ステンドラは通販で買える?市販や処方は?

ステンドラは通販で買える?市販や処方は?

「ステンドラを購入したい」と思う際は、以下の手段を思い浮かべると思います。

  • 通販での購入
  • 薬局で市販薬を購入する
  • 病院やクリニックで処方してもらう

しかし、現在日本国内においてステンドラは未認可のED治療薬のため、クリニックや病院では処方されていません。もちろん薬局などで市販もされていません。

ですが個人輸入として海外から通販で購入することが可能です。

個人輸入は通常の通販とは異なり、いくつかの規制やルールが必要です。詳しくは下記で説明しています。

ステンドラは通販で買える?

ステンドラは通販で購入が可能です。

バイアグラやシアリスなどのED治療薬は処方箋医薬品に指定されているため、購入する際はクリニックや病院で処方して貰います。

ただし個人輸入という方法をとれば、海外医薬品を扱う通販サイトからステンドラを購入することができます。

個人輸入という方法を利用すれば日本では処方が必要なものや、海外で販売している医薬品を通販で購入することができます。

個人輸入とは購入者のみが使用する目的で、医薬品類の規定の量を国外から輸入(購入)する方法です。

海外の医薬品の中には日本国内で未認可の医薬品が多く、医療機関で同じ薬を処方出来ない場合があります。

海外に住んでいて薬を服用していた方が同じ医薬品を継続して日本でも使えるように配慮した法律です。

現在海外医薬品を購入する際は、個人輸入を代行して行う業者が運営するサイトからの購入が主です。個人輸入代行業者は、販売先と購入者の中間に入り注文、支払い、通関、配送の手配を行います。

しかし、個人輸入でのステンドラなどED治療薬の購入は安全性に大きな問題があり、個人輸入での購入は推奨できません。その理由を下記で説明していきます。

ステンドラ通販で実際にあった問題

ステンドラ通販で実際にあった問題

ステンドラを通販で購入できますが、健康被害などのリスクを伴う場合があります。

ED治療薬を製造している製薬会社、ファイザー社、バイエル社、イーライリリー社、日本新薬の4社合同で調査した結果によると、通販で購入した海外製ED治療薬のおよそ4割に偽物や粗悪品が見つかりました。

その中には正規のED治療薬には含まれていない成分が配合されていたり、成分量が違うものなど服用による健康被害が懸念されるものが含まれていました。

ED治療薬の偽造品を服用して健康被害を起こした事例がいくつか報告されています。

2008年、シンガポールにて偽造ED治療薬や精力剤とされる漢方薬を3種類服用した患者が、本来見られない症状の低血糖による昏睡の症状による重篤な健康被害が報告されています。

偽造ED治療薬による被害は、確認された患者が40人、疑いのある患者が87人、そのうち死亡が確認されたのが2人報告されています。

日本国内でも偽造ED治療薬による被害が発生しています。

2011年、奈良県で偽造ED治療薬を服用した男性が意識障害を起こし、病院に搬送される健康被害が報告されています。

その他偽造ED治療薬との因果関係は明らかではありませんが、呼吸困難等で病院に搬送された患者が死亡し、衣服から使用したと思われる偽造ED治療薬が見つかった事例があります。

通販には注意が必要

ステンドラなどの医薬品の個人輸入には、以下の注意点があります。

  • 使用は購入者本人のみに限る
  • 規定の量のみ購入可能(1か月分の量)
  • 販売や譲渡は禁止
  • 配送先は自宅のみ

医薬品の個人輸入には本来は自治体(地方厚生局)の許可が必要になります。

しかし特例として、転売や譲渡はせずに本人のみが使用すること、1か月分の使用量であれば許可無く個人輸入が可能です。

そのため購入した医薬品を他人に販売したり譲渡することは法律違反となります。

個人輸入の場合購入者本人の居住の確認が必要となるため、基本的に職場や自宅以外への配送は出来ません。

ただし郵便局を指定した「郵便局留め」での配送は可能です。受け取りの際に免許証やパスポートなど、住所確認できるものが必要となります。

ステンドラ通販は危険

これまでを踏まえると、ステンドラの通販は可能ですがとても危険です。

日本では現在ステンドラは未認可のED治療薬のため、医療機関での処方はされていません。

そのため世界で広く使用されているステンドラも、日本で使用するためには通販で購入するしかありません。

通販での購入は非正規ルートのため、偽物や粗悪品が混入する危険性があります。それらを使用することで実際に健康被害が発生しています。

安全にEDの治療を行うためにはクリニックや病院にて、日本国内で認可を受けたバイアグラ、バイアグラジェネリック、レビトラ、シアリスを処方してもらいましょう。

ステンドラは市販で買える?

ステンドラは市販での購入はできません

そもそもステンドラは日本で未認可の医薬品のため、ドラッグストアや薬局、amazonなどで販売していません。

仮にステンドラが日本で認可を受けていた場合でも、ステンドラは市販はされません。理由としては、バイアグラやシアリスなど他のED治療薬は全て処方箋医薬品に指定されているからです。

そのため医師の処方箋が無いとED治療薬を購入することができません。ステンドラもED治療薬なので購入には処方箋が必要になります。

勃起に良いとされるものでドラッグストアや薬局で購入できるのは、以下の成分が含まれるサプリメントや精力剤があります。

  • アルギニン
  • 亜鉛
  • オルニチン
  • マカ
  • 高麗人参
  • すっぽん

これらを含む製品は健康食品に位置づけられ、特に強い副作用が無いため処方箋が無くても購入が可能です。

ただしこれらは医学的根拠が無く、EDを確実に改善する働きはありません。滋養強壮や血行促進の働きがあることから勃起と紐づけられ、精力の付く成分として認識されています。

ステンドラは処方してもらえる?

ステンドラはクリニックや病院などの医療機関では処方されていません

それはステンドラが日本では未認可のED治療薬だからです。

がんの治療薬や先進医療など、国外では効果的で実用化されている国内未認可の医薬品を自由診療として使うことはできますが、これは生命の維持が目的です。

ED治療薬の場合、命に関わる症状ではないため保険は適用されず自由診療となります。

一部のクリニックで海外で使用されている未認可のED治療薬を処方している所もありますが、購入ルートが非正規では無いため偽物や健康被害のリスクがあります。

未認可の医薬品で健康被害にあっても、医薬品副作用被害救済制度(薬の副作用の被害者や遺族を救済する制度)が適用されません。

医療機関では国から認可を受けたバイアグラやレビトラ、シアリスの処方を行っています。

これらのED治療薬は正規に流通しているため、偽物や粗悪品の混入の危険は無いので安心して使用できます。

バイアグラとレビトラは即効性があり、勃起力も高い効果があるのでステンドラの効果に近いED治療薬です。長い効果時間と自然な硬さの勃起を求める方にはシアリスがおススメです。

偽物のステンドラを見分けるには?

偽物のステンドラを見分けるには?

結論から申し上げると、個人輸入で購入するステンドラを購入前に偽物か見分けるのは非常に困難です。

インターネット上にはバイアグラやシアリスなど、これまでに発見されたED治療薬の画像があり本物と比較することができます。

しかし、現在ステンドラの偽物の画像はインターネット上に公表されていません。

正規品のステンドラは日本の病院では処方されていないこともあり、偽物と本物を比べる事ができません。

そのため、海外通販で購入したステンドラは、見た目では確認することが非常に困難です。

ステンドラは2012年に発売を開始していますが、ジェネリック薬も開発されているほど、世界的に認知度の高い人気のED治療薬です。

海外通販などの、非正規ルートでのステンドラの購入には偽物や粗悪品が含まれる可能性が高くなります。

購入前も購入後も偽物を見分けるのが難しいのであれば、初めから購入しないのが正解です。

クリニックでの治療薬購入が一番安心

日本で未認可のED治療薬「ステンドラ」は海外通販でしか購入することが出来ません。

しかし、これまでを踏まえると通販での購入には、偽物や粗悪品の混入が多く、使用により健康被害の恐れがあるため非常に危険です。

そのため、クリニックや病院などの医療機関でバイアグラやレビトラ、シアリスを処方して貰うのが安心です。

医療機関で処方されているED治療薬は、少なくとも国から認可を受けているものなので、偽物や粗悪品の心配はありません。

効果に関しても、バイアグラやレビトラはステンドラ同様に即効性があり、性行為の直前に服用しても間に合います。

勃起の強さもどちらも十分な硬さを維持できます。

数時間から1晩で効果は無くなるので、副作用が長引くことはありません。効果時間の長いシアリスもあるので、ライフスタイルに合わせて選択できます。

この記事を書いた人 桃井

ED治療歴約1年の30代。今は医者と相談して調子が悪いときだけ服用。完治に向かっている最中。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる