植毛の値段はいくら?自毛植毛と人工植毛の違いも解説!

植毛の値段はいくら?自毛植毛と人工植毛の違いも解説!

「植毛っていくらかかるの?」「自毛と人工の毛はどう違うの?」

植毛を考える方にとっては気になる部分ではないでしょうか。

AGA治療薬やハーグ療法、メソセラピーなど、薄毛に効果のある治療や施術はいろいろありますが、植毛も同じく効果のある治療の一つです。

こちらでは植毛の値段や施術の内容、自毛植毛と人工植毛の違いなどについて解説しています。植毛を考えている方は是非参考にしてください。

植毛の仕組み

植毛とは後頭部や側頭部など薄毛になりにくい部分の毛根を採取し、薄毛が気になる部分に移植する治療方法です。

れっきとした医療行為であり、限られたクリニックでしか植毛を受けることはできません。

植毛で髪の毛が生える仕組みを考える上で、重要なのは毛根です。

毛根の中には毛乳頭や毛母細胞など、髪の毛を成長させるために不可欠な細胞が存在します。

例えば自然に抜け落ちた髪の毛を移植したとしても、その抜け毛には毛根が存在しないため新たな髪の毛が生えてくることはありません

つまり植毛は髪の毛を移植するのではなく、毛根を移植する治療法と言えます。

薄毛の状態が悪化した方では費用も時間もかかります。植毛を希望する方は、なるべく早めに決断する必要があります。

自毛植毛・人工植毛の比較

自毛植毛・人工植毛の比較

植毛には自分の髪の毛を移植する「自毛植毛」と、人工毛を頭皮に埋め込む「人工毛植毛」があります。

2種類の植毛の比較は、次の通りです。

項目 自毛植毛 人工毛植毛
安全性 ×
発毛実感の速さ
メンテナンスの有無 不要 必要

現在は人工毛植毛を行っている医療機関は少なく、植毛といえば自毛植毛が主流になっています。

以下では、それぞれの植毛のメリット・デメリットや、なぜ人工毛植毛が行われなくなったのかを説明していきます。

自毛植毛とは

自毛植毛とは自分の髪の毛を採取し、薄毛が進行している部分の頭皮に移植する方法です。

現在主流となっている植毛法であり、そのメリット・デメリットは以下のようになります。

○メリット

  • 薄毛を根本的に改善できる
  • 治療後のメンテ不要
  • 拒絶反応が無い

自毛植毛が主流になっている理由として、安全性があります。自分の体の一部である毛根を移植するため、移植後に起こる拒絶反応のリスクは非常に低くなります。

治療後のメンテナンスも特に必要としません。

移植に使用する毛根は、側頭部や後頭部の男性ホルモンによるAGAの影響を受けにくい部分で、植毛後に頭皮にしっかりと定着し抜け落ちにくく自然な仕上がりになります。薄毛を根本的に改善する方法として自毛植毛は高い効果が認められています。

○デメリット

  • 施術後に傷跡が残る
  • 費用が高額
  • 発毛実感まで時間がかかる

自毛植毛は薄毛治療の中でも費用が高額であるため、気軽に受けられる治療ではありません。

施術後には頭皮に傷跡が残る可能性もあります。さらに施術が終わってから定着するまで、多少時間がかかります。

移植後しばらくはかさぶたが出て、消えるまで10日ほどかかります。髪が短いとかさぶたが目立つ場合があります。

植毛後の初期脱毛もありしっかりと生えそろうまでは半年~1年ほどかかります。自らの髪の毛を移植するため、採取する量が多いと元の髪の毛が不自然に見えてしまう可能性があります。

自毛植毛の価格

自毛植毛の費用はクリニックにより多少違いがありますが、平均的な価格は以下のようになります。

M・C型(剃り込み部分・前頭部) MO・CO型(生え際・離れ小島型) O型(頭頂部) U型(生え際~つむじ)
平均的な施術 43~50万円(600本~750本) 56~62万円(900本~1050本) 68~74万円(1200~1350本以上) 113~125万円(2550~3000本)
広範囲の施術 56~62万円(900本~1050本) 68万円~(1200本以上) 80万円~(1500本以上) 150万円~(4000本以上)

基本的に植毛には保険が適用されません。

植毛の場合容姿の改善と見なされ、美容整形と同じ扱いになるため自由診療になります。自由診療は保険適用外の治療となり自己負担の施術料金がかかります。(医療用ウィッグの場合は保険が適用となります)

範囲が広ければ、施術にかかる時間も価格も大きくなるとお考えください。

早めに治療を行うことであまり進行していない範囲の植毛ができるため、価格を抑える事ができます。

人工毛植毛とは

人工毛植毛は、ポリエステルやナイロンで作られた人工毛を頭皮に埋め込む方法です。

メリット・デメリットは、次のようになります。

○メリット

  • 手術後、すぐに発毛を実感できる

人工毛植毛では人工的に作られた毛を使用するため、手術が終わればすぐに発毛を実感できます。

自毛植毛の場合頭皮に生えている髪の毛を移植するため、採取できる髪の毛の量には限度があります。人工植毛の場合は髪の毛の移植に制限はないため希望の量を植毛する事が可能です。

○デメリット

  • 拒絶反応のリスクがある
  • 定期的なメンテが必須
  • 人工毛劣化によるトラブル

人工毛植毛では人工的に作られた毛を使用するため、手術が終わればすぐに発毛を実感できます。

しかし人体にとっては異物を埋め込むことになるため拒絶反応が起こりやすく、頭皮の炎症や細菌感染などのリスクも高いです。

こうした安全性への懸念から、最近では人工毛植毛を行う医療機関は少なくなってきています。

人工植毛の価格

人工植毛のおよその価格は以下になります。

M・C型(剃り込み部分・前頭部) MO・CO型(生え際・離れ小島型) O型(頭頂部) U型(生え際~つむじ)
平均的な施術 15~18万円(600本~700本) 20~23万円(800本~900本) 26~39万円(1000~1500本以上) 67~100万円(2500~4000本)
広範囲の施術 20~26万円(800本~1000本) 26万円~(1000本以上) 39~52万円(1500~2000本以上) 150万円~(6000本以上)

人工植毛の場合、自分の頭皮から髪の毛を採取する工程が無い分、自毛植毛に比べ価格は安くなります。

自毛植毛と同じく施術は医療行為ですが美容整形と同じ扱いになるため、保険が適用されず全て自己負担となります。

新しい人工植毛「バイオファイバー」

現在ヨーロッパでは、これまでの人工植毛のイメージを覆す「バイオファイバー」が新しく開発されました。

これまでの人工毛と違い、生体適合性や耐久性、安全性に優れた素材で、細菌感染を防ぎ炎症による脱毛も少なく、1年で10~15%ほどの抜け毛まで抑えられます。一度植毛を行うと7~8年は定着します。

まだ国内での実用例は少ないですが、今後さらに安全面が認められるようになれば普及率も高まることが予想されます。

もちろん頭皮の清潔を保つメンテナンスが必要であったり、価格が従来の人工植毛に比べ高いなどの理由もあります。

しかし人工毛のメリットはそのままに様々なデメリットが少なくなるため、今後日本でも普及する可能性がある治療法です。

自毛植毛の手術法の種類

自毛植毛の手術法の種類

自毛植毛の手術法には「FUT法」と「FUE法」の2種類があり、この2つはよく比較されます。

FUT法はメスを使って毛根を採取するベーシックな手術法であるのに対し、FUE法は専用のパンチ機器を使用する"切らない"手術法になります。

それぞれの手術法の特徴について、さらに詳しく解説していきます。

方法 安全性 適正 定着度 術後 価格
FUT法 メス 低い 広範囲 高い 時間がかかる 安い
FUE法 パンチ 高い 部分的 低い 治りが早い 高い

FUT法とは

FUT法とは移植する毛根を後頭部の皮膚ごと切り取って採取し、それを毛穴の単位であるフォリキュラー株に株分けして脱毛している部分に植え付ける方法です。

植毛手術の中ではベーシックな方法であり、自毛植毛の半数以上がFUT法で行われています

FUT法では毛根切断率が低く、一度に多くの毛根を傷つけずに採取できることがメリットです。

脱毛している部分が広範囲に及んでいる場合、FUT法は特に有効な手術法と言えます。

しかし移植するための毛根を採取する際、手術の傷あとが残ってしまうことがデメリットです。

また頭皮が硬い方では、FUT法で採取できる毛根の量に限りがあります。

高度な技術や手間が比較的かからないため、一般的にFUT法の方がリーズナブルです

FUE法とは

FUE法とは専用のパンチ機器を使用し、移植するための毛根を1つ1つ採取していく方法です。

採取した毛根は、専用のインプランターという機器で脱毛が気になる部位に植え込んでいきます。

切らない手術を希望する方や、頭皮が硬くFUT法が難しい方にはFUE法が適しています。

またFUE法では頭皮の傷が小さく、手術後の治りが早いことがメリットです。

これまでは高度な技術が必要とされる施術のため術者により精度のバラつきがありましたが、近年はロボットによる施術が行われるようになり精度が非常にアップしています。

細かな施術を行えることで、頭皮へのダメージも減り安全面も向上しています。

高度な技術と手間がかかるため、一般的にFUE法の方が割高になります。

植毛についての疑問

植毛についての疑問

植毛にはあまりいいイメージがないため、施術にも心配する方も多いと思います。こちらでは、植毛に関して気になる質問をまとめいます。

施術にはどれぐらい時間がかかる?

植毛の施術は、髪を移植する範囲や採取する髪の毛の本数、FUE法やFUT法などの施術方法によりかかる時間が変わってきます。

1250~2250本(500~900株)で4~6時間、2500~3800本(1000~1500株)で6~8時間ほどかかり、それ以上の場合は10時間を超える場合があります。

植毛を行うクリニックでは、ほとんどの場合が日帰りでの施術になり、翌日に消毒を行うぐらいで通常の生活を送ることができます。

1~2時間で終わる施術はあまりないため、時間には余裕を持っておきましょう。1株(毛包)=平均2.5本として計算されるのが一般的です。

植毛後にAGAの進行はある?

植毛後にもAGAの進行はあります

植毛した部分がAGAで脱毛することはありませんが、植毛以外の部分はAGAの影響を受けて脱毛する可能性があります。

長いスパンでは前頭部の植毛した部分だけが残り他の部分が脱毛することも十分に考えられます。

植毛後もAGA治療薬を使用して脱毛を予防しなければいけません。

自毛と人工毛どちらがいい?

自毛植毛の方が安全性では上です。一般的な人工植毛はAGAの施術としては、あまり推奨されていません。

男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインによると、推奨度をA~Dまでとした場合、AGAの自毛植毛の推奨度はB、FAGA(女性型脱毛症)の自毛植毛の推奨度はB1、人工植毛はDという結果があります。

ただしAGAが進行し過ぎて移植する範囲が広くなり、自毛の移植する量の髪の毛が間に合わない場合は人工毛の植毛が適切な場合があります。

「バイオファイバー」など、人工植毛も進化しデメリットが少ないものもあります。

FUE法とFUT法のどちらがいい?

それぞれの方法に優劣はありません。薄毛の症状の度合いや頭皮の質、傷跡が残るのに抵抗が有る無いにより選択されます。

パンチを使うFUE法は傷跡が残りにくいメリットがあり、メスを使うFUT法は頭皮へ定着しやすいメリットがあります。

部分的な植毛にはFUE法が適していますが、広範囲な植毛にはFUT法が適しています。

植毛についてのまとめ

植毛についてまとめると以下になります。

・植毛はAGA治療の1つで、自毛または人工毛を頭皮に埋め込む施術
・自毛植毛と人工植毛の2種類の施術があり、それぞれメリット・デメリットがある
・自毛植毛には、パンチ機材で毛根を埋め込むFUE法と、メスを使うFUT法がある
・薄毛の症状や希望する仕上がりにより、施術方法を選べる
・AGA治療では高額な治療費がかかるが、長期間の改善が可能

植毛はAGA治療の施術として、効果があると認められています。

しかし安全性の高い自毛植毛でもデメリットはあり、施術を行う方の腕によってもクオリティにバラつきがあります。

ロボットでの施術など精度の向上や、人毛に近い合成繊維の開発など、医療技術の向上はあるものの、高額な治療費がかかるため、まだ気軽に行える治療とは言えないのが現状です。

まずはAGAクリニックで無料カウンセリングを受け、頭皮の状態や進行を確認する事が大切です。

診療ガイドラインでもっとも推奨度の高い、プロペシアなどのAGA治療薬を使用してからでも遅くはありません。

カウンセリングにより、AGA治療薬での改善が難しいと判断される場合は植毛など、別の改善方法を選ぶようにしましょう。

この記事を書いた人 佐藤昭仁

クリカクの管理人。30代になってから薄毛が気になりいろんなAGAクリニックを実際に体験した。メソセラピーは針が怖いからノーニードル派!今は生えそろってきたので薬のみの治療をしてる。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる