ジェビトラの効果や副作用を徹底解説

ジェビトラの効果や副作用を徹底解説

ジェビトラは、レビトラと同じ成分の「バルデナフィル」を配合したレビトラジェネリックです。インドのサンライズレメディーズ社が製造・販売しています。

ジェビトラは日本で未認可のED治療薬なので、医療機関で処方されていません。

こちらではジェビトラの効果や副作用だけでなく、未認可の薬がどのように危険なのかということや、安全なED治療薬の購入方法なども紹介していきます。

ジェビトラの効果

ジェビトラはレビトラと同じ成分「バルデナフィル」を配合した、レビトラジェネリックです。

厳密には生産国であるインド国内でのみ認可されたもので、インド以外の国では正規のレビトラジェネリックではありません。

ジェビトラの効果(持続性・硬さ・服用後の発現時間・効果的に飲む方法)について、バイアグラやシアリスと比較しながら解説します。

持続性

持続性
ジェビトラ バイアグラ シアリス
持続時間 5~10時間 4~5時間 最大36時間

ジェビトラの効果の持続時間は5~10時間です。バイアグラより長くシアリスより短い、中間の持続時間の位置づけとなります。

ED治療薬ごとに効果時間が違うのは、それぞれ使う目的や用途が違うからです。

例えば次の日に仕事などの用事がある場合などは効果が早く切れた方が良いですよね。

逆に週末に時間やタイミングを気にせずに効果を得たいのに、4~5時間で効き目が切れるはとても非効率です。

ジェビトラは夕方以降に服用すれば次の日の朝までには効果は切れているため、仕事や用事のある方におススメです。

ジェビトラは20㎎、40㎎、60㎎の3種類の用量が発売されていますが、現在は20㎎のみが販売されています。

少ない用量では効果時間は短く、多い用量では効果時間が長くなります。先発薬のレビトラではおよそ10㎎で5時間ほど、20㎎では7~10時間ほどです。

国内でレビトラの処方は1回につき最大20㎎と規定があるため、それ以上の用量の服用は控えてください。

20㎎以上の用量はもともと体格の大きな欧米人や、効果の現れにくい糖尿病などの方に向いているとされます。

そのため比較的体格の小さな日本人には持て余してしまい、効果が強く得られる半面、副作用も強く現れるため推奨されていません。

硬さ

硬さ
ジェビトラ バイアグラ シアリス
硬さ 強い硬さ とても強い硬さ 自然な硬さ

ジェビトラは勃起時の強い硬さが特徴です。

勃起の度合いで最も強いのがバイアグラで、最も弱いのがシアリスです。ジェビトラはバイアグラに比べると、若干抑えめな硬さです。

成分のバルデナフィルは硬さの出やすい性質があり、その分性的感度が抑えられ射精までの時間が延長される働きがあります。

普段早漏の症状のある方は、個人差はありますが普段の2.4~3倍ほど射精時間が延長される場合があります。

服用後の発現時間

服用後の発現時間
ジェビトラ バイアグラ シアリス
服用後の発現時間 15~30分 30分~1時間 1時間~2時間

ジェビトラは服用後15~30分ほどで効果が現れ始めます

バイアグラが30分~1時間、シアリスが1時間~2時間ほどなので、即効性に優れているという特徴があります。

成分のバルデナフィルはとても水に溶けやすい性質があるため、体内に吸収されやすい構造です。そのため他のED治療薬に比べ効果が現れやすいのです。

突然の急なタイミングでも、必要に応じて服用すれば十分な効果が得られます

より効果的に飲む方法

ジェビトラは間違った飲み方をすれば、効果の半減に繋がります。ジェビトラの正しい飲み方は以下の方法です。

  • 適切な用量を守る

ジェビトラを含むバルデナフィルの1回の最大摂取量は20㎎とされています。それ以上の服用では副作用が強く現れる場合がります。

最初に服用する場合は10㎎からスタートし、あまり効果が得られない場合は20㎎に用量を増やすようにしてください。

  • 軽い食事または空腹時の服用

ジェビトラはバイアグラに比べ食事の影響を受けにくいとされ、700cal以内、脂肪分30%以内であれば食後に服用しても効果が得られます。

ただし体調や食事の内容によっては制限内であっても、効果に影響が出る場合があります。

成分の吸収は小腸で行われますが、脂肪分が多いと腸壁に膜となり吸収の妨げとなります。空腹または食後2時間経過してから服用することで、十分な効果が得られるとお考えください。

  • 性行為の30分前に服用

ジェビトラは服用後15~30分で効果が現れ、45分ほどで血中濃度がピークに達します。血中濃度がピークの状態とは、最も成分が得られやすい状態です。

服用した直後ではあまり効果が得られないので、服用度30分程度時間をおくようにしてください。

もちろん服用後45分以降から成分が切れる時間まで、性行為に必要な硬さの勃起を得られます。

  • 過度のアルコール摂取は控える

過度なアルコール摂取は、脳からの性的刺激や興奮の伝達を鈍らせ勃起の妨げとなります。さらに酔いが回るのが普段より早まるため、強い酩酊状態となるので控えてください。

少量のアルコールの摂取では、性欲がアップしリラックス効果があるため勃起や性行為には向いています。

予めジェビトラなどのED治療薬を服用していた場合は、過度なアルコール摂取は控えてください。

その他、早く効果を得たいと錠剤をかみ砕いてしまう方がいますが、効果の現れには影響はありません。

かみ砕くとただ苦いだけなので、錠剤はそのまま服用してください。

ジェビトラの副作用

ジェビトラを含むED治療薬にはEDに高い改善効果がありますが、その分副作用もあります。

ジェビトラを服用する際にはどんな副作用があるか知っておきましょう。その他知って置かないと損する情報もご紹介します。

基本的な副作用

ジェビトラはレビトラと同じ成分を配合している薬なので、レビトラと同等の副作用があります。

レビトラの治験の際、投与により913例の内、257例(28.15%)において副作用が認められたデータが報告されています。

以下が主な副作用です。

  • 顔のほてり
  • 頭痛
  • 目の充血
  • 鼻づまり
  • 消化不良
  • めまい・立ち眩み

それぞれの副作用は現れても軽い症状で、重症化することはほとんどありません。これらの副作用は血管拡張作用によるもので、薬の成分が効いている事の裏付けと言えます。

時間の経過により、症状は自然に収まります。

極まれに現れる特異な症状として、以下もの副作用があります。

  • 視覚異常

視覚異常は視野がサングラスをかけたように青みがかって見えたり、普段以上に光がまぶしくキラキラして見えるなどの症状が現れます。
信号の識別が困難な場合は車の運転などはお控えください。

  • 持続勃起症

射精後も勃起が収まりにくい、収まらないなどの「持続勃起症」が現れる場合が稀にあります。強い勃起のため、陰茎の動脈に損傷が起こるのが原因です。
4時間以上も勃起が収まらないようであれば、すぐに医師の診察を受けてください。

  • 視力の低下

ED治療薬の副作用に、急激な視力の低下起こる場合があります。これは視神経に血液が十分に回らないため、視神経細胞の機能低下や壊死が原因です。異常に気づいたらすぐに医師に相談してください。

特異な副作用はめったに現れる症状ではありませんが、こんな症状の副作用があると知って置くことで万が一の場合に対応できます。

謝った飲みかたで起きる副作用

ジェビトラは誤った飲み方をすると、効果が得られなかったり重篤な副作用が起こる場合があります。

  • 過剰摂取
  • アルコールとの併用
  • グレープフルーツとの併用
  • 併用禁忌・注意薬との併用

ジェビトラを含むED治療薬は、1回の服用の最大量が決められています(ジェビトラは20㎎)。

最大量を超える服用は強い効果が現れるのと同時に、強く副作用が現れやすくなります。

アルコールの併用も適量であれば問題ありませんが、過度な摂取は効果が現れなくなったり強い酩酊状態になる恐れがあります。お酒が強くない方は服用に注意が必要です。

グレープフルーツの果肉や果汁には、薬の代謝を遅らせる働きの「フラノクマリン類」が含まれています。併用すると、代謝されない成分が再び血液に取り込まれ、効果や副作用が強く出る恐れがあります。特にジェビトラの成分バルデナフィルとは相性が良くありません。

グレープフルーツの他、夏みかん、はっさく、ブンタン、セロリ、パセリに含まれています。ジェビトラ服用の4日間はフラノクマリン類を含むものは摂取しないでください。

効果をアップさせるためにクレープフルーツを食べるのは止めましょう。予期せぬ強い副作用が出る恐れがあるので危険です。

ジェビトラには併用禁忌・注意薬があり、併用すると危険性のある副作用が現れる場合があります。

ジェビトラには血管拡張作用により血圧を下げ、血流をアップさせる働きがあります。

そのため同じ効果のある降圧剤や硝酸剤などの医薬品を併用すると、急激な血圧低下によりめまいやふらつき、意識障害を起こす恐れがあります。

胃潰瘍などの治療に使われる、薬の代謝を抑える薬(CPY3A4阻害剤)との併用も副作用が強く出る恐れがあります。

その他にも併用禁忌・注意薬があるため、何か服用中の薬がある場合は医師に相談してください。

ニセモノによる副作用

ニセモノによる副作用

ジェビトラの購入にはニセモノや粗悪品が含まれている危険があり、それらの使用が原因の副作用や健康被害が確認されています。

ジェビトラは日本では未認可の医薬品のため、クリニックや病院で処方されていません。

日本の薬機法では、海外で販売している日本未認可の医薬品を購入者のみ使用する目的であれば個人輸入として限られた数量での購入が認められています

便利で価格も安価な海外医薬品の通販ですが、安全性に疑問があります。

ファイザー、バイエル、イーライリリー、日本新薬の製薬会社4社は、ネット通販で流通しているED治療薬の調査を行い、そのおよそ4割にニセモノや粗悪品が含まれていると報告があります。

ニセモノのED治療薬を服用したことによる、健康被害も報告されています。

2008年2~5月、シンガポールにて偽のED治療薬と漢方薬数種類を服用した患者に、重篤な低血糖症を起こし病院に搬送されました。使用したED治療薬を調べると、不要な成分の血糖降下剤が含まれていました。

また2011年1月、日本国内で偽のED治療薬を服用した男性が、冷や汗やふらつき、意識レベルの低下などの、重篤な低血糖症により病院に搬送されました。

こちらも正規品のED治療薬には含まれていないはずの、血糖降下剤が含まれていました。

本来の成分が少ない、入ってないものに関しては効き目が現れないだけで済みますが、関係ない成分が含まれていると、薬の飲み合わせや体質により不具合などの健康被害の原因となります。

クリニックでの処方が安全

ジェビトラの購入は危険性が高いので、クリニックや病院でED治療薬を処方してもらう方が安全です。

  • 未認可の医薬品はニセモノや粗悪品の可能性が高い
  • 購入前も購入後も、本物とニセモノの見分けが困難
  • 偽のED治療薬による健康被害が報告されている
  • 健康被害などの問題が起きても保障が無い

ジェビトラなどインドで開発されているジェネリック薬は、先発薬に比べ価格が非常に安価で、およそ1/3から1/10程の価格で販売されています。

価格だけを見れば確かに送料を含めたとしても、海外から薬を購入した方がとてもお得と言えます。

しかし、問題は安全面です。

日本で認可されていない海外医薬品の流通は、全て非正規ルートとなり、多くのニセモノや粗悪品が混入している可能性が高いです。

人気の医薬品は需要が高いため、悪徳業者のターゲットとなりやすいものです。その中にはジェビトラも含まれます。

とても精巧に作られたニセモノもあるため、正規品との見分けが付かないものも含まれます。

クリニックや病院で処方されるED治療薬は、日本で認可を受けている正規に流通している者です。

ニセモノや粗悪品の可能性は低く、正しい服用方法のレクチャーや持病との兼ね合いも相談できるので、安心して使用することができます。

日本で認可されている医薬品を使用したことで健康被害を受けた場合、医薬品副作用救済制度が適応されますが、未認可の医薬品では適応されません。

このような理由からジェビトラを通販で購入するより、クリニックや病院で正規品のED治療薬を処方して貰うのが安全と言えます。

ジェビトラの効果の仕組み

ジェビトラの成分であるバルデナフィルは、PDE5阻害剤と呼ばれる種類の薬です。

勃起を妨げる働きの酵素PDE5(ホスホジエステラーゼ5)の働きを抑え、勃起のサポートをします。

勃起とは原始的な本能というイメージがありますが、以外にも複雑なメカニズムにより起きる生理現象です。

性的刺激や興奮を脳が陰茎へ伝えると、体内では血管を柔らかくする働きの一酸化窒素が放出されます。

一酸化窒素が放出されると、血管拡張作用のある物質cGMP(環状グアノシン―リン酸)が増加し活性化します。陰茎にある動脈や海綿体の毛細血管が柔らかくなり拡張することで多くの血液が陰茎に流れ込み、その圧力で勃起の状態になります。

射精後や性的刺激が無くなると、血管内にPDE5の割合が増え、cGMPを分解するため血管は収縮し勃起が収まります。

性的興奮、神経の伝達、血管の拡張のどれかが欠けると十分に勃起できません。

EDの症状では加齢やストレスにより男性ホルモンが減少し、一酸化窒素が放出されにくくなりcGMPが活性化しません。結果、血管内のPDE5が多いまま勃起が起きにくくなります。

PDE5阻害剤は、少ないcGMPでも血管が拡張されるように、PDE5を阻害し勃起をサポートします。

ジェビトラを飲んではいけない人

ジェビトラは以下の条件に当てはまる方の服用を禁止しています。

  • 成分のバルデナフィルにアレルギーがある方

薬の成分にアレルギー反応を起こす方がいます。以前ED治療薬を服用し、アレルギー反応が出た方は服用してはいけません。

  • 心疾患や高血圧の薬など、バルデナフィルとの併用禁忌薬を服用している方

普段から心疾患や高血圧など血管を拡張する働きのある薬を服用している場合、ジェビトラとの併用はしないでください。副作用が強く現れ、重症化すると死亡する可能性もあります。

  • 心血管系障害(不整脈・狭心症)などの症状で、性行為が不適切と診断された方

心血管系の障害のある方は性行為により血圧や心拍が上昇し、症状が悪化する可能性があります。持病がある方は医師に性行為が可能か確認する必要があります。

  • 低血圧、高血圧の方

規定値より血圧が低い方、高い方もED治療薬の服用は推奨されていません。低血圧の場合ED治療薬との併用でさらに血圧が低下する恐れがあり、高血圧の方で降圧剤を服用している方も急激な低血圧症になる恐れがあります。

  • 半年以内に脳出血、脳梗塞、心筋梗塞の既往歴がある方

脳出血、脳梗塞など脳の血管の障害になった方は、血圧低下が脳の血液循環のバランスを崩す事に繋がります。
心筋梗塞の方も、心臓へのリスクから性行為を控える理由でED治療薬の服用は適当ではありません。

  • 重度の肝機能障害がある方

重度の肝機能障害の方は、薬の代謝が肝臓に大きな負担となるため、ED治療薬の服用は推奨されていません。

  • 勃起補助器具を使用、手術した方

勃起補助器具の使用や勃起補助の手術は、ED治療薬やその他のED治療では効果が無かったため行われるものです。ED治療薬の服用の必要はありません。

  • 女性、未成年の方

女性や未成年のED治療薬の服用は、副作用など安全性が不確定なためED治療薬の処方は行われません。

ジェビトラの効果や副作用についてまとめ

ジェビトラをまとめると以下の内容になります。

  • ジェビトラは安価で購入できる、レビトラジェネリック
  • 先発薬のレビトラと同等の効果や副作用
  • 国内では未認可の医薬品で、ネット通販でのみ購入が可能
  • ネット通販では流通の4割がニセモノ
  • ニセモノの使用は健康被害の危険性がある

通院しなくてもEDの治療が行え、値段も先発薬の1/7で購入できるメリットのあるジェビトラですが、ネット通販での購入には危険が伴います。

国内では未認可の医薬品のため非正規のルートでの流通となり、その中にはニセモノや粗悪品が含まれている可能性が高く、その割合は4割ほどあったと報告されています。

中には精巧に作られるニセモノもあるため、見分けるのが困難なのです。

ニセモノでの健康被害を防ぐには、通販で購入しない事です。

価格が安いという理由で、危険性の高い医薬品を使うのはとても危険です。

クリニックや病院で処方してもらう、認可を受けた正規品のED治療薬を使ってEDの改善を行ってください。

この記事を書いた人 桃井

ED治療歴約1年の30代。今は医者と相談して調子が悪いときだけ服用。完治に向かっている最中。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる