薄毛・抜け毛に有効な漢方薬

薄毛・抜け毛に有効な漢方薬

漢方(中医学)で考える髪の毛とは

漢方薬とは、複数の天然生薬を配合した東洋医学や中医学で使われてきた医薬品の総称です。西洋薬は主に1つの症状や疾患に対して強い効果を発揮しますが、漢方薬は人体の自然治癒能力を高めるなどして、複数の症状に対する効果効能が期待でいます。

漢方の世界において、髪の毛は「血余(けつよ)」あるいは「腎の華」と表現されます。

聞きなれない表現ですが、髪の毛の健康を維持し、薄毛や抜け毛を防ぐためにはどちらも重要な考え方です。

漢方を理解することで薄毛の予防や改善に役立つことは多くあります。このページでは、薄毛や抜け毛に対する漢方の考え方や、薄毛や抜け毛に有効な漢方薬をわかりやすくまとめてみました

「血余」とは

漢方の世界では髪の毛は「血余」、つまりは血の余りと言われています。

血液中に十分な栄養があれば全身はもちろん、髪の毛にもその栄養は行き渡ります。このように、漢方では髪の毛にはその人の栄養の状態が大きく反映され、髪と血液には深い関わりがあると考えられています。

血液は全身を循環しながら、各所の細胞に栄養素や酸素を運搬する液体です。

毛根に存在する毛母細胞や毛乳頭も、血液から酸素や様々な栄養素を受け取ることで髪の毛を作っています。

しかし血液が不足したり、血の巡りが悪くなると毛母細胞や毛乳頭に十分な栄養素が届けられず、髪の毛も弱ってしまうのです。

つまり髪の毛のパサつきが気になる、抜け毛が増えたなどの症状は、血液の状態が悪くなったサインと捉えることができます。

血流がよければ髪や頭皮へ十分な栄養や酸素が行き渡る、という西洋医学の考え方とも共通していますね。

「腎の華」とは

漢方の世界において腎臓は「腎」と呼ばれ、生命力や生殖力を蓄えておく場所と捉えられています。

言い換えれば、腎臓は人の老化現象やホルモンバランスと深い関係があるのです。

腎臓の働きが悪くなると老化現象やホルモンバランスの乱れが生じ、結果として髪の毛には抜け毛や白髪といった症状が見られます

反対に考えると腎臓が元気な状態であれば、髪の毛も健やかな状態に保たれというように考えられています。

特に漢方薬を用いる中医学や東洋医学の世界では、女性の体は「7の倍数の年齢で変化する」と考えられていますが、これは腎気(腎臓の働き)に関係しています。

7歳で髪の毛が増え始め、14歳で初潮を迎え、21歳で急激に高まり始めた腎気は28歳でピークを迎えます。そして35歳で腎気は衰え始め、49歳で閉経を迎えます。

このようなことから、女性は35歳を過ぎると腎臓の働きの低下によって髪の毛の状態も変化していくと考えられています。

実際に、特に女性の薄毛はホルモンバランスの変化によるものが多いことが明らかになっています。

薄毛・抜け毛を改善する漢方薬

漢方の考え方では、薄毛・抜け毛の原因は以下のような3つのタイプに分けられます。

タイプ 概要
血虚(けっきょ) 髪の毛が細く、パサついている状態
腎虚(じんきょ) 白髪が多い状態
湿熱(しつねつ) 頭皮がべたつく状態

それぞれのタイプと適した漢方薬について、順番に解説していきます。

血虚の解説と対応する漢方薬

血虚とは血液が不足している、あるいは血行が悪くなっている状態です。

全身に血液が巡らず髪にも十分な栄養が行き届かないために髪の毛が弱ってしまい、薄毛や抜け毛だけでなく、ハリやコシが無くなる、パサつくなどの症状がよく見られるようなります。

このような場合には、次のような漢方薬が効果的です。

  • 婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

当帰(トウキ)はセリカの植物です。血を補い体を温める効果があり、特に女性の健康には欠かせない植物とされています。

  • 十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)
  • 当帰や芍薬(シャクヤク)を配合した漢方薬で、血行を改善します。生理不順や冷え性、むくみなど女性特有の悩みの改善にも用いられています。

  • 参茸補血丸(さんじょうほけつがん)
  • 黄耆(オウギ)や、桂皮(ケイヒ)、 地黄(ジオウ)、 芍薬などを配合した漢方薬で、冷え性や貧血の改善にも多く用いられています。

    など

    漢方薬では、温熱効果のある生薬を配合したものに血行促進の効果が期待できます。

    腎虚の解説と対応する漢方薬

    腎虚とは、腎臓の機能が衰えている状態です。

    漢方では生命の源とされる腎臓が弱ることで老化が進んでしまい、薄毛や抜け毛だけでなく白髪などの髪のトラブルも多くなってしまいます。

    このような場合には、次のような漢方薬が効果的です。

    • 参茸補血丸(さんじょうほけつがん)

    腎臓の働きを高める動物性の生薬鹿茸(ロクジョウ)や滋養強壮効果のある朝鮮人参を配合した漢方薬です。

    • 杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)

    枸杞子(クコシ)と菊花(キッカ)を配合した漢方薬です。腎機能をサポートすることで、薄毛の対策以外にも目の充血やかすみの改善にも用いられます。

    湿熱の解説と対応する漢方薬

    湿熱とは体に湿気(水分)や熱がこもってしまい、頭皮の皮脂が増えすぎてしまう状態です。

    漢湿熱はわかりやすく言えば体の中にドロドロとした老廃物が溜まっている状態です。

    この体内の余分な老廃物を取り除くためには、代謝や排泄を活発にするなどの必要があります。

    このような場合には、次のような漢方薬が効果的です。

    • 瀉火利湿顆粒(しゃかりしつかりゅう)

    当帰や地黄、木通(モクツウ)などを配合した排尿痛や残尿などの排尿トラブルに多く用いられる漢方薬です。

    • 黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

    黄芩(オウゴン)や山梔子(サンシシ)を配合し、体を冷やす効果がある漢方薬です。各部の炎症を沈めたり、月経や更年期など女性ホルモンの変動によるトラブルにも用いられます。

    など

    まとめ

    漢方、つまり東洋医学や中医学では髪の毛は血液や腎臓の状態と深く関係しているとされます。

    薄毛や抜け毛を防ぎ、髪を丈夫で健康に保つためにはまずは血液の状態や血流、腎臓を健康に保つことも大切です。

    血液の状態や血流を改善するには体を温めたり血液を補う働きのある漢方薬が、腎臓を健康に保つためには、代謝や排尿をサポートする漢方薬がそれぞれ効果的です。

    また、髪の毛が細くパサついているのであれば血液の状態が、白髪が多い状態であれば腎臓の機能が衰えているなどのサインとなります。

    このような体からのサインを見逃さないようにし、適切な漢方薬を選ぶようにしましょう。

    もちろん、漢方薬以外でも、普段の食事や生活習慣などから血液や腎臓のケアはできます。健康で豊かな髪をいつまでも保つために、体の内面にもう一度気を配り、健康を意識しましょう。

    最後に、天然の生薬を配合している漢方薬はあくまでも人体が本来持つ免疫や治癒能力、代謝などを高める働きを持つお薬です。

    原因がはっきりしている特定の疾患や症状に対しては、西洋医薬品のほうがより強い効果を発揮することは覚えておきましょう。

    特に、薄毛や抜け毛の治療や改善においても現代ではフィナステリド(内部リンク)やミノキシジル(内部リンク)などの西洋医薬品が多く用いられています。

    この記事を書いた人 佐藤昭仁

    クリカクの管理人。30代になってから薄毛が気になりいろんなAGAクリニックを実際に体験した。メソセラピーは針が怖いからノーニードル派!今は生えそろってきたので薬のみの治療をしてる。

    注目のクリニック

    AGAスキンクリニックレディース院銀座院

    AGAスキンクリニックレディース院銀座院

    メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

    詳細ページへ

    東京スカルプクリニックの画像

    東京スカルプクリニック

    メソセラピーノーニードル処方薬

    詳細ページへ

    AGAスキンクリニックの画像

    AGAスキンクリニック

    メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

    詳細ページへ

    TOPへ
    もどる