育毛メソセラピーの効果や副作用、注入方法の種類など

育毛メソセラピーの効果や副作用、注入方法の種類など

育毛メソセラピーとは

薄毛治療をする上で、メインとなるのはお薬を使った治療です。

近年では男女に合わせた様々な薄毛治療薬が登場しており、いずれの薬も高い改善率があることが分かっています。

しかしお薬を使った薄毛治療には、いくつかデメリットがあることも事実です。

  • 効果が出るまで時間がかかる
  • 健康状態により薬を服用できない場合がある

など

こうしたお薬による治療のデメリットをカバーするために使われているのが、育毛メソセラピーです。

育毛メソセラピーとは薄毛改善に有効な成分を頭皮に直接注入する、男女ともに受けられる治療方法になります。

多くのAGAクリニックで育毛メソセラピーが導入されており、クリニックによって治療に使う成分、注入方法などが異なっています。

また治療の名称に関する決まりはなく、クリニックによって「毛髪再生メソセラピー」「毛髪再生療法」などと呼ばれることもありますが、本ページでは「育毛メソセラピー」という名称を使って説明していきます。

育毛メソセラピーの注入方法の種類

育毛メソセラピーの注入方法には、大きく分けて"針を使う方法"と"針を使わない方法"があります。

基本的に針を使う方法の方が成分が毛根にまで浸透しやすく、より発毛効果が期待できます。

しかし痛みがあり、施術に抵抗を感じる方も少なくありません。

一方の針を使わない方法は一般的に「ノーニードルメソセラピー」などと呼ばれ、電磁波や炭酸ガスなどを使って成分を頭皮に注入します。

痛みが少ないため、ストレスなく施術を受けられるのが最大の魅力です。

クリニックによって採用している注入方法は異なるため、クリニック選びの際はどのような注入方法があるかをチェックすることも1つです。

以下では実際にクリニックで行われている育毛メソセラピーの代表的な注入方法をまとめたので、参考にしてみてください。

種類 名称 使用器具 痛み
針を使う方法 パピュール法 注射器 ×
ダーマローラー法 針が付いたローラー
針を使わない方法 ノーニードル法 電気パルスや炭酸ガス
レーザー法 医療用レーザー

育毛メソセラピーに使われる成分

育毛メソセラピーに使われる成分は、クリニックによって違いがありますが大きく3種類に分かれます。

  • 成長因子
  • ミノキシジルやフィナステリドなど
  • ビタミンやミネラルなど

実際に育毛メソセラピーを行っているクリニックでは、投薬治療に用いる薄毛治療薬と同じ成分や髪に良いとされる栄養素を使用していることが多いです。

しかし育毛メソセラピーの肝になる成分は、成長因子(グロースファクター)です。

成長因子とは、生き物の体内で細胞の増殖・分化を促す働きを持つタンパク質の総称になります。

例えば年をとると傷の治りが遅くなったり肌が衰えたりするのは、加齢とともに成長因子が減少することが原因の1つと言われています。

髪の毛にも同じことが言え、体内の成長因子が少なくなると髪の毛の成長も衰えてしまい、薄毛が進行するのです。

そこで育毛メソセラピーで成長因子を頭皮に注入することにより、髪の毛を作る毛母細胞が活性化します。

これにより髪の毛の成長サイクル(ヘアサイクル)も正常になることで、高い発毛・育毛効果が発揮されます。

HARG療法について

育毛メソセラピーは成長因子を用いた治療ですが、この成長因子にはたくさんの種類があります。

そして育毛メソセラピーにどんな成長因子を用いるのか明確な規定はないため、クリニックによって使用している成長因子の種類は様々です。

しかし育毛メソセラピーと似た治療方法として、「HARG療法」という治療があります。

HARG療法の場合は使用する成長因子に決まりがあり、どのクリニックでも同じ薬液が使われているのです。

しかし認定を受けた医療機関でしか行われておらず、一部のクリニックでしかHARG療法は受けられません

HARG療法

育毛メソセラピーの効果

育毛メソセラピーは、単体で薄毛を改善するための施術ではありません。

基本的には投薬治療と組み合わせて行う、補助治療となります。

育毛メソセラピーと投薬治療を併用した時の最大のポイントは、薄毛治療の効果が早く現れやすくなることです。

薄毛治療薬は長期間の服用を継続するものであり、効果が実感できるまで通常は半年~1年程度かかります。

しかし育毛メソセラピーを組み合わせることで素早く、より高い発毛効果を実感できるようになります。

育毛メソセラピーの副作用

どのような治療法においても、気になることが副作用の有無です。

育毛メソセラピーに関しては、施術後にかゆみや痛み、発疹などの皮膚症状が起こることがあります。

しかし頭皮に対して局所的に行う施術であり、また成長因子は体にとって害になりにくい成分であるため副作用のリスクは小さいです。

ただし薬液にフィナステリドやミノキシジルなどの成分が含まれていた場合、それらのお薬と同じ副作用が起こる可能性があるため注意しましょう。

この記事を書いた人 佐藤昭仁

クリカクの管理人。30代になってから薄毛が気になりいろんなAGAクリニックを実際に体験した。メソセラピーは針が怖いからノーニードル派!今は生えそろってきたので薬のみの治療をしてる。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる