ザイデナの効果や副作用を徹底解説

ザイデナの効果や副作用を徹底解説

ザイデナはウデナフィルを有効成分としたED治療薬で、バイアグラ、レビトラ、シアリス、ステンドラに続く第5のED治療薬とも言われています。

ザイデナは韓国の東亜製薬が開発したED治療薬であり、2005年に発売されています。

日本での認知度はまだ高くありませんが、韓国では発売から2年ほどで、ED治療薬のシェアでは2番目の製品にまでなっています。

日本でも近年は話題になることが多く、ザイデナがどのようなED治療薬であるのか気になる方もいると思います。

このページではザイデナの効果や副作用、注意点などをわかりやすくまとめています。

ザイデナの購入を検討している人や、現在ザイデナを服用している人にとっても役立つ情報となっていますので、確認しておきましょう。

ザイデナの効果

韓国で開発されたザイデナは、アジア人の体質に合ったED治療薬とも言われています。

以下ではザイデナの効果を持続性や勃起力の点から、バイアグラやレビトラなど他のED治療薬とも比較しながら説明しています。

持続性

ザイデナの効果の持続時間は、有効成分ウデナフィルを100mg含有するもので12時間前後、長い場合では24時間ほどとされています。

他のED治療薬と同様に体質などにより個人差がありますが、ザイデナはシアリスに次いで長く効果を発揮するED治療薬であると言えます。

ザイデナの効果の持続時間を他のED治療薬と比較すると以下のようになります。

薬品名 持続時間
ザイデナ100mg 12~24時間
バイアグラ50mg 4~5時間
レビトラ20mg 8~10時間
シアリス20mg 30~36時間

表からもわかるように、シアリスに次いで長い持続時間を持つザイデナは、効果の持続時間を重視してED治療薬を選ぶ場合にも適しているでしょう。

効果が長いので、行為の数時間前に余裕を持って服用しておくような使い方もできますね

硬さ

ザイデナを服用した時ときの硬さ、いわゆる勃起力が気になる方も多いのではないでしょうか。

勃起時のペニスの硬さはセックスにおける女性の満足度にも大きく関係しており、事実、どれだけ硬く勃起させられるかでED治療薬を選ぶという方もいらっしゃいます。

そこで気になるザイデナの勃起力ですが、結論から言うとバイアグラやレビトラと同程度であると言えます。

ザイデナはバイアグラよりも効果があったという声もあるように、硬さを含むED治療薬の効き具合は、個人差がある部分ではあります。

その点などを考慮して総合的に判断しても、ザイデナは比較的力強い勃起力を持つED治療薬であると言えるでしょう。

薬品名 硬さ(勃起力)
ザイデナ100mg 中~強
バイアグラ50mg
レビトラ20mg 中~強
シアリス20mg

ED治療薬の硬さは比較がしづらい部分でもありますが、どのED治療薬でも性行為を行うのに十分な勃起を得ることはできます

体質や体の大きさなどの違いで比較的マイルドな効き方をする場合もあるので、上記の表ではザイデナは中~強という硬さにさせていただきました。

ただしザイデナの有効成分であるウデナフィルは1回に200mgまで服用できるので、100mgでは効果が出にくい場合は200mgを服用することで満足のいく硬さを得ることもできるでしょう。

服用後の発現時間

ザイデナを服用してから効果が発動するまでの時間は早ければ30分程度、遅くとも1時間程度です。

このため、ザイデナは性行為の30分~1時間ほど前に水で服用することが推奨されています。

ED治療薬の効果の発現時間は個人差がありますが、ザイデナの即効性はバイアグラよりも若干優れていると言ったところでしょう。

   
薬品名 発現時間
ザイデナ100mg 服用後30分~1時間
バイアグラ50mg 服用後30分~1時間
レビトラ20mg 服用後15分~45分
シアリス20mg 服用後1時間~2時間

即効性に関してはレビトラには劣りますが、30分程度で効果が現れる場合もあるザイデナは、比較的即効性に優れたED治療薬であるとも言えます。

より効果的に飲む方法

ザイデナはアルコールや食事の影響を受けにくいED治療薬です。

しかし、より効果を高めるのであれば、空腹時に服用し、アルコールもほどほどに控えるようにしましょう。

特に油分の多い食事は摂りすぎないようにしましょう。

ザイデナの成分であるウデナフィルも他のED治療薬の成分と同様に腸で吸収されます。

ザイデナの服用前後に油分の多い食事を摂ると、胃腸に油膜が形成されてしまい有効成分の吸収を妨げることになってしまいます。

また吸収効率が高まって効果も早く現れるのでは、とED治療薬を噛んで服用される方もいらっしゃいますがこれも控えるようにしましょう。

医薬品は正しい用法用量で使用されることを前提に作られており、ED治療薬を噛み砕いて飲んでも効果が高まることはなく、むしろ副作用が強く出たりするなどデメリットが大きいので危険です。

ザイデナの副作用

ザイデナの副作用

医薬品であるザイデナにはいくつかの副作用があります。

これはバイアグラなど他のED治療薬も同様ですが、医薬品は高い効果を持つ反面、必ずと言っていいほど副作用が存在します。

以下ではザイデナの副作用について説明していますので、しっかり理解しておきましょう。

基本的な副作用

韓国の製薬メーカーが開発したザイデナは、アジア人の体質に合ったED治療薬とも言われ、他のED治療薬と比べても副作用が起きる可能性は高くありません。

それでも起こりうるいくつかの副作用についてはしっかり理解しておく必要があります。

ザイデナの副作用で特に多いのはめまいや顔のほてり、頭痛などです。

これはザイデナの有効成分であるウデナフィルの持つ血管拡張作用によるもので、バイアグラなど他のED治療薬とも同じような副作用です。

これらの副作用の中で特に重篤なものは報告されていませんが、副作用が現れるということは有効成分が作用している証拠でもあります。

もちろん、万が一ザイデナの服用中に重篤な副作用が現れた場合は直ちに服用を中止し、医師による診察を受けるようにしましょう。

【ザイデナの副作用】

よく見られるもの

  • めまい
  • ほてり
  • 頭痛

この他にも消化器系の不調や動悸、鼻詰まりなどの副作用が報告されています

誤った飲みかたで起きる副作用

血管拡張作用によってEDの症状を改善するザイデナは、誤った服用方法によって副作用が起きやすくなったり、通常の副作用以上に強く症状が出る場合があります。

誤った副作用には以下のようなものが考えられます。

  • 1回に200mg以上の服用を行う(ザイデナの服用は200mgまで認められています)
  • ニトログリセリンなどの併用禁忌薬との併用
  • バイアグラやシアリスなど他のED治療薬との併用
  • 噛み砕いての服用など

このような通常の用法外での服用方法をとってしまうと、有効成分ウデナフィルの血管拡張作用起こりやすく、また強く出る可能性が高まります。

その結果として、急激な血圧の低下などが起こる場合があるので大変危険です。

ザイデナの服用は必ず定められた用法用量で行うようにしましょう。

ニセモノによる副作用

ザイデナは2020年現在日本国内で認可されていませんが、医療機関での医師による処方や、個人がインターネット通販で購入することは認められています。

ザイデナの服用で特に注意したいのは後者のインターネット通販です。

海外から輸入されるED治療薬は、偽造薬、つまりニセモノが非常に多く、製薬メーカーが行った調査では日本国内に輸入されるED治療薬のおよそ4割がニセモノであったことが明らかになっています。

ニセモノのED治療薬は粗悪に作られているものがほとんどで、成分量が極端に少なかったり多かったりするものもあります。

成分量が少ないぶんには本来のED治療の効果が得られにくいなどに留まりますが、危険なのは成分量が極端に多く含有されたニセモノです。

このようなニセモノを知らずに服用してしまうと、ウデナフィルの血管拡張作用が強く働いてしまい、急激な血圧の低下が起こりやすくなります。

急激な血圧の低下は最悪の場合死に至ることもあるような危険な症状です。

比較的新しいED治療薬であるザイデナには当サイトが調べる限りニセモノの報告はまだありませんが、バイアグラなど、他のED治療薬では粗悪なニセモノによる健康被害が報告されており、中には死亡例も含まれています。

ザイデナは通販で買える?市販や処方は?

ザイデナも現在注目のED治療薬であるだけに、今後粗悪な偽造薬の流通がないと言い切れません。

医師に相談するのが安全

ザイデナを服用するのであれば、医師に相談し処方してもらうか、インターネット通販を利用するかのいずれかになります。

結論から言えば、クリニックなどの医療機関で医師に相談して処方してもらうことが賢明です。

インターネット通販は安価にED治療薬を購入することができますが、安価であるのはそれなりの理由があるからです。

ED治療薬のネット通販は海外からの個人輸入というかたちで行われており、購入できる医薬品(商品)は基本的に海外製のものです。

これら海外医薬品の品質はピンキリであり、効果の確実性や安全性で言えば国内で流通しているメーカー正規品には劣ってしまうものが多くあります。

それだけでなく、前述した粗悪な偽造薬、ニセモノの問題もあり深刻な健康被害が起きるリスクも高まります。

また通販サイト自体が悪質なものであることも多く、注文をしたお薬が届かないなどというトラブルも頻発しています。

これらを総合すると、ザイデナを海外通販で購入するのはメリットよりもデメリットのほうが大きいと言えます。

ザイデナを処方しているクリニックは日本国内ではまだ多くありませんが、信頼のおける医師からであれば品質や安全性に優れたメーカー正規品のものを処方してもらえます。

ザイデナの効果の仕組み

ザイデナの効果の仕組み

ザイデナは有効成分であるウデナフィルの血管拡張作用によって正常な勃起を起こりやすくするED治療薬です。

ここではザイデナの作用機序(効果の仕組み)について説明していますが、まずは正常な勃起が起こるメカニズムについて説明する必要があります。

性的な刺激を受けて興奮状態になった脳は、神経を通して体に司令を出します。この司令によって体内ではcGMP(環状グアノシン一リン酸)という物質が増加します。

cGMPは血管の平滑筋を弛緩させることで血管を拡張させ、ペニス内部の海綿体への血流量を増加させます。

海綿体が血液で満たされると、ペニスが硬く大きくなる生理現象である勃起が起こるというわけです。

勃起を起こすためにははcGMPという物質が必要であることは理解いただけたかと思います。

一方で、性的興奮が収まった際に勃起を収束させるPDE5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素も体内には存在しています。

PDE5はcGMPの分解を行いペニスへの血流を滞らせ、勃起を阻害、収束させます。

EDでは、何らかの原因によってPDE5がcGMPよりも優位な状態になっているため、cGMPによる血管の拡張が起こらず、正常に勃起を起こすことが困難になっているのです。

バイアグラを始めとするED治療薬の多くは、「PDE5阻害薬」とも呼ばれています。

これはED治療薬の有効成分がPDE5の働きを阻害することでcGMPを優位な状態にし、血管の拡張が起こることによる正常な勃起をサポートする作用機序を有しているためです。

ザイデナの有効成分であるウデナフィルはバイアグラの成分であるシルデナフィルに近い成分であるとも言われていますが、ED治療薬としての作用機序も同様であり、PDE5の阻害を行います。

ザイデナを飲んではいけない人

医薬品であるザイデナには併用禁忌(医薬品を投薬すべきでない患者やその状態、併用してはいけない薬剤)があるので、必ず理解しておくようにしましょう。

ザイデナの併用禁忌は以下のようになっています。

  • 硝酸剤や一酸化窒素供給剤(ニトログリセリン・亜硝酸アルミ・硝酸イソソルビドなど)を服用中の方
  • 有効成分ウデナフィルに対するアレルギー症状の既往歴がある方
  • 高血圧(170/100mmHg以上)の方
  • 低血圧(90/50mmHg以下)の方
  • 脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある方など

これらに該当する方がザイデナを服用すると、急激な血圧の低下などの重篤な副作用が起こる可能性が高まるので危険です。

特にグリセリンなどの一酸化窒素供給剤との併用は相互作用によってザイデナの副作用が強く出やすくなります。

また、65歳以上の高齢者の方や肝機能障害、腎機能障害のある方もザイデナの服用の前には医師への相談を行ってください。

ザイデナのジェネリックの効果

ザイデナのジェネリックの効果

2005年に韓国で発売されたザイデナはED治療薬の中でも新しいお薬です。

そのようなザイデナですが、インターネット通販ではすでに海外製のジェネリックが流通しています。

製薬メーカー 薬品名
サンライズレメディーズ ズデナ
レクメズ ザイスマ

これらのザイデナジェネリックは有効成分としてウデナフィルを含有しているために、先発薬であるザイデナと同様の効果を得ることができます。

ではその違いはどこにあるのでしょうか。ジェネリックと先発薬の最大の違いはお薬の販売価格です。

ザイデナジェネリックは研究や実験など、新薬の開発にかかる膨大な費用がほとんどかからないために薬価を大幅に抑えて製造、販売を行うことができます。

下記のページではザイデナのジェネリックに関してさらに詳しく説明しています。

ザイデナジェネリックについて

ザイデナの効果や副作用についてまとめ

ザイデナの効果や副作用、購入などについてまとめると以下のようになります。

  • 効果の持続時間は12~24時間と長く、シアリスに次ぐ長時間型のED治療薬
  • 服用後は30分~1時間から程で効果が現れる
  • 食事の影響は比較的受けにくいが、より効果を高めるためには空腹時の服用がよい
  • 副作用ではめまい、ほてり、頭痛などが見られるが通常の使用では重篤なものはない
  • 粗悪なニセモノによる健康被害のリスクもあるため、ザイデナの購入は医療機関から受けるのがよい

ザイデナは即効型のシアリスと形容されることもありますが、ザイデナの特徴を一言で上手く表していると思います

韓国で製造されアジア人の体質に合ったED治療薬と言われるザイデナは、レビトラほどの即効性やシアリスほどの作用時間はありません。

その反面で、適度な即効性とシアリスに次ぐ持続時間を持ち、副作用が少なく食事の影響も受けにくいザイデナは非常にバランスの良いED治療薬であると言えます。

ザイデナの購入はインターネット通販あるいはEDクリニックなどの医師からの処方のいずれかになります。

通販のメリットには安さがありますが、製品は効果や安全性が保証されたものではありません。

また、粗悪なニセモノによる健康被害などのリスクもあります。

このようなことを踏まえても購入する際通販は避け、医師から処方してもらいましょう。

この記事を書いた人 桃井

ED治療歴約1年の30代。今は医者と相談して調子が悪いときだけ服用。完治に向かっている最中。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる