バリフの効果や副作用を徹底解説

バリフの効果や副作用を徹底解説

バリフとはED治療薬レビトラのジェネリック医薬品です。

レビトラと同じ成分バルデナフィルが配合されているため、効果や副作用などは同等となります。

即効性が高く食事の影響も受けにくい、先発薬のレビトラと比べ価格が安い特徴があります。

EDの方は、バリフを使うことで満足の得られる性行為を行うことができます。

ジェネリック医薬品とは、先発薬の特許期間終了により他の製薬会社からも販売できるようになった医薬品です。

こちらでは、バリフの効果や副作用について詳しくお伝えします。

バリフは日本で未認可のED治療薬なので、取り扱っていない医療機関がほとんどです。

バリフの効果

バリフはレビトラジェネリックです。バリフの効果(持続性・硬さ・服用後の発現時間・効果的に飲む方法)について、バイアグラやシアリスと比較しながら解説します。

持続性

バリフ バイアグラ シアリス
持続性 5~10時間 4~5時間 最大36時間

バリフの持続性はバイアグラよりは長く、シアリスまで長時間は持続しません。持続時間は、およそ5~10時間です(個人差あり)。

夕方に服用すれば、就寝前まで効果が持続します。効果の持続とは、体に薬の成分が吸収されてから代謝されるまでの時間です。

服用してからしばらく経つと、血中濃度が最も高い状態になり徐々に代謝され、徐々に効果や副作用が抑えられていきます。

バリフなどのED治療薬は、効果時間内で十分に性行為を行える勃起を得られますが、血中濃度が高い状態の時が最も性行為に適しています。

効果時間の長さは薬の特徴なので、薬の良し悪しでは決してありません。

ED治療薬は同じ薬を使い続ける必要は無く、生活スタイルにより使い分けることが可能です。

バリフは夜に服用しても次の日まで効果は持続しないため、次の日に仕事や予定がある方などに人気です。

1回の服用で長い持続性を求める場合はシアリスを使う事をおススメします。

硬さ

バリフ バイアグラ シアリス
硬さ 強い硬さ とても強い硬さ 自然な硬さ

バリフを服用して得られる勃起の硬さは強く、最も強いとされるバイアグラより若干抑えめです。シアリスの自然な硬さよりは強く、勃起が強すぎて痛みが生じることも無く使用できます。

バリフの特徴の1つに、射精の時間を若干遅らせる働きがあります。

勃起時に硬さが出やすいため、若干陰茎の感度が鈍くなり射精までの時間を伸ばすことに繋がります。

先発薬のレビトラの治験にて、普段の2.4~3倍ほど挿入時間が延長したと報告があります。同じ成分を配合しているバリフも同様の働きがあります。

EDの方で早漏の症状を併発している方や、早漏傾向がある方におススメです。

服用後の発現時間

バリフ バイアグラ シアリス
服用後の発現時間 15分 30分 1時間

バリフは服用後15分ほどで効果が発現し始めます。

バリフは、バイアグラやシアリスと比べ最も即効性に優れています。バリフの成分バルデナフィルは水に溶けやすい性質があります。

そのため服用後はすぐに水に溶け、消化器管から吸収されやすく効果が現れるのも早くなります。

バリフは急な予定など様々な場面において臨機応変に対応するが可能です。必要な時に服用することで、素早く効果が現れます。

より効果的に飲む方法

バリフは正しい方法で服用することで、より効果的に使用することができます。下記は医療機関でED治療薬を処方されるときに説明される内容です。

  • 性行為の30分前に服用する

服用後45分~1時間ほどで血中濃度がピークになります。バリフは性行為の30分前に服用するのが理想的です。

  • 噛まない

早く効果を得たいなどの理由で錠剤を噛んでしまう方がいるかも知れません。しかし錠剤を噛み砕いての服用は効果的ではありません。

バリフは服用後胃の中で2~3分ほどで溶けるので、わざわざ噛む必要はありません。吸収される時間も変わらないため、ただ苦いだけで特にメリットはありません。

  • 軽めの食事、または空腹時の服用

バリフは食事の影響を受けにくいと言われています。

ただしいくつかの条件があり、食事は700kcal以内、脂肪分30%以内、食事のあと2時間おいてからの服用であれば効果が得られます。

脂分の多い食事は消化に時間がかかり、腸壁に脂分があると成分の吸収を妨げてしまいます。

脂質の少ない軽めの食事で、食後2時間ほど時間をおいての服用が難しい方は無理せずに空腹時に服用するのがおススメです。

服用後30分あれば十分に成分が体に吸収されます。その後であれば何を食べても問題ありません。

  • 過度のアルコール摂取は控える

適度なアルコールに摂取は性欲を高めるなど、ED治療薬との相乗効果が期待できます。しかし、酩酊するほどの過度のアルコール摂取は逆効果となります。

酩酊状態では神経伝達物質の働きが鈍くなり、性的刺激が十分に陰茎に伝わりません。さらにED治療薬の血管拡張作用により、血行が促進され普段よりもアルコールの巡りが早くなり、強い酩酊状態になる場合があります。

酩酊状態で性行為を行うのは難しいので、アルコールはほどほどにしましょう。

バリフの副作用

バリフの副作用

バリフに限らず効果の高い医薬品には必ず副作用が存在します。予めバリフの副作用について知っていれば、とっさの対応もできるため知っておく必要があります。

以下ではバリフの基本的な副作用、誤った飲み方やニセモノによる副作用について解説します。

基本的な副作用

バリフはレビトラと同じ成分のバルデナフィルを配合しているため、レビトラと同じ副作用があります。

レビトラの投与により913例の内、257例(28.15%)において副作用が認められたデータが報告されています。

主に以下の副作用がみられます。

  • ほてり
  • 頭痛
  • 鼻づまり
  • 動悸
  • 消化不良
  • めまい

これらの副作用は軽度の症状で、重症化する例はほぼ報告されていません。主に血管拡張作用により起こる副作用のため、ある意味成分が効いている証拠です。

時間の経過や陰茎に血液が集中することで、症状も無くなります。ごく稀に現れる特異な症状として以下のものがあります。

  • 視覚異常
  • 勃起持続症
  • 視力低下

バリフの服用により視野が青みがかって見えたり、光が普段よりキラキラと輝いて見える場合は視覚異常の可能性があります。この症状は特に身体に影響はありません。車の運転で信号の色に注意してください。

勃起してから4時間以上収まらない場合は勃起持続症の可能性があります。陰茎の動脈に障害が起こるのが原因です。すぐに医師の診察を受けてください。

バリフの服用により急激に視力が低下する場合があります。非動脈炎性前部虚血性視神経症と呼ばれ、視神経へ血液が十分に供給されなくなることで視神経細胞が機能低下や壊死するため急激に視力が低下する症状です。

原因や因果関係は不明ですが、ED治療薬の服用との関係が否定できないとされています。

特異な副作用はほとんど現れることはありませんが、情報として覚えておくことで万が一の場合対処することができます。

謝った飲みかたで起きる副作用

バリフに限らず他のED治療薬も誤った飲み方をすると非常に危険です。主な誤った飲み方は以下の方法です。

  • 併用禁忌・注意薬との併用

バリフなどのED治療薬は血流量を増加させる血管拡張作用があります。そのため同じ血管拡張作用のある医薬品は併用が禁止されていたり、注意が必要となります。

心臓病の病気のある方や持病で普段から降圧剤などを服用している方がバリフを併用すると、血管拡張作用が強く現れ低血圧症になりふらつきやめまいを起こしてしまいます。

その他薬の成分を代謝する酵素の働きを妨げる薬(CYP3A4阻害剤)を服用している場合も、ED治療薬の成分が代謝されず過剰に体内に吸収され副作用が強く現れる場合があります。

  • 過剰摂取

バリフは基本的に1回1錠(もしくは半分)、次に服用するまで24時間空ける必要があります。

既定の量より多く摂取すると中毒症状により吐き気やめまい、幻覚症状が現れる場合があります。

血圧の急激な低下により心臓へ十分な酸素が送られなくなり心臓発作を起こしたり、陰茎に炎症や障害を起こし壊死するなどのケースも報告されています。

  • グレープフルーツとの併用

グレープフルーツとED治療薬の相性は悪く、副作用が強く現れる可能性があります。

グレープフルーツにはフラノクマリン酸と呼ばれる成分があり、薬の成分の分解を遅らせる働きがあります。

フラノクマリン酸は、体内にある代謝酵素「CYP3A4」の働きを阻害するため、代謝されない薬の成分が吸収を繰り返し副作用が強く出てしまいます。

バリフを含むED治療薬を服用する場合は、2日前からグレープフルーツの果肉や果汁、ジャムなどを取るのを控えてください。

ネット通販で購入した医薬品について、あまり情報が無いまま服用すると効果が得られないどころか重篤な健康被害を起こす恐れがあります。

ニセモノによる副作用

バリフは日本では未認可の医薬品のため、ほとんどのクリニックや病院での処方は行っていません。

しかし日本の薬機法では、未認可の医薬品の個人輸入代行を行うネット通販を利用し購入可能です。

効果が先発薬のレビトラと同じで価格が非常に安価なバリフは人気のED治療薬としてネット通販される方がいます。

ただしこういった非正規ルートでの購入には、ニセモノや粗悪品が混入している可能性が高く、購入による使用には危険が伴います。

ED治療薬を発売している製薬会社4社による合同調査によると、ネット通販で流通しているED治療薬のおよそ4割にニセモノや粗悪品が含まれていると報告されています。

ED治療薬のニセモノを服用したことによる、健康被害がいくつか報告されています。

2008年2~5月、シンガポールにて偽のED治療薬と漢方薬数種類を服用した患者に、重篤な低血糖症が確認されました。

使用した薬を調べてみると、本来含まれていない血糖降下剤が含まれていました。

健康被害が確認された患者数40人、疑いのある患者87人、そのうち2人が偽のシアリスを服用により死亡しています。

2011年1月、日本で偽のED治療薬を服用した男性が、冷や汗やふらつき、意識レベルの低下など重篤な低血糖症が確認されました。

こちらも正規品のED治療薬には含まれていない血糖降下剤が含まれていました。

このように、ニセモノを服用したことで健康被害に合う可能性があります。

クリニックでの処方が安全

ニセモノを服用したことで健康被害に合うのは、金銭の被害に合うよりも深刻です。

ネットで流通している薬を購入前にニセモノと見分けることはできません。

ネットに表示される薬の写真は本物でも、送られてくる薬は同じものとは限りません。手元に届いてやっと中身を確認出来たとしても、現在精巧に作られたニセモノが出回っているため購入した後でも見分けるのがとても難しくなっています。

バリフは人気のレビトラジェネリックのため、非正規ルートの流通にニセモノが混入している可能性は否定できません。

ニセモノを服用しない方法で最も確実なのが、ネット通販での購入をしないことです。

認可を受けた医薬品は正規ルートで販売され医療機関で処方してもらえるため、ニセモノや粗悪品が混入する危険性はありません。

日本で認可されているED治療薬には、バイアグラ、レビトラ、シアリス、バイアグラジェネリックがあります。それぞれ高い効果でEDを治療できます。

価格が安いという理由だけで安易にネット通販でバリフを購入せず、クリニックや病院で処方される治療薬を使いEDを治療しましょう。

バリフの効果の仕組み

バリフの効果の仕組み

バリフに配合された成分バルデナフィルは、バイアグラのシルデナフィル、シアリスのタダラフィルと同じPDE5阻害剤の1種です。

勃起のメカニズムを簡単に説明すると、以下の流れになります。

  1. 脳が性的刺激を受ける
  2. 脳から陰茎に興奮や性的刺激が伝わる
  3. 一炭化窒素(NO)が陰茎の血管内に放出される
  4. 血管を拡張させる物質、環状グアノシンーリン酸(cGMP)が活性化される
  5. 陰茎内の海綿体にある毛細血管が拡張し、多くの血液が陰茎に集められる
  6. 陰茎内の血液の圧力により、海綿体が膨張して勃起の状態になる

性行為や自慰行為により射精が行われたり性的刺激が無くなることで、血管内にホスホジエステラーゼ5(PDE5)と呼ばれる酵素によりcGMPが分解され、血管が収縮することで勃起が収まります。

バリフの成分バルデナフィルにはPDE5を阻害する働きがあり、cGMPの活性化を妨げず勃起を維持する働きがあります。

あくまでも性的な刺激があって始めて勃起するため、飲んだらすぐに勃起という事はありません。

バリフを飲んではいけない人

以下の条件に当てはまる方はバリフを飲んではいけません。

  • ED治療薬にアレルギー反応がある方

薬の成分にアレルギー反応を起こす方がいます。以前ED治療薬を服用し、アレルギー反応が出た方は服用してはいけません。

  • 併用禁忌薬を服用している方(硝酸剤・降圧剤・抗不整脈剤・肺高血圧症薬など)

持病により普段から服用している薬が併用禁忌な場合、バリフとの併用はしないでください。副作用が強く現れたり重症化すると死亡の可能性もあります。

  • 医師から性行為が不適切と診断された方(心血管系障害などの症状)

心疾患や高血圧などの薬を服用している方は医師に相談してください。性行為をすると、血圧や心拍数が上昇します。

  • 低血圧、高血圧の方

心血管系の障害のある方は、性行為により症状が悪化する可能性があります。持病がある方は医師に性行為が可能か確認を取ってください。

血圧が低すぎる方がバリフを使用すると、さらに血圧が低下しふらつきやめまい、動けなくなる可能性があります。高血圧の方も既定の数値を超えている方にはED治療薬は処方されません。

  • 脳出血、脳梗塞、心筋梗塞の既往歴がある方

脳出血、脳梗塞など脳の障害のある方は、ED治療薬により血圧が低下すると脳の機能(脳循環)が低下する場合があります。

心筋梗塞は症状や期間によってはED治療薬の使用は可能です。ED治療薬を使うことにより、性行為時に頑張り過ぎてしまい血圧が上昇する恐れがあるため、使用には医師の判断を仰いでください。

  • 重度の肝機能障害がある方

重度の肝機能障害の方は、薬の代謝により肝臓に大きな負担となる場合があり、それ以外の肝臓の機能(タンパク質の合成・有害物質の代謝など)が低下します。

  • 勃起補助器具を使用、手術した方

勃起補助器具の使用や勃起補助の手術を受けている方は、そもそもED治療薬の効果が見られないため行っている医療行為です。ED治療薬を使っても効果がないので使用は控えてください。

  • 女性、未成年の方

女性や未成年の方は厳密に禁止されているものではありませんが、副作用など安全性が不確定なためED治療薬の処方は行われません。未成年は自律神経が安定していない事もあり、EDの症状が現れる場合も十分にあります。

バリフの効果や副作用についてまとめ

バリフの効果や副作用について、まとめると以下のようになります。

  • バリフはレビトラと同じ成分「バルデナフィル」が配合されている
  • 即効性に優れているため、急なタイミングでも使用可能
  • 効果時間は5~10時間ほど持続、強い硬さが得られ射精時間が伸びる
  • 日本では未認可のED治療薬のため、医療機関で処方されていない
  • ネット通販での購入による使用は、健康被害などの危険性がある

バリフは強い勃起力により、硬さと射精時間の延長などのメリットがあります。

正規品のレビトラに比べ価格も安価なため、ネット通販で購入する方も多い人気のレビトラジェネリックです。

日本では未認可の医薬品のためクリニックや病院で処方は行うことは出来ず、購入はネット通販などで海外から取り寄せることになります。

海外からのネット通販は違法ではありませんが、非正規ルートでの購入となり流通の中には精巧に作られたニセモノや粗悪品が混入している可能性があります。

ニセモノには、本来含まれていない成分が入っている場合もあり、服用することで健康被害が出たケースも存在します。

見分けにくいニセモノによる健康被害を回避するためには、医療機関で処方してもらう正規品のED治療薬を使うことをおススメします。

この記事を書いた人 桃井

ED治療歴約1年の30代。今は医者と相談して調子が悪いときだけ服用。完治に向かっている最中。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる