HARG療法の3つの特徴や発毛・育毛効果について

HARG療法の3つの特徴や発毛・育毛効果について

HARG療法とは

HARG療法とは、Hair Re-generative theraphy(毛髪再生医療)の頭文字から名付けられた薄毛治療です。

成人の脂肪幹細胞から抽出した成長因子を頭皮に直接注入し、発毛・育毛を目指す治療法になります。

HARG療法は世界各国での共同研究により開発され、日本では認定された医療機関でしか施術を受けられません。

また高い発毛効果が期待できる治療方法になり、すでにヨーロッパや韓国などで多数の治療実績があります

HARG療法の特徴

HARG療法には、3つの特徴があります。

  • 年齢、性別問わず治療可能
  • 優れた安全性
  • 少ない通院回数で済む

薄毛は男性に多い悩みとされていますが、昨今では女性の間にも「抜け毛が増えた」「髪のボリュームが少ない」などの悩みを抱える方が増えています。

しかし薄毛治療薬には男性専用のものも多く、女性の薄毛治療の選択肢は男性に比べて少ないことが現状です。

そこでHARG療法はどのような脱毛症にも効果が期待できるため、男性だけでなく女性も受けられる治療法となっています。

しかもHARG療法を受けた方からは、現時点では男女問わずアレルギーや副作用の報告がされていません。

HARG療法は男女ともに受けることができ、リスクも低い治療法と言えます。

ただ、HARG療法は医療機関でしか受けられない治療であるため「通院がめんどくさそう…」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

ですがHARG療法は1ヶ月に1度の施術のみで効果が期待できるため、実際に施術を受ける際の手間も少ないです。

HARG療法の効果

従来の薄毛治療薬は"髪の毛を生やすお薬"、あるいは"抜け毛を防ぐお薬"のどちらか一方しかなく、薄毛を根本的に改善するには異なる働きを持つ治療薬を併用するケースが多かったです。

しかしHARG療法は、同時に2つの効果が期待できる治療法となっています。

  • 新しい髪の毛を生やす(発毛
  • 生えた髪の毛を丈夫に育てる(育毛

それぞれの効果のメカニズムについて、順番に解説していきます。

HARG療法による発毛

HARG療法による発毛効果のメカニズムについて、深く関係しているのが幹細胞です。

幹細胞は様々な細胞に変化する働きがあり、他の組織や器官を作り、成長させることができます

人の体にも幹細胞は存在し、例えば傷ついた部位を修復するときなどに幹細胞は活躍しています。

HARG療法では、この幹細胞から抽出して「タンパクAAPE」を使用しています。

AAPEには幹細胞由来の成長因子が豊富に含まれており、頭皮に注入することで毛母細胞に刺激を与えます。

これにより発毛のスイッチがONになり、毛母細胞が活発に新たな髪の毛を作り出してくれるのです。

HARG療法による育毛

前述したように、HARG療法で使用される成分AAPEは毛母細胞を活性化し、発毛を促します。

このとき、AAPEに含まれる成長因子の働きにより髪の毛が成長できる期間(成長期)が十分に確保されます。

そしてさらに、HARG療法で使用されるHARGカクテルに含まれる成分はAAPEだけではありません。

他にも厳選された数種類の育毛成分が配合されています。

  • ビタミンB群
  • ビタミンH
  • コエンザイムQ10
  • シスチン
  • ブフロメジル

など

これらの成分が毛母細胞に十分な栄養を与えて成長をサポートしてくれるため、髪の毛も太く、丈夫に育ちます。

この記事を書いた人 佐藤昭仁

クリカクの管理人。30代になってから薄毛が気になりいろんなAGAクリニックを実際に体験した。メソセラピーは針が怖いからノーニードル派!今は生えそろってきたので薬のみの治療をしてる。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる