアレルギー反応歴のある人
  • 血圧が90/50mmHg以下の低血圧、または170/100mmHg以上の高血圧
  • 心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、脳出血の疾患があった人(過去半年以内)
  • 塩酸アミオダロン、可溶性グアニル酸シクラーゼ、刺激剤(リオシグアト)を投与されている人
  • 重度の肝障害
  • 性行為中に狭心症を起こしたことのある人
  • 医師から性行為を禁止されている人

こうしたケース以外にも医薬品の服用は予期しない事態が身体に起き、命の危険にさらされることもあります。

そのためシアスマの服用で少しでも異変を感じたら、必ず医療機関を訪れ医師の診察を受けましょう。

こうしたこともあるため、性行為前にもED治療薬を服用することを事前にパートナーに伝えることをおすすめします

シアスマの効果や副作用についてまとめ

以上がシアリスのジェネリック医薬品シアスマについての効果と副作用についての解説です。

最後にここまでの内容を簡潔にまとめてお伝えします。

  • シアスマはシアリスのジェネリック医薬品
  • インドのレクメズ社が開発し、開発時は日本人も携わっている
  • ED治療薬の中でもっとも効果の持続時間が長い(20mgで最大36時間)
  • 食事の影響は受けにくいが、脂質の多い食事は効果を薄める
  • 服用は空腹時がのぞましい
  • 国内未承認薬であり、認可を受けて輸入するクリニックか個人輸入でしか購入できない
  • 副作用は軽微で一過性のものが多いが、重度の副作用の場合は医療機関を受診する
  • 安易な個人輸入で手に入るジェネリック医薬品は偽造品・粗悪品が多く要注意
  • 予期せぬ副作用がおこることもあるので、服用前はパートナーに伝えておく
  • 体調が悪化した場合は、すみやかに専門の医療機関を受診する

シアスマは日本人が監修していることもあり、パッケージも日本語で、成分量も日本人の体質に合わせているといわれるジェネリック医薬品です。

シアリスと同様の成分であり、シアリスと同様の効果が期待できます。

しかし、もし万が一偽造品を購入してしまった場合はどんな危険な副作用がおこるかわかりません

安心して充実したナイトライフを過ごすなら、正しい用法でご自身に合った成分量を守り、クリニックで安全なED治療薬を処方してもらいましょう。

この記事を書いた人 桃井

ED治療歴約1年の30代。今は医者と相談して調子が悪いときだけ服用。完治に向かっている最中。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる