タダリスの効果や副作用を徹底解説

タダリスの効果や副作用を徹底解説

タダリス(タダリスSX)はED治療薬の販売シェアNo.1であるシアリスのジェネリック医薬品です

シアリスのジェネリック医薬品は、医薬品の特許制度の違いからインドでいち早く開発、販売されています。

ED治療薬は大きく分けて勃起力ならバイアグラ系、効果の即効性ならレビトラ系といわれ、シアリス系は効果の持続時間が極めて長時間に及ぶことが特徴です。

これらは3大ED治療薬と呼ばれていますが、シアリスと同様の効果を持ちながら購入価格を大幅に抑えられるジェネリック医薬品がタダリスです。

そんなタダリスの効果の詳細や、タダリスを安心して服用するために知っておきたい副作用や注意点、また、ED治療薬の偽造品のおそろしさなどについても詳細に解説していきます。

タダリスの効果

ここからはタダリスの効果について、「持続性」「硬さ」「発現時間」「服用方法」というユーザーとして知っておきたい4項目を中心に、他のED治療薬との比較もご紹介しつつ解説していきます。

まずはその前にタダリスがどんなED治療薬なのかという基本情報をいくつかご紹介します。

医薬品名 タダリスSX
有効成分 タダラフィル
食事の影響 低脂質で800kcalまでは受けにくい
成分量 20mg
1箱の錠数 4錠
錠形 楕円形で黄色の錠剤

ED治療薬シアリスのジェネリック医薬品(後発薬)であり、効果はシアリスと同様です。

※ジェネリック医薬品とは、先発薬の特許が満了した際に同じ効果、同じ有効成分で作られる医薬品で、開発コストが安く済むため先発薬より安価に提供できるのがメリット。味や錠形を変えることもできる。

持続性

タダリス バイアグラ レビトラ
有効成分 タダラフィル シルデナフィル バルデナフィル
持続性 24~36時間 3~5時間 4~10時間

タダリスの持続性ですが、シアリス系のED治療薬はED治療薬の中でも最長の持続時間となっています。

具体的な効果の持続時間は個人差もあるものですが、タダリスのように有効成分のタダラフィルが20mg配合されていると、最長36時間という長時間にわたり効果が持続します。

服用のタイミングは、性行為の1~2時間前までです

タダリスを含めED治療薬は性的興奮や刺激を受けないと勃起をうながすことはないので効果持続中勃起が収まらないという心配はありません。

シアリス系のED治療薬はウィークエンドピルとも呼ばれて愛用者が多くなっています。

これは最大36時間という長時間効果が持続することにより、週末に1錠服用すれば土日いっぱい性生活に効果を発揮するためです。

硬さ

タダリス バイアグラ レビトラ
硬さ マイルド とても硬い 硬い

次にタダリスの勃起力についてですが、ED治療薬共通の効果として陰茎の勃起をうながすという効果には違いはありません。

ただその中でもED治療薬ごとの有効成分の違いにより、勃起力には違いが出ているのも事実です。

シアスマの勃起力はというと、ED治療薬の中でも比較的マイルドな勃起力であるとされています。

これは欠点ということではなく、おだやかに勃起力がサポートできればいいという人には向いているということです。

勃起力でいえば、世界初のED治療薬であるバイアグラが最も硬く勃起するとされています。

しかしバイアグラ系はさほどED症状が強くない人が服用した場合、硬くなりすぎて痛いという人もいるほどです。

そのためED症状を改善したいがバイアグラやレビトラでは効果が強すぎるという人には、タダリスが向いているといえるでしょう。

こうした硬度の違いはそれぞれの有効成分の特性の差からもきています。

シアスマの主成分タダラフィルはブロック状となっているため水に溶けにくいという特徴をもっています。

対してバイアグラ系、レビトラ系のシルデナフィル、バルデナフィルは水に溶けやすい性質です。

このため身体への吸収が早くなり、それが硬い勃起力や効果の持続時間の短さとつながっているとされます。

ただし勃起力の違いやそれぞれの成分との相性は個人差も大きいので実際試してみるのが一番です。

そのため各治療薬を少量ずつ購入し、それぞれ試してご自身に合うED治療薬を見つけるという手段とるのもよいでしょう。

服用後の発現時間

タダリス バイアグラ レビトラ
発現時間 1時間 30~60分 15~30分

タダリスは水に溶けにくい成分となっているため、服用後の効果の発現時間は3大ED治療薬の中でもっとも遅いタイミングです。

効果が発現するピーク時間は服用後3時間後という報告もありますので、服用タイミングは性行為の3時間前にすると効果をより感じられます。

タダリスは効果の持続時間が最大で36時間つづきます。

どのED治療薬も1度服用すると次の服用まで24時間間隔を開ける必要がある場合がほとんどです。

このことを踏まえるとタダリスのメリットとデメリットは以下のようになります。

【メリット】

  • 長時間に何度も性行為を行う際にED治療薬を服用できないということがない

【デメリット】

  • 急にチャンスが訪れた際は服用後の効果が間に合わなくなる場合がある

どちらのED治療薬が優れているかということではなく、あくまでご自身のライフスタイルに合ったED治療薬かどうかということが重要です。

例えば、急な性交のチャンスが多い人なら効果発現時間の短いED治療薬、パートナーと長時間一緒にいて自然と性生活を楽しむタイプの人はタダリス、というように選択すると良いでしょう。

より効果的に飲む方法

タダリスの効果についてここまで紹介しましたが、こうしたタダリスの効果の特徴を踏まえつつ、より効果的に服用するため以下のようなポイントがあります。

  • 性行為の約1~2時間前に服用(ピークは服用後3時間)
  • 服用前後の食事は控え、服用は空腹時に行い、その後の食事も低脂質にする
  • 服用前後の飲酒は控える
  • 次の服用は24時間あける
  • 服用はぬるま湯で行う

シアスマは効果の持続時間も長いので、服用は余裕をもって行ってください。上記を踏まえた服用例は以下のようになります。

  • 服用前の数時間は食事を控える
  • 効果のピークが服用後3時間なので、3時間前に服用
  • 服用後空腹を感じたら低脂質の軽食をとる

タダリスと食事の関係については、低脂質でエネルギー800kcal未満の食事であれば影響を受けにくいとされています。

脂質との相性が悪いともいわれており、ラーメンや焼肉など脂質分の多い食事を摂ってしまうと、カロリー上は計算があっても効果が出づらい場合が報告されています。

また、成分の吸収効率を高めようと錠剤をかみ砕いて服用するという事例も聞かれますが、たとえ粉末状にしたところで効果が早く出るわけではありません。

あくまでも効果発現時間と性行為の時間を考慮したうえ、できればぬるま湯、または水で服用しましょう。

タダリスの副作用

タダリスの副作用

タダリスはバイアグラ系やレビトラ系のED治療薬と比べると副作用が軽く、ED治療薬のなかでも比較的安心して服用できます。

もっとも、効果が確実であるからこそ少ないとはいえ副作用があるのも事実で、また副作用の発現は個人差もあります。

そこでここからはタダリスに多い副作用の紹介とその対処法、加えて服用方法を誤ることで起こる副作用やリスクについても触れていきます。

また、シアリスのジェネリック医薬品のなかには少なからず偽造薬が出回っています。これらを誤って服用した場合の副作用や症状の例、見分け方についても例を挙げてご紹介します。

基本的な副作用

タダリスの副作用に関して、シアリス系の副作用は多い順に以下のような症状が報告されています。

主な症状 発生頻度(%)
頭痛 11.3%
ほてり 8.6%
消化不良 2.3%

このほかにはめまい、鼻づまりといった副作用がありますが、これらの副作用はいずれも軽微で一過性の症状となっています。

これよりも重く少し心配になってしまう症状で一時的な視覚障害が報告されていますが、こちらも重大な症状になることはほとんどありません。

対処方法としては、頭痛や鼻づまりは頭痛薬・鼻炎薬を服用しても問題ないので、これらを併用することで症状を軽減できます。

またほとんど起こることはない症状ですが、報告されている症状の中には注意したい副作用として以下の症状があります。

  • 勃起持続症(プリアピズム)
  • 過敏症(発疹、蕁麻疹、顔面浮腫、剥脱性皮膚炎)
  • 肝機能障害
  • 腎機能障害
  • 突発性難聴
  • 成分(タダラフィル)へのアレルギー反応

勃起持続症(プリアピズム)とは薬の効果が切れても4時間以上の痛みを伴う勃起が続くという症状です。6時間を超えると危険とされています。

これらの副作用は非常に稀ですが、該当する症状が起きたらすみやかに医療機関を訪れ医師の診療を受けるようにしてください。

誤った飲みかたで起きる副作用

タダリスは比較的副作用の少ない医薬品ですが、あくまでも正しい服用方法を守ることが前提です。

もし服用方法を誤ってしまうと、副作用の少ない医薬品だとしても重大な健康被害を与える可能性は十分考えられます。

特に気をつけるべきことは以下の3点です。

  • 決められた容量を守らず服用してはならない
  • 併用注意薬は医師への相談なく服用してはならない
  • 併用禁止薬の服用をしてはならない

また、タダリスは成分量が20mgのものが販売されています。

この成分量20mgで最大36時間の効果が持続するとされ、20mg以上を越えて服用しても持続時間が伸びたり勃起力がアップすることは絶対にありません。

またこの20mgという成分量は欧米人の体格に合わせて設定されているため、小柄な方は10mgの服用でも十分な効果を期待できます。

勃起力を更に高めたり効果をすぐに出したいという気持ちから、バイアグラとシアスマを同時に服用するというような方法も危険です。

血圧低下などの重篤な副作用の危険があるので、複数のED治療薬を併せて服用するのも控えてください

併用注意薬と併用禁忌薬とは、どちらも服用した際にタダリスとの相性が悪く大変危険を引き起こす可能性の高い医薬品です。

以下の医薬品を必ず確認してください。

ただし併用注意薬に関しては医師に相談して認められた場合、服用できることもあります。

【併用注意薬】

  • クラリスロマイシン
  • ケトコナゾール
  • イトラコナゾール
  • カンデサルタン
  • リファンピシン
  • フェニトイン
  • フェノバルビタール
  • カルペリチド
  • ドキサゾシン
  • テラゾシン
  • アムロジピン
  • メトプロロール
  • エナラプリル
  • テラプレビル
  • リトナビル
  • インジナビル
  • サキナビル
  • ダルナビル

また医薬品ではありませんが、グレープフルーツはED治療薬との相性が悪い果物です。

成分の血中濃度が上昇しすぎることで効果や副作用が過剰に現れる危険があるため摂取は控えましょう。

【併用禁忌薬】

  • 亜硝酸アミル
  • 硝酸イソソルビド
  • ニプラジロール
  • ニトログリセリン
  • リオシグアト(アデムパス)
  • 塩酸アミオダロン(経口剤)

ニセモノによる副作用

タダリスをはじめ、シアリスのジェネリック医薬品は人気があり愛用者も多いため、偽造品が製造されているという可能性があります。

偽造医薬品はさまざま存在し、パッケージが劣悪なコピーで作られていたりする場合は気づきやすいため、被害を受ける可能性は低いかもしれません。

しかし中には精巧にパッケージングされ、一見すると本物でも、錠剤を割ったら中身が違う色だったりというケースもあり、こうした場合はほぼ服用前に発見することは不可能でしょう。

インターネット上に流通するED治療薬の実に4割以上が偽造品であるといわれ、調査によってはネット通販全体の6割が偽造品という報告もあります。

もしもこうした偽造医薬品を服用して性行為にのぞんでしまうと、ED改善効果を得るのは難しいでしょう。

場合によっては即座に医療機関を受診しなければならない深刻な副作用に襲われる危険性もあります。

実はタダリスの先発薬であるシアリスに関しては2008年2~5月にシンガポールで、シアリス(50㎎と記載)の偽造品を服用した患者が、重篤な低血糖症を起こしたケースがあるのです。

日本でも2011年に同様の低血糖症を起こしたケースがあります。

いずれも本来シアリスには含まれていないとされるグリベンクラミド(血糖降下剤)が含まれていました。

これらのケースからも明らかなように、はっきりしない入手先からタダリスを購入するのは大変危険です。

インターネット通販でもタダリスの正規取り扱いをしている場合は成分鑑定書が表示されていたりします。

正規品であることを十分確認しないと重篤な健康被害や、最悪の場合命の危険まであることを覚えておきましょう。

クリニックでの処方が安全

タダリスはインターネット通販で購入することが可能です。

ジェネリック医薬品なので、購入数によっては国内での処方薬よりはるかに安くED治療を行うことができるというメリットがあります。

しかしタダリスを含めた海外製のジェネリック医薬品はもちろん、ネット通販で扱われている先発薬にも偽造品や粗悪品が含まれており、健康リスクも自己責任となります。

こうしたことからもED治療薬の購入には、やはり国内のクリニックで処方してもらうほうが安全で確実であるといえます。

国内医療機関で処方されるED治療薬は日本国内で認可を受けた医薬品が販売されているため、偽造品や粗悪品を服用する危険もなく、安全にED治療に取り組むことができます。

現在も偽造ED治療薬での被害は後を絶ちません。

たとえ安価に手に入れても重篤な健康被害を受けたら意味がありません。安易にネット通販でED治療薬を購入するのは避けるべきです。

タダリスの効果の仕組み

タダリスの効果の仕組み

タダリスの主成分であるタダラフィル、バイアグラのシルデナフィル、レビトラのバルデナフィル、ステンドラのアバナフィル、ザイデナのウデナフィルはすべてPDE-5阻害薬という医薬品に分類されます。

そしてタダリスの効果の仕組みを説明する前に、まずED症状を引き起こす原因となっているのがこのPDE-5(ホスホジエステラーゼ5)であるということを知っておく必要があります。

まず勃起は性的刺激を受けることで脳から信号が送られ、一酸化窒素が放出されることによってcGMP(環状グアノシンーリン酸)という物質が増加します。

このcGMPが海綿体の筋肉を弛緩させる働きをします

すると血管が拡張され大量の血液が流入して陰茎の勃起が起きます。性的興奮が収まるとcGMPをPDE-5が壊し勃起が収まります。

PDE-5阻害薬はここで作用しPDE-5の働きを阻害するため、cGMPは活発化しEDが改善するというのが効果の仕組みです。

タダリスを飲んではいけない人

以下に該当する人もタダリスの服用は控えてください。

  • タダラフィルに対するアレルギー反応歴をもっている人
  • 脳梗塞、脳出血、心筋梗塞、狭心症の疾患があった人(過去半年以内)
  • 血圧が90/50mmHg以下の低血圧か170/100mmHg以上の高血圧
  • 刺激剤(リオシグアト)、塩酸アミオダロン、可溶性グアニル酸シクラーゼ、を投与されている人
  • 重度の肝障害
  • 性行為中に狭心症を起こしたことがある人
  • 医師から性行為を禁止されている人

こうしたケース以外にもED治療薬の服用によって予期しない副作用が身体に起き、最悪の場合命の危険にさらされる可能性もあります。

そのためタダリスの服用で少しでも異変を感じ場合は、すぐに医療機関を訪れ医師の診察を受けてください。

予期しない不調もあるため、性行為前にはあらかじめED治療薬を服用することをパートナーに伝えることをおすすめします

タダリスの効果や副作用についてまとめ

最後にここまでの内容を簡潔にまとめてお伝えします。

  • タダリスはED治療薬でシェア・人気No.1であるシアリスのジェネリック医薬品
  • 世界的に有名なED治療薬ジェネリックも販売するインドのアジャンタファーマ社が開発・販売している
  • ED治療薬の中でももっとも効果持続時間が長い(最大36時間)
  • 低脂質の食事であれば服用後800kcalまでの食事が可能
  • 服用する際は空腹時がのぞましい
  • 国内未承認薬なので、厚労省の認可を受けて輸入するクリニックか個人輸入・ネット通販でしか購入できない
  • 副作用は軽微で一過性のものが多いが、重度の副作用が出る場合は必ず医療機関を受診する
  • 個人輸入で手に入るジェネリック医薬品の中には偽造品・粗悪品も多く要注意
  • 予期せぬ副作用がおこる場合があるため、服用前はパートナーに伝えておくほうが安全
  • 服用後に体調が悪化した場合は、必ず医療機関で医師の診療をうける

タダリスはED治療薬シアリスと同様の成分であるため、シアリスと同様の効果が期待できます。

しかしそれは正規品の話で、もし万が一偽造品を服用したり、誤った服用方法をとってしまった場合は重篤な副作用におそわれるかもしれません。

安心して充実したナイトライフを過ごすなら、まずは正しい用法・用量を守りましょう。

ジェネリック医薬品は安価で魅力がありますが、日本未認可の医薬品には危険が伴います。

必ずクリニックで処方される安全なED治療薬を使用してください。

この記事を書いた人 桃井

ED治療歴約1年の30代。今は医者と相談して調子が悪いときだけ服用。完治に向かっている最中。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる