ヘアタトゥーについて、基礎知識やデメリットなど

ヘアタトゥーについて、基礎知識やデメリットなど

ヘアタトゥーとは

ヘアタトゥーとは医療機関で受けられる、薄毛を目立たなくするための施術です。

専用の染料と針を使用し、頭皮に色素を注入して髪の毛が生えているように見せることができます。

施術当日から見た目に変化が出るため、様々な悩みの解決に有効です。

  • 見た目を変えたいが、治療薬を服用できない
  • 分け目や生え際が目立つ
  • 植毛手術の傷あとを隠したい

など

ヘアタトゥーの仕組みや頭皮への影響

ヘアタトゥーをした場合、髪の毛の生え方に影響は起きないのでしょうか。

人間の頭皮は、大きく表皮・真皮・皮下組織という3つの構造に分かれています。

髪の毛の根本である毛根は真皮の下層にあり、髪の毛は毛根に存在する毛母細胞によって作られています。

これに対して、ヘアタトゥーにおいても真皮に色素を注入します。

しかしヘアタトゥーで色素を注入するのは真皮の浅い部分であり、毛根からは遠いため髪の毛の生え方に影響が起きる心配はありません

ヘアタトゥーにリスクやデメリットはあるの?

ヘアタトゥーについて、これまで副作用や後遺症が生じたという事例はありません

ただし施術から3日程、薄いかさぶたになる場合があります。

この時期は色素を注入した部位が濃く見えることがありますが、徐々に色が落ちてくるためかさぶたを無理に剥がしてはいけません。

またヘアタトゥーは、一度施術をしたら簡単に消すことはできません

ファッションタトゥーと同じく、基本的には色素が残り続けます。

ヘアタトゥーを受けたいとお考えの方は、デザインの変更や消去が難しいということを覚えておいてください。

この記事を書いた人 佐藤昭仁

クリカクの管理人。30代になってから薄毛が気になりいろんなAGAクリニックを実際に体験した。メソセラピーは針が怖いからノーニードル派!今は生えそろってきたので薬のみの治療をしてる。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる